ダブルケア・介護と子育てにがんばるあなたが気楽になれる場所

15年の介護と子育てのダブルケアを経験した介護コンサルタント野嶋成美がダブルケアを楽にするヒント、孤独になりがちな毎日から解放されるヒントを、肩の力が抜ける遊び心を交え提案します。

ダブルケアの方、
ダブルケアを経験された方、お話聞かせてください。
目標は100人。

お問い合わせからお願いします。→ Ka.ELLE 
NEW !
テーマ:

 

こんにちは。

 

札幌のダブルケア介護コンサルタントの野嶋成美です。

 

 

 

 

以前ブログに書いた、親を亡くすこと。

 

ランチをしながら、介護の話になったので、ふと話題にしてみました。

 

ほんのささやかなつぶやき、のつもりでした。

 

「親を亡くしてぽっかり空いた穴に気付いたしまったけど、多分この穴はふさがらない」と。

 

「人それぞれだよね」という意見がありました。

 

親を亡くしても、穴など空いていない人が身近にいるのだそうです。

 

 

 

「そうだね」と答えたけれど。

 

彼女らしくないな、と少しの違和感を感じました。

 

それは、私の話を受け入れてもらえなかったからかと思いました。

 

確かに、そうなのかもしれません。

 

でも、何かが引っ掛かる。

 
もっと考えてみることにしました。
 
 
 
 
何日か考えていました。
 
そして、私なりの結論として「あの場で話す話題ではなかった」ということになりました。
 
相手の方の親がご健在だったからです。
 
「穴がふさがらない」なんて、ネガティブに取られる話をするべきではなかった。
 
多分、「人それぞれ」の言葉の中に、「私はがんばれる」という意味も込められていたのではないかと思います。
 
 
 
経験しなければわからないことはあります。
 
でも、経験しているからと言って、その経験がすべての人に当てはまるものでもありません。
 
脅すことのないように、怖がらせることのないように、独りよがりにならないように。
 
でも、きれいごとにならないように。
 
これからは場と相手の立場を考えて、話をしていこうと考えさせられた一コマでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「┗親との終活」 の記事

テーマ:
 
こんにちは。
 
札幌のダブルケア介護コンサルタントの野嶋成美です。
 
 
 
 
「ダブルケアだった頃、何をして欲しかったですか?」
 
私がダブルケアの活動の話をすると、時々聞かれます。
 
「あなたがして欲しかったことをやれば、良いんじゃないですか」
 
さっきの質問の後に、こんなアドバイスがついてきます。
 
確かにその通りなんですが。
 
 
 
私は質問されて、言葉につまり、アドバイスを受けて、モヤモヤします。
 
なんて答えれば良いのか、わからないのです。
 
しばらく真剣に考えてみました。
 
私は何をして欲しかったのか。
 
答えはなかなか出ないけれど。
 
多分、一言では言えないことなんです。
 
だから、答えにつまってしまうのです。
 
 
 
ダブルケアにとっておきの解決策はないと思います。
 
ひとそれぞれ、その時の状況で、様々に変化していくものなのです。
 
デリケートなことです。
 
ていねいに、でも早急に、対応していきたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

 

札幌のダブルケア介護コンサルタントの野嶋成美です。

 

 

 

 

 

今日は2月22日。

 

2が並んで、猫の日だそうですね。

 

私が子どもの頃は、父が転勤族だったので、動物を飼うことはありませんでした。

 

猫を飼うようになったのは、こちらに住むようになってから。

 

 

初めて我が家に来た猫は、「ちゃこ」というチョコレートの好きな大人の女の子でした。

 

引っ越しで飼えなくなった飼い主さんから譲り受けた猫です。

 

そこから妹がいじめられていた猫を助けてきたり、ちゃこが子どもを産んだりで、どんどん増えていきました。

 

一番多い時は6匹飼っていたことも。

 

ご近所で「猫屋敷」と呼ばれていたとかいないとか。

 

 

 

猫にもさまざまなタイプがいて、私と気が合う猫もいれば、相性が悪い猫もいました。

 

一番の仲良しはちゃとらの「やまと」

 

ラーメンが好きで、私がラーメンを作っていると足元にやってきます。

 

よく一緒にラーメンを食べました。

 

相性が悪かったのは「トム」

 

臆病な猫で、顔を見ると逃げられてしまいます。

 

臆病のわりには、喧嘩してけがばかりしていました。

 

お尻とか(笑)

 

 

 

さいごの猫は、父を看取った1年後に亡くなりました。

 

母が連れてきた「ピーナッツ」という猫で、20年以上我が家にいました。

 

人懐っこい猫で、甘えん坊。

 

あまり猫らしくはなかったです。

 

 

 

もう看取るのは耐えられないので、今は猫を飼っていません。

 

多分、この先も猫を飼うことはないと思います。

 

でもときどき、猫のいる暮らしに戻りたいとも思ってしまいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。