【想定問答付】テストの点数で叱るのはNG | 広島市佐伯区の個別指導塾【学習塾メイクアップ】

広島市佐伯区の個別指導塾【学習塾メイクアップ】

『塾生全員が成績アップする塾』として話題の個別指導塾メイクアップです。

大人気メルマガ

「黙ってても勉強する子」に変える5つの秘訣

 

LINE@

「7日間で50点アップさせた方法」無料公開中!

友だち追加

 

 

【広島にある公立高校受験専門の塾】

授業外のサポートで宿題もバッチリ!!

個人のペースに合わせた個別指導塾
 

学習塾メイクアップ塾長・太田です。

 

 

 

テストが終わった学校も

 

 

多いことと思います。

 

 

 

 

「テストが終わった~」

 

 

 

一息つきたい気持ちは大いに分かります。

 

 

 

しかし、

 

 

テストは返ってきてからが

 

 

勝負となります。

 

 

 

 

 

今回のテストで

 

 

「どのくらい点数が取れたか」

 

 

着目すると同時に

 

 

「どのくらい勉強時間が取れたか」にも

 

 

目をやってください。

 

 

 

 

 

「勉強は時間ではない」と言われる方も

 

 

 

いらっしゃいますが、

 

 

 

「勉強は時間を意識する」ことが

 

 

大切です。

 

 

 

 

人によって、

 

 

 

勉強できる時間集中できる時間

 

 

 

限られています。

 

 

 

この記事を読んでいただき、

 

 

 

次回からのテストでは、

 

 

 

 

「今回はこれだけ時間は取れそうだから、

 

 

 

この教科から始めよう。」というように、

 

 

 

作戦を練ってください。

 

 

 

 

 

そのペース配分が、

 

 

 

今後の勉強量勉強効率・成果を左右します。

 

 

 

 

 

お子さんは、

 

テストの復習していますか?

 

 

 

 

【事実】

 

 

私が知っている限り、

 

 

ほとんどの塾では「テスト後の復習」をしません。

 

 

 

 

 

それは、本人がやるものだからです。

 

 

 

 

復習をするくらいなら、

 

 

「テスト後の学習内容を進める!」という塾

 

 

ほとんどでしょう。

 

 

 

 

どちらにせよ、

 

 

復習をやっていないなら、

 

今回は必ず行わせてください。

 

 

 

勉強を頑張る子ほど、

 

 

復習をきちんと行っています。

 

 

 

これは至極当然で、

 

 

子どもがテストを見返したくない主な理由が、

 

 

『自分の点数・結果を見るのが嫌』だからです。

 

 

 

それでは、ここから

 

テスト後の復習へ繋げる会話を考えていきます。

 

 

※『想定問答』※

 

母「そろそろテスト返ってきたんじゃないの?」

 

 

子「まだ少ししか返ってきてないし・・・」

 

 

母「少し??なら、返ってきたのから見せなさい」

 

 

子「今回難しかったから、点数低いよ」

 

 

母「なんなの、この点は!平均点以下じゃない!」

 

 

子「だから、難しかったって言ったじゃん!」

 

 

母「ちゃんと復習しておきなさいよ!!」

 

 

子「はいはい。次は頑張るから。

(もうテストに出ないし、やらなくていいかな)」

 

 

 

と、こんな感じとなると予想されます。

 

 

 

気になるところは幾つかありますが、

 

 

「点数」「復習」が会話の中心です。

 

 

 

母の意見は

「点数が低い!復習しろ!」

 

 

子の意見は

「テストが難しかった!」

 

 

です。

 

 

ここだけ見ても、

 

 

親と子どもの価値観が違います

 

 

どちらも自分の意見を

 

 

ぶつけているだけなんですね。

 

 

 

最も注目したいのは、

 

 

最後の子の気持ちです。

 

 

 

先ほど、子どもが復習をしない理由は

 

 

自分の点数・結果を見るのが嫌」と

 

 

言いました。

 

 

 

ただ、理由はこれだけではなく、

 

 

「自分だけでは復習できない」からなんです。

 

 

 

少し考え見てください。

 

 

分からないから低い点を取る

         

 親にめっぽう怒られる

      ↓

復習するように言われる

      ↓

どう復習すればいいか、わからない

 

 

 

ほとんどの子は、こうなります。

 

 

 

「分からないことを分かるようにしなさい!」

 

 

怒るのは、子どもから見れば理不尽な話です。

 

 

 

テスト週間に勉強しても分からなかったところが、

 

 

テストの解答を見て分かるはずありません。

 

 

 

子どもに復習させるなら、

 

 

自分の分からない所を

 

 

きちんと教わる方が早いです。

 

 

 

 

だからこそ、塾業界も

 

 

分からないところをすぐに聞ける

 

 

「個別指導」型の塾が増えてきています。

 

(学習塾メイクアップもそうです。)

 

 

 

最後は、復習の仕方。

 

 

 

もしテストの復習をやるのであれば、

 

 

 

テストが返ってきて、すぐにさせましょう。

 

 

 

「後でやろう」は、ウソになります。

 

 

 

 

その際も、

 

 

全部を万遍なくやる必要はありません。

 

 

 

 

 

やる内容を絞って、

 

 

時間を必要以上にかけず

 

 

スピーディに進めましょう。

 

 

こんな簡単なことでも、

 

 

学校や他の塾では全然教えてくれません。

 

 

 

勉強に対して【正しい知識】を持ってください。

 

 

 

 

 

もしも、

 

 

勉強やお子さんのことでお困りでしたら、

 

 

お気軽にご相談くださいね(^O^)

【広島】学習環境コーディネーター太田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス