小林一三氏の心に響く言葉より…


《下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。 そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。》(小林一三・阪急阪神東宝グループ創業者)


自分はチャンスがもらえないと嘆く人は多い。

しかし、世の中は捨てたもんじゃない。

必ず見ている人はいる。


能力があれば必ず世の中に出ることができる。

本当にできる人を世の中が見逃すことはめったにないからだ。


まずは、自分の今やるべきこと、与えられたことに全力を尽くしてみるといい。

そこに必ず多くの発見があるだろう。

下足番でも何でもいい。

そこを極めていくうちに世の中のことも見えるだろう。


豊臣秀吉は、織田信長の下足番から出世したという。

下足番をするなかで信長の力量をわかったし、信長もその下足番ぶりから、秀吉がただの下足番でないことがわかったはずだ。

だからどんなことでもいい、それを極めていけば、自分の先の進み方もわかるし、人も世の中もよく見えてくるものだ。


日本人なら知っておきたい名言100』(木村進著)SOGO HOREI





「幸運の矢は嫌な方から飛んでくる」

という。

嫌なことから逃げずに、しっかりと足を踏ん張り、一所懸命頑張る。

多くの人は、目の前の一事に専念せず、もっと他に幸運の種があるのでは、と探し回る。


「明珠在掌(めいじゅたなごころにあり)」という禅語がある。

宝はあちこち探し回っても、どこにもない。

本当は、自分の手の上にある。

「今ここ」から逃げずに、目の前の一事を、深く、長く、磨き続ける。


「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ」

目の前の一事に、手を抜かず、一所懸命になる人には幸運の女神がほほ笑む。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます
レス・ギブリン氏の心に響く言葉より…


人間関係に関するかぎり、相手の自尊心を傷つけることはご法度(はっと)だ。

相手の人間としての尊厳を踏みにじったら、いずれいやな目にあわされる。

人々は自尊心についてとてもデリケートで、自尊心を傷つけられると非常手段に訴えるおそれがあることを肝に銘じよう。


すべての人は自分の自尊心を大切にしてほしいと願い、それを傷つける人を敵とみなす。

だから、他人を機械やロボットのように扱ってはいけない。

そんなことをすると、相手はそっぽを向いてしまう。


実業家のヘンリー・カイザーは「すべての人を大切に扱えば、必ずよい人間関係を築くことができる」と言っている。

これは当たり前のことだが、非常に含蓄のある言葉だ。


1.すべての人は程度の差こそあれ自分本位である。

2.すべての人は自分に最も強い関心を抱いている。

3.すべての人は自分が重要だと感じたがっている。

4.すべての人は他人に認められたいと思っている。


すべての人は自分の自尊心を満たしてほしいと強く思っている。

その願望がある程度満たされて初めて、人々は自分のことを「忘れ」、他人に意識を向けることができる。

また、自分が好きになって初めて、人々は他人に対して友好的になることができる。


第一次世界大戦中に兵士が「おい、そこのお前、マッチを消せ」と怒鳴りつけたところ、相手は名将として知られるパーシング将軍だった。

兵士がしどろもどろになって謝罪しようとすると、将軍は彼の肩を軽くたたきながら「若者よ、ささいなことを気にする必要はない」と言った。

名将ともなると、一兵卒の不用意な発言ぐらいでは自信が揺るがないのだ。


しかし、自尊心が低いと摩擦やトラブルが頻発する。

自尊心がさらに低くなると、ささいなことでも動揺しやすい。

自分が話している最中に居眠りをしたという理由で相手の女性を絞め殺した男性がその典型だ。

もし彼の自尊心が満たされていれば、相手の侮辱的な行為はさほど大きな意味を持たなかっただろう。


他人をこき下ろす傲慢な人も、低い自尊心のために苦しんでいる。

こういう人の行動を理解するには、ふたつのことを知っておく必要がある。

ひとつは、自分の重要感を高めようとして他人をこき下ろしていること。

もうひとつは、誰かに少し批判されただけで、すでに低い自尊心が崩壊するのを恐れていること。

こういう人はいつも心の中でびくびくしながら他人と接している。

自尊心を傷つけられるという不安に耐えられないので、他人にやられる前に相手を攻撃することもある。


気難しい人に対処する効果的な方法は、たったひとつしかない。

その人が自分自身をより好きになるのを手伝うことだ。

傷ついた自尊心を癒すのを手伝えば、相手はおとなしくなって突っかかってこなくなる。

心のこもったほめ言葉をかけて相手の自尊心を満たせば、気難しい人に対して大きな効果を発揮する(普通の人に対して効果があることは言うまでもない)。


人望が集まる人の考え方』ディスカヴァー





自尊心と自己重要感は同じような意味を持っている。

ひらたく言えば、「自信」があるかどうかだ。

自信がある人は、ささいなことでは怒ったり、ムキになったりしない。

余裕のある人、でもある。


心の中に、ほめ言葉という「愛」(幸せ・感謝・喜び・楽しさ)がたまっていけば、自分の自己重要感も高まってくる。

自己重要感が空っぽでは、人に「愛」を与えることはできない。


「すべての人を大切に扱えば、必ずよい人間関係を築くことができる」

だれに対しても、お互いに敬意を持って接する人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます
ライフネット生命会長、出口治明氏の心に響く言葉より…


《適切なときに適切な場所にいるいる人》


この世界は偶然の産物です。

そして、私たち一人ひとりの人生も、いろいろな偶然の積み重ねによってつくられていると言っていいでしょう。

歴史を知れば知るほど、偶然こそが「この世のリアル」だと確信します。


私たち人類・ホモサピエンスがこれまで生き残れたのも、偶然だったという説があります。

『そして最後にヒトが残った』(クライブ・フィンレイソン)という本によると、ネアンデルタール人が滅び、ホモサピエンスが生き残った理由は、「適応力」と「運」の違いにあったようです。

筋骨隆々で、森林での大型動物狩猟向きの体型をしていたネアンデルタール人は、当時、地球環境の寒冷乾燥化が進み、森林が縮小し、平原が広がりはじめる中で徐々に生きる場を失っていきます。

一方、しなやかで持久力に富む体を持つホモサピエンスは、平原での狩りにも対応でき、生き残ることができたそうです。


つまり、たまたま平原が広がりはじめる時期に、たまたま平原に適応できる体をホモサピエンスは持っていた。

だから生き残れた。

まさにホモサピエンスは運がよかったのです。

逆に、ネアンデルタール人が絶滅してしまったのは、たまたま運が悪かっただけとも言えるのです。


「運がいい」というのは、フィンレイソンが指摘しているように、「適切なときに適切な場所にいる」ことなのです。

この世は偶然の産物だということに、あらためて気づかされます。


ウイーン生まれのユダヤ系の宗教学者に、マルティン・ブーバーという人がいます。

そのブーバーが、代表作『我と汝・対話』で書いているのが、「すべての真の生とは出会いである」という言葉です。

つまり、私たちの人生は、つまるところ、すべて出合いである、と。

そうした出合いを通して、人生はどんどん変化していく、と。

関係性を重視したブーバーならではの言葉です。


私たちの人生は、ブーバーの言うように、そのときどきの出合いによって変化し続けていきます。

そうしたいわば川の流れに身を任せる生き方が一番いいと私は思っています。

変化を受け入れ、川の流れのままに流されて生きていく。

なぜなら、人間の力では、そのときどきの流れを変えることは難しいからです。


そのことを私は、しばしば凧揚(たこあ)げにたとえています。

「風が吹いていないときは、凧は揚がらない」

凧揚げしようとしても、その場所に風が吹いていなければ、どんなに必死になって走っても、あるいは、ものすごくよくできた高性能の凧であっても、揚がってはくれません。


一方、その場所にいい風が吹いていれば、こちらがそれほどがんばらなくても、凧はスイスイ飛んでくれます。

人生もこれと同じです。


風が吹いていないときは、何をやってもダメだし、逆に、風が吹きはじめたら、何をやってもたいていうまくいく。

だから、今は風が吹いていない時期だと思ったら、ジタバタとムダな抵抗はしないで、淡々と過ごしていく。

ただし、いつ風が吹くかは誰にもわからないので、風がいつ吹いても全力で走れるよう平素から準備をしておくことが大切です。


場合によっては、風がそのままずっと長い間吹かないこともあります。

ネアンデルタール人がが絶滅してしまったように、人生にはそういう残酷な一面もあるのです。

とはいっても、「まったく人生に希望が持てない」などと暗澹たる気持ちにはならないでください。

風が吹いていなくても、その中で人生を楽しめばいいのです。


時間はたっぷりあるので、いろいろなことができます。

逆に風が吹きはじめたら、やることがたくさん出てきてそんな暇もなくなりますから。


《「偶然」を大切にする人を運がいいと呼ぶ》


人生の教養が身につく名言集 (単行本)』三笠書房





「風車、風が吹くまで昼寝かな」

という、第三十二代の首相、広田弘毅の言葉だ。

広田弘毅は外務省の欧米局長のときに後の首相、幣原(しではら)喜重郎に嫌われて人事異動でオランダ公使に飛ばされた。

オランダは風車の国。

その時、自分の心境を歌ったのがこの句。


広田弘毅は、従容(しょうよう)の人と言われる。

従容とは、どんな危急存亡の時でも、ゆったりとして慌てたり騒いだりしないことであり、泰然自若(たいぜんじじゃく)としていること。

安岡正篤師は、「人は落ちぶれたときにどう動くかで、本物かどうかわかる。やけになったり、見苦しくジタバタするのか、はたまた、従容(しょうよう)としてそれを受けいれるのか。何をしたかではなく、何をしなかったかを観る」という。


「風が吹いていないときは、凧は揚がらない」

「偶然」を大切にする人、それが「適切なときに適切な場所にいるいる人」。

どんなときもジタバタせずに人生を楽しめる人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます

本物の大人になるには

テーマ:
川北義則氏の心に響く言葉より…


「ノブレス・オブリージュ」という言葉をご存知か。

単純に訳せば「貴族の義務」ということになる。

かつて、ヨーロッパ社会では、特権的な地位にある者は、兵役免除などさまざまな恩恵を受ける代わりに、経済的支出をはじめとした相応の義務を果たした。

それがノブレス・オブリージュである。


転じて、いまは「恵まれた人の役割」という意味合いで使われる。

例えば、アメリカでは、ハリウッドの人気俳優や有名スポーツ選手たちは、日本人には想像もつかないほど桁外れの収入を得ている。

彼らは、その収入からかなりの額面を養護施設などに寄付する。

それが当然のことだと、本人も周囲も思っている。

ノブレス・オブリージュが浸透しているのだ。


国から徴収される保険料は収入が多い人ほど高い。

ある30代の起業家は、そのことについていつも文句をいっている。

「僕はめったに病気もしないのに、すごくたくさん取られている。その金が、親戚でもないじいさんの医療費になっているのだと思うとバカらしい」というのである。


ちょっとみっともない考えではないか。

多くの保険料を支払える収入があることや、健康で医者にかからないでいることに感謝するほうが、ずっと幸せではないか。

税金もそうだが、たくさん稼いでたくさん収めればいいのだ。


せこい手を使って、自分の実入りを少し増やしたところでなんになるのか。

もちろん、節税の工夫はしたらいいが、「品よくやりなさいよ」といいたい。


そういう意味では、某政治家は下品の代表格だろう。

不明瞭なお金の使い方自体も問題だが、それ以前に東京都知事としてあまりにもせこい話ばかりで、都民としては恥ずかしくなったものだ。

自分のお金でないから、このときとばかり慣れない贅沢をしたがる。

また、私腹を肥やすことばかり考える。

こういう人は、懐を豊かにしようとして心をどんどん貧しくしてしまう。


何事につけ、品がないのはいただけない。

上に行くということは、それなりの覚悟を決めることだ。

立場が上になればなるほど、収入や権限も増えるが、同時に多くの不利な条件を与えられる。

それを無視して美味しいところだけをとろうという人は、最初から上に立つ器ではない。


ゴルフには、技量が異なる者同士が楽しくプレーできるように、「ハンディキャップ」という制度がある。

下手な人ほど多くのハンディをもらえる。

これについて、みんな少しでも自分のハンディキャップを減らそうと頑張る。

つまり、不利な方向に努力する。

そのほうが恰好いいからだ。

これと同じ努力を、どんなことに関してもしていくべきではないかと思う。


本物の大人になる: 恰好いい人には「覚悟」がある (単行本)』三笠書房





斎藤一人さんは、税金についてこう語っている。

「税金ってえのは、あの、嫌でも取られるんです。

よくあの、『税金を払うのが夢っていうのは珍しですね』っていわれるけど、払わなくていいなら、誰も払いたくないと思うんです。

でも、払わなきゃいけないんです。

で、どうせ(払わなきゃ)いけないんだとすると、何か、こうゲームかなんかにしてしまって、「どうせ取られるんなら、日本一になったほうがいいね」て、いうことで、日本一目指そうということですから…

やってみると楽しいんです」


税金にしても何にしても、どうせやらなければならないことは楽しくやる方がいい。

文句をいったところで現状は変わらないからだ。

例えば、交通違反の切符を切られて、そこで大声で文句を言うのか、ニッコリ笑って「ご苦労さまです」と言って切符を受け取るのか。


本物の大人は、自分に「不利な方向に努力する」。

格好いい本物の大人になりたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます

言い方と自律神経の関係

テーマ:
順天堂大学医学部教授、小林弘幸氏の心に響く言葉より…


たとえば、こんな経験はないでしょうか。

タクシーの運転手が道を間違え、「すみません、Uターンします」と言ってきた時。

機嫌がよい場合は、「あぁ、いいですよ」と軽く流せるのに、イライラしている時は、「ったく、急いでるのになぁ」と、つい相手を責めてしまったことが。


たとえ機嫌はよかったとしても、約束の時間に遅れそうであせっている時や体調が悪い場合も、ネガティブな言い方になることが多いはずです。

なぜ、このように気分や状況によって言い方にムラが生じるのかというと、実は、「機嫌」「時間的余裕」「体調」などはすべて、自律神経を乱す要因だからです。

つまり、さまざまな要因によって自律神経が乱れると、人はいろいろな言い方をしてしまうのです。


私自身、自律神経の研究を始めるまでは、非常に短気な人間でした。

ですから、タクシーの運転手が道を間違えた時は、叱責することが多かったと思います。

でも、今は違います。

なぜなら、私が相手をおとしめる言い方をすると、相手の自律神経が乱れ、結果的に私にとってさらに不利益となることを知っているからです。


もし私が、「何やってんだよ。道くらい覚えておけよ」と、相手を罵ったとします。

すると相手の自律神経はとたんに乱れだし、血圧が上がり、判断力が低下します。

相手はひどく動揺した状態で運転をすることになるので、さらに道を間違えたり、最悪、事故を起こしたりしかねません。

もちろん、これは私の望むことではありません。


ここで大切なのは、目的を見失わないことです。

タクシーに乗る目的とは、自分が行きたいところに行くことです。

ですから、すでに道を間違ってしまった以上は、いくら相手を罵っても仕方ないのです。


今となっては、ここから先、相手にきちんと運転をしてもらうことが最大のテーマです。

それをクリアするためには、攻撃的な言い方は厳禁です。

「それでも何か言ってやらないと気が済まない」、そんな方もいるかもしれません。

しかし、攻撃的な言い方をすると自分自身の自律神経も乱れてしまいます。


一般的に、怒りによる自律神経の乱れはだいたい3時間から4時間は持続します。

こんなことで、自分の大切な一日のパフォーマンスを下げるのは大損です。

ですから、こういう場合はまず、「仕方ない」と気持ちを切り替える。

そして、「今日はいい天気だなぁ」と考えるなどして、気持ちを別の場所に持っていくことが大切です。

すると、自律神経が整いだします。

「仕方ない」と諦めることは決してネガティブではなく、気持ちに区切りをつけて前へ進むための、最高のリカバリーショットなのです。


自律神経を整える 人生で一番役に立つ「言い方」』幻冬舎




かーっとなって怒ったあと、何時間かは気分が落ちこむ。

それは、怒りによる自律神経の乱れが3、4時間続くからだという。

同時に、まわりにいる人もシュンとして重苦しい気分となる。

怒ると、それを聞いているまわりの人の自律神経も乱れるからだ。


「自分の口から出た言葉は、自分が一番多く聞いている」という言葉がある。

口の近くに耳があるからだが、これも自律神経のメカニズムと同じだ。


人に悪口、文句、愚痴、泣き言、不平不満の言葉を多く言えば、自分もまわりも自律神経が乱れ、気分が悪くなる。

反対に、うれしい、たのしい、ゆかいだ、面白い、しあわせ、ありがとうの言葉を多く言えば、自分もまわりも自律神経が整い、気分がよくなる。


自分もまわりの人も気分がよくなる、「言い方」の実践をしたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます