オーナーシップのある人

テーマ:
富士フイルムホールディングス会長、古森重隆氏の心に響く言葉より…


20代の若手社員のころ、忘れられない経験がある。

印刷材料の営業担当だったときのことだ。

当時は当社にも品質競争力の低い製品があり、市場で競合に売り負けていた。

ある大手の印刷会社に営業活動に行ったとき、その会社の技術系の常務から、

「君の会社の印刷用製版フィルムは性能がよくない。だからうちはコダックを使っているんだ」

とさんざんに批判されたことがあった。

当然、商談は成立しなかった。


そのとき私は思った。

「開発部門や生産部門がよい製品を作ってくれないことには、営業マンは勝負のしようがない。これではコダックに負けても仕方がない」と。


そんなある日、当時の平田九州男(くすお)社長と話が出来る機会が訪れた。

社長とある会合で同席することになったとき、若輩にもかかわらず私は、平田社長に訴えた。

「我が部の製品はコダックに比べて明らかに劣っています。なかなか勝てません。研究所や工場の人間に、もっと製品の品質を上げるように社長から言っていただけませんか」

すると社長は、「わかった。それは研究所や工場の人間に言っておこう」と答えたあと、こうつけ加えた。

「ただ、君はそのために何をしたのかね?」

ハッとさせられるひと言だった。


社長の問いに対して、私は何も答えることが出来なかった。

私は、自分の立場で何が出来るのか突き詰める前に、「製品が悪い」「研究所や工場の人間が悪い」と、人のせいにしていたからだ。

そんな私の姿勢を、ずばりと突いたひと言だった。


私はこのとき、オーナーシップとは何かが、本当の意味でわかった。

製品が売れないときに、「工場が悪い」「品質が悪い」と文句を言うのは簡単だ。

しかし文句を言ったところで、状況は何も変わらない。

それなら状況を変えるべく、自ら動けばいいのだ。

誰が悪いのではなく、自分がそれを解決する努力をしないのが悪いのだ。


お客さまが会社の製品のどこに不満を抱いているのかをいちばん知っているのは、現場で働いている営業マンである。

そこで営業マンは、研究所や工場の技術者に営業現場の状況をしっかりと伝え、

「私もお客さまからニーズを聞き出してくるから、ぜひお客さまに満足していただける製品を一緒に作っていこう」と、

彼らに訴えかけることが大事になる。


また技術者にも営業の現場に同行してもらい、お客さまの声を直(じか)に聞いてもらう機会を作ることも重要だろう。

先程の印刷会社の技術常務のところに、すぐ技術者を連れていった。

常務からこてんぱんに批判された技術者は、人材を集め、それから改良に本腰を入れるようになった。


出来ることは、たくさんあるはずなのだ。

つまり製品が売れなかったのは、「製品が悪い」からだけでも「研究所や工場の人間が悪い」からだけでもなかった。

自分の立場で出来ることを考え抜けば、私自身にやるべきことがあったのだ。

社長のひと言で、私はそのことに気づいたのである。


君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる (単行本)』三笠書房





工場の文句ばかり言っている営業の責任者を工場の責任者にしたところ、今度は営業の文句を言い始めた、という話がある。

工場で作る製品の品質が悪いから売れないのだ、と営業はいう。

営業がちゃんと売ってこないから売上が上がらないのだ、と工場はいう。

人のせいにする人間は、立場が入れ替わったとしても、またそこで人のせいにする。


オーナーシップとは、与えられた仕事を、「我がこと」、「自分の問題」と捉える当事者意識のことをいう。

オーナーシップがある人は、人のせいにはしない。


それぞれの自分の立場で、人のせいにせず、今できることをベストを尽くしとことんやる…

オーナーシップのある人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
精神科医、西脇俊二氏の心に響く言葉より…


スランプを脱出するためにチームで取り組める方法があります。

それは「グッド&ニュー」です。

やりすぎている人は余裕がなく、周りが見えていないため、ネガティブな思考に陥りやすいものです。

そんな時にお勧めなのが、この方法です。


グッド&ニューとは、24時間以内に起きたよかったこと(グッド)や、新しい出来事(ニュー)を、周囲の人と共有するミニゲームです。

参加者の前で、1人1分間以内に、順番に発表するゲームです。

だらだら長引かせないようにするため、参加者は立ってゲームに参加します。


「昨日、うちの近所にコンビニができました!」

「庭に美味しいトマトがなりました!」

「友人に肌がきれいだね、といわれました!」


このように、頭に浮かんだ日常の些細なグッド&ニューを参加者に発表します。

参加者は発表者の発言に対して、「おめでとう」という気持ちを込めて、元気よく拍手を送る決まりです。

発表者もまた、自分の発言に「やったー!」という気持ちを込めて、元気よく拍手しましょう。

グッド&ニューをやるメリットは、「明日、みんなの前で発表しなければならない」という気持ちから、自然にいいことを感知するアンテナがはれるようになることです。


たとえあなたが「いいことや新しいことなんて、そう毎日あるもんじゃない」と思っていても、探せば意外とあるものです。

今まで流してしまったのだと気がつき、自分は案外、グッド&ニューに囲まれているのだと実感できるようになります。


実は、私がグッド&ニューを最初に取り入れたのは、自閉症の子どもをもつお母さんたちの集まりでした。

グッド&ニューを始めるまで、お母さんたちは集まっては暗い顔をして、各々(おのおの)の悩み事を話していました。

お母さんたちの暗い顔が気になった私は、「じゃあ、みんなでグッド&ニューをやりましょう」と提案しました。

最初は馴れなかったお母さんたちも、グッド&ニューの回数を重ねるたびに、それまでの暗い雰囲気が一転、明るい雰囲気に変わり、会話も明るくなってきました。


次第に、お母さん方の会話から、「商店街のくじ引きで2等が出ました」「宝くじで1万円当たったの!」など、ラッキーな出来事が聞かれる機会が増えてきたのです。

そして、ポイントはここ…お母さんたちが皆さん、「最近、ツキが回ってきたよね」と溌剌とした笑顔で次々と話題をあげるようになったのです。

私が出会った当初のお母さん方は、暗い雰囲気をまとって悩み事ばかりを話していましたが、グッド&ニューを始めてからのお母さん方は、楽しいことやうれしいことに目を向けて明るい雰囲気に変わり、結果、前向きな発言も増え、いいことを引き寄せるようになりました。


お母さん方を見ていると、「言葉が変わると、行動も変わる」ということがよくわかります。

グッド&ニューは、運を引き寄せる法則でもあるのです。


「やりすぎ」をやめれば全部うまくいく。』PHP





朝礼や会議の前に、この「グッド&ニュー」を発表すると場がとても和(なご)み、発言が出やすくなる。

逆に、始まりが威圧的だったり、叱責だったりすると、メンバーは委縮(いしゅく)してシーンとなり、誰も一言もしゃべらなくなる。


「始めに言葉ありき」とは、聖書の言葉だ。

暗い言葉を発すれば、まわりも暗くなる。

明るい言葉を発すれば、まわりは明るくなる。


会話でも会議でも、最初に発する言葉がポジティブなら、会話や会議の内容は、明るくて前向きで積極的になり、ポジティブなこと、つまり「運」を引き寄せる。

グッド&ニューは運を引き寄せる。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪

流された先で幸せを見つける

テーマ:
本田健氏の心に響く言葉より…


「無病息災」という言葉もありますが、それは無理というものです。

なぜなら、私たちはみな、いつか必ず死ぬ運命にあります。

この世に生まれてきた以上、それは避けられないことです。


ということは、考えたくないことですが、その途中で病気になったり、事故にあったりもするでしょう。

でも、その病気や事故を経験することで、初めて家族の絆(きずな)ができたりします。

「問題だ」と思うことがあったからこそ、うまくいくこともあるわけです。

そういう意味では、事故にあったり病気になったりしている人が必ずしも不運だとは言えないのではないでしょうか。


幸せとは、人生で起きてしまう不運に見えるものを、どれだけリカバーしていくかだともいえます。

つまり、「幸せの復元力」を持てるかどうかなのです。


それに加えて、たとえどこかに流されたとしても、流された先で幸せを見つけられる能力も大切です。

人生は、「私はここに行きたい」と願っても、必ずしもそこへ行けるわけではありません。

むしろ流れ流れて、思ってもみなかったところに行く可能性のほうが高いかもしれません。

そして流されていった先が、最初に思っていたような場所でなくても、その場所で幸せを見出せれば、その人の人生はうまくいっているといえると思います。


人生においては、「幸せの見つけ方」はとても大事です。

幸せも不幸せも、人生の過程にしかないからです。


ずっとうまくいく人の習慣: 「チャンス」はいつも、意外なところにある (王様文庫)』王様文庫




人生は、偶然と偶然のつながりでできている。

子どもの頃からの夢が、寸分たがわず大人になって実現できた、という人がもし仮にいたとしても、それも偶然という運やご縁の積み重ね。

その運やご縁に感謝しなかったとしたら、どんな成功も一瞬にして崩壊する。


ほとんどの人は、自分が思ってもみなかった人生を歩んでいる。

流され、流されてたどり着いた人生。

たとえそれがどんな人生であろうと、その場を楽しめるかどうか、その中に幸せを感じることができるかどうか。


流された先で、幸せを見つけられる人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
小林正観さんの心に響く言葉より…


人生は自分が書いたシナリオ通りだ…。

それが納得できると、やってくる現象一つ一つに対して、あれこれ論評や文句を言わなくなります。

逆に、自分が書いたシナリオが今日どんな形で現れてくるのか、わくわくしながらその現実を見られるようになります。

このシナリオは、いい悪いがありません。

何が起きても何が来ようといいんです。

淡々と過ぎていく現実を見ていればいいのです。

自分が書いたのですから。



お釈迦さまの言葉に、このようなものがあります。

すべてがあなたにちょうどいい。

今のあなたに今の夫がちょうどいい。

今のあなたに今の妻がちょうどいい。

今のあなたに今の子供がちょうどいい。

今のあなたに今の親がちょうどいい。

今のあなたに今の兄弟がちょうどいい。

今のあなたに今の友人がちょうどいい。

今のあなたに今の仕事がちょうどいい。

死ぬ日もあなたにちょうどいい。

すべてがあなたにちょうどいい。


宇宙を貫く幸せの法則』致知出版社




小林正観さんはこう語る。

『一度ならず、二度、三度と会う人とは、何か計り知れない「因縁」があるものです。 そう思って、その一人一人と接していくと、大変面白く、また人生も奥深く、興味深いものになっていくことでしょう』(同書より)


家族も、会社の仲間も、友人も、何度も会う人とは、深いご縁がある。

生まれ変わりの理論から言えば、前世からの深いつながりだ。


我々は、この世に生まれるときに、自分の人生シナリオを書いてきたという。

舞台で言うなら、脚本を書いたのも自分なら、それを演じるのも自分だ。

いつも会う人が自分とは天敵のような嫌な人であろうと、それは自分が書いた脚本。

そこに登場する意味がある。


生まれたときよりも少しでもましな人間になってこの世を去ることが、この世に生まれてきた目的。

誰もが、そのためのシナリオを書いている。


嫌な人と会ったときや嫌なことがあったとき、ニコッと笑ってそれに感謝できるかどうかというシナリオ。

「人生は自分が書いたシナリオ通り」という言葉をかみしめたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪

感じの悪い話し方をしない

テーマ:
斎藤一人さんの心に響く言葉より…


話し方で何がいちばん大切かというと、「感じの悪い話し方をしない」ということだよな。

感じの悪い話し方ってどういうことかというと、言葉にトゲがあったり、毒があったり、相手を傷つけるような言い方だったり。

これを直すとき、話し方だけ変えるよりも、「役柄を変える」と思わないとできないんだよ。


いいかい、よく考えてよ。

今までのあなたの人生が上手くいかないのは、“人生が上手くいかない話し方”をする役柄になっちゃってるからなんだよ。

もうあなたのイメージが、人からも自分の中でもできちゃってるの(笑)。

だから、いいかい、自分を俳優だと思ってごらん。

神さまという監督がいて、たとえばあなたが人生が上手くいくコンビニの店員をやるとしたら、“日本一感じがよくて、明るく楽しい話し方をする店員なんだ”という役作りをしないと、絶対にできないよ。


それから、会話を相手と自分だけだと思うと、言葉は変えられないんだ。

なんでかというと、相手がトゲのあることを言うと、自分もトゲのある言葉で返すというように、日常会話が成り立っているんだよな。

それを、「自分は、相手がどんなにトゲのある言葉を言っても、そいうトゲのある言葉を言わないという役柄なんだ」と思わないと、つい頭にきちゃうんだよね。

それで、頭にくるから言い返す。


言葉というのは心から出るものだから、心や自分の役柄やイメージを変えるんだというつもりにならないと、言葉だけを変えることはできないよ。

言葉が変わると、この世の中のすべての出来事や自分の人生が変わってしまうぐらい、変わっちゃうんだ。

今までは、この人にこう言えばこう返ってくるというように、パターンが決まっていたんだよ。

それを自分が返す言葉を違う言葉に変えたとき、相手は「あれ?」と思う。

あなたの言うことが変われば、世間の見る目も変わる。

そこで初めて運勢が変わるんだよね。


たとえば、相手が毒のある言葉を次々言ってきても、自分は絶対に言わない。

オレに「金持ちって感じの悪い人が多いよね」と言う人がいたら、その人に自分も同じような毒のある言葉を返したり、倍返しをしたりすると、自分の運勢がたちまち悪くなる。

それを、「それは感じの悪い人がお金持ちになっただけだよ(笑)。お金持ちだって、いい人はいっぱいいるよ」とか、「オレも人よりお金持つようになったから気をつけているんだ」とか、自分は受け流して、いい言葉を返す。

わかるかい?


「相手が言った毒のある言葉にキレイな言葉で返すという、神さまが出してくれたゲームなんだ。自分はそいう役柄なんだ」と思わないとできないんだよ。


よく、人を傷つけるようなことを言っているのに、「根はいい人なんだけど」と言ったりする。

根がいい人はそいういうことをしないんだよ(笑)。

そういうおかしい人とは付き合わない。

運勢が悪くなるから、できるだけ逃げるようにしたほうがいい。

そういう人に会っても、自分は絶対にやらない。

それが大切。


斎藤一人 大富豪が教える 大金持ちになる話し方』“宮本真由美著”PHP研究所






会うたびに、相手の気分を盛り下げる人がいる。

言葉に愛がなくて、感じの悪い話し方をするからだ。


「愛語よく回天の力あり」

道元禅師の言葉だ。


愛語は、困難な状況や難しい局面を、ひっくり返す力を持っている。

ネガティブな言葉や悪意の言葉は、一瞬にして気持ちが萎(な)え、場が盛り下がる。


愛のある言葉は人の気持ちをほっこりとさせる。

感じのいい話し方をする人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪