ねこままん
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

少年の日の桃源郷~ゲームセンター探訪!!(゚∀゚)ノ

ランキング参加中!!紳士またマニアックなエッセイを書きましたね!!とぽちっとクリックで応援!!(゚∀゚)ノ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 

↓紳士、サケはどうした!!(゚∀゚)ノと紳士をぽちっと応援!!

 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■注意

今回の記事は、紳士のゲーム愛に偏った、かなりコアなエッセイです。

このため、1980年代~90年代の同じ時代を体験した人以外には、良くわからず、あまり面白くないかもしれませぬ。

(´・ω・`)

でも、書きたいので書くです~

(゚∀゚)ノ

 

 

ふぅ・・・・(´・ω・`)

 

コントローラーを置いて、一息つく。

 

もう13時間はぶっ続けでプレイしているだろうか?

(´・ω・`)

 

完全に廃人である。休日、睡眠時間は数時間。書斎から出るのはトイレと風呂のみ

食事は、書斎に運んできてもらう。昼食はチーム監督(注:妻)に、マックを買ってきてもらった。

紳士はこの時期だけ、マックをもりもり食う。

大好物の「月見バーガー」を食さないと、1年が始まらないのだ。

(´・ω・`)

次女「なのマシーン」が、「お届け物です」といって、書斎まで運んできてくれるという、至れり尽くせり感である。

まさに正統派ゲーム廃人。

 

9月6日に発売された、PS4「モンスターハンターワールド アイスボーン」

かつてで言うところのG級スケールのアップデートなのだが、このボリュームは中々にヤバい。

(´・ω・`)

 

150時間程で止まっていたプレイ時間は、一気に200時間を突破。

(´・ω・`)

 

懐かしのベリオたんなどに心奪われ、ひたすら狩猟を続けるうちに、時間は無制限に費やされていく。

 

 

相変わらずの紳士(荒ぶるおっさん紳士キャラ)を手足のように動かし、巨大なモンスターを狩る紳士。

その姿は、まさに読者諸君による荒ぶる紳士「ねこマシーン」のイメージを具現化したものに他ならない。

(`・ω・´)

 

既にラスボスは倒し、エンドコンテンツである「導きの地」で、ひたすら世界中の見知らぬハンターたちと狩猟をする毎日である。

(´・ω・`)

 

言っておくが、紳士はプロハンだ(プロハンター。超絶技巧でモンスターを圧倒するプレイヤーの意)。

(`・ω・´)死んだりしない。

 

(編集部注:紳士の書斎からは、なぜか「うわ!!ごめんなさい!!」「まじでごめんなさい!!」「あ、しんだ!!まじか!!」などという悲痛な叫び声が聞こえてくる)。

 

 

あまり多くを語ったことは無いが、紳士のゲーム中毒は、長年の読者諸君にはよくご存じの通りである。

(´・ω・`)

ゲーム歴40年。物心ついた頃から、ゲームの洗礼を受け、ヘタレゲーマーの名を欲しいままにしてきた。

最近紳士の読者になった方は、紳士と言えば、無限に知床に行く野生動物カメラマンであったり、釣りや登山、バイクを愛好するガチアウトドア・ブロガーだと思っているかもしれないが、紳士はもともと、超絶インドア派な人間である。

 

所有ハード歴は、ファミコン、スーパーファミコン、セガ・マスターシステム、メガドライブ(メガCD)、PCエンジンCDROM×2、サターン、ドリームキャスト、Nintendo64、GAMEQUBE、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス各種、ワンダースワン、PSP、PSVita、PS、PS2、PS3、PS4、DS、3DS、Wii、WiiU、Nintendo Switchと、なぜかXboxを除く大半のハードは所有してきた。

 

だが、最も思い入れが強いハードは、実は「セガ メガドライブ」である。

(`・ω・´)

 

 

メガドライブミニW メガドライブミニW
10,640円
Amazon

 

 





メガドライブは、今週「ミニ」ブームに遅れてついに「ミニ」が発売となる。

 

だが、その姿勢は、当時のマニア達をうならせるソフトのチョイスからも、十分理解することができよう。

 

このラインナップは凄い。ファミコンもスーファミも、PSも、いろいろミニがでたが、ソフトラインナップは正直微妙だった(なので買ってない)。

((((;゚Д゚))))だが、メガドラはやってくれた。

 

当時から、コア・ゲーマーに支えられたハードだっただけに、しっかりと人気投票を行い、それを反映した素晴らしいラインナップである。

(´;ω;`)ブワッ

「武者アレスタ」とか「レッスルボール」、「スーパーファンタジーゾーン」、「レンタヒーロー」とか泣ける。

 

版権など、いろいろ面倒な調整が必要だったのではないか?と思うのだが、それでも納得のラインナップである。

 

当然、秒で予約した紳士だ。

(`・ω・´)

 

欲を言えば、「ガントレット」や、「ヘルツォーク・ツヴァイ」、「エレメンタル・マスター」、「アドバンスド大戦略」、「ジノーグ」、「アウトラン」「ヴァーミリオン」「タルるートくん」「チェルノブ」その他無数のソフトを入れたくなるのはマニアだからなのだが、やむをえまい。

ゴールデンアックスで、じじいを動かせる日が近い今、そんなことは些細な問題である。

(´・ω・`)

 

まぁ、マニアックなだけに、あまりいないと思われるが、読者諸君の中でもしかつての「メガドライバー」がいたら、ぜひ教えてほしい

当時「Beep メガドライブ」などを死ぬほど読みふけっていた紳士は、未だにあの辛口レビューが大好きである。

(´・ω・`)

 

中学生、高校生くらいにかけて、紳士は狂ったようにゲームにあけくれていた。

 

学校、塾を除いては、家ゲー、他は「ゲームセンター」に通う毎日であったのだ。激しい部活を終えると(帰宅部)、すぐにゲームセンターに向かったものである。

(´・ω・`)

 

ふと、そんなことを思うと、「ゲームセンター」が気になった。

 

かつてどんな田舎町でもあった「ゲームセンター」は、すっかり街中で見なくなってしまった

(´・ω・`)

ちょっと前まで「アミューズメント・スペース」で見ることができたゲーム筐体も、その姿は全く見かけなくなってしまったのだ。

 

札幌市内でゲームセンターを検索しても出てこない。なんとか2か所だけ現存していることを知り、いてもたってもいられず車を走らせた。

 

「ジー・バオア・グー」である!!

(゚∀゚)ノ

 

札幌市、北区、北24条にあるこのゲームセンターは、ゲームセンター廃止の流れに抗う最後の砦だ。

 

ゲーセンの前にとめられたチャリが最高に似合う。ゲーセンにはチャリで行かなければならない。そしてできれば学ランがよい。

(`・ω・´)

できれば「ベンクーガー」などの短ランなどを着て、超細めのエナメルのベルトなどを着用するといいだろう。

エチケットブラシで、汚れてもいないのに学ランをすりすり拭くとよいよ。

(こうしたネタがわかるのは40代のみと思われる)。

 

 

((((;゚Д゚))))コレジャナイ!!

 

1Fはクレーンゲームで埋め尽くされている。

(´・ω・`)

だがこれじゃない。

 

バブル期に急速に拡大した「クレーンゲーム」は、それまでのゲームセンターのイメージを一変させた。

 

暗くタバコ臭いイメージであったゲームセンターに、綺麗な女子たちが訪れるようになったのもこの頃だ。

それまでゲームセンターにいる女子とは、スカートの長いセーラー服を着たタバコを吸う女性しかいなかったのだ。

(´・ω・`)

 

2Fに上がる。

 

ぬぅ(´・ω・`)コインゲームか。

 

これじゃない。

 

だが、2Fの隅に目を向けた紳士は、愕然とする。

 

キタ!!(゚∀゚)ノ

 

スタンド型の筐体が並ぶ。

 

明るいと言えば明るいが、それでも薄暗い。ゲームセンターは「薄暗くなくてはいけない」。

(`・ω・´)

 

1980年代のゲームセンターは、薄暗く、不良が巣くう劣悪な場所であった。紳士は北海道の旭川市という田舎町出身なのだが、その中でも市内において最も劣悪と言われた「インベーダーハウス」というゲームセンターで育った。

 

管理人は常駐せず、真っ暗。不良がたむろし、常にタバコ臭い。両替機には巨大な鎖が巻かれ盗難を防いでいたのを覚えている。

通常は秒でカツアゲされてもおかしくないゲーセンだったのだが、なぜか紳士は小学校高学年から、無事故でこのゲーセンに毎日行っていた。

(´・ω・`)

不良さんたちは、それほど悪い人はいなかったように思うし、金髪の聖子ちゃんカットをした不良おねえさん達は優しかった。

筐体の横や前に座って、「じょうずだね」と気だるそうに言ってくれたものである。

 

紳士にとって、それは「自分とは違う世界に住んでいる人々」との交流ができる大切な場でもあった。

 

だが、ゲームセンターに行っていることは親には内緒だった。学校ではゲームセンターに行くことは校則違反であり、時々は生活指導の先生が見回りにも来た。

そのたびに逃げたものである。

(´・ω・`)

 

ある時、同級生のゲームセンター通いがバレ、芋釣る式に紳士のゲームセンター通いもバレた。

自分で言うのも何だが、当時、優等生的存在であった紳士のゲームセンター通いを教師や両親は嘆き、驚いた。

 

なぜ、「ゲームセンター」に行くことが禁止なのか?何度考えても分からなかった紳士である。大人たちは一様に「不良になる」という謎の言葉に縛られつつ、実際にゲームセンターに赴くことは無かった。「理解せず、体験せずに否定する」という、当時の大人たちの傾向であったのかもしれない。

(´・ω・`)

今なら、そんなことでと一笑にふせる事象も、当時はめちゃめちゃ怒られ、ゲームセンターに行くことを禁じられた。

だが、紳士はひそかに行き続けたものである。

 

今思うと、様々な考えや生き方の多様性を持つ人々との交流は、紳士の人生にプラスにこそなれ、マイナスはなかったと思うのだ。

大きな社会性とコミュニケーション能力を授けてくれたと言ってよい。

ゲームセンターでは、ゲームをしているだけではない。

ゲームをしていない間、様々な人と会話をするのだ。

 

更にゲームセンター内を彷徨う。

 

 

ストⅡだ!!(゚∀゚)ノ

 

消費者物価指数も最低賃金も無視した「30円」という普遍の安さ!!当時よりむしろデフレが進んでいる。

 

 

無心で10円玉を入れ、スティックを持つ(紳士は、俗称ワイン持ちと呼ばれるスティックの持ち方をする)。

(`・ω・´)

 

心なしか、スティックがべたべたする。これぞゲーセンだ。これでいい。

タバコを押し付けて溶けたボールとかボタンがあれば、なおいい。

 

ストⅡも、社会現象となるほどに影響力を持ち、ゲームセンターの様相を一変させたゲームである。

(´・ω・`)

 

当時紳士は高校生だった。

 

言わずとしれた格闘ゲームの名作なのだが、当時は大ヒットするも当然オンライン対戦はできない。

 

このため、対戦は隣の筐体や向かいの筐体で繰り広げられたのである。

同時に、不思議なことに不良たちはこの頃からゲームセンターからいなくなった。

(´・ω・`)

 

「あそのこのゲーセンに強いヤツがいる」という噂で、道場破りのようにゲーセンをめぐる格闘ゲーマー達が出たのもこの頃だ。

 

超久しぶりのストⅡは、KENと春麗は倒したものの、3人目のザンギエフに吸い込まれ、敢え無くゲームオーバーとなった。

(´・ω・`)

昇竜拳すらおぼつかねえ。

 

 

アルカノイド

(´;ω;`)

 

紳士がホームとしていた北海道旭川市の故「インベーダーハウス」にも永く置いてあった筐体である。

 

意味もなく100円を積む

(`・ω・´)

 

これは、後ろに順番待ちをする少年たちを前に、当時のサラリーマンゲーマーが筐体を独占すべく行った非道の技である。

 

この積んだ100円玉がなくなるまで、この筐体は渡さない。その無言の意思を周囲に伝えるのだ。

マナー違反だなとも思ったが、きっと疲れているんだろうと子供ながらに思ったものである。

 

 

アルカノイドの紳士神プレイを史上初、動画で公開!!

あらゆるゲーマーをうならせる、紳士の超絶技巧プレイを堪能せよ!!

あ、紳士落としたとか言ってはいかんぞ!

(`・ω・´)

 

 

手入れされているコントローラー。とてもスムーズに動く。重さもかつてのままだ。

(´・ω・`)とっても大切にメンテしているんだろうなあ。

 

勢いあまって平岸店にも行ってみる。

 

スパルタンXとかないわー

(゚∀゚)ノ

 

ゲームというのは、人間が作り出した確かな「文化」だ。

 

40年前から比べれば、とてつもなく市民権を得、今ではスマホを含め「ゲーム」をしない人の方が少ないと言ってよいかもしれない。

(´・ω・`)

 

だが、未だに「本当の文化」として人々に明確に認識されていないように思える紳士だ。

 

時代は流れた。

 

今では家庭用ゲームのスペックが高く、ネットワークにも接続している。

自宅に居ながらにして国籍すら異なる数百万のプレイヤー達と繋がることができるのだ。

(´・ω・`)

 

そして、ゲームセンターはなくなった。

 

そこに行く意味が無くなったからだ。

 

ふと思う。僕はゲームがしたくてゲームセンターに行っていたのだろうか?

 

そうではない。

 

もちろん当時は、家庭用ゲーム機とアーケードゲーム機のスペックが大きく離れ、ある意味「ゲームセンター」は「未来の最先端のゲーム」を体験できる場所であったことは確かだ。

 

だが、いつもそこに行けば、友人たち、よく見るお兄さんたち、不良のヤンキーな人たち、疲れたサラリーマン、様々な人がいた。

集っていた。

それらがないまぜになった、あるいみカオスな場所。それが「ゲームセンター」だったと思うのだ。

(´・ω・`)

 

久しぶりに行ったゲームセンター。懐かしいとは思ったけども、紳士の居場所じゃないなと思った。

 

なぜなら、彼らがいないからだ。僕自身もあの頃の自分じゃない。

僕にとってのゲームセンターは、あの時代、あの頃にいた人たちがいなければ成立しない。

(´・ω・`)そして認識するのだ。

 

忘れられない思い出と、懐かしさと、そしてもう戻ってこないあの頃。

それが「ゲームセンター」なんだと。

 

だけど、こうして思い出したとき、その思い出の欠片を感じさせてくれる場所があることは有難い。

経営を維持することは大変かもしれないけど、続けてほしい。

ダメなら、オンラインのヴァーチャルな世界で再現するのでもいいのだ。

(´・ω・`)

 

 

いやはや、ゲームセンター最高です!!

(゚∀゚)ノ

 

■あとがき

いやはや、完全に趣味に走ったエッセイでする~

(゚∀゚)ノ

一般性があまりないので、現在の読者がどれだけ楽しんでくれるかは全くの疑問でする。

(´・ω・`)

 

でも、一人でもあの頃のゲームセンターの「匂い」を思い出してくれる人がいたらうれしいなあ。

 

さて、紳士廃人は続きまする!!

(`・ω・´)

サケ釣りも、モフ撮もいかなきゃとおもいつつ、廃プレイちう。

 

PS4アカウントは「nekomachine neko」ぜひ紳士と狩猟をしたいという人はどうぞです~

(゚∀゚)ノ

ただし、紳士は飽きっぽいので、モンハンもいきなりやめたりしますので、過度な期待は禁物です~

かつ気まぐれです。協調性無視で、疲れたらいきなり落ちたりしまする。

期間限定ダウンロードコンテンツくらいと思い、フレ登録してくだされ!!

((((;゚Д゚)))

 

前回の記事、たくさんのコメントありがとうございました(゚∀゚)ノ

全て目を通し、大変な感謝をしておりまする!!

ご心配をおかけしましたが、紳士達無敵です~(゚∀゚)ノ

元気に遊びまくってますぞ!!

なのマシーンは、最近超本格的なパン作成に目覚め、ジャムおじさんの如くパンをつくりまくっていまする~。

(゚∀゚)ノ

 

■あとがきプラス

 

 

 

紳士が現在最も期待しているオープンワールドゲームがこれ!!

(゚∀゚)ノ

 

なんとあの「ウイッチャー3」を制作した会社の最新作!!凄まじい時間と技術者数、開発費をかけたオープンワールド世界は圧巻。

あの「ブレードランナー」的なサイバーパンクの世界を自由に動き回れます。上記動画の10分程度からの街の光景はすさまじく

ついにゲームもここまで来たかというレベル。個人的にはもう少し薄汚れた混とんとした感じがいいなあ。

(´・ω・`)下町に期待。酸性雨降ったりとか、屋台とか出してほしい。中華街も行きてえ。

このレベル・・・とても日本人や日本企業には追いつけませぬ。

かつてのゲーム先進国日本、しかし日本企業は残念ながら、ゲーム世界では10年以上遅れてしまいました。

 

 

 

このバンドはなかなかに凄い!!

(゚∀゚)ノ

 

モンハンやっているせいか、ツボにはまりまする!!

一言で言えば、ヴァイキング・メタルとか、フォーク・メタルに分類される音なのですが、丁寧な音の作りこみと併せ、

妙にキャッチーなサビがたまりませぬ。一緒に叫びたい!!

((((;゚Д゚))))言うなれば、「武器屋メタル」これは今までになかった!!

酒!!金!!女!!鉱石!!武器!!そんな感じのイメージが最高でする~

(゚∀゚)ノもうヨーロッパのメタルバンドが大好きすぎる。絶対友達になれる。

 

 

 

ドラゴンフォースの新作も、久しぶりに吹っ切れた感じ!!劇的メロディも戻ってきた!!

だっさいトロンのようなPVはともかく、日本人好みの激熱展開は必聴です

(゚∀゚)ノいわば躁メタル!!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ランキング参加中!!紳士!!昔ゲーセンいってました!!とぽちっとクリックで応援!!(゚∀゚)ノ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>