小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

私たちは、人の先頭に立って活動していくとか、使命感、正義感をもって生きていきましょう、と今まで教えられてきましたが、その人が中心となって、ボランティア活動なり社会運動なりを使命感を背負ってやっているうちは、なかなかひろがりを見せません。

 

それをヴィジュアル的に言いますと、牽引車の列車が客車を何十両も引っ張っている状態。

 

その人自身が牽引車になってしまっているんです。

 

ところが、牽引車の力が強ければ強いほど、後に続く客車としてついて来る人たちは、自分の動力のモーターを使わなくなってしまう。

 

 

逆に、牽引車の力が弱ければ、客車ひとつひとつが自分の持っているモーターを動かしていかなければならないわけです。

 

その牽引車も、はじめは馬力があって情熱と使命に燃えて好きでやっているうちはまだいいんですけど、10年、15年、20年と経つと疲れてしまうようで、もうダメだって思ったときは切り替えると良いと思います。

 

それはどういうことかというと、徐々に牽引車から御神輿(おみこし)の側に変わっていくんです。

 

御神輿というのは、いつも担(かつ)ぎ手がいますよね。

 

神輿に乗るというのは、「担がれる人になる」ということです。

 

 

運ばれていくだけのポジションになるということ。

 

でも、その人が強い牽引車のときは、その人だけが活躍しているだけなので、なかなか広がりを見せないんだけど、その人が神輿として担がれるようになればなるほど、担ぎ手が増えていくわけですから、自然に運動は広がっていきます。

 

でも、神輿というのは自分の意思だけでは動かないし、担ぎ手がいないと動かない。

 

 

じゃあ、担がれなかったらどうするんだ、運ばれていかなかったらどうすんだ、って思いますよね。

 

そこが使命感というところなんですけど、使命感はもっていなくていいんです。

 

それにもっと言えば、担がれなくてもかまわないわけです。

 

だって、自分が“実践者”として生きていくだけですから。

 

 

運動を広げようとか世の中を変えようとか、共鳴者、共感者を増やそうとか、そいう使命感のようなものを背中にズッシリ背負う必要がないんです。

 

一生懸命、活動を広げようとかいうよりも、「私はバカやってるんですよね」って言って「それがラクで楽しいからこのように生きています」というようなポジションでいると、担ぎたいと思う人や真似る人がどうも現れてくるみたいです。

 

本当に、運動なりエネルギーなりを広げたいのだったら、牽引車ではなくて神輿になることの方が良さそうで、何より楽です。

 

 

それは、伝えようと生きるのではなくて、ひたすら実践していって、その結果として担がれてしまうということです。

 

そういう動きは自然に広まると思います。

 

 

宇宙が味方の見方道 ー小林正観 見方・考え方・とらえ方 実例集ー (「未来の智恵」シリーズ10)』弘園社

宇宙が味方の見方道 ー小林正観 見方・考え方・とらえ方 実例集ー (「未来の智恵」シリーズ10)

 

 

 

 

 

 

小林正観さんは、「実践者・マザーテレサ」について本書の中でこう語っている。

 

 

『マザーテレサは肉体があるうちは、マザーテレサの周りにたくさんの人が集まっていました。

 

彼女は貧しい人々の介護を通して、そういう実践という形を通して、大きな影響を与えた。

 

その結果として、マザーテレサが死んだ後には、彼女の周りにいた人たちやボランティアをしていた人たちは、母国に戻って、それぞれがプチ・マザーテレサになったんです。

 

逆に、マザーテレサが肉体を失ったことで、その教えを受けた人たちはみんな散らばって、その意思を継ぐようなことをやり始めました。

 

もちろん、マザーテレサが亡くなったことを悲しむ人がいるけれども、肉体の死の悲しみを超えて、いかに生きていくかを考えた人たちもいました。

 

その結果、自分たちが祖国に帰って、それぞれが小さなマザーテレサになったというのは、マザーテレサがものすごく大きなものを残していったということではないでしょうか。

 

彼女が亡くなった後、そういう広がりを見せたということは、そのやり方が本物だったからでしょう。

 

マザーテレサは神の愛を伝える「メッセンジャー」であるとともに、ただひたすら実践者「ジッセンジャー」であり続けた人であった。

 

人が亡くなってその真価を問われるのは、いかに実践者として生きていたかということだと思います。』

 

 

昨今は、様々な組織において、会長や役職者を選ぶときなど「自分から立候補する人」も多い。

 

立候補ではなく、周りに押されて会長や役職者なるというのは、古めかしくて、あまりに日本的で、民主的ではないような感じがしてしまうのも事実だ。

 

しかし、組織を構成する一人ひとりの能力が上がり、力をつけ、その結果組織自体が活性化するには、あまりトップが強烈でない方がいい。

 

なぜなら、その人に引っ張られ、まわりは頼ってしまうからだ。

 

 

だから、強烈なリーダーがいるうちは芽が出なかった人が、いなくなった途端、能力を発揮する人が多い。

 

こんな人材が眠っていたのか、と。

 

上司が、力み過ぎていたり、有無を言わせず引っぱっていくようなタイプだと、部下は育たない。

 

方向性さえあっていれば、好きにやらせる、というのが御神輿に乗るタイプだ。

 

 

「忠臣蔵」で有名な、赤穂浪士のリーダーである大石内蔵助は、昼行灯と呼ばれた。

 

何を考えているかわからないようなボーっとした人物だったからだ。

 

しかし、47人もの浪士を束ね、秘密裏に仇討を決行したそのリーダーシップは高く賞賛されている。

 

まさに、担がれる人だ。

 

 

ときには、ぼんやりしているように見えたとしても…

 

まわりから、担がれる人になりたい。

 

 

 

 

宇宙が味方の見方道 ー小林正観 見方・考え方・とらえ方 実例集ー (「未来の智恵」シリーズ10)

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

 

 

櫻井秀勲氏の心に響く言葉より…

 

 

 

緊急事態宣言の期間中には、家族でゲームをして時間を過ごす人も多かったようで、新しい「人生ゲーム」も話題になっていました。

 

「人生ゲーム」とは1960年にアメリカで発売されたボードゲームで、日本では1968年から発売されています。

 

それこそ、就職したり、結婚したり、子どもを生んだり、ときには失敗したり、成功したりしながら、コマを進めて、ゴールをめざすのです。

 

 

日本人なら誰でも一度はやったことのあるゲーム、といってもよいようですが、時代に合わせて、日本ならではのバージョンが出ています。

 

最新版は2019年に発売された「令和版」です。

 

これまでは、お金をふやしていくところを、令和版では、フォロワーがどれだけふやせるかに代わっています。

 

 

また、昔は、就職は1回しかできなかったり、人生の「コース」が決められていたりしましたが、それらは取り払われています。

 

まさに、いまを生きる人たちの人生を投影していると、と私は思います。

 

 

これから大切なのは、お金ではなく、フォロワー(支援者)です。

 

あなたの考え方や生き方に、「いいね」を押してくれる人たちです。

 

フォロワーが多くなれば、お金はあとから、いくらでもついてきます。

 

 

「いくらでも」がむずかしくても、必要な分を集めることくらいは不可能ではないでしょう。

 

それを可能にする力を、フォロワーによって得るわけです。

 

いよいよ、あなたの人生の道が開けていくことを、実感できるのではないでしょうか。

 

 

新しい時代は「逆転の発想」で生きる~「いままで通り」より大切なこと』きずな出版

新しい時代は「逆転の発想」で生きる~「いままで通り」より大切なこと

 

 

 

 

 

 

昨今は「インフルエンサー採用」というのがある。

 

インフルエンサーとは、インターネットやSNSで多くのフォロワーがあり影響力がある人のことを言うが、情報を拡散する力がある人を企業が採用したいということだ。

 

 

よく知られた例としては、店舗のカリスマ店員がいる。

 

自社のブランドの衣服を着たおしゃれな店員が、SNSで発信し売り上げをあげる。

 

 

フォロワー数が、数千人~10万人程度の人をマイクロインフルエンサーといい、10万人以上をインフルエンサーと呼ぶ。

 

現在では、インフルエンサーは広範囲に影響を与えることができるが、マイクロインフルエンサーの方がむしろ、狭い範囲に深く浸透しているので、ある分野では強い影響を与えやすいと言われている。

 

 

現代は、個人が一人ひとりメディアを持てる時代だ。

 

情報発信がいくらでも無料でできる。

 

アウトプットがとてつもなく大事になっているということだ。

 

 

大事なことは「伝わらなければ、無いのと一緒」ということ。

 

どんな素敵な商品であろうと、美味しいレストランであろうと、それが伝わらなければ、この世に存在しないのと同じことになる。

 

 

アウトプットを繰り返し…

 

フォロワーという自分の支援者を増やしたい。

 

 

 

 

新しい時代は「逆転の発想」で生きる~「いままで通り」より大切なこと

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

 

 

A・マクギニス氏の心に響く言葉より…

 

 

南北戦争時代のリンカーンについて著した、リチャード・ハンサーはこう語る。

 

「厳しく血なまぐさい南北戦争に対するリンカーンの砦(とりで)はユーモアだった。やせこけてひょろ高いリンカーンは、よくフランネルのナイトガウンをヒラヒラさせながら真夜中にホワイトハウスの中を歩きまわったものだ。今読んだばかりのおもしろい話を誰かに話したくて、まだ起きている人を探しまわっていたのである」

 

ハンサーは当時の戦時内閣が臨時議会のためホワイトハウスに召喚された時のことについて語った。

 

後に時のウォー・スタントン国務長官が書いたものによればこうだ。

 

 

「大統領は本を読んでいて、私が入ってきたことにほとんど気づかなかった。

 

ようやく私たちの方をふり返るとこう言われたのだ。

 

『諸君、アルテマス・ウォードの作品を何か読んだことがあるかね?ちょっとこの一節を読んでみよう。とっても愉快なんだ』」

 

 

それから大統領は大きな声で「古代都市ウティカの恐るべき侵害」というタイトルの諷刺文を読んだ。

 

長々と読み続けるリンカーンを目前にして、スタントンは怒りで頭に血がのぼらんばかりだった。

 

が、最後には心から大笑いしたのである。

 

リンカーンは皆の顔を見回してからこう言った。

 

 

「諸君、どうして笑わないのかね?私は昼夜を問わず恐ろしいほどの緊張の連続にさらされている。笑わなければ死んでしまいそうだ。そして諸君にも私と同じようにこの笑いの薬が必要なんだよ」

 

 

そして彼はテーブルの上のシルクハットに手を伸ばすと、これから読み上げる紙片を取り出した。

 

それがあの奴隷解放宣言であった。

 

スタントンは圧倒された。

 

彼は立ち上がり、リンカーンの手を握るとこう叫んだ。

 

「大統領閣下、もしアルテマス・ウォードの一節の朗読がこの宣言の前文なら、国の公文書館に保存しなければいけませんね。もちろん作者には栄誉の表彰も」

 

 

英国の医師シーラ・キャシディはホスピスにおける笑いと祝い事の重要性について、感動的な筆致で次のように記している。

 

 

《医学的に言えば、ホスピスはもはや手の施しようのないガン患者に対して、痛みや症状をやわらげるために設けられた施設である。

 

すでに死にかかっており、たとえ死を共にする忍耐と勇気が残っているだけであったとしても、何かしら必ずできることがあるのです。

 

たいていの人々はホスピスに対してこんなイメージをもっています。

 

患者と家族が目を伏せ、声を押し殺して避けられぬ運命を待つ場所。

 

重々しくて、陰気なところ。

 

 

ところがこれはまったく真実とかけ離れているのです。

 

ホスピスのケアは生命と愛と笑いについてのもので、二つのゆるぎない信念の上に成り立っているのです。

 

一つには生命はかけがえのないものであり、一瞬一瞬を精いっぱい生きるべきであるということ。

 

そしてもう一つは、死はまったく純粋に生の一部であるから、素直に向き合って両手を広げて歓迎すべきものであるということです。

 

 

ホスピスの生活の特徴の一つに祝い事があります。

 

ケーキを焼き、シャンパンの栓を抜いて誕生日や記念日のお祝いが始まります。

 

病院の事務局の人々や看護婦、ボランティアの人たちが患者とその家族たちとグラスを合わせるのです》

 

 

今できることから始めよ! (知的生きかた文庫)』(稲盛和夫監訳)

今できることから始めよ! (知的生きかた文庫)

 

 

 

 

 

 

精神科医の斎藤茂太氏は、『ユーモアは、「にもかかわらず」笑うこと』という言葉があるという。

 

にもかかわらず笑うとは、どんな厳しい状況になっても、そこでユーモアを言って笑わせること。

 

すると、今までのトゲトゲした雰囲気が笑いによってパッと明るくなるからだ。

 

 

極限状態にあるときほど、この「にもかかわらず笑う」ことが必要だ。

 

すると、重大事故が起こりにくくなる。

 

全員がヒートアップしてしまっているとき、「笑い」が緊張をゆるめ、ふっと我に返ることができる。

 

 

同時に、「祝い事」は大事だ。

 

古来より、日本では神社において、祭祀の最後に「直会(なおらい)」という儀式がある。

 

直会とは、神事に参加したもの一同が、神前に供えたお酒や新撰(お供物)をお下がりとしていただくこと。

 

神人共食(しんじんきょうしょく)という、神様と人が一緒になっていただくという宴会(平たくいえば)のこと。

 

天岩戸神話にもある通り、日本の神様は、笑いと踊りなど、お神酒を飲んで楽しく騒ぐお祝い事が好きなのだ。

 

 

どんなに切羽詰まっても…

 

笑いを忘れず、共に楽しむ祝い事を忘れない人でありたい。

 

 

 

 

今できることから始めよ! (知的生きかた文庫)

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

江戸しぐさ語りべの会、越川禮子(こしかわれいこ)氏の心に響く言葉より…

 

 

 

《江戸っ子が最下等と考えていた、弱者に対して威張る人》

 

 

私の知り合いの若い女性から聞いた話ですが、彼女がアルバイトの面接に行ったときのことです。

 

そんなに大きい会社ではないので、直接そこの社長さんとの面接になりました。

 

社長さんは質問にも丁寧に答えてくれて、とても感じがよく、彼女はその会社でアルバイトとして働くことになったのです。

 

 

ところが、いざ仕事をしてみると、あの感じのよかった社長さんが人が変わったように威張りちらすというのです。

 

会社という組織ですから、役職に上下があるのは仕方ありません。

 

上から下への命令もあるでしょう。

 

でも、上の者が下の者に対して「威張りちらす」というのは、どうなんだろう?と思ってしまいます。

 

 

この社長さんのみならず、世間では必要以上に偉そうにしている人を見かけます。

 

自分が大企業に勤めているというだけで、周囲を見下した発言をする人もいます。

 

ふだんの主婦同士のつき合いでも、なぜか威張っている人がいます。

 

 

傍から見ていても、ほんとうに嫌な気持ちになるものです。

 

自分より立場が下で言い返すこともしづらいといった、相手の立場に思いをめぐらすことができない人なのでしょう。

 

もしくはそういうことがわかっているから、わざと自分を大きく見せようと威張っているのかもしれません。

 

ほんとうに品がないですね。

 

 

江戸庶民の間では、このような必要以上に威張ることは下等の人間のすることとされいました。

 

とくに、抵抗できない立場の人に対して必要以上に威張ることは野暮の極み、最下等の人間と位置づけられていたのです。

 

現代の私たちでも、そんな人を見かけたら、「なに、アイツ、立場を利用して威張ってやがるんだ」と思うでしょう。

 

 

J・B・シュネルツェンという、江戸文化に興味を持った人のレポートのなかに、『江戸っ子とは、進歩的な人間主義者で、和をもって良しとなし、誰とでもつき合い、新人をいびらず、権力にこびず、人の非を突くときは、下を責めず上を突き、外を飾らず中身を濃く、と言う思想を持った人である』(「青い目の見た日本」より)という一節があります。

 

江戸庶民は、もともと人間は平等であり、弱い人をいたわることや、できるだけへりくだることが世間と良好なつき合いができる秘訣と考えていたことが、この一節からもわかると思います。

 

江戸では、「人間」と書いて「じんかん」と読ませていたそうですが、これは、人と人には適切な間合いが必要であり、その「間」を持つことが良好なつき合いをもたらすことを知っていたのでしょう。

 

いわば「共生」の知恵。

 

現代の人は、この「間」を忘れてはいないでしょうか?

 

 

いくら威張り散らす人も、相手がいなければ威張ることもできません。

 

威張り散らしていれば、自然に人は離れていくでしょう。

 

人はひとりでは生きていけません。

 

適切な間合いを持って自らをへりくだることができれば、もっと中身の濃い人づき合いができると思います。

 

 

野暮な人 イキな人―江戸の美意識「イキ」で現代を読み解く (パンドラ新書)

野暮な人 イキな人―江戸の美意識「イキ」で現代を読み解く (パンドラ新書)

 

 

 

 

 

威張る人は、徐々に、友人知人が離れていく。

 

もちろん、若い後輩たちも当然のごとく離れていく。

 

会社の人たちは仕方なくついていくが、それを自分が支持されていると勘違いする。

 

そういう人は、定年になり、会社の人間関係も切れた時、まわりを見渡すと誰もいない、ということになる。

 

自治会等の近所のつき合いでも、会社での元の肩書をひけらかしたりするので、嫌われる。

 

品がなくて、野暮(やぼ)な人だ。 

 

 

反対に、若い頃から、洒脱(しゃだつ)で、威張らず、年齢が上の人とも下の人とも分け隔てなくつき合ってきた人は、年を重ねるごとに友人知人が増えていく。

 

洒脱とは「軽妙洒脱」ともいうが、俗っぽくなくて、さわやかで洗練され、軽やかでしゃれていること。

 

会社だけでなく、それ以外の人脈がどんどんできる。

 

しゃれていて、イキ(粋)な人だ。

 

 

軽妙洒脱で、イキな人を目指したい。

 

 

 

野暮な人 イキな人―江戸の美意識「イキ」で現代を読み解く (パンドラ新書)

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

 

 

西南学院大学教授、山村英司氏の心に響く言葉より…

 

 

入門者向けの経済学の教科書では、「人は他人のことを気にしない」ことを前提にしている。

 

つまり、自分のことだけを考えているのである。

 

確かに、空気を読まずに自分のことだけを考えているように見える人は多くいる。

 

 

しかし、実は他人の活躍に心の中で嫉妬心を募らせているのではないだろうか。

 

三省堂の『新明解 国語辞典』によれば、人情は「人ならばだれでも持っているはずの、人間味を感じさせる心の働き」である。

 

嫉妬心を募らせるのも、人情と言える。

 

 

一方、人情によって取引がスムーズになされる場合もある。

 

一人前の寿司職人になるためには下積み修行を10年ほど経験する必要があるという話をよく耳にする。

 

起業家であるホリエモン(堀江貴文氏)は、このような「世間の常識」を批判する。

 

ホリエモンの主張によれば、センスと経営能力さえあれば1年もしないうちにプロの寿司職人を養成できるという。

 

 

経済学者からすると、ホリエモンの説に分があるように思えた。

 

フランスのパリで寿司職人をしている友人に、どちらが正しいと思うか質問をしてみた。

 

まずホリエモンの言い分に理解を示し、次のように回答した。

 

 

「確かに、条件さえそろえば、技術的には可能」

 

しかし、技術以外の2つの要素が重要だと言う。

 

 

第1に、うまい寿司を作るには良いネタを仕入れる必要がある。

 

ネタの良し悪しはネタが入ってくるまでわからない。

 

さらに、良いネタを見分け、なるべく安く仕入れることが必要だ。

 

経験がない人でも、センスが良い人は見分けることが可能かもしれない。

 

しかし業者は良いネタを隠し持っていて、昔からの取引がある名店にしか売らないそうだ。

 

要するに人間関係がモノを言うわけである。

 

 

第2に、寿司職人にはコミュニケーション能力や話芸が求められる。

 

とりわけ高級店に来てカウンターに座る客は、寿司を食すためだけに来ているわけではない。

 

社会的にも一定の地位につき、人生の荒波を泳いできた客が来店する状況を想像すると良い。

 

貫禄のある寿司好き紳士が、世間話や寿司のあれこれをネタにして話しかけてくるという。

 

客がどのような人物なのかを観察しつつ、相手を楽しませ愉快にさせる受けこたえをする。

 

なじみ客でも日によって機嫌の良し悪しがあるので、油断はならない。

 

 

一方で、神経を集中させながら寿司という名の芸術品を作るのである。

 

うまい寿司、そして愉快な会話も手品のように提供し、客を納得させる。

 

これらすべてを身につけているのが「一人前の寿司職人」なのだ。

 

寿司職人は寿司を作る芸術家であると同時に、経験に裏打ちされた「人情」のエキスパートなのだ。

 

 

もう一度考えてみよう、20歳台の若者が50歳を過ぎた食通紳士の相手ができるのか?

 

友人の結論は次の通りだ。

 

「センスが良くても、10年近くかかるだろう」

 

 

市場参加者が人間である以上、入門者向けの教科書には描かれない力学が働く。

 

「人情」を知らねば現実経済は見えてこない。

 

この要素を深く考えることができる者が「一人前の経済学者」である。

 

 

義理と人情の経済学』東洋経済

義理と人情の経済学

 

 

 

 

 

山村氏は「義理」と「人情」についてこう記している。

 

『ハーバード大学の経済学者でジャッド・クレイマーという人がいる。

 

2019年にネットニュースで、クレイマー氏が日本の恩人を探していると報じられた。

 

14年ほど昔、高校時代の日本人クラスメートに会うためクレイマー氏は来日したという。

 

旅行の最中に地震が発生し、仙台駅で足止めにあった。

 

まだ高校卒業直後の貧乏旅行で、所持金はほとんどなく、泊まる場所のあてもない、日本語も全くわからない。

 

クレイマー氏は怖さと心細さで途方にくれた。

 

18歳のアメリカ青年に救いの手を差し伸べたのは「片腕がない仙台駅の30代くらいの駅員」だった。

 

その駅員はクレイマー氏を近くのホステルに連れて行き、宿泊代を支払ってくれた。

 

翌日になると切符の利用期限が切れていた。

 

そのことを知った「片腕のない駅員」は新幹線の切符をくれた。

 

この出来事はクレイマー氏の記憶に深く刻みつけられ、その後の人生にも大きな影響を与えた。

 

日本語を学び、日本の文化を学び、いつの日か「片腕のない駅員」に「日本のやり方でお礼」を伝えたいという思いを持ちづづけてきた。

 

2019年に来日したクレイマー氏は、仙台駅を訪れ「片腕がない駅員」を探したが、出会うことができなかった。

 

しかし「お礼を伝える」ためにに今も「片腕がない駅員」を探し続けているという報道がなされ、クレイマー氏が帰国後、無事その駅員が見つかったという。

 

おそらく二度と会うことがない外国の若者を助けるためにコストを負担する日本の「駅員」。

 

そして、「お礼を伝える」ことから経済的な見返りなどないとわかりながら、時間や労力というコストをかけて遠くアメリカから「駅員」を探す「経済学者」。

 

いずれの行動も、通常の経済学では説明できない。

 

クレイマー氏は、日本での体験や学習を通じて、日本的な「恩義」の意味を理解したのだろう。

 

そして、「義理」を果たすために行動を起こした。 』

 

 

「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む」という言葉がある。

 

かけた情けを、「オレがやってやったんだぞ」などと、いつまでも恩にきせるようではカッコ悪い。

 

しかし、受けた恩は絶対に忘れてはいけない。

 

それが義理人情に厚い人であり、一本筋の通った人だ。

 

 

義理と人情に厚い人でありたい。

 

 

 

 

義理と人情の経済学

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117