ダブルケア・介護と子育てにがんばるあなたが気楽になれる場所

ダブルケア・介護と子育てにがんばるあなたが気楽になれる場所

15年の介護と子育てのダブルケアを経験した介護コンサルタント野嶋成美がダブルケアを楽にするヒント、孤独になりがちな毎日から解放されるヒントを、肩の力が抜ける遊び心を交え提案します。

ダブルケアとは介護と子育ての同時進行のことを言います。
また子育てと介護に限らず複数のケアをしていることもダブルケアです。

私は両親の介護を子育て中に経験しました。
ひとりで抱えてしまい、体を壊した経験から
ダブルケアの認知度を上げる活動をしています。

お問い合わせはこちらからお願いします。→ Ka.ELLE 

 

こんにちは。

北海道札幌市の介護と子育ての同時進行・ダブルケア支援研究者の野嶋成美です。

 

 

 


今朝はX(旧Twitter)のスペースで少しお話させてもらいました。

お話をしたのは本田健さん著『ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!』を一小見出しづつ読んでいるスペースです。

以前clubhouseで『新訳 引き寄せの法則』本田健訳の本を朗読していたお部屋の続き部屋になります。

 

 

 
 

 

 

今日は第1章の部分でひとつの文章が気になり、それで話してみたくなりました。

その文章とは

あなたの先立つ後悔リストをつくってみてください。

 

 

え?先立つ後悔リスト?

確か「後悔先に立たず」という言葉があったはず。

それをあえて先に立たせるの?

 

なんて思ったらついつい話したくなっちゃったんです。

 

 

 

 

すぐには「先立つ後悔」が浮かびません。

そこでモデレーターのくっきーに「先立つ後悔」を聞いてみました。

くっきーは「ブックカフェができないことに後悔はないけど、ブックカフェを作るための行動を起こさないと後悔する」とのこと。

ふむふむ、なんとなくですがわかります。

結果がどうであれ、行動しなかったら後悔するということですよね。

 

 

この話を聞いても私事では思いつきません。

何かヒントになるかもと、ふたりで家族のことなどを話しながら、今まで後悔したことも話していきました。

(お互い親を看取った経験があるので)

 

 

私はダブルケアを選択したことには後悔していません。

でも「子どもともっと遊びたかった」とか「親の昔話を聞いておきたかった」とか、もっとできることがあったのではという後悔はあると話しました。

 

 

 

 

そんな過去の後悔を話をしていくうちに先立つ後悔の気持ちを思いつきます。

ダブルケアの活動を途中でやめたら後悔するって。

 

 

これって自分のことですがビックリです。

だって私は「代わりの人が出てきたらいつでもやめる」って言っていたんです。

でも言葉にして思いました。

途中でやめたら絶対後悔する。

 

 

そんな私の話をくっきーが突っ込んで聞いてくれて、自分でも気がつかなかった想いが出てきました。

いや、薄々感じていたかな?

ちょっとカッコ悪くて認めたくなかった、かな?

 

 

 

 

そんな話を後半にしています。

もしこの話に興味ありましたら、X(旧Twitter)のスペースに録音が残っていますので、聞いてみてくださいね。

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

 

 

 

 

こんにちは。

北海道札幌市の介護と子育ての同時進行・ダブルケア支援研究者の野嶋成美です。

 

 

 


突然、Goodニュースとbadニュースが飛び込んできました。

あまりにも突然で戸惑っています。

 

 

 

 

それも自分事じゃないからややこしい。

ごくごく身近なことなんです。

やらなくちゃいけないことが先に浮かんでしまい、自分の感情がどうなっているのかわからなくなっています。

 

 

ここは落ち着かなくちゃ。

なんて思っていると、ますます自分の感情から離れてしまいます。

 

 

 

 

いろいろいっぺんに重なるものです。

過去にもありました。

その時は頭が真っ白になってしまい、目の前のことをするだけでした。

今回はこの経験を生かしていこうと思います。

 

 

とりあえず、今の自分の感情を探し出して向き合う。

弱くなってしまいそうで怖いけど、今はこれが大切なんじゃないかと思っています。

 

 

「悲しい」「怖い」「不安」「さみしい」「嬉しい」「希望」・・・

全てに蓋をして進もうとする自分にストップをかけて。

どうなるかはわかりませんが、やってみますね。

 

 

*うまくいってもいかなくても、また結果はブログでご報告します。

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

 

 

 

 

こんにちは。

北海道札幌市の介護と子育ての同時進行・ダブルケア支援研究者の野嶋成美です。

 

 

 

 

今週だけで4つの読書会に参加。

ここ最近、すっかり読書会づいています。

 

 

読書会と言っても色々あります。

私がよく参加するのは「本を読まない読書会」

「本を売らない本屋さん」のくっきーが開催している読書会です。

4つのうち2つはくっきー主催でした。

 

 

 

 

「読まない読書会?」「本を売らない本屋さん?」

よくわからないワードが並びますが、実際説明が難しい読書会なんです。

本を「読む」というより「使う」と言った方がいいかな。

読まずに本の内容を説明したり、本から悩みの答えを導いたり。

シンクロが起きて、集まる人によって流れも変わって、毎回とても楽しい読書会になります。

 

 

いつもの読書会は本を自由に持ち寄りますが、今回は珍しく課題本がありました。

くっきー久しぶりの小説とのこと。

(いつもはビジネス本が多いらしい)

これは面白そうと思い、申し込みました。

 

 

 

 

課題本は『古事記転生』

読書会直前にこちらの本を購入したので、全く読まずに参加。

でもくっきーの読書会は読まなくても全然心配ありません。

それは本を読まないで使うからなんです。

 

 

内容は参加した人の特典ということで、詳しく書きません(ぜひ参加して体験してくださいね)が、読書会後、全然読んでいないのになんだかわかった気になりました。

そして家に帰ってすぐに読みたくなっちゃいました。

 

 

 

 

他にも今週は自分の大切な本を持ち寄る読書会と『発信する勇気』の著者末吉宏臣さんが参加してプチセミナーしてくださった読書会に参加しました。

 

 

両方ともとても楽しかったです。

特に末吉さんが参加されていた読書会は、直接著者さんの話が聞けるスペシャルな時間でした。

発信ガンバろうって思っています。

 

 

 

 

 

 

読書会とひとことで言っても主催する方が変われば、内容も変わることがわかりました。

他の読書会も出てみようかなと思っています。

 

 

もしくっきーの読書会に興味もたれましたら、ぜひ6/29(土)の札幌のイベントにいらしてくださいね。

15時半開始を予定してくっきーの読書会を開催します。

一日券ですので他のイベントもぜひ。

 

 

 

 

 

 

出入り自由の一日イベントやっています。

空いた時間にいらしてくださいね。

お待ちしています。

*お申し込みはPeatixでお願いします。

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・