なぜ戦ってしまったの?

テーマ:
小林正観さんの心に響く言葉より…


「百戦して百勝するは 善の善なるものにあらず」

百回戦って、百回勝つことは、善いことの中の最良のものではない。

必ずしも最高の選択ではないということを、孫子は言いました。


本当の意味は、

「なぜ百回も戦ったのですか?」

と、孫子は言うのです。


「本当に賢い武将は、一度も戦わない。百回の争いなど、百回の戦争などしない」

孫子はこうも言っています。

「知によりて勝つのが第一」。

知恵によって勝つのが第一である。


二番目は、「威によりて勝つのが第二」。

例えば3万の兵がこもった城を包囲したとします。

それを、4万、5万の兵で囲んだのでは死者が出る。

犠牲者が多い。

「どうせ囲むならば、3万の城を30万の大軍で包囲してしまいなさい。そうしたら、結論が出やすい。勝敗が決しやすい。兵隊を殺さないで済む」という考え方でした。


三番目は、「助によりて勝つが第三」。

相手をなんとか自分の支配下に置きたいときに、その相手が言うことを聞かざるをえないような先輩や上司、恩義ある人を探し出します。

そしてその人を説得します。

そして、その人から相手を説得してもらう。

戦いを極力避けるわけです。

相手の立場も名分も立ちます。


そして最後の選択が、「武によりて勝つが第四」。

「武力、実際の実力行使で勝つのが第四であり最悪の選択だ」と、孫子は言いました。

そこに「百戦百勝して」ということばが重なってくるのです。


つまり、「どうして百回も戦ってしまったの?」ということなのでした。

この孫子の兵法のすごいところは、「戦わないようにするのだ」「なるべく戦わないことがいいことだ」という思想が、根底に流れていることです。


心に響いた珠玉のことば』KKベストセラーズ





知によって勝つというのは、権謀術数という、はかりごと、たくらみ、あざむき等々を使って勝つことだ。

普通、我々は権謀術数の限りを尽くす、などというと狡猾(こうかつ)で、卑怯(ひきょう)な、人として許せない汚い手を使う、というイメージがある。

しかし、それを「同じ土俵で戦わない」という、今までなかった、「まったく新しいサービス」、「革新的技術」と置きかえて考えてみれば納得がいく。


現代のビジネスの競争においては、それが単純な戦いではないことは明らかだ。

それを、鈴木敏文氏は、「競争相手は同業他社ではなく時代の変化」と言っている。


時代の変化により、競争相手の同業の企業と戦っているつもりが、思いもよらない異業種の新興企業に負けてしまう、などということは枚挙にいとまがない。

まともにはぶつからず、アイデアや創造力を使って、「この手があったのか?」という方法で、挑戦していく。


「どうして百回も戦ってしまったの?」

戦わずして勝つために、もっと知の力を磨きたい。




【最後のお知らせ】(メルマガについての)

メルマガの発行を請け負ってくださっているメルモさんが、残念ながら、本日をもって全サービスを終了します。

約1万人の読者の皆さまの温かなご声援に支えられ、毎日配信してきたメルマガ【人の心に灯をともす】も、この9月で8年目に突入いたしました。

折りにふれ、皆さまからいただく温かなお言葉の数々に支えられたからこそ続いた、この7年間だったと思います。

これを期に廃刊も、とも考えましたが、もうひと踏ん張り続けることを決心しました。

つたないメルマガですが、また皆さまと新しいメルマガでお目にかかれることを願って…

下記フォームよりご登録いただければ幸いです。

http://hitonokokoro.com/


*新メルマガも、もちろん無料で毎日配信いたします。


許し合い、正し合う

テーマ:
松下幸之助氏の心に響く言葉より…


私が家内と二人で商売を始めてしばらくしたころのことです。

当時は商売がすこし順調に進んできたところで、朝から晩まではり切って一生懸命に働いておりました。


ところが、そのうちに従業員がふえてきて、7,80人になってきましたが、その中に一人悪いことをする人がいたのです。

それは非常に信頼していた店員の一人でしたが、ちょっと会社のものをごまかしたというわけです。


私は生来、潔癖症というか多少神経質の点もありまして、非常に悩んだのです。

“困ったことやな。あの男がそういうことをするとは思わなかったけれども、いったいこれからどうしたものだろうか”

と、その夜は一晩寝られずに朝まで悶々(もんもん)として悩んでいました。

“なるほど、彼は悪いことをした。だから当然のこととしてやめさせるのも一つの方法だ。しかしやめさせるにしても、そのことがよかれあしかれ周囲の者にいろいろな形で影響してくるだろうし、それがほんとうに会社のため、また本人のためになるのかどうか”と、あれこれ考えさせられたわけです。


ところが、つづいて翌日の晩も考えているうちに、ふと心に浮かんだことがありました。

それはこの日本にいわゆる罪人と言う人が何人いるだろうかということです。

これは相当あるにちがいない、と考えました。

刑が決定して監獄に服役している人も多いですし、未決で裁判中の人も相当あります。

またそういう裁判沙汰(ざた)になっていなくても、軽犯罪的なものもあります。

警察で説諭して釈放されるとかいうような軽犯罪もあれば、一方では警察につかまらないが、悪いことをしている人も大ぜいいます。


したがって、私どもの会社に日本人が7、80人いれば、1人以上は悪人とまではいかないまでも、よくないことをするという人が出てきてもふしぎではないと気がついたのです。

そうしてみると7,80人の人を使っているようなところに、一人や二人は軽犯罪をするような人も含んで使わなければいけないのではないかと、そいう考えが生まれてきたのです。

そうすると、自分の心がふしぎにフーッと楽になったのです。

肩の荷が下りた感じでした。

それで本人にはこれからは二度とそういうことはやめさせることにして、訓戒だけにしてしておくことにしたわけです。

そのことがあってから私は、非常に大胆に人を使えるようになりました。


大胆に人を使うことは、一面にはその人たちを信頼するということに結びつきます。

信頼された人たちは、いっそうはり切って自主的に働くようになりますから、それぞれの知恵もますます生きてきて、会社の経営もさらに順調にいくようになったというのが、私の一つの体験なのです。

そういう場合でも、基本的にはすべての人を生かしていくのだ、この社会に生きる人びとをともどもに生かしていくのが相寄って生きる人間としてのつとめなのだという、豊かな心をつねに養っていることがきわめて大事だと思います。

お互いにあやまちを許し合い、また温かく正し合うというところに、豊かな人間味と共同の幸せが生まれてきますし、また自分が人びとを許す心をもってはじめて、自分も人びとに許されるということになってくるのではないでしょうか。


《人間としての成功》

すべてがうまくいく』PHP研究所





会社の中に罪人がいてもいい、という話ではない。

「ゆるし」の気持ちがあるのかどうか、ということだ。


ことの大小は別にして、生きている上において、あやまちを犯さなかった人はいない。

何らかの罪を日々犯しながら生きているのが人間だ。

ただし、大方の人はそれが犯罪までいくことはないのも事実。


あやまちを許せば、それが信頼に結びつく。

許し合い、正し合う姿勢が人間味をつくる。




【最後のお知らせ】(メルマガについての)

メルマガの発行を請け負ってくださっているメルモさんが、残念ながら、9月30日(明日)をもって全サービスを終了します。

約1万人の読者の皆さまの温かなご声援に支えられ、毎日配信してきたメルマガ【人の心に灯をともす】も、この9月で8年目に突入いたしました。

折りにふれ、皆さまからいただく温かなお言葉の数々に支えられたからこそ続いた、この7年間だったと思います。

これを期に廃刊も、とも考えましたが、もうひと踏ん張り続けることを決心しました。

つたないメルマガですが、また皆さまと新しいメルマガでお目にかかれることを願って…

下記フォームよりご登録いただければ幸いです。

http://hitonokokoro.com/


*新メルマガも、もちろん無料で毎日配信いたします。

*明日までは新旧、同時配信いたします。

お金が貯まる体質

テーマ:
斎藤一人さんの心に響く言葉より…


とにかく、入ってきたお金から1割を貯める。

その貯めたお金を減らさないようにして、働かせることを考える。

定期預金だって、金利はわずかだけど、あなたが稼いだお金を働かせていることになるよね。


普通預金だって、あなたは銀行に対してお金を貸しているのであって、そう思うことで心や発想を豊かに持つことができる。

最初は少額でも、お金って貯まってくると「加速の法則」が働いて、さらに貯まるようになってきます。


先日、ある人がこの話を聞いて「自分だけでも始めよう」と思って、月の3万円のお小遣いのうち、3000円を貯めるようにしたそうです。

するとそれ以来、なぜかいいことが起こり出したの。

これってつまり、体質が変わったんだよね。


その人は「あれば全部使っちゃう体質」から「お金が貯まる体質」に変わりました。

この方法なら、公務員でもお金持ちになれますし、パートの人でもお金持ちになれるの。

逆に、商売やっている人でも社長でも、「お金を貯めよう」と思わない限り貯まらないのが法則なんだよね。


毎月100万円を稼ぐ人でも、毎月100万円を使っていたらお金は残りません。

「たくさんお金を稼いだらお金持ちになれる」と思いがちだけど、そうじゃないんです。


結局、お金持ちになるには“器量”が必要です。

宝くじの高額当選者でお金持ちになった人が少ない、またはほとんどいないのは、器量もないままお金を持つからだよね。

器量もないのにお金を持つと、“一時的なお金持ち”にはなれますが、結局はお金を持ち続けることができなくなります。


たくさん稼ぐ人もお金を持つための器量がないと、お金があっても“お金に困る”結果を招いてしまいます。

では、「その器量って何ですか?」っていうと、「智恵と忍耐」なんだよね。

お金持ちになるためにはお金を稼ぐことも大事だけど、お金を持てるだけの器量を養うことが大切なんだよ。

それはどうやって養うかっていうと、まずはあっても使わない“忍耐力”をつけ、その次にたまったお金を減らさずに増やす“智恵”をつければいいんです。


あらかじめお金のことで「智恵と忍耐」を養っておくと、「試練と困難」が減ってきます。

なぜかというと、結局、私たちは「智恵と忍耐」を学ぶためにこの世に生まれてきているからです。

だから、積極的に学んでいれば、それを無理やり学ぶ必要がなくなるの。


でも、自分から「智恵と忍耐」を学ぶことを怠っていると、「試練と困難」という形で現れて、無理やり学ばせられることになるんだよね。

神は私たちにお金を求める“欲”をつけてくれました。

その欲があるからこそ、私たちは積極的に「智恵と忍耐」を学ぼうとします。

結局、欲も神様がくれた愛なんだよね。


お金の真理』サンマーク出版




「入るを量(はか)りて出ずるを為す」(礼記)

収入を計算し、それに見合った支出を心掛けるということ。


会社が赤字になり倒産寸前になったとき、まっさきに行う、会社再建の最も基本的な方法だ。

どんなに収入があろうが、それ以上に使ってしまったら赤字になる。

これは、会社だけでなく、個人としてもまったく同じ。


普通我々は、お金を貯めようと思う時は、収入を増やすことを考える。

しかし、会社で考えてみればわかるが、思い立ったその日から、急に売上が上がる方法など無い。

今までも、散々努力してきたのに、思ったその日から売上があがるなどという、うまい話はないからだ。

これは個人も同じ。


だからこそ、まずお金を貯めるクセをつけることが必要なのだ。

お金を貯めるということは、「あっても使わない」という欲との戦い。

忍耐力がなければ貯まらない。


増やすことは「智恵」、貯めることは「忍耐」。

まずは、忍耐力を身につけ、お金が貯まる体質になりたい。




【緊急なお知らせ】(メルマガについての)

メルマガの発行を請け負ってくださっているメルモさんが、残念ながら、9月30日(今月いっぱい)をもって全サービスを終了するそうです。

約1万人の読者の皆さまの温かなご声援に支えられ、毎日配信してきたメルマガ【人の心に灯をともす】も、この9月で8年目に突入いたしました。

折りにふれ、皆さまからいただく温かなお言葉の数々に支えられたからこそ続いた、この7年間だったと思います。

これを期に廃刊も、とも考えましたが、もうひと踏ん張り続けることを決心しました。

つたないメルマガですが、また皆さまと新しいメルマガでお目にかかれることを願って…

下記フォームよりご登録いただければ幸いです。

http://hitonokokoro.com/


*新メルマガも、もちろん無料で毎日配信いたします。

*9月いっぱいは新旧、同時配信いたします。

変化の時代を生きるには

テーマ:
土光敏夫氏の心に響く言葉より…



よく経団連の会合でいったんです。

「あなたがたは時代の列車から降りてしまっているんじゃないか。

私はたとえ16号車(新幹線ひかり号の最後尾)でも乗っていますよ。

自分で降りといて“いまどきの若い者は…”もないものだ」とね。

すると「あんたは特別お若いからネ」と冷やかされたりする。


価値観というものは、時代とともに変わっていくのがあたりまえだ。

それでなきゃ、歴史は生まれない。

仲間のご老体たちが「このごろは価値観が違って困る」とこぼしているが、そんなことは当然のことなんです。

ぼくの世代だって、個人によって価値観は違うのだし、一緒になったら、それは独裁国家ですよ。



現在は「変化の時代」だといえよう。

第一には変化の断層性がある。

変化はいつの世にもあるが、現在の変化は過去の変化から質的に飛躍してつながらないことが多い。

だから、人は過去の知識と経験の上にアグラをかいておれない。


第二には変化の波及性

一つの変化がその領域内で治まらず、横へ波及して他の異なった領域も意外と結びつきをみせる。

だから人は自分の専門に立てこもって安心していられない。


第三には変化の加速性がある。

過去が算術級数的だとすると、現在は幾何(きか)級数的な速さだといえる。

変化の波にのるタイミングや変化を先取りすることがたいせつになる。

人は仕事のモノサシとして時間を無視できなくなる。


[新装版]土光敏夫 信念の言葉』PHP研究所





行徳哲男師はこう語る。

「変化は断続する。

切断されているから至るところに崖がある。

だから、いつでも身軽に翔(と)べることが大事である。

このような時代に重い荷物を持っていては翔べはしない。

ゆえに、いろいろな持ち物を捨てたり忘れたりすることが必要である。

これからは「忘」と「捨」の時代である」(感奮語録・致知出版)


変化の断層性とはこの断続のことだ。

今までの常識や因習という重い荷物を持っていたら、深い崖は飛ぶことができない。

「忘」と「捨」が、今こそ必要な時代はない。


だからこそ、時代の列車から降りてしまってはいけない。

歳を重ねれば重ねるほど、それは必要なこと。


変化には断層性があり、それはさまざまな分野に波及し、ものすごい勢いで加速する。

変化の時代を生きるには…

たとえ最後尾であろうと、時代の列車に乗る人でありたい。




【緊急なお知らせ】(メルマガについての)

メルマガの発行を請け負ってくださっているメルモさんが、残念ながら、9月30日(今月いっぱい)をもって全サービスを終了するそうです。

約1万人の読者の皆さまの温かなご声援に支えられ、毎日配信してきたメルマガ【人の心に灯をともす】も、この9月で8年目に突入いたしました。

折りにふれ、皆さまからいただく温かなお言葉の数々に支えられたからこそ続いた、この7年間だったと思います。

これを期に廃刊も、とも考えましたが、もうひと踏ん張り続けることを決心しました。

つたないメルマガですが、また皆さまと新しいメルマガでお目にかかれることを願って…

下記フォームよりご登録いただければ幸いです。

http://hitonokokoro.com/


*新メルマガも、もちろん無料で毎日配信いたします。

*9月いっぱいは新旧、同時配信いたします。


偶然を引き寄せる

テーマ:
本田健氏の心に響く言葉より…


私はたくさんの人をインタビューした経験から、「若いころから思い描いたとおりの人生を生きた人は、ほとんどいない」ということがわかっています。

あなたも、十代に思っていたのとは、ずいぶん違う人生を生きているのではないでしょうか。

でも、それが不幸というわけではなく、いまの人生に幸せを感じている人は多いでしょう。


これまでを振り返ってみると、あなたのいまの幸せに大きく影響を与えた人物が何人かいるはずです。

それは、いまのパートナー、親友、先輩、恩師、上司などだと思いますが、あなたの人生に大きく影響を与えたそうした人との出会いは、たとえばあなたが「こんな人と会いたい」と手帳に書いたから起きたのではないはずです。

きっとその多くの出会いは、たまたま同じ学校だった、同じ職場だった、あるパーティに参加した、などの偶然から始まっていると思います。


人との出会いだけではありません。

いまの仕事も、住んでいる家も、着ている服も、自ら選んだように見えて、その元を丹念にたどっていけば、思いもよらない偶然がいくつも積み重なった結果だと気づくでしょう。

このように、「一見偶然に見える」出来事が人生をつくっているのです。

ある人との出会いから人生が大きく変わった、本屋さんで何気なく手に取った一冊の本が人生に大きな影響を与えた、ふと目にしたホームページが人生の転機になった…そんな話をよく聞きます。

それらのすべては、自分の意図というよりは、偶然で起きています。

電車のホームで親しい友人と数年ぶりにパッタリ会った、パーティで人に紹介されたら学生時代の親友と親しい人だった、などの偶然がきっかけで、転職、独立、結婚といった、人生の大きな出来事につながったりするようです。


このように、一見単なる「偶然」のようでいて、実は人生を変えるような意味をもつ出来事のことを「シンクロニシティ」といいます。

よく考えてみると、私たちの人生はシンクロニシティに満ちているのです。

一生懸命に目標設定するよりも何十倍もの偶然の出来事が、私たちの人生を動かしている。

この事実に気づくことで、人生に対する見方が変わってきます。


この偶然(シンクロニシティ)を意図的に引き寄せ、うまく活かすことで願望を実現していく。

そして、よりすばらしい人生を受け取る…。

シンクロニシティを追いかけていくと、いろいろとある未来の可能性のなかから、最高の人生が出現します。


決めた未来しか実現しない』サンマーク出版




シンクロニシティを引き寄せる生き方があるという。

小林正観さんは、それを「頼まれごとのある人生」と言っている。


『「不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句、辛い、悲しい、嫌だ、嫌いだ、疲れた」

という言葉を言わなくなって、三ヵ月から半年くらい経つと、突然に頼まれごとが始まります。

「引き受けたからには、いい仕事をしなくてはいけない」

と気負わずに、そのときの加減で「良い加減」でニコニコと取り組んでいけばいいのです。

頼まれごとを引き受けて行くと、三年くらい経ち、ある方向性でこき使われていることに気がつきます。

「どうもこういうことをするために、この世に生まれてきたみたいだ」

というように、自分の“使命”がわかる瞬間があります。

それを「立命」の瞬間といいます。』(小林正観)


「頼まれごと」を頼まれる人には、頼まれやすい雰囲気がある。

不平不満や文句ばかり言う人には誰も頼まない。

頼みやすい人には、笑顔や感謝があり、明るくて素直で、肯定的な言葉を常に使っている。


宇宙の大いなる流れに気づいたら(シンクロニシティ)、素直にその流れに乗ってみる。

偶然を引き寄せ、すばらしい人生を受け取りたい。





【緊急なお知らせ】(メルマガについての)

メルマガの発行を請け負ってくださっているメルモさんが、残念ながら、9月30日(今月いっぱい)をもって全サービスを終了するそうです。

約1万人の読者の皆さまの温かなご声援に支えられ、毎日配信してきたメルマガ【人の心に灯をともす】も、この9月で8年目に突入いたしました。

折りにふれ、皆さまからいただく温かなお言葉の数々に支えられたからこそ続いた、この7年間だったと思います。

これを期に廃刊も、とも考えましたが、もうひと踏ん張り続けることを決心しました。

つたないメルマガですが、また皆さまと新しいメルマガでお目にかかれることを願って…

下記フォームよりご登録いただければ幸いです。

http://hitonokokoro.com/


*新メルマガも、もちろん無料で毎日配信いたします。

*9月いっぱいは新旧、同時配信いたします。