馬田隆明氏の心に響く言葉より…

 

 

スタートアップは短期間で急成長を目指す一時的な組織体のことです。

 

新興企業であっても、短期間での急成長を目指さないのであれば、それはスタートアップではありません。

 

着実な成長を目指すものはスモールビジネスと呼ばれます。

 

 

通常の起業の対象となるような、たとえば飲食店や理髪店はスタートアップにはなかなか該当しません。

 

何故なら、そうしたビジネスの成長の上限は、土地の広さと顧客単価、そして顧客の回転率でほとんど決まっているからです。

 

一方でITやテクノロジを使って自社製品を作るような事業なら、世界中の多くの人たちに使ってもらえる可能性があるため、スタートアップになりえます。

 

ただし、ITやテクノロジを使っているからといってスタートアップとは限りません。

 

なぜなら、顧客の要望を聞き、ソフトウェアを作るような受託開発ビジネスも、顧客単価で成長の上限がほとんど決まってしまうからです。

 

 

なぜ今、スタートアップが注目を集めているのでしょうか。

 

その一つの理由は、世界中でイノベーションが求められており、その効果的な手段であるスタートアップへの期待が高まっているから、と言えるでしょう。

 

 

スタートアップにとって優れたアイデアは反直感的であり、直感に従って判断するとその真贋を間違ってしまいます。

 

ここで言う“反直感的”を言い表す表現として、さらに「スタートアップの優れたアイデアとは不合理なアイデアである」と言われることもあります。

 

「一見悪いように見えて実はよいアイデア」「他人から見ると狂ったように見えるアイデア」と表現してもいいかもしれません。

 

 

たとえばAirbnbは、自分の家の一部を他人が泊まるために貸し出すサービスとして始まりました。

 

これは多くの人が「まさか」と思う、一見悪いように見えるアイデアです。

 

実際その創業期、多くの有名な投資家が投資を見送ったと言われています。

 

しかしそんなAirbnbも、創業からわずか8年ほどで評価額が3兆円を超える企業となりました。

 

 

この一見、不合理なアイデアの選択のことをピーター・ティールは「賛成する人がほとんどいない大切な真実」と呼んでいます。

 

「狂気は個人にあっては稀有なことである。しかし、集団、党派、民族、時代にあっては通例である」というのは哲学者ニーチェの言葉ですが、まさに今の時代の集団が「間違って信じている幻想」を見抜き、それに異を唱えることが、スタートアップをはじめる人たちには必要な資質とも言えます。

 

 

そしてもう一つ、スタートアップにとって反直感的で重要な事実として、「難しい課題のほうがスタートアップは簡単になる」というものがあります。

 

たとえば社会的課題を解決する事業のスタートアップや、高度な技術を必要とするハードテックスタートアップは時に難しく見え、そのアイデアを選ぶのを避けてしまいがちです。

 

しかし、実は難しい課題を選ぶほうが結果として、スタートアップには簡単になる傾向があります。

 

 

なぜ難しい課題のほうが簡単になるのでしょうか。

 

その理由は主に、

 

●周囲からの支援が受けやすくなる

 

●優秀な人材採用につながる

 

●競合がいないマーケットに進出できる

 

といった点にあります。

 

 

まず社会的意義のある事業やミッションのある事業は、まわりの協力を取り付けることを簡単にしてくれます。

 

重要な社会的意義や魅力的なストーリー、ロマンのためならば、進んで協力をしてくれる人は想像以上にたくさんいます。

 

 

技術的に難しい課題に取り組むことも優秀な人材を引きつける理由になります。

 

昨今であれば宇宙やバイオテクノロジといった、比較的新しい技術領域に挑むスタートアップに、優秀な人材が雪崩れ込んでいます。

 

その理由の一つは、優れた技術者は技術的に難しい問題の解決に熱意を持つ傾向にあるからでしょう。

 

技術的な達成の困難さは優れた技術者を奮い立たせます。

 

 

そして優れた技術者は優れた技術者のまわりに集まる傾向にあります。

 

優れた技術者が一人スタートアップに入った瞬間、その人に憧れる技術者の入社応募が一気に増えるケースが散見されます。

 

 

近年、実現すれば社会的に大きな影響を与えられて、かつ技術的に実現が難しい課題に取り組む人達に対する支援も増加傾向にあります。

 

背景には「テクノフランソロピスト」と呼ばれる、それまでに技術で築いた私財を使い、技術でさらに世界をよくしていこうというフィランソロピスト(篤志家)の存在が増しています。

 

例えばMicrosoftのビル・ゲイツ、dysonのジェームズ・ダイソン、Googleの元CEOであるエリック・シュミット、Tesla motorsのイーロン・マスクらは自らの私財を拠出し、難題を解決しようとする人たちを、研究補助やエンジェル投資、コンテストの協賛などを通じ、支援しています。

 

彼らの重視するポイントは「ソーシャルインパクト」、つまり社会問題の解決や世界によい影響を与えるかどうかです。

 

そうした潮流を見るにつれて次第に明らかになりつつあるのは、平凡な企業、つまり既存のアイデアをコピーしてほんの少しの新しい何かを加えたような企業に優秀な人は集まらなくなってきているということです。

 

ミッションのない企業は人々を興奮させず、また成功するためのハードな働きをチームに引き起こすことができないので、結果的に成功が難しくなります。

 

 

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

 

 

 

 

 

馬田隆明氏は本書の中でこう語ります。

 

『「競争に勝つには、どうやって競争から抜け出すか」を考えることが重要であり、持続的に高収益を上げ続けるために必要な考え方です。

 

そのためには独占することが必要です。

 

独占とは、消費者からすると悪いことのように聞こえます。

 

しかし、そもそも独占が起こるのは、他社では叶えることのできない独自の価値を提供するから、結果的に一部の領域を占めるだけとも言えます。

 

独占は、独創的なことをうまくやっているからこそできることです。

 

素早く独占するためには、以下のような条件を満たす必要があることをピーター・ティールは上げています。

 

1.小さな市場を選ぶこと

 

2.少数の特定の顧客が集中していること

 

3.ライバルがほとんどいないこと

 

4.顧客に刺さり続ける仕組み(Stickiness)があること

 

5.スケールのために必要な限界費用が低いこと

 

IT分野はこれらの条件を満たしやすく、また規模の経済性を持っているため、結果的に独占を実現しやすいというメリットがあります。』

 

 

Airbnb、Facebook、‎Instagram、LINE、kindle、Amazon、Google…

 

我々がごく普通に使っている先端のサービスを提供している会社だ。

 

これらの企業はすべて、創業して10年から20年以下という若い企業ばかり。

 

 

時代は大きく変わっている。

 

そして、世界中でスタートアップへの関心がますます高まっている。

 

世界を変えるような、社会的意義のある事業やミッションのある事業に関わることができたら最高だ。

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

人生というものは旅である

テーマ:

伊那食品工業会長、塚越寛氏の心に響く言葉より…

 

 

例えば二泊三日の旅行に出かけたとします。

 

私達は旅先で観光地をめぐったり、名物料理を食べたり、お土産を買ったりするなど、時間を有効に使って存分に楽しもうとするでしょう。

 

なぜ旅行中、1時間も無駄にせずに積極的に行動するのでしょうか。

 

それは、旅行の期間が、往復の移動時間を含めて「二泊三日しかない」という意識を持っているからです。

 

 

人生も、旅行と同じく「時間が限られて」います。

 

ところが私たちは、いつかは人生が終わるという厳然たる事実を忘れがちです。

 

忘れたうえに、ダラダラと過ごして時間を無駄にしてしまったり、自分の潜在能力をフルに発揮せずに手を抜いてしまったりします。

 

これはたいへんもったいないことです。

 

もちろん、時にはゆっくり過ごす時間も必要ですが、できる限り努力をして、人生を有意義に過ごしたいものです。

 

 

伊那食品工業本社の談話室には、西暦2001年から2100年までが1枚に印刷されている「百年カレンダー」を貼ってあります。

 

そのカレンダーのどこかに、必ず私たちの「命日」があります。

 

また、現役で働ける日数はたかだか2万日程度だということもわかります。

 

これを見れば、無駄に過ごしていい日など人生には1日もない、ということが自覚できるはずです。

 

 

幸せになる生き方、働き方』PHP

 

 

 

 

 

「人生というものは旅である。ただし、この旅は片道切符しかない。往きだけで、かえりの切符のない旅行である」(扇谷正造)

 

「人生二度なし」という森信三先生の言葉の通り、この一生は一度きり。

 

時間は刻一刻と過ぎていく。

 

 

 

「われらは遠くからきた。そして、遠くまでいくのだ」(パルミロ・トリアッティ)。

 

二度とない人生、無駄には過ごせない。

 

 

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

無駄に生きるな熱く死ね

テーマ:

サンクチュアリ株式会社代表取締役、直江文忠氏の心に響く言葉より…

 

 

私は台湾の“ゼロ番地”という地区で生まれ、バラック小屋で育った。

 

まるで洞窟みたいなところだった。

 

後で知ったことだが、そこは旧日本軍が残していった防空壕の中だったらしい。

 

 

生まれたときから父親はおらず、生活はまさにどん底の状態だった。

 

拾ったゴミを売って生計を立てる人が多いこの地区で、裸で水浴びし、近所をうろつく野良犬と遊び、水や電気を盗む毎日を過ごしていた。

 

いつも腹が減っていて、ときどき目の前を走るネズミを捕って食べようと思ったこともある。

 

 

戦時中ならともかく、これが日本経済が急成長をとげていた1980年代のことだから、意外に思う人も多いかもしれない。

 

その頃の思い出はほとんど残っていない。

 

 

いまだに覚えているのは、母親が「お金持ちも貧乏人も、みんな、同じご飯を食べている。与えられた時間もまったく同じ。おまえには膨大な時間が残されている。だから、できない理由を探す方が難しい」とよく言っていたことだけだ。

 

日本にきたのは6歳のとき、母親が日本人と再婚したのがきっかけだ。

 

貧しい生活から脱した私は、豊かな日本での生活に胸を躍らせた。

 

 

しかし、待ち受けていたのはひどい差別だった。

 

言葉づかいがおかしいといっては同級生に笑われ、台湾人だというだけでいきなり殴られる。

 

そんなことが何年にも渡って繰り返された。

 

とにかく面倒だった。

 

ときには腕力でやり返すこともあったが、かえって差別を増長させるだけだった。

 

 

この国で私はマイノリティで、その事実は死ぬまで変わらない。

 

そして将来、みんなと同じように大人になっても自分の過去が障害になるだろう。

 

かといって周囲を変えようと争っても空しい。

 

いっそ自分自身が変わってしまった方がよっぽど楽だ。

 

それもハンパな変わり方じゃない。

 

誰からも意見されないような、圧倒的なチカラを手に入れたい。

 

 

自分がもっと強くなれば、きっと自由になれる。

 

純粋にやりたいことを極められる。

 

だからなんでもいいからとにかく世界一になってやる。

 

10代の私は貧困と差別という特殊な環境の中でそう決意した。

 

 

でも、一体なんの世界一になるべきだろう?

 

なんのために生きるべきだろう?

 

そんなふうに答えのない答えを探した時期もあったが、結論としてはなんでもよかった。

 

私はとにかく血湧き肉躍るような世界に飛び込みたかった。

 

 

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)

 

 

 

 

直江文忠氏は本書の中でこう語る。

 

《このまま他人まかせの人生を生きるか。それともいまから自分の人生を生きるか》

 

「みんな、死ぬ。

 

生きているということは、確実に死に向かっている。

 

もしかしたら明日、死ぬかもしれない。

 

しかし、そうやって死を受け入れることで、もっと強くなろう、いまを大事にしようという生命力があふれてこないか?

 

《無駄に生きるな熱く死ね》

 

誰かによって作られた目標に翻弄されることなく、自分の本心から生まれた目標を大切に。

 

そしてやると決めたからには、腹をくくる。

 

すべて自分のせいだ。

 

パートナーが悪かった。

 

時間が足りない。

 

もっとお金さえあれば。

 

いいアイデアが浮かばない。

 

意見を聞き入れてくれない。

 

後でそういう言い訳をしないように、決断するときは『もし途中でやめたら自分の片腕を差し出す』くらいの覚悟があるかどうかを確かめる。

 

それでも本当にやり通せるかどうか、自分の心とゆっくり向き合いたい。

 

《自分のことは、自分で決める。自分との約束を、自分から裏切らない。》

 

これが自分の人生を楽しみ尽くすための最善の方法だ」

 

 

「無駄に生きるな熱く死ね」

 

老いも若きも、来(き)し方という過去はふりかえらず…

 

明日死ぬと思ったら、一瞬も無駄にはできない。

 

“今、ここ”を、熱く熱く生きたい。

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

人生はよろこばせごっこ

テーマ:

やなせたかし氏の心に響く言葉より…

 

 

《人生は椅子取りゲーム。満員電車に乗り込み、あきらめて途中下車せずに立ち続けていたら、あるとき目の前の席が空いた。》『人生の歩き方』

 

 

漫画家として独立したあと、舞台演出、詩の雑誌の編集や絵本づくり、テレビ出演など、頼まれるままにいろんな仕事をしてきた。

 

漫画の代表作がないままに、多くの先輩・後輩の活躍をさびしく目で追う日々が続いた。

 

それでも漫画家であることをやめず、ぎゅぎゅう詰めの満員電車のように才能がひしめく漫画界に、あきらめることなく立ち続けていた。

 

すると、あるとき、目の前の席が空いた。

 

70歳になる直前、アンパンマンのアニメ化の話が持ち込まれ、それから一気にブレイクしたのだ。

 

 

「継続は力なり」というが、あきらめないでひとつのことを思いを込めてやり続けていると、ちゃんと席が空いて、出番がやってくるものなのだ。

 

今でこそ、オイドル(ぼくの造語で、「老いたるアイドル」の略)なんて言って楽しく仕事をしているけれど、人生は失意の連続だった。

 

特に30代から50代ごろまでは、絶望のトンネルの中にいた。

 

 

「これが代表作だ」といい切れるものがない。

 

歌手に持ち歌があるように、漫画家は誰でも知っている人気キャラクターを持たなければ、存在しないのと同じなのだ。

 

代表作を作りたい。

 

漫画家としてのアイデンティティを持ちたい。

 

 

そんな長い間の願いがかない、アンパンマンの人気が高くなったのは、なんと70代に入る直前、69歳のときだった。

 

遅咲きも遅咲き。

 

よく「大器晩成」とおだてられるが、いやいや、「小器晩成」の典型だ。

 

 

でも、大器でも小器でも、いいじゃないか。

 

せっかく生まれてきたのだ。

 

絶望するなんてもったいない。

 

なんとかなるさと辛抱して、とにかく生きていくんだ。

 

 

人生は捨てたものではない。

 

やがて道は拓けてくる。

 

それが実感だ。

 

 

やなせたかし 明日をひらく言葉 (PHP文庫)

 

 

 

 

やなせたかし氏は本書のなかでこう語る。

 

『「なんのために自分は生きているのか」と考えるのだが、よくわからない。

 

C級の漫画家として、わけのわからない人生が終わるのだと思うと情けなかった。

 

ところが、大変に遅まきながら60歳を過ぎたあたりから、あまり欲がなくなった。

 

「漫画は芸術である」なんてえらそうなことは言わなくなった。

 

人生の最大の喜びは何か?

 

それはつまるところ、人をよろこばせることだと思った。

 

「人生はよろこばせごっこ」だと気づいたとき、とても気が楽になった。』

 

 

「あきらめて途中下車せずに立ち続ける」

 

あきらめて途中下車した瞬間に、ほんとうはチャンスの女神がその列車に乗り込んだのかもしれない。

 

チャンスの女神に巡り合える人は、あきらめなかった人だけ…

 

 

継続できる人は、ただひたすらの人。

 

鈍(どん)で、自分のことより、人をよろこばせるのが好きな人。

 

 

「人生はよろこばせごっこ」

 

そんなふうに生きてみたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

ハイパワーポーズ

テーマ:

晴香葉子氏の心に響く言葉より…

 

 

オリンピックの選手などが、ゴールテープを切るときに、胸を広げ手をあげる勝者のポーズ、何度目にしても感動する力強いポーズですよね。

 

このようなポーズは、生まれつき盲目の選手がゴールする際にも見られます。

 

生まれ持った意味のあることだと考えられ、研究が進んでいます。

 

 

ハーバード大学の社会心理学者エイミー・カディが行った調査によると、ハイパワーポーズ(力強いポーズ)をたった2分間とるだけで、体内に明らかなホルモン変化が見られ、脳の状態が変わることがわかりました。

 

実験で行われた具体的なハイパワーポーズは、“両足を開いて立ち、手を腰にあて、胸を開いて立つ”というものや、“背を倒せる椅子にのけぞり、両手をあげて、胸を開く”といったものがありました。

 

反対にローパワーポーズ(力の弱そうなポーズ)としては、“身体をまるくして膝を揃えて座る”というものや、“足をクロスして立ち、両腕で自分を抱きしめるように身体をまるめる”といったものがありました。

 

 

実験の結果、ハイパワーポーズをとった人たちのほうが、ローパワーポーズをとった人たちよりも、支配的なホルモンであるテストステロンの増加が見られ、ストレスホルモンであるコルチゾールの減少が見られました。

 

ハイパワーポーズをとった人たちは、主張的になり、自信がアップし、ストレスが低減しましたが、反対にローパワーポーズをとった人たちは、内気になり、ストレスに敏感になったのです。

 

このようなホルモン変化は、20分程度もつそうなので、大事な打ち合わせや気の重い営業活動があるときは、早めに現場に到着し、場所を探し、ハイパワーポーズの時間をとるという方法で、乗り切ってしまえばいいですね。

 

 

たった2分間。

 

もし足りないのならばあと数分、家を出る前に、ハイパワーポーズをするだけでも、通勤のストレスも減り、やる気がアップします。

 

朝目が覚めたときに、ベッドに横になったまま大きく伸びをして、そのまま腕をガッツポーズにし、しばらく過ごすのもおすすめです。

 

 

私たちの多くは、パソコンに向かい、猫背で仕事をしています。

 

これはまさにローパワーポーズです。

 

落ち込みそうになったら、デスクで胸を広げ伸びをしてみるだけでも、気分が変わりますよ。

 

 

カナダの心理学者ヴァネッサ・ボーンズらが行った実験もご紹介しましょう。

 

参加者に血圧計による圧迫で痛みを加え、不快に思うタイミングでストップをかけるという実験をしました。

 

すると、ハイパワーポーズをとった人たちのほうが、ローパワーポーズをとった人たちよりも、痛みに耐えられる値が上昇しました。

 

力強い態度をとると、こころの痛みだけでなく身体の痛みにも強くなれるのですね。

 

 

主張的になり、自信がアップし、ストレスも低減、体の痛みにも強くなれるなんて、まさに、ヒーローに変われるポーズですね。

 

 

小さなことに落ち込まない こころの使い方 (青春文庫)

 

 

 

 

晴香葉子氏は同書の中でこう語る。

 

「くつろいだ姿勢で、キリッとした表情ができるか試してみてください。

 

少し難しいですよね。

 

ピシッと起立した状態で、だらしない表情をするのも難しいものです。

 

姿勢・表情・気分は、同調しています。

 

表情を含む身体の状態とこころの状態がちぐはぐであると、とたんに変な感じがしてくるのです」

 

 

「ヒトは悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」という心理学者の有名な言葉がある。

 

姿勢や表情と、心や気分は同調している。

 

逆にいうなら、無理にでも「笑えば、楽しくなったり、元気になる」ということも言える。

 

 

日頃の姿勢や表情はとても大事だ。

 

最近、元気がないなぁ、と感じたら…

 

笑顔で、ハイパワーポーズを試してみたい。

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/