精神科医、和田秀樹氏の心に響く言葉より…

 

 

わたしは「いいこともあったんだ」という考え方が好きです。

 

望まない部署に異動になってしまった、大きなプロジェクトが成果も出せずに解散してしまった、三年がかりで挑戦してきた資格試験に今年も失敗してしまった…そういった、挫折感を味わって当然の経験のあとで、「でもいいこともあったんだ」と考える人なら、いつまでも落ち込んでいないで新しい意欲を取り戻すことができるからです。

 

 

配置転換されても仕事に恵まれた時期がありました。

 

プロジェクトは解散しても信頼できるパートナーと出会えました。

 

試験は失敗しても去年より手ごたえを感じました。

 

 

すべて、結果は「不運」でも自分が得たものはたしかにあるのです。

 

そのことに気がつく人も、幸せ探しの上手な人です。

 

身のまわりに幸せ感を見つけやすい人です。

 

 

悪いことの中にも「いいことがあった」と思える人は、どういう経験をしてもそれを自分にプラスと考えることができます

 

どんなに失敗だらけの日々が続いても、そのことで自分が後退してしまったとは思いません。

 

 

実際、ビジネスで大きな成功を収めるような人でも、不運続きの時代や不遇な日々がかならずあるものです。

 

新しい事業に手を出しては立て続けに失敗したり、サラリーマンの場合にも系列会社や採算の取れない部門に回されて「これまでだな」と挫折感を味わったりしています。

 

しかし彼らは、そういった日々を自分の不幸な時代とは受け止めません。

 

なぜなら、どんなに失敗や挫折感を味わっても、その中には「いいこともあった」と受け止めるからです。

 

 

事業には失敗しても、つぎの成功につながるヒントが見つかった。

 

読み違えはあっても着眼の正しさは確信できた。

 

サラリーマン不遇の時代にも、エリートコースにいては経験できない実務や販売の苦心、コストの無駄を学ぶことができた。

 

不遇な時代を経験したから、部下の気持ちがつかめるようになった…。

 

 

そういったことがすべて、自分にとってのプラス材料と思える人が、どんな逆境にあっても前向きな気持ちを失わずにやっていけます。

 

落ち込まずに意欲を持ち続けることができます。

 

だから大きな成功を収めることができたのです。

 

 

[オーディオブックCD] 必ず!「プラス思考」になる7つの法則 (<CD>)』新講社

 

 

 

 

 

 

何か嫌なことや不幸なできごとがあったときにとる行動で、その人の「人としてのレベル」や「人間性の高さ」が分る。

 

悪いことの中にも「いいことがあった」と思える人なのか、反対に「ツイてない」とか「不平不満」、「愚痴・泣き言」を並べ立てるのか。

 

 

「私は自分の障害に感謝しています。自分を見出し、生涯の仕事に出会えたのもこの障害のおかげだからです」 

 

ヘレン・ケラーの言葉だ。

 

今がどんなにひどくて最悪だと思える環境だとしても、ヘレン・ケラーのことを考えたら誰もが黙るはずだ。

 

 

どんな人であろうと、ちゃんと探せば身近に感謝すべきことはいくらでもある。

 

歩くことができて幸せ。

 

息ができて幸せ。

 

笑うことができて幸せ。

 

そして、今この瞬間、生きていて幸せ…。

 

 

悪いことの中にも「いいことがあった」と思える人でありたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

早川勝氏の心に響く言葉より…

 

 

《ユーモアで人を笑わせると「やる気ホルモン」が分泌される》

 

 

これまで私がブレることなく「やる気モード」を持続させることができたのは、いついかなる場所、どんなときであっても、周囲の人たちを笑わせてきたからに他ならない。

 

とにかく大優先で、目の前の相手を楽しい気分にさせるサービス精神のもと、常にその場を盛り上げるエンターティナーを演じてきた。

 

 

よって、上司や部下、お客様や取引先、友人や知人など、周囲からの私への評価は、「おもしろい人」「話術が巧みな人」「パワフルな人」である。

 

ただ、意外に思われるかもしれないが、幼少期の私への評価は、「控え目な子」「真面目な子」「無口な子」であった。

 

だから、ユーモアのセンスや卓越したトークスキルというのは、決して天賦の才ではない。

 

 

思春期から現在に至るまで、私は意識的に努力してお笑い芸を磨き、自己改革を続けてきたのだ。

 

なぜなら、人を楽しませる行為こそが、自らの「やる気ホルモン」を活性化させる最も効果的な手段であることに気づいたからだ。

 

明るく元気になったその相手から、お返しとして、さらなる「やる気」パワーをもらってきたのである。

 

 

それはもう計り知れないほど、モチベーションアップへの相乗効果は絶大であった。

 

みんなでお互いを明るく楽しませ合い、笑って過ごすことができれば、知らず識らずのうちに、仲間が増え、ますます「やる気」があふれて止まらなくなる。

 

それこそ笑いが止まらない話ではないだろうか。

 

 

自分の力だけで成功したなどと豪語している輩は、驕(おご)り以外の何ものでもない。

 

やはり人生は、どれだけ人に支援してもらえるかが成功の鍵を握っているのだ。

 

あなたの笑わせる行為こそが、あなたの応援団をより強力な味方にしていく。

 

 

より確かなのは、私が人を笑わせれば笑わせるほど、成功に次ぐ成功が訪れたという事実だ。

 

周囲を楽しませてきたおかげで、私はあらゆる営業コンテストに次々と入賞し、物凄いスピードで昇給・昇格を果たすことができた。

 

大笑いしながら人生のステージが上がっていったのだ。

 

そうして、その芸の道が、私の最も大切な仕事となっていったのである。

 

 

ではここであなたへ、ケンタッキー・フライド・チキンの創業者、カーネル・サンダースの名言を贈りたい。

 

《他の人に一生懸命サービスする人が、最も利益を得る人物である》

 

 

もちろんサービス精神とは笑わせることだけに限らないが、どうせ一生懸命サービスするなら、楽しいほうが喜んでもらえるではないか。

 

「楽しいんでほしい」という、おもてなしのサービス精神なくして、自らが利益を得ることはあり得ない。

 

それが大原則だ。

 

 

「自分だけ楽しければよい」ではなく、常に「他人をどれだけ楽しませるか」ということに気を配っておくことである。

 

世界中の成功者たちを思い出してほしい。

 

彼らのほとんどはウイットにとんだユーモアに長け、いつもジョークを飛ばしている。

 

余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)のスマートな佇(たたず)まいで、周囲の人々を笑いの花束で包んでくれる。

 

 

やる気があふれて、止まらない。―究極のモチベーションをあやつる36の習慣』きずな出版

 

 

 

 

人に好かれる人は、人を楽しませることに徹している人。

 

そういう人は、傍(はた)からみているといつも上機嫌に見える。

 

反対に、自分だけが楽しんでいる自己中心的な人は、周りからみると気難しくて不機嫌そうにみえる。

 

 

笑いという「上機嫌」は肯定であり、笑わないという「不機嫌」は否定だ。

 

周りの人を否定する人には、人は寄りつかない。

 

 

そして、我々は、道を聞くときでも、笑っている人や機嫌のいい人を探す。

 

笑いが人を引き寄せるからだ。

 

 

人を笑わせると、自分も明るくなって、笑顔になる。

 

人を笑わせることで、自分もパワーをもらえるからだ。

 

その逆に、人を怒ったりすると、テンションが落ち、パワーがなくなる。

 

 

どんなときも、人を楽しませ、笑わせる人でありたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

中谷彰宏氏の心に響く言葉より…

 

 

運のない人は、「自分はそこそこ努力しているんですが、うまくいきません。どうしたらいいんでしょう」と言います。

 

この言葉自体、おかしいのです。

 

 

本当に努力している人は、「努力しています」とか「こんなに努力しているのに」とは言いません。

 

そういうことを言わない人のほうが、実際はたくさん努力しているのです。

 

 

「努力しています」と言うのは、「努力したから許してね」という甘えになります。

 

または、「こんなに努力しているのに、なんでうまくいかないんだ」と、逆恨みが起こります。

 

 

本当に努力している人は、自分の努力と工夫がまだ足りないと考えています。

 

「努力しています」という言う人は、ほかの人の努力や工夫が見えていません。

 

「自分のほうが努力している」「自分はこれだけやっているのに」と文句を言うのです。

 

 

日本人が好きな英語のフレーズに「do my best」があります。

 

運のある人は「do my best」とは言いません。

 

「I'll do my best」は、やる前から言いわけをしています。

 

 

「全力を尽くしますから、結果がでなくても許してくださいね」ということです。

 

運のある人は、「やるだけやってみます」とは言いません。

 

ひと言、「やりましょう」とだけ言います。

 

ゴールを目指して、ひたすら突き進むのです。

 

 

運のある人、運のない人/“もっている人”は、人とは逆のことをやっている』ぱる出版

 

 

 

 

 

「自分は努力しています」という言葉と、自分は「一生懸命やってます」、「大変なんです」、「頑張ってます」という言葉は同じ。

 

「努力」も、「一生懸命やっている」も、「大変なんです」、「頑張ってます」も、みんな、まわりの人が言ってくれる言葉。

 

まわりがその頑張りを認めるからこそ、「頑張っているね」と声をかけてくれる。

 

 

世界中を見渡してみれば、自分よりもっと、努力している人や、一生懸命やっている人は、ゴマンといる。

 

それを知らずに、「努力しています」と言うのはとても恥ずかしい。

 

そう思うなら、「自分はまだまだだな」と謙虚になれる。

 

 

どんな努力も厭(いと)わない人でありたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

読めない名前は誰のため?

テーマ:

小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

《覚えやすく、書きやすく、使いやすい名前は〈喜ばれる存在〉への第一歩》

 

 

たくさんの方から名刺をいただいたり、著書にサインさせていただいたりする機会があります。

 

そのとき、ものすごく画数が多くて読めないような文字の名前の人がいます。

 

 

「改名したのですか」と聞くと、「占い師のような人に勧められて」という人が多いのです。

 

名前は何のためにあるかというと、他の人に覚えてもらうため、呼んでもらうためですね。

 

そのためには「もう少し読みやすい名前の方がいいかな」と、よく思います。

 

 

もし〈喜ばれる存在〉になることが自分の心の中にあるのなら、そんな難しい漢字をあえて使わなくてもいいのではないでしょうか。

 

読みやすい名前に変えて急に流れがいい方に変わり、「こんな簡単なことで…」と驚かれた方もいます。

 

名前というのは、読まれて、覚えられて、書かれて、初めて名前と言えるのであって、自分にしか読めない名前というのは、他人からの支援が届きにくいのではないでしょうか。

 

 

《読めない名前は誰のため?》

 

 

宇宙も神様もぜんぶ味方につける習慣』宝島社

 

 

 

 

我々がこの世に生まれてきた目的は、「人に喜んでもらうこと」「人の役にたつこと」だと言われる。

 

人に喜んでもらったり、役にたつには、「人から可愛がられる」ことが必要だ。

 

可愛がられる人は、老若、年齢を問わず、「素直」「笑顔がある」「人の悪口や文句を言わない」「挨拶ができる」「人の話をよく聞く」等々の人。

 

そして同時に、愛嬌(あいきょう)がある。

 

 

名前は、人から覚えられ、可愛がられるための第一歩。

 

それは名前だけでなく、「店名」や「商品名」、「イベントの名前」などみな同じだ。

 

 

あらゆることを、「人に喜んでもらうためはどうすればいいか」という視点で考えてみることが必要だ。

 

ひとりよがりや、独善的思考は人を困惑させるだけ。

 

 

すべてのことを、「人に喜んでもらう」という視点で考えて行動したい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

驚くことの達人

テーマ:

A・マクギニス氏の心に響く言葉より…

 

 

デビット・ソークは地元大学の学生部長を引退し、今は年間1000枚以上を撮影する写真家である。

 

以前私は彼にこう聞いたことがある。

 

 

「どうしていつもカメラをもち歩いているのですか?

 

何か珍しいシャッターチャンスをものにして、それを出版社に高い値で売りつけようというわけですか?」

 

 

「いやいや、とんでもない」と彼は答えてこうつけ加えた。

 

「ものがもっとよく見えるように写真をとるんですよ。

 

注意深さが足りないと怠慢になって、家の桃の木の新しい花びらにも気がつかなくなるでしょうし、中庭をうろついているトカゲの不思議な色も見落としてしまうでしょう。

 

カメラを持ち歩くおかげで観察力を維持できるんですよ」

 

 

私の妻は「感嘆術」のエキスパートだ。

 

結婚する以前、私は一度として朝のコーヒーを楽しんだという記憶がなかった。

 

朝のコーヒーは私にとって単なる目覚まし代わりにすぎなかった。

 

 

そしてダイアンに出会った。

 

彼女は朝3回のうち2回は両手でカップをささげもち、ふくいくたる香りを胸いっぱいに吸い込んでは感激して叫ぶのだ。

 

「ああ、なんていい香りでしょう。

 

目覚めの一杯のコーヒーは最高ね!」

 

 

積極人間は自分に起こった物事すべてが、毎日毎日よくなっていくとは言わない。

 

また、人生最悪の日はもう二度と訪れないとも言わない。

 

いったい、明日がどんな一日になるのか…誰にだってそんなことはわかりっこないのである。

 

 

われわれが知っていること…それは、この世の中は欠点だらけであっても、味わったり楽しんだりできる素晴らしい物事にあふれたたいした世界なのだ、ということである。

 

パブロ・カザルスの一言で締めくくることにしよう。

 

「感動したり愛したりしているうちは、人は決して年をとることがない」

 

 

今できることから始めよ! (知的生きかた文庫)

 

 

 

 

 

一緒にいて楽しい人は、ちょっとしたできごとにも、喜びの声を発して、感嘆する人。

 

反対に一緒にいてつまらない人は、何かプレゼントをしても、驚きもしなければ、何の反応もない人。

 

どちらが一緒にいたい人かは言うまでもない。

 

 

国木田独歩は、「自分の生涯の願いは驚きたいということだ」と言う。『牛肉と馬鈴薯』より

 

それを、安岡正篤師は、

 

「感動したり感激するには心を柔らかくすることです。

 

問題意識の深さと感受性の高さが心を柔軟にします。

 

そして、この一点で人は振り分けられます」『安岡正篤 運命を思いどおりに変える言葉』より

 

と述べた。

 

 

心が柔軟で瑞々(みずみず)しくなければ、驚くことや感動することはできない。

 

心を柔らかくして「驚くことの達人」になりたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/