鉄板お好み"春ひ"のブログ

鉄板お好み"春ひ"のブログ

ありがちじゃないお好み焼きと
ありがちな夫婦あるある
貯まりに溜まった持論(笑)

「漢」と書いて「オトコ」!
ん~書いてみたかっただけ!


最初の店を出店したのは愛媛の今治!
(事情はこちら⇒ 過去ブログ)

主人の実家がある町!

しかし、主人は住んだ事は無かったので、ほぼ知り合いはおりません!

店舗探しも店舗改装をして下さる業者さんも
主人が一人で当たりまくりました!
私と娘は広島で待機!

広島に住所がある謎の人物。
それはそれは信用して頂けなかったそうです。
たぶん経歴など何も言わず当たったと思われます。
「漢!」なので!

でもその意気込みを買って下さった方がいらっしゃいました!

不動産は“愛媛総合センター“さん!

店舗改装は“おもしろSHOP“さん!

有難う御座います!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まずは物件探し!

主人は自分の実家を拠点に今治を西へ東へ探索!

不動産屋さんはモチロン、空き物件を1件1件!と。

不動産屋さんには条件を言うと殆ど引かれたそう!(どんな条件だったの???)

最初に当たった物件はレストラン使用のコンクリ打ちっ放し!

素適だったんですが、改装費がとんでもない事になりそうなのと、返す時は元通りという条件に断念。

次に当たったのは、一人でコツコツと作ったと聞いた小さいけど小洒落た店舗。

「孤高の漢!」は一人で作ったというのに、少し惹かれました。

しかし、あまりにも厨房が狭すぎて、これも断念。


そして、造船所関係の会社が多い波止浜という場所にポツンと1件、ロードサイドのL字型の空き店舗を見つけました。

そこにピンと来たらしく、不動産屋さんと交渉!

ここで「孤高の漢!」が顔を出します!

「舐められたらいけん!」
孤高ってもしかして、、そういう事じゃない!?

相手の一寸した不手際に突っ込みを入れ、威嚇します!!ムキー

しかし、相手は大人だった!真顔

相手様より、かなり若造の主人にサラリと謝罪し、却って認めて下さったのでした!

それが「愛媛総合センター」の社長でした!


物件は決まりました。次は店舗改装です。

店舗向けのリサイクル品も扱っている「おもしろショップ」さん。
愛媛に3店舗(松山・今治・西条)、古物等もあります。

今治の店舗に
店舗改装も引き受けると書いてあったので、
聞きますと、、社長とお話し下さいと。。。
聞いた方はご令嬢でした。チャキチャキの美人さん!

そして社長とタイマン!グラサン

優しいジェントルマンでした。真顔

リサイクル品を利用した店舗改装を手掛けようとした矢先だったらしく、込み込みでして下さるという事で、両者WinWin!


そしてここでも出現!

「孤高の漢!」

人任せには出来ん!自分もがっつり絡んで、
やったるで!!

現場にほぼ付きっ切り!

店舗改装は、主人と大工の棟梁で、デザイン(?)設計して施工。店舗設計士さんって要らなかったの💧💧💧
分からない事は広島の“オタフクソース“さんに相談です!(ココだけ一寸過去の人脈使いました。😜)

内装、外装と全てやり替え!

私と娘が越して来た時は結構出来ておりました。 

駐車場は土のところをアスファルトをしいて頂き、6、7台駐めれるように。

店のカラーは主人と娘の意見でオレンジ掛かった薄いピンク。
壁紙は娘に選ばせてみたんですが、黒の小さいドットが入ったピンクオレンジで主人も賛成。私一人「ええー」って思ったんですが、出来上がると、とてもシックリ。汚れも目立たず。流石!我が夫と娘!ウインク

メインの調理用鉄板は特注で立派なものを作って頂きました!

客席は、
カウンター6席
4人掛けテーブル×2
2人掛けテーブル×1
6人掛け座卓×2 
 テーブルは全部新品で!……嬉しい( ´艸`)
全て鉄板付きです!今考えると二人でやるにしては広くて贅沢!\(^o^)/


そして何といっても有り難かったのが“リサイクル“のお店。

予算では手に入らないような高級食器やインテリアが格安で!

しかし、ここで問題なのがセンス!

お好み焼き店にも合うような~…?

食器類はほぼ主人のセンスで。ウインク
私は、置物や絵を!好きな物選ばせて頂きました。

一応、お皿やのぼり等はソース会社の“オタフク“さんが取引店には用意して下さいます!
(お好み焼き店の出店をサポート!プラス、アフターフォロー!)

しかし、用意したお好み焼きの取り皿は白の“CHINA(陶磁器)“!これは本当ーに割れません!
(オタフクさんのお皿はおでん🍢の取り皿に!)

木のサラダボウル!
(これを何に使うかは後ほど。)

砥部焼の丼!
関西風の器に!重さも程よく大きさも丁度!
コレ、私が見つけました!(ドヤッ)もぐもぐ


その他、冷凍庫付き業務用縦型冷蔵庫、台下冷蔵庫、冷凍ストッカー、フライヤー、三口コンロガス台、3層シンク、製氷機、冷蔵ショーケース、ビールサーバー、フードパッカー、おでん器、レジスター等を備え店が完成!


こうして人脈が無い土地で初めての店舗を作り上げたのでした。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話は
「孤高の漢」
妻が
受け継ぎ
「孤軍奮闘!」
する
物語である!!

f(^_^)テヘ



今回は過去に主人の話を聞いた事を私が脚色した部分が
あるかも知れません。

御容赦下さい。<(_ _)>
 
価格変更して10日経ちました。


手順としては、2カ月以上前から来られたお客様には口頭で告知し、1ヶ月前に“お好み焼きを7月より1200円よりとさせて頂きます!“と半紙に書き表に貼りました!


そして7月から店頭に、
“お好み焼き1200円より“と色んな御託を並べず大きく貼りました!メニュー表も外に出してます!(ココにちょっ~と説明が、、テヘッ!)
でないと入った後ビックリされますから。それに何処にも無いキャッチコピーですからねウインク

“興味が無い方はお入り召されるな!“
って感じの。
よっぽど捻くれて無い限り冷やかしで入る人はいないと思われます。

勿論、通りすがりのお客様が入って来られるのは超~難関です!

しか~し!
興味を持って入って下さったお客様には、満足して頂けるパフォーマンス請け合いですよー!
(当店!お約束のハードル上げ!料理だけ)

魂込めた作品ですから(お、重い、、)
大切に食べて頂きたいです!
当たり前のことですね。ニコニコ

とにかく面倒くさい店なんで!てへぺろ

という事で、料理以外全てオール1の、、
あっ、モチロン料理は5です!5点満点の!!
こういう店、絶対上手く行かないんだよなー。トホホ

・・・と、こんな成績の当店の16年半の“あゆみ“(成績表と掛けて)を、掘り起こしたいと思います!

そして経過は、もう少し先にさせて頂きます!
そもそもお客様が少ないので、まだ難しいかな、、、

読んで下さっている方は唐突でダラダラな文章、、、いつもスミマセン💦

とにかく国語が苦手な私は感想文、詩、手紙、全くひねり出て来なく、日記を書くも三日坊主が何度か、、、

記録を残す事においては“こづかい帳“を付けるのが精一杯だった子供の頃(イヤこれほぼ数字だし、、、)
これもお小遣いを頂く上での母からのお達しだったもんでてへぺろ
それすらぼちぼちで。
(おばあちゃんという強い味方が。。)

一番長続きしたのが結婚してからの“家計簿“。それも店を始めるまでの15年間で終止符。
それでも、これだけは私にしては頑張りましたねー!
記録の楽しみを少しは感じたんでしょう。

しかし店を始めて此の方、記録というものを残していない。
ヤバッ!!確定申告ぐらいかっ。あと領収書に伝票!5年前から簡易帳簿。。

そして、地頭が無い所以か、はたまた人との会話が少ない所以か、それとも努力が足りないからか、(あっ全部です)
この歳になっても会話も文もキャッチボールが出来ません。主人との会話も暴投です!
かみ合わず両者が痛い思いをする。。。

そんなこんなで、
時系列で上手く書く自信は無いのですが
記憶がある今のうちに書き留めておきたいのが本音です!(もう結構薄れている、、、)

・・・普通、成功した人がやるヤツですね。これって(笑)

では、料理以外は右往左往しまくった我が店の、腹を括るまでの歴史を振り返ります!

あー!!今回も纏まってないよー、、、グスン

    
毎日読ませて頂いている大阪の“猿飛酎介“さんのお店で、お客様がお帰りの際に渡されるお店の名刺になっとるー!
イカしてる~チュー

その『タナカのふりかけ』の製造所はなんと私の実家のある廿日市市だった!!びっくりしかもまあまあ近く!
(我が家にも常備されている『タナカのふりかけミニパック』の裏をみたら書いてあってビックリ!工場は2カ所あり後から作られた方みたいです。)
ご縁が有りますね☆お願い(勝手にスミマセン💦)

“千原兄弟“の実家にも有ったであろう『田中のふりかけミニパック』

“嵐にしやがれ“でジュニアさんが「“のりたまご“が食べたかったのにせいじが食べるから自分は違うのばかり食べていた」と供述。多分“これの事だ!“と思いました!・・・あっ、でも丸美屋さんの可能性も、、、

種類は6種で(旅行の友、鰹みりん焼、のりたまご、磯海苔、さけ、たらこ)で、因みに私が好きなのは“鰹みりん焼“と“磯海苔“です。

知らなかったのですが(旅行の友、磯一番、わさび、緑黄色野菜、赤しそ、さけたまご)のパート2もあるみたいです!

あと“キティちゃん“や他キャラクターバージョン、モチロン“広島東洋カープ“バージョンもありますよ!

そんな『タナカのふりかけ』の『田中食品』さんは、なんと明治34年の創業!
どうりで小さい頃から知ってたはず!

そして『田中食品』さんといえば『旅行の友』!
こちらの会社で最初に作られたふりかけです。

大正5年に軍人、海軍の方々から「持ち運びが良く日持ちする保存食を作って欲しい」と依頼を受けました。
そして「軍人である一人息子が戦地で頑張っているので、何とか食べ物に困らないように・・・、栄養価の高いものをいつでも美味しく 食べてもらいたい・・・」という想いで作られたそうです。

それを一般発売する為に名付ける時、創業者の妻の「トモ」さんの名前を一緒に苦労させた感謝の意を込め、そして旅のお伴にもなれたらと『旅行の友』とされたそうです。

その頃はふりかけという言葉はあまり使われていなかったのかも知れませんね。

それから、このミニパック形式を売り出したのは『田中食品』さんが最初だそうです!(何か誇らしいニヤリ)

長く続いているのには理由や思いがあるのですね☆
私達も愛されるものを作り続けたい!

↓↓↓田中食品株式会社さんホームページ☆
https://www.tanaka-foods.co.jp/

『田中食品』さんが我が広島の会社なんだと意識したのは広島ローカルの『ブチブチシソンヌ』というテレビ番組です。
コント職人の“シソンヌ“さんが広島に纏わる色々を、東京と広島でゲスト芸人さんとメッチヤ面白く紹介しています!
(1年前から見始めたのですが5年位前から続いてる番組でした!)

他にも広島の知らなかった魅力をこの番組で仕入れているのでこれからも紹介したいと思います!

良心的。 企業努力。

昨今、飲食店に対してもよく使われます。

特にコストパフォーマンス!
(たまに理解出来ないのあるよね☆)


しかーし!当店コストパフォーマンスに対しては一切考慮しておりません!!
(それは私☆主人は「うちで肉食べたらホテルで食べるより安くて美味しいよー」とついついアピールしてるよ☆)


そして当店の良心と企業努力はお客様によって決まります!!
(常日頃「自分はお客さんの鏡」と主人は言っちゃってるんだよね☆)


当店の良心!
『入って来て頂いた以上満足して帰って頂くぞという気合!』
(お客様によっては萎えてるよ☆それはどんなタイプの人かな☆)

当店の企業努力!
『クォリティの維持もしくは更なる向上!』
(必要とされて無かったら無駄だよね☆)

そこに力は惜しみません!
(少しでも良いと思えば継続☆・・・でも時々主人の気分で変わっちゃっててビックリだよ☆もっといい考え浮かんだのかな☆)

そしてその分ガッツリ乗せさせて頂きます!
(ガッツリという割には腰が引けてるよ☆)


お客様のご要望は有料。
言った者勝ちはございません!
(でも、こちらの気持ち次第で変わるよ☆上手く乗せてね☆)

入ったら最後、店の方針に従って頂く迄!
お客様に自由はありません!
(お好み焼きの“お好み“はお客様のお好み。。ではなく、店主のお好み☆)

当店でのお客様の権利は店に入るか入らないか!2度と来るか来ないか!
(店を潰すか潰さないかはお客様の手の中だよね☆)



お好み焼き最低価格1200円!
中が良く分からない店構え!
開けたら後戻りし辛い入り口!
(入る要素あんまり無いかな☆)

だかしかし!入れば出会った事の無いパフォーマンスの数々!
(アクロバティックでは無いんだよ☆)

価値観が違う夫婦のほぼ噛み合わない意見!
なのに続いている店の奇跡!
(だってね。。。作る物の情熱は一緒なんだ☆)


入られた方は途轍もない落胆か途方もない喜びを得るかのどちらか請け合いです!
(イヤイヤそんな大袈裟な☆)





ハイリスクハイリターンなお好み焼き店!
経験してみたくなりましたでしょうか?
(何か意味違ってました~?( ̄▽ ̄;)☆)
そもそも私達は個人事業をするにあたり、経験を積んだ訳でも机上の勉強をした訳でも無くノウハウもマニュアルも身につけておりません。主人も個人飲食店を経営する最低限の知識を知っていただけだと思います。

そして今更ですが、性格とスキルも夫婦共に接客業には向いていない。。。

その上、人から学ぶ姿勢も無い、店を始めてからは世間との関わりも持たず更に井の中の蛙となる。。。

はっきり言って何一つ上手く行く要素はありません。

そんな私達の武器といえるものは、寧ろ知識が無い事で先入観や固定概念が無かったという事だったかも知れません。

土台も何も無い中で始めた店ですが、そんな私達の店を贔屓にして下さる方がいらっしゃるようになり、ここまで続けて来る事が出来ました。

私は唯々流れに任せて主人とやって行くだけでしたが、夫婦間の葛藤や主人の胃癌による胃の全摘で立場や状況が変わりました。

正直、主人の身体も仕事をして行く上で限界を感じる時もあります。しかし、店があるからこそ動ける身体でいられるのだとも感じています。

始めた時はこのまま2人で最後までやって行くつもりでした。。。

ですが今は、作り方を、店を、遺して行きたいという思いに変わっています。



 そしてその為にはどうしたらよいか。

・・・



鉄板焼において、お好み焼きの価格の壁は非常に厚いものがあります。

店にもよりますが、広島のお好み焼き店は基本的にオープンキッチンです。特に近年店舗数が増えてからは全てのパフォーマンスが上がりました。

しかし供給過多と広島のお好み焼きに対する概念により、どんなにコストが掛かろうとも価格を上げる事は出来ません。

そして飲食業の方向性も薄利多売で如何に沢山の注文を頂くか、はたまた食べ放題飲み放題で一定の売り上げを頂くかになっています(これは割り勘がし易いという理由もありますが、、)。

ですが、1人1枚を食べたら終わりの広島のお好み焼き店の多売は限界があり、いつか総倒れの可能性もあります。

とにかく安く売るというのは何処かに負担がかかる事にはなります。

同じ地域の定評があった他店さんも辞められてしまいました。

たとえ忙しく見える店でも1枚1枚を焼いて行くお好み焼きは低価格だと利益を上げるのが本当に大変です。

てすから逆の価格破壊に挑むしかありません。



そして最低価格を1200円にする意味は、

1.価格自体がキャッチコピー。

どんなに有名なお店でも、どんなに高級感があるお店でもお好み焼きの最低価格が1000円を超えるところはありません。ましてや1200円です。どんな表現方法より良くも悪くも印象に残ると思います。


2.当店のお好み焼きは費用対効果が
とても悪い。

これは当店に限らず一度に大量に焼かない所、素材に拘る所、鉄板で食べて頂く所はそうだと思います。


3.ハードル。

続けて行く為にも、遺して行く為にも、越えて着いて来て頂けるお客様がいないと不可能と判断致しました。



勿論、価値観は人それぞれです。・・・が、お客様を呼ぶ為に納得が行かない事をしていれば無理が生じます。

長時間を仕事で占めている人であれば、自己満足無く働くのは今の日本人の価値観では難しい事だとも思います。



そして、それぞれの拘りを持って日々切磋琢磨している広島のどのお好み焼き店も残れるように。

・・・


“奪い奪われる“より“選び選ばれる“

“大量消費“より“必要量の消費“

“踊らされる“より“自分で考える“

・・・

実は7月から始める事に決定しており野望ではなくなりました。




最後に、お好み焼き一枚に1200円頂く事、、、

それは、やはり。。。

『プライド。』

です。

3カ月前ブログを再開してから初めて色んな方の記事を見るようになり、ある方に辿り着きました。

その方の記事を読んで勝手に今まで思い悩んでいた事が楽になり、フォローしコメントを送ったりしていました。

しかし、私には創造もつかない苦しい体験をされている方で、絶対に気持ちなど理解出来る訳も無く、なんとか違う角度の話でと、脳天気なコメントや持論などを送ってしまっていました。

その方は目的があってブログを投稿されており、ブログを終わる事を告げられ削除されました。

礼儀として私のコメントに、丁寧に返信しておられたのに気が付かず、私はそれでもその方が嫌でなければ繋がっていたいと思い、メッセージを送ってしまいました。

そこで初めて自分が悪意の無い暴力で相手を傷つけていた事を知りました。

コメントの返信にも端々に気が付くよう書かれていた真意が全く分からず、その方を傷つけている人間に対して、擁護していると捉えられる事を書いて送ってしまっていました。

「言っていい事・悪い事、言っていい人・悪い人、言っていい時・悪い時」角栄さんの言葉として新聞のコラムに載っていました。

「言っていい人・悪い人」には相手だけで無く、自分自身がそのような人間なのかどうかというのも問われている気がします。

私は、自由に行動出来なかった分、世の中の理不尽や取り返しがつかないような苦しい経験をすることも無くこの年齢になりました。

何も知らない人間が入り込んで来ること自体が胸くそ悪く耐えられない行為であったと。。。

謝って許される事でも無く、ただ自分の無知、世間知らず、思い上がり、勘違いを恥じるしかありません。

調子に乗って“お待ちしてまーす!“のコメントに見事答えて下さいました!!
お隣県といいつつも、方や岡山の東!方や広島の西!結構な距離のところホント~にありがとうございました!!

当店食事メインなので歴代新記録の飲みっぷりでしたよー!
ありがとごさいま~す!!
飲み放題だったら気絶させないとヤバかったで~すウシシ

実はうちの大将、来られる直前に「具合が悪い無理かも知れん」と告白。。がびーん( ̄□ ̄;)!!

そういう時に限って先客が、、、

しかし、これが奏して何かハイテンションになり、結果夜中まで飲み明かしたという。笑。
(人体の不思議)

そしてケンミンショートークと酔っぱらいトークで終電逃させてしまいました。スミマセン。。。(あのタクシーのおじいちゃま大丈夫でした?)

かなり噛み合って無い会話になってましたが、ノリノリで楽しんで下さいました!
イョッ!器がデカいね大将ー!ヨイショ!ヨイショ!

うちの見せどころはまだまだありますからねー!1回では終わらせませんよーウインク

是非!またのご来店をー!\(≧∇≦)/

そして、、、ブログ旅!実現したいですっっ!!爆笑

ご近所にある有名店さんから溢れたお客様でゴールデンウィーク、盆、年末年始は稼ぎ時でーす!!てへぺろ

しかし、、、普段休憩タップリなんで12時間連続勤務は足と、うっ、腕が、、、。

…でも頑張りまーす!!(≧∇≦)b

ブログ書けてませーん!!(ゝω∂)
私と主人は多分全く反対の生き方をして来たと思います。

簡単に言うと日が当たる方と当たらない方。勿論私が当たらない方にやり

主人は中学生までは親の仕事の関係で、産業島に住んでいました。

3人兄弟の次男坊。何をやっても直ぐこなしてしまう、やんちゃなタイプの神童ポイ子だったみたいです。(ジャイアン程の貫禄は無さそう…)


一方私は、農家の七人兄弟の長子として生まれ、祖父母、両親の元、お金以外は何不自由なく過ごせました。

ただ、近所の年下の子にも馬鹿にされるような容量の悪い子。…私は属にいうおばあちゃん子で、かなり甘えて育っていたかも。


主人は字と絵を書くこと以外は大体出来る人。私は字と絵を書くこと以外は、かなり不得意。…と言っても、それすら好きっていうだけですけどてへぺろ あっ!でも、数学も少し好きでした!なので、主人、文系。私、理系。と言っております。口笛

同じ苛められるにせよ、主人は目立つから。私は“とろい“から。

そんな主人も中学生の頃、スポーツの大会で島を出て挫折を味わったみたいで、その頃から自分の立場が不理になりそうな所からは無意識で避けれるようになったのではと推測してます。ニヤリ

主人の神童キャラも中学生までだったようでしたが、その後も何かと要領良く世の中を渡ってました。 

何処に行っても誰かに可愛がられる、そしてトコトン嫌われる。(笑) まあ、そんなだと要領いいようで最終的には悪くなってますけど。ニヤニヤ

但し、そういうのを自分に原因があると全く思わず、とにかく“好き嫌いで生きて行く“が信条の人で、鈍感というのもありますが、どんな目に遭っても会社の愚痴を言う事はありませんでした。その点に関しては有難かったです。

何でも意に介さずやって行く姿は確かにカッコよく、一部に慕われ一部に目を付けられる、よく有ることです。


私はといえば、以前書いたブログなんですが、
一般的に寂しい人生を送っていたと思います。

なので、

主人。思った事を素直に何でも口に出す。

私。人の顔色を窺い、なかなか言い出せない。

そんな感じになってました。

…でもコレは、育ち方とか性格の問題では無いかも知れないと最近感じるようになりました。。。

そんな私なんですが、思い詰めたら、時々突拍子も無い事をしてしまいます。

その一つが主人への告白。グラサン

新入社員だった私は、同じ職場で6歳年上の主人に憧れて、カープファンの主人にカープ好きをアピールし“広島市民球場(カープの最初のホームグラウンド)“に大胆にも誘ったものです。照れ

そして、見事結婚までに至ったという、ある意味シンデレラストーリー。デレデレ

私は、主人の性格と私の性格を考えた時、これを奇跡のマリアージュと感じています。ウインク

何故ならお互い苦手な性格ですから。えー
まぁ男と女だったから大丈夫だったのかも知れませんね。照れ

因みに、プロ野球好きか広島の人にしか伝わらないかもしれませんが、“金本アニキ“元監督より“新井さん“選手の方がタイプです。私。主人に憧れはしたんですけれども。。。


まあ夫婦で色々葛藤はありましたが、基本的に主人の言う事は正しいと思い込んでいて、極々最近まで、言ってる事に疑問を持つことは無かったです。

…というより、言いなりと言う訳ではありませんが、疑問に思っても、どうせ自分が間違っていると考え直していた感じでしょうか。

わたしの言った事で失敗して、責任負わされるのが恐かったですし。。。 無意識でそういう圧力掛けて来ます!主人は真顔ガーンニヤイラッ


何もかも反対と思っていた主人と私ですが、共通点が・・・

ネジが一本外れてる。です。(笑)

なので、二人でネジの埋め合わせ。ウインク


・・・しかし、最近、主人の性能が落ちて来ています。。。キョロキョロキョロキョロキョロキョロガーン