斎藤一人さんの心に響く言葉より…

 

 

人間ってね、3つのものでできているんです。

 

1つは、「命」。

 

これは神さまからいただいたもの。

 

どんなに科学が発達しても、人間は細胞をいちから創り出すことはできないんです。

 

だからこそ、命は尊いものなんです。

 

 

2つめは、「考え方」。

 

心というものだよね。

 

心は、人間の創造主なの。

 

 

そして、3つめに「肉体」。

 

目で見ることができる肉体は、1と2を合わせた結果といえます。

 

 

この中で、自分を変えることができるのが「考え方」なんです。

 

自分の考え方、つまり「自由意思」をいい方向へ持っていけば、いい道に進めるようになっているんです。

 

自分の意志で、舵をとっていくということなんだよね。

 

 

「明るく心豊かで、人に親切に、楽しく仕事をやろう」

 

 

こう思うだけで、ハンドルが豊かで楽しいほうに向かっていく。

 

心の舵を切るのは、いつも自分自身なの。

 

この「自由意思」を使えば、イヤなことだって、いい経験に変えていくことができるんです。

 

 

たとえば、車に乗っていて追突されちゃったとする。

 

車は大破するし、首は捻挫する。

 

このとき、

 

「なんてツイてないんだ。どうしてくれるんだ」

 

と思うか、

 

「死ななくて本当によかった。運がいいな」

 

って思うかで、人生は変わってきちゃうんだよ。

 

 

追突されたときは、「コノヤロー」って感じるかもしれない。

 

でも、あとになって「あのときはツイてた」と思い直すことができれば、魂が成長するんです。

 

 

だからさ、雨が降ったら、「イヤだな」ではなく「天の恵みだな」。

 

答えが間違っていたら、「恥ずかしいな」ではなく「知らないことがわかって、よかったな」って思う。

 

いい方向へ変換してみることだよ。

 

人間って、放っておくと、不安になるのが普通なの。

 

だから、意識的に「いいほう」へ心の舵を切ることが大切なんだよね。

 

 

それから、偉人伝とか、うまくいった実業家の本を読むと、苦労して成功した話が書かれているよね。

 

エジソンは毎日夜を徹して研究に没頭したとか、ナイチンゲールは戦火の中、懸命に看護に勤(いそ)しんだ、とか。

 

だから、世の中の多くの人が、苦労しないとうまくいなないと勘違いしている。

 

ここが大きな間違いなんです。

 

 

いいかい。

 

世の中って、「心が豊かで、楽しければ」うまくいっちゃうようにできているんだよ。

 

仕事でも何でもそう。

 

苦労なんかしちゃいけない。

 

もし、苦労していると感じたら、それは好きじゃないことをやっている、ということです。

 

 

エジソンだって、ナイチンゲールだって、好きなことだから徹夜で研究したり、危険に身をさらして戦地で看護をしたりしたんだよ。

 

彼らにとってはそれは「苦労」じゃないってこと。

 

大好きだから、夢中になってやったんだよね。

 

 

「自分はここまで成功するのに、こんなに苦労した。あんなに大変な時間を過ごした」って、出世した人はよく言うんだ。

 

これを信じてしまうかもしれない。

 

だけどね、これは「苦労話」。

 

「成功話」とは違うんだよ。

 

ほとんどの人は、この2つをごっちゃにしてしまっているの。

 

 

実は、やりたいことを夢中でやると、楽しく楽しくて仕方なくなるの。

 

そして、うまくいく仕組みになっているんです。

 

これが本当の努力なんだよ。

 

 

もし今、あなたが仕事で苦労しているな、って感じているなら、その仕事を「おもしろいこと」に変えてしまおうよ。

 

楽しくする工夫をしてみるんです。

 

 

人間って、誰にでも平等に1日24時間があるよね。

 

その三分の一は、働いている。

 

人生の時間の三分の一をつまらなく生きていたら、もったいないよね。

 

 

「楽しく仕事をする」って思うことは、人生を楽しくする最速の方法なんだよ。

 

もちろん、働く中で、イヤな仕事はいっぱいあるかもしれない。

 

でも、そこから楽しみや喜びを見つけていく。

 

これが、人生がうまくいくコツなんです。

 

 

今やっている仕事の中で、知恵を出したり、イヤなことをおもしろくなるよう工夫したりする。

 

つまり、「仕事をゲームに変えてしまう」ことなんだよ。

 

ゲームにすると、上を目指したくなる。

 

そして上に行けば行くほど、どんどん楽しくなる。

 

そして、楽しくなると、成果はきちんと出てくるものなの。

 

さらに、仕事はお金を稼ぐことができるんです。

 

 

世の中の成功者は、どんなに大金を手にしても仕事を辞めないんだよ。

 

私もね、毎日遊んで暮らせるほどお金は持っているけど、仕事は辞められない。

 

人の役に立つものを考えて売るって楽しいよ。

 

ドキドキワクワクするし、自分も心が豊かになるからね。

 

 

仕事と人生』SB Creative

 

 

 

 

現代は、人生100年の時代と言われる。

 

定年を60歳とすると、あと40年も残っていることになる。

 

 

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」(東洋経済新報)の中にはこう書かれている。 

 

『人が長く生きるようになれば、職業生活に関する考え方も変わらざるをえない。 

 

人生が短かった時代は、「教育→仕事→引退」という古い、3ステージの生き方で問題なかった。 

 

しかし、寿命が延びれば、2番目の「仕事」のステージが長くなる。 

 

引退年齢が70~80歳になり、長い期間働くようになるのである。 

 

人々は、生涯にもっと多くのステージを経験するようになるのだ。』

 

 

学校を22歳で卒業したとすると、人生はその後の人生の方が圧倒的に長い。

 

 

「人生を楽しくする最速の方法」

 

それは、仕事を楽しくすること。

 

仕事を楽しくするには、仕事をゲーム化すればいい。

 

そして、ゲームだと思えば、仕事は苦労ではなくなる。

 

遊びのようなものになる。

 

 

本田静六氏はそれを「仕事の道楽化」と言った。

 

そして、人生の最大幸福は「仕事が道楽」だと思えることだ、と。

 

 

人生を楽しくする最速の方法を身につけたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

ゲイリー・ジョン・ビショップ氏の心に響く言葉より…

 

 

先の見えない状況をイヤがるのは、他人に白い目で見られるのが怖いからだ。

 

私たちは仲間から役立たずとみなされ、見知らぬ荒野へ放り出されることを心底から恐れている。

 

よくわからない状況へ跳び込んだ人は、まわりの人の目には変に映り、「妙なやつ」と思われる。

 

限界を押し広げて新しいことに取り組もうとすれば、うまくいかないときもある。

 

すると「失敗」の烙印を押される。

 

 

《成長したいなら、まわりから愚かで間抜けだと思われることをよしとしなくてはならない。》(エピクテトス)

 

 

まわりの常識に縛られたままでは、自分の内に秘めた力をフルに発揮することはできない。

 

逆に言えば、どう見られるかが大事だという考えを捨てるだけで、人生が一夜で一変することもある。

 

意見に左右されようがされまいが、人生は続いていく。

 

 

自分勝手な社会不適合者になって、他人の考えを頭ごなしに否定しろと言ってるんじゃない。

 

ただ、もし勝ちたいなら、世間の冷たい風にさらされ、なおかつそれに動じることがないようにしなくてはならない。

 

本当に大きなことを成し遂げたいなら、頭がおかしいとか、バカとか、わがままといった評判を、ある程度は覚悟しないといけない。

 

 

よくわからないものを避ける人には、その覚悟ができない。

 

批評されるのが怖くてたまらない。

 

ばかや間抜けに見えるのが怖くてたまらない。

 

だから立ち止まる。

 

片方の足が、まやかしという名の釘で床に打ち付けられれているのだ。

 

 

《先が見えない状況を楽しもう》

 

 

これはすごくビックリする言葉だと思う。

 

誰だって普通は不確実なことを拒否し、避けようとする。

 

先が見えないのを恐れる。

 

どうあがいても理解したりコントロールしたりできないことであっても、無理に理解したりコントロールしたりしようとする。

 

生まれ落ちたときの美しい世界に囚われていて、抜け出すことはできそうにない。

 

 

しかし、抜け出す方法がないわけじゃない。

 

そのためには、考え方をシフトさせてほしい。

 

不確実な状況を楽しもう。

 

 

この場合のアサーティブ(気持ちをまっすぐ表現すること)な言葉は「先がわからないからおもしろい」だ。

 

不確実な状況に真正面から跳び込もう。

 

それを愛でよう。

 

堪能しよう。

 

 

覚えておいてほしい。

 

あなたがずっと夢に見てきた成功はすべて不確実性の中にある。

 

それを認めれば、前ほど怖くなくなる。

 

もちろん、何が起こるかわからなくて緊張はするが、何が待っているのかという希望や胸の高鳴りも味わえる。

 

 

未知の世界にはたくさんイヤなことがあるだろう。

 

しかし同時に、いいこともたくさん待っている。

 

成長や進歩の機会があふれている。

 

 

今日スタートして、果敢に飛び込み、そして先の読めなさを楽しんでほしい。

 

普段ならしないことをしよう。

 

日々のルーティンを見直そう。

 

大胆に夢を見て、大胆にリスクを取って、ハラハラする人生を送ろう。

 

 

出発点としては、まったくもって自分らしくないことをするのがいい。

 

不確実な状況を楽しみ、未来をつかむためのパンチを繰り出そう!

 

 

あなたはあなたが使っている言葉でできている Unfu*k Yourself』ディスカヴァー

 

 

 

 

行徳哲男師はこう語る。

 

「金や財産、名誉や地位を失っても、ほんの一部を失ったにすぎない。

 

しかし、勇気を失ったらすべてを失う。

 

勇気は頭からは生まれない。

 

勇気を生むのはただ行動のみ。

 

行動が勇気を起爆させるのである」“感奮語録”(致知出版)より

 

 

先が見えなくて、足がすくんでしまうようなとき、そこに必要なのは「勇気」だ。

 

そして、その勇気を生むのは行動しかない。

 

頭で考えてばかりいたら、行動はできない。

 

 

誰に何を言われてもかまわないという、なりふり構わない狂ったような行動が勇気を呼び起こす。

 

先が見えない状況を楽しめる人でありたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

経営共創基盤、冨山和彦氏の心に響く言葉より…

 

 

人間は、見たい現実を見たい生き物です。

 

これは、まさにカエサルの言う通りでしょう。

 

人間の本性。

 

放っておいたら、見たいものしか見なくなる。

 

だから、そう思って経営者は経営をしないといけないし、社員は仕事をしないといけない。

 

 

みんな変わりたくないのです。

 

例えば、テニスひとすじで生きてきたとする。

 

ところが、20年もやってきて、急にテニスが廃れるとわかった。

 

このままでは食えない。

 

そういえば、子供の時はサッカーだった。

 

じゃあ、サッカーに転向しよう…と思えるかどうか。

 

 

それこそテニスなら、世界ランキング100位だけど、サッカーでは小学校でちょっとうまかったくらい。

 

同級生はもう代表選手になっている。

 

そこでサッカーに転向することを考えられるかどうか。

 

「すぐにテニスは復活する」と思いたくなるものなのです。

 

転向は、大きなストレスだから。

 

 

これはビジネスも同じです。

 

なんとなく衰退しているとは思っている。

 

気づいている。

 

大事なことは、変化が起きているという認識から、それに合わせて自分の行動に落とし込めるかどうか。

 

 

「テニスは廃れる」と思っていても、「じゃあサッカーをやろう」と思えるか。

 

実際にはそんなに簡単ではないでしょう。

 

しかも、高年俸を捨ててまで。

 

それを捨てて、明日からサッカーの練習を始められるか。

 

とりあえずテニスで引っ張ろうとするでしょう。

 

テレビでやってきた人が、今さらネットビジネスに移れないのも同じことです。

 

 

見たい現実を見るというのは、もっと正確にいうと、見たい現実に従ってしか人間は行動できない、ということです。

 

だから、世の中の変化についていくというのは、簡単ではないのです。

 

ましてや組織になると、もっと不器用になる。

 

 

しかし、長きにわたってうまくいく人は、自分を変えていく。

 

ストレスに対する耐性が高いから。

 

「サッカーやっちゃおうかなぁ」と考えて、実際にやってしまう。

 

もしくは、「サッカーは無理そうだけど、これから流行りそうなやつとか、まだ競争がないやつとか、探してみよう」とフェンシングを始めたりする。

 

これができる人がいるのです。

 

 

日本人は変化耐性が弱い、というのは事実だと思います。

 

基本的には農耕型で共同体をつくって生きてきた。

 

だから余計に難しい。

 

狩猟型であれば、自分ひとりの判断、自分の行動だけで済むけれど、農耕型だとそうもいかない。

 

しかも、扶養家族もぶら下がっている。

 

 

共同体には、新卒で入ったばかりの赤ん坊もいます。

 

ぶら下がって食べている人もいます。

 

そこで「もうこれからはいっさい、モノはつくりません。ファブレスカンパニーになります」と言った瞬間に、「去年入った生産分野の若手社員はどうするんだ。仕事がなくなる」などということになる。

 

それで、「とりあえず続けるしかないな」となってしまう。

 

この“とりあえず”を10年、20年放置すると危ない。

 

なぜなら、世の中は変わっているから。

 

決断を先送りにしたばかりに、もっとメガな悲劇が起きかねないのです。

 

 

だから重要なのは、リーダーの先見性です。

 

放っておいたら、20年後に総玉砕してしまいかねないのが、現代なのです。

 

このまま行ったら危ないと判断し、「しょうがない。ここは耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで、今のうちから違うスポーツをやろう」と言えるかどうか。

 

そのストレス耐性が問われるのです。

 

 

もちろん難しさは別のところにもあります。

 

あまり言いすぎるとリーダー自身が追い落とされてしまう、ということです。

 

抵抗勢力に滅ぼされてしまう。

 

ただ、そうなったとしても結局、20年後に待っているのは悲劇です。

 

 

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に』幻冬舎

 

 

 

 

 

「見たい現実を見たい生き物」とは、見たいように都合よく現実の世界を変換してしまうということ。

 

つまり、嫌な現実は見ないでフタをしてしまい、見たいと思う現実、そうあって欲しいという現実しかみない。

 

それは、人間は基本的には変化を好まない生き物だから。

 

 

しかし今、世の中は大きく激しく変わっている。

 

そして、すぐ先にある分かり切った現実があるにも関わらず、それを見ようとしないで先送りしてしまう。

 

 

それは例えば…

 

自動運転に対する、タクシー業界、物流・運送業界…。

 

ネット情報化社会に対する、新聞、テレビ、マスコミ…。

 

電子マネーや仮想通貨に対する、銀行や金融機関…。

 

アマゾンや通販業界に対する、コンビニ、スーパー、流通業界、家電業界…。

 

そのほかにも、シェアリングエコノミーや、サブスクリプションといった新たなビジネスモデルの台頭に対する、既存の業界の対応…。

 

 

「とりあえず続けよう、と10年、20年放置する」

 

変化への対応を怠ったとき、大きな悲劇が待っている。

 

「決断を先送りしない」を肝に銘じたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

私は20歳のころから32歳くらいにみえていたらしく、27歳くらいのOLらしき女性の方々から、

 

「4年制大学を出て入社して5,6年たつのにコピーとりとお茶汲みしか頼まれません。そのために大学を出たのではないので、辞めたほうがいいでしょうか」などと何回も相談されてきました。

 

私の答えはいつも同じで「あなたがお茶汲みにきているのではないという態度で仕事をしているとしたら、もし私が上司であれば、それ以上に責任のある仕事は任せません」というもの。

 

 

世の中に「軽い仕事」というものはありません。

 

でも、「これは雑用」と思っているうちは、その程度の仕事しかきません。

 

 

「頼まれごとを誠実にこなしていくか」を、上から見ている方がいらっしゃるからです。

 

だから、偉い人からの頼まれごとも、そして家族から言われた「ついでに買ってきて」というのも、みんな同じ。

 

「軽い仕事」「大事な仕事」「重い仕事」などはないのです。

 

 

《偉い人からの頼まれごとも、家族から言われた雑用もみんな同じ仕事です。》

 

 

感謝ではじまる幸せの習慣』宝島社

 

 

 

 

 

安岡正篤師は、大西郷をこんな風に評している。(酔古堂剣掃)より

 

 

『淡宕(たんとう)という言葉があるが、「宕」というのは、岩石が山の崖下(がけした)だとか、あるいは森の中に、堂々たる大石としてでんと構えているさま、これが宕であります。

 

スケールの大きな、確乎(かっこ)として奪うべからざる力を持っている。

 

淡とは、一言でいうなら、甘いとも苦いとも渋いとも、なんともいえない妙味、これを淡という。

 

西郷南州の晩年はたしかに、「淡宕」という境地です。

 

あの人がたまたま官を去って、帰村したときに、村にはいろいろな問題があって、村長が泣き言を言いにやってきた。

 

そしたら、西郷さんが座りなおして、「そいじゃ、おいどんがやろうか」と言った。

 

村長はびっくりした。

 

まさか明治新政府の参議・総督が田舎の村長になるわけない。

 

冗談だと思った。

 

ところが冗談じゃない。

 

西郷さんは本気で言うておる。

 

つまり西郷さんから言わせれば、自分の生まれた村の村長も、偉勲赫々(いくんかっかく)たる参議・陸軍大将も同じことなのであります。

 

スケールというか、こういう境地というのが、「淡宕」です。

 

なかなかここまで行く人はいない。

 

人間もここまで行けば偉い。

 

英雄・哲人の終わりには、時折こういう境涯がある。

 

誰にでもわかるのは大西郷の最後の風格、晩年の風格であります。

 

 

若い頃から、誰からの頼まれごとであっても、それを快く引き受けていく人は、晩年になって暇(ひま)になることはない。

 

しかし、頼まれごとを断り続けてきた人は、晩年になってまったくやることがなくなってしまう。

 

家族からも、地域社会からも、友達からも、会社からも、頼まれごとがこなくなるからだ。

 

 

頼まれごとを断り続けていると、頼まれにくい顔になる。

 

一言でいうなら不機嫌そうな顔だ。

 

そんな人は、まだ現役で仕事があるうちはいいが、定年になったら悲惨だ。

 

 

頼まれごとに大小や軽重(けいちょう)はない。

 

どんな小さな頼まれごとであっても、それを機嫌よく「淡々」と引き受けるのか。

 

その積み重ねの結果が定年後にはっきりと表れる。

 

だから、定年後は、人生前半戦の「通信簿」。

 

 

頼まれごとを、機嫌よく、淡々と引き受ける人でありたい。

 

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

堀江貴文氏の心に響く言葉より…

 

 

押し寄せるグローバリズム、働き方革命の実践など、日本人の働く環境は、さまざまな変化を求められている。

 

しかしいまだに、「正社員であれば安心だ」という常識は、根強い印象がある。

 

特に就職氷河期以降、若者の間では正社員希望が、増加しているようだ。

 

 

だが、会社員になるメリットは、ほとんどないに等しい。

 

昔は、終身雇用・年功序列の構造の揺るぎなさが、会社組織に属する最大の利点だった。

 

でもリーマンショックを経て、終身雇用も年功序列も崩壊した。

 

有名な大手企業に勤めているとしても、ずっと安定した給料や待遇が得られ続ける保証はない。

 

いつ職場を失うかもしれないという意味では、正社員も派遣社員もフリーターも同列なのだ。

 

手持ちの資金で始められるベンチャーに挑むなど、自由に生きた方がいい。

 

存分にお金を使って、安定志向を捨て、楽しく豊かに人生を走り続けた方がいい。

 

 

会社に勤めることが一般的でなくなると、所得格差はますます広がるのではないか、という意見がある。

 

当然だろう。

 

能力の優れた人が、見合ったスキルと、自由な時間配分で仕事をできるようになると、能力の低いサラリーマンの何倍も稼げる。

 

能力の優れた人は所得を増やし、能力の低いサラリーマンは所得が減るどころか、やがて仕事を無くしてしまう…何が問題なのだろう?

 

できる人に、いい仕事が集まるのは、何もおかしいことではない。

 

ごく普通の、自然現象だ。

 

それが阻害されていた昔のサラリーマン社会の構造の方が、問題だったのだ。

 

 

組織には、もう依存できる信頼度はない。

 

それは働き手にとっては、チャンスだ。

 

逆に所得を減らし、仕事を失ってしまうようなサラリーマンは、身の丈に合った仕事と収入を探し出せる好機を得られたと考えてほしい。

 

 

もちろん、会社組織に勤める利点もある。

 

たとえば仲間との結束感が挙げられるだろう。

 

同じ会社に勤める上司や部下、同僚たちは、仕事の成果を分かち合える最も身近な仲間たちだ。

 

喜びを共有できたり、褒めてくれる人が職場にいるというのは、それなりのモチベーションと言えるだろう。

 

会社のブランドを使って、よりステージの高いプロジェクトを進められる利用法も考えられる。

 

 

けれど、リスクが免じられている環境で、人は成長できるだろうか?

 

組織に依存を続けていると、「みんなのため」という自己犠牲が正義を持ち、個人の意思や意見が押しつぶされ、成長が阻害されることに、鈍感になってしまう。

 

 

人は常に、自分のやりたいことのために生きるべきだ。

 

何をしたいのか、どこに行きたいのか、何が好きなのか。

 

己に深く問い続け、そのために必要な実践を大胆に繰り返していくことで、人生は真に豊かになっていくと信じている。

 

 

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』マガジンハウス

 

 

 

 

堀江氏は、これからはますます個人の格差が広がっていくという。

 

これは、会社で考えれば当然のこと。

 

自由な競争が保証されている日本においては、優勝劣敗は必然だ。

 

時代の変化に乗り遅れてしまった企業は、じり貧となり、最後は倒産の憂き目にあう。

 

個人においてもこの法則が当てはまる。

 

だからこそ、これからの時代、個人として生き残るためには、常に新しい情報を手に入れ、自分の価値を高めるための勉強をし続けるしかない。

 

 

そして、その一つの解は「遊び」にあるという。

 

『今後、投資すべきところは、遊びだ。

 

テクノロジーの進化によって、すべての人に膨大な余暇が生じ、遊びが人生の中心になる時代は、遠くないうちに実現する。

 

遊びを知らなかったり、遊びの種類が少ない人は、貧困層と同じような苦しい人生を強いられるのではないだろうか。』

 

 

『遊びを仕事につなげるには、さまざまな知識とアイディアが必要だ。

 

まず情報のシャワーを浴びること。

 

そして、遊びにハマることだ。

 

没頭する。

 

お金など気にせず、とにかく夢中になる。』

 

 

『僕がインターネットのビジネスで成功したのは、他の人よりも知識が高かったからではない。

 

他の人よりも徹底的にハマり、遊び尽くしたからだ。

 

普通の人は、遊びをビジネスなど、新しい展開へつなげる前に、やめてしまう。

 

親に止められたり、受験勉強に追われたり、理由はあるかもしれないが、そんなもの気にしないで、やり尽くせばいいのだ。』

 

 

これからの時代は、AIやロボットが単純な仕事を人間の代わりにやってくれるようになり、結果、ますます余暇が増えてくる。

 

すると、その余った時間をどうやって過ごすかが非常に大事になってくる。

 

それは、日常の生活に必要なものではなく、「あってもなくてもよいもの」がもてはやされる時代になるということ。

 

つまり、楽しいことや、面白いモノが最も必要とされる世の中になる。

 

だからこそ、そこに「遊び」が重要なキーワードとなる。

 

 

堀江氏は、『「あいつと一緒にいたら何だか面白い!」と言われる、行動的な人生を選べ』、という。

 

「一緒にいると面白い!」と言われる人を目指したい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117