走るコトは捨てること | ランBAKA院長のトレーニング/診療日誌
新型コロナウイルスに関する情報について

ランBAKA院長のトレーニング/診療日誌

トライアスリート・トレイルランナー院長(接骨院)のトレーニングと診療の日誌。

新型肺炎で3/15の『板橋マラソン』は中止。

リハビリ中の私は

複雑ながらホッとした気持ち。

 

『MDSサハラマラソン(250キロ/7日間)』は

毎年4月開催から9月に延期。

参加する仲間達は航空券や

パリのホテルのキャンセルでバタバタの様子。

 

私はこの1~2月

なぜか断捨離の心境。

 

履かないシューズや服を片付けたり

9年乗らないマウンテンバイクや

邪魔な自転車用メンテナンス台

物置の使わないルーフキャリアを処分。

 

ランニングで捨てるはずのエネルギーを

捨てられないため

生活周辺の物で代償していたのかも…

 

3月からスポーツジムが休みのため

スイムもウエイトトレーニングもできず

ぎりぎりのタイミングでランニング再開。

 

急に頑張って再受傷しないように

ゆっくりトコトコ短い距離から少しづつ。

 

 

ランニングは血糖や脂肪酸を燃やして

水・熱・CO2の代謝産物を排出。

 

それらと一緒に

目に見えないエネルギーも捨ててくれる。

 

実はこれが溜まると色々と悪さをする。

高血圧・糖尿病・ガンや心の病気

そして老化も。

 

構造医学の解釈は

「捨てられなくなった状態がすでに疾患」

 

現代医学では

捨てられない状態で時間が経つと

色んなモノが溜まった結果

太ったり検査数値が異常になって

はじめて病気予備軍(メタボ)とされる。

 

しかしそこまで行っちゃうと

運動しないし元に戻れない。

 

普段からランニングで捨てておき

流れを作って溜めないようにする。

これが健康とアンチエイジング(老化予防)。

 

ランニングに限らず

この捨てる時って気持ちいい。

 

増えた体重・体脂肪率も

早くシェイプしないと(^-^)

 

 

【先週のトレーニング】

 3/02(月):休 み

   03(火):ラ ン・6,1㎞/42分42

   04(水):ラ ン・6,8㎞/44分54

   05(木):ラ ン・8,1㎞/55分05

   06(金):ラ ン・8,2㎞/52分34

   07(土):ラ ン・11,3㎞/1時間17分02

   08(日):①バイク・ローラー台60分 ②ラ ン・10,2㎞/1時間12分16

 

ふく山接骨院のホームページ

 【腰痛・膝痛 さいたま市北区 ふく山接骨院、福山眞弘】