水を飲むときに「ありがとう」

テーマ:

小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

私は49歳のとき、年相応に頭髪の半分が白くなっていました。

 

それで、水分を取るときに「若返らせてくれてありがとう」と声をかけて、飲むようにしました。

 

すると1ヵ月後に、なんと髪の毛が真っ黒になりました。

 

 

次のような事例もあります。

 

アトピー性皮膚炎だった人ですが、水分を飲むときに「正常な細胞にしてくださってありがとう」と言って飲んでいたら、ありがとうと言いはじめてから2週間で腫(は)れが引き、4週間後には完全にかさぶたが取れたそうです。

 

 

若い人のことを「みずみずしい」と表現します。

 

日本人は「若さとは、水分量によるものである」と科学的にわかっていなかった時代から、若さを「水」にたとえるという、すばらしい文化を持っていました。

 

「水もしたたるいい女」という言葉もありますね。

 

みずみずしい女性、という意味です。

 

 

NASAの最新の仮説理論では、地球上に存在する水は「大気圏外から飛んできた氷」かもしれないそうです。

 

NASAが、何万コマという人工衛星からの写真を分析した結果、地球の上空1万5000km~2万kmのところに、なんと氷が浮かんでいたのだそうです。

 

どうやら、氷がある一定量、大気圏外から毎日飛んできて、地球の引力にとらえられ、上空に浮かんでいるということらしい。

 

 

水というのは、宇宙から飛んできた「地球上の生物が好きで好きでしょうがない」という生命体のように思えます。

 

地球上の生物の体の中に入って、生物の役にたちたいという、はっきりとした意志を持っているようです。

 

 

その水に対し、自分の体内に入ってくる前に、ある方向性(たとえば、若さ・美しさ・健康など)を与えてあげると、水はそのとおりに働く。

 

ですから、水を飲むときだけでなく、お風呂に入るときや、顔を洗うときも、「若返らせてくれてありがとう」と言うといいかもしれません。

 

 

炊き立てのお米は90%が水、果物や野菜は98%が水ですから、食べ物に対して、「体に悪い」「まずい」と否定的な感想を言いながら食べていると、ほんとうにそのように方向づけられてしまいます。

 

水が、腐り始める。

 

 

ある週刊誌のグラビアで、次のような実験が紹介されていました。

 

スメタナ作曲の『モルダウ』を聴かせた水は、非常にきれいな結晶になった。

 

ショパンの『別れの曲』を聴かせたら、バラバラの結晶になった。

 

ヘビーメタルを聴かせたら、ぐちゃぐちゃな結晶になった。

 

「よくできたね」と言ったら、桜の花びらのようになった。

 

「ムカつく」「殺す」と言ったら、ぐちゃぐちゃになった。

 

「ありがとう」「愛しています」と声をかけたら、いちばんきれいな形になった。

 

 

人間の体の大部分は水分です。

 

人間も、「ありがとう」という言葉を聞くと、体内の水分がきれいな結晶になり、細胞が元気になるらしいのです。

 

 

小林正観CDブック 神様を味方にする法則 (CD付き)』マキノ出版

 

 

 

 

 

大人の人間の体は約60%が水で出来ている。

 

胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%、子どもは約70%、大人は約60%、そして老人は50%だと言わる。

 

加齢によって水分の割合は減っていく。

 

 

子どもはしなやかで、柔軟だ。

 

大人になるにつれ、硬くなり、ギスギスして柔軟性がなくなる。

 

それは、身体の中の水分量の変化と比例している。

 

そして、この変化は、体も心も同じ。

 

 

子供のようなみずみずしさを取り戻すため…

 

水を飲むときに「ありがとう」といい、身体にも感謝したい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

アイデアを生む人

テーマ:

稲村徹也氏の心に響く言葉より…

 

 

《行動を見れば、その人の本質がわかる》

 

 

学びをお金に換えていくときにイノベーションは不可欠ですが、それを現実化してくれるものが「アイデア」です。

 

この「アイデア」に対する姿勢ひとつとっても、あなたが「成功」に近いのか遠いのかが、すぐにわかります。

 

 

先に答えを書くと、「成功」する人は確実に「アイデアを生む」人です。

 

残念ながら「アイデアを盗む」人は、一時的な「成功」を手にできるチャンスはあっても、本当の「成功」を手にすることはできません。

 

「成功」は読んで字のごとく「功を成す」です。

 

これは自らの能力で勝ち取るべきもので、盗んでしまっては「盗功」となってしまいます。

 

 

マーケティングの権威であるフィリップ・コトラーの根本思想にも、

 

「人のアイデアを盗まず、自らアイデアを生む」

 

とあります。

 

とはいえイチから独自のアイデアを生み出すというのも、また難しいことです。

 

そこでフィリップは重要な示唆を私たちに与えてくれています。

 

 

「イノベーションを生み出すうえで重要なのは、自分たちが現在直面しているさまざまな問題を解決する方向でのイノベーションを目指すことです」(ロッキー・リャン)

 

いかがでしょうか。

 

今の自分に解決すべき課題があるとき、その解決策を自力で生み出そうとする行動が、新たな「アイデア」を生み出してくれるかもしれないということです。

 

 

私も常々「無理かもしれないな」と思うような課題に直面したとき「いや、これを解決できたらスゴイことになるんじゃないか?」と思い直し、ひたすら解決のためのプロセスを、あれこれ考え続けます。

 

すると、ふとした一瞬にアイデアが舞い降りてくるケースが多いのは不思議なことです。

 

 

「成功のカギは“なぜ”という動機が20パーセント、“どうやって”という方法が80パーセント」

 

この「なぜ」の部分は「問題提起」です。

 

問題提起をするには、「問題意識」が働いていなければなりません。

 

そして「どうやって」の部分は、すでに説明したように「アイデアを生む」ということです。

 

 

お金を稼ぐ人は何を学んでいるのか?』きずな出版

 

 

 

 

台湾出身でありながら大陸中国に渡り、大陸の中国人富裕層でもなし得ないビジネスやイベントをヒットさせ、そして巨万の富を築き上げた超一流の大成功者がロッキー・リャン氏。

 

彼が新規ビジネスに参入するうえで何を基準にしているのか。

 

『特許・ノウハウ・限定・特殊。参入障壁が高いビジネスをする』

 

ハードルが高ければ高いほど入り込むのには困難を伴いますが、

 

『門前払いをしてくれる業界ほどライバルが少なく競争が少ない』

 

ということで、入り込むことさえできれば、あとは簡単だという(以上、本書より)。

 

 

「アイデアが重要なのではない。 一つのアイデアをどうやって、 具体的にしていくかが重要だ」 

 

とは、ソニーの創業者、 井深大氏の言葉。

 

どんなに素晴らしいアイデアが浮かんだとしても、それを「どうやって」という具体的な方法が見つからなければ、絵に描いた餅になってしまう。

 

 

アイデアを盗むのではなく、アイデアを生む人でありたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

大善は非情に似たり

テーマ:

稲盛和夫氏の心に響く言葉より…

 

 

もう1つ、リーダーの条件を申し上げます。

 

部下からの申し出、意見をただ、「いいわ、いいわ」と認めていたのでは会社は決してうまくいきません。

 

優しい情愛に満ちた人であると同時に、すさまじい厳しさを兼ね備えた人でなかったら、社長なんて器は務まりはしません。

 

どんな小さい会社でもそうです。

 

 

つまり、同一人物が両極端の考え方をあわせもち、そしてそれが同時に正常に機能できる能力を持った人でなければ経営者は務まらないと思います。

 

ただ優しいばかりの社長では、経営になりませんし、厳しい一方の人では誰もついてきやしません。

 

その両方が綾織りのように出てくる人でなければ、経営者なんてできやしません。

 

 

私は、いつも善の大切さを説いています。

 

だからみなさんもそれに引かれて話を聞きに来られる。

 

人間らしい優しい、いい生き方をしなきゃいけませんよと、いつも私が説く考え方に、みなさんは賛同しておられ、それを自ら実践されているはずです。

 

 

そのような優しい、すばらしい経営者の方が、この不況で会社が赤字に転落をしそうなとき、「経費を減らせ」と言って、もう鬼みたいになってやり出すことがあります。

 

そうすると周りは、「いつもあの優しかった社長とは違うやないか。二重人格みたいなものやないか」と言い出す。

 

でも、私はそれでいいと思います。

 

会社が厳しい状況になったら、鬼みたいな形相で、厳しいことを一直線になさねばならないのです。

 

反対するような敵は千万いても、我ひとりその敵に向かおうという、そういう気概を持って、自らを鼓舞して進んでいってもらいたいですね。

 

 

逆に問題なのは、嫌われるのがいやで耐えられないから、お茶を濁し、妥協し出すことです。

 

善を説き、人の優しさを説き、それで人の喜びが自分の喜びに、人の悲しみが自分の悲しみに感じられるような人こそが、経営者にふさわしいということと、私が必要だと思う厳しさとは、考え方のベースが一緒なのです。

 

 

これは仏教の教えである、「小善は大悪に似たり」「大善は非情に似たり」ということから説明ができます。

 

「ええわ、ええわ」といって、猫なで声で従業員をかわいがるという小善は、みんなを甘やかし、経費は増大し、不況にひとたまりもないぐらいに脆弱な企業体質をつくってしまいます。

 

そして実際に不況になり、会社をつぶして100人の従業員を路頭に迷わしてしまうのです。

 

確かに従業員に対して人がいいという小善、小さな善はしたかもしれないが、大悪をなしたのではないか。

 

私はそういう小善はしない。

 

「ええわ、ええわ」というわけにはいかんのやと。

 

 

次に大善。

 

大きな善というのは、非情に似て厳しいのです。

 

獅子は我が子を千尋(せんじん)の谷に突き落とす。

 

かわいい子には旅をさせよとも言います。

 

あのかわいい子を旅へ出して、「なんて厳しい非情な親や」とみんな考える。

 

しかしじつはそれが、子どもの成長には大いに役立つ大善、大きな善なのです。

 

 

だからつい、そういう意味があると知らなければ、自信がぐらつくわけです。

 

「俺が今やっているこの厳しさは、大善をなす行為だ」と自信を持つようにする。

 

「それは凡人から見たら非情に見えるかもしれないが、これは大きな善なのだ」と思えば、ひるまないわけです。

 

そして改革は、ズバッと本音でものが言える状態をつくらなければ、前に進まないのです。

 

 

例えば古い法律を変える際、誰に聞いても「そんな古い、明治時代にできた法律が今のこの時代に合うはずがない。それは廃止すべきです」と言うはずです。

 

しかし廃止すれば、路頭に迷う人がものすごく出る。

 

そういう「人でなし」なことはできないと考える人も多くいて、つまり人に嫌われることをしたくないものですから、改革が進んでいかないのです。

 

 

根底にはみんなから信頼をされ、慕われる社長でなければならないけれども、たまには、厳しくて嫌われるようなことも言う。

 

あえて嫌われることも必要です。

 

 

社員のみなさんを路頭に迷わせないためにも、私は経営者のみなさんに厳しいことを言います。

 

つまり、ただ人がいいだけで会社をつぶして、全員を路頭に迷わす、そいう悲惨な目には遭わせたくない。

 

私はみなさんを救うために、あえて厳しいことを言います。

 

それこそが大善というものです。

 

 

稲盛和夫・KCCS実践経営講座 心と生き方』PHP

 

 

 

 

 

この「小善は大悪に似たり」「大善は非情に似たり」ということは、何も会社経営だけに通じる考えではない。

 

子育てや、教育、あるいは、あらゆる組織の運営などにも同じことが言える。

 

子どもの教育においても、おもちゃなどを子どもの言うがままに買い与えたり、テレビやアニメやゲームを子守がわりに見せたりやらせたり、小遣いを際限なく与えたりする。

 

そうやって甘やかし放題に甘やかすなら、我慢のできない、わがまま放題な子どもになるのは目に見えている。

 

 

躾(しつけ)やルールを守らせるということは、真の大人になるための最も大切なことだ。

 

そのためには、ときには厳しいことを言ったり、叱責することも必要だ。

 

大事なことは人に対する、「愛」や「思いやり」や「情」、と同時に「厳しさ」や「非情さ」も併せ持つこと。

 

そして、その相反することを何の躊躇(ちゅうちょ)もなく、同時に行うことができる人を名経営者といい、偉大な教育者という。

 

 

「大善は非情に似たり」を実践できる人でありたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

先憂後楽

テーマ:

鍵山秀三郎氏の心に響く言葉より…

 

 

最近、私がとくに憂慮していることは、「個(私)」だけが肥大化し、「衆(公)」がないがしろにされている社会の風潮です。

 

一例として、電車内でのマナーがあります。

 

一見して健康体の人が、われ先に座席を奪い合う光景。

 

 

また、混雑しているにもかかわらず、人込みをかけ分けて先行く人の姿。

 

いずれも見るに堪えません。

 

少なくとも、かつての日本人はそんな「個」を限りなく小さくして、人への迷惑を気遣ってきました。

 

反対に、周囲へ配慮して「衆」を大きく育てるような生き方を普通にしていました。

 

 

ところが昨今、そんな「日本人の美徳」が影を潜め、「個」だけが肥大化しています。

 

もともと小さかった「個」が大きくなると、「個」と「個」がぶつかり合って衝突の原因になります。

 

昨今の風潮は、まさにこの状態が現象として顕在化しているのではないかと思います。

 

 

その原因はひとえに、楽しみを先取りする価値観が横行しているからです。

 

その点、かつての日本人は、楽しみを先へ先へと先送りする生きる知恵を身につけていたように思います。

 

 

本来、楽しみと苦しみを同時に味わうことはできません。

 

楽しみを先取りすることは、苦しみを先送りすることにほかなりません。

 

その分、「衆」をないがしろにする風潮が蔓延してきた。

 

この憂慮が、私一人の杞憂(きゆう)に終わればいのですが…。

 

 

困難にも感謝する』PHP

 

 

 

「先憂後楽(せんゆうこうらく)」という、中国の「岳陽楼記」の中にある言葉がある。

 

人々より先に天下国家のことを心配し、人々が楽しんだ後で自分が楽しむ、という政治を行うものに対する心構えを説いたものだ。

 

また、先に苦労をしておけば、後々、楽しむことができる意味でもある。

 

東京と岡山にある庭園「後楽園」の語源。

 

 

人々を先に楽しませ、自分の楽しみは後回しにするということができなければ、人の上に立つことはできない。

 

そこには、「無私」という私心がないことが必要だ。

 

俺が俺が、という「我(エゴ)」が出てしまうような「利己心の強い人」は無私の心にはなれない。

 

 

私心を去ることができれば、公を大事にすることができる。

 

私心を去り、先憂後楽の気持ちで生きてゆきたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

永続することが大事

テーマ:

伊那食品工業会長の塚越寛氏の心に響く言葉より…

 

 

経営の目的は「社員の幸福と、社員の幸福を通じての社会貢献」です。

 

企業は、永続的に安定成長することによって、より多くの人びとを幸せにすることができると考えてやってきました。

 

ゆるやかな末広がりの成長を続けて、永続する企業であること。

 

これが私の理想像です。

 

 

末広がりを「八の字経営」とも呼びます。

 

前を向いて両手を広げて立つ、大らかな感じ。

 

閉塞感がなく、夢や希望に満ちている状態です。

 

常に末広がりであることは、ゆるやかに、かぎりなく成長をつづけていくという意味です。

 

 

末広がりの成長をイメージしながら経営判断を積み重ねていけば、生産設備の無理な投資や、それによる供給の過剰を抑えられます。

 

資源の有効利用や二酸化炭素の排出削減など、生産活動を環境問題に矛盾なく適合させることができます。

 

 

末広がりを志向するならば、若いときのスタートは、むしろ低いほうがいいでしょう。

 

必ずしも景気のいい会社に勤める必要はなく、若いときの努力が無駄にならない会社や業界かどうかを、判断したほうがいいかもしれません。

 

恵まれない状態からスタートすれば、将来は末広がりになっていくはずです。

 

人一倍に苦労をして考え、人の話に耳を傾けて学ぶ謙虚さが身につくからです。

 

 

新訂 いい会社をつくりましょう』文屋

 

 

 

 

 

 

 

 

会社を永続させようと思うなら、取るべき経営の方向は自(おの)ずと決まってくる。

 

たとえば、事業を一気に急速拡大する戦略をとるなら、リスクが多すぎて、100年、200年と続く会社にするには難しい。

 

逆に、コツコツと内部充実をはかり、会社を財務的にも、組織的にも筋肉質にしていくこと。

 

それは、不況や天変地異があってもびくともしない会社。

 

 

松下幸之助翁のいう「ダム式経営」だ。

 

ダム式経営とは、ダムがいつも満々と水をたくわえているように、不測の事態に備えて、資金も人材も蓄えておかなければならない、というもの。

 

そうすれば余裕を持った経営ができる、と。

 

 

そして同時に、企業を永続するためには、働いている人一人ひとりが幸せになり、そのことによって、まわりも幸せになっていくこと。

 

まさに、アメリカのサウスウエスト航空の企業ポリシーがそれだ。

 

それが、「お客様第二主義、従業員第一主義」。

 

そのことによって、サウスウエスト航空は、40年もの間、黒字経営を継続している。

 

 

従業員を幸せにすれば、顧客も、地域社会も、取引先も自然と幸せになっていく。

 

だが、その逆は難しい。

 

 

それは、王道と覇道(はどう)の違いでもある。

 

『王道とは、努力多くして、「利」少ない道。 覇道とは、努力少なくして、「利」多い道』

 

 

長く続く「いい会社」をめざしたい。

 

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/