幸運の神様が好きな人

テーマ:
笠巻勝利氏の心に響く言葉より…


幸運の神様は、人の好き嫌いがハッキリしている。

次の条件が当てはまる人には近づきたくないようである。


1.ツキのない人と、付き合いをしている人。

2.物事を否定的に考えている人。

3.表情が暗く、ため息をつく人。

4.他人の言うことを聞かない人。

5.組織のルールを守らない人。

6.ウソをついて約束を守らない人。

7.傍楽(はたらく)ではなく、俺楽の人。

8.人に利益よりも損害を与える人。

9.うまい話にすぐ乗る人。

10.運の悪いことが多い人。

などである。


松下幸之助さんは、社長のときに、「自分は運が悪いと思っている人は採用しない方がよい。そういう人が増えると、会社自体も運に見放されてしまう」と言って、採用面接のとき、「あなたは、自分が運の強い人間だと思いますか?」と質問をした。

「はい、私は運が強いです」と答えたら、具体的に人物を確かめてから採用したのである。

社員に福の神が多くなれば、会社は伸びていく。

逆に貧乏神が多くなれば会社はサビれて倒産することになってしまう。


天龍寺管長でおられた関牧翁(せきぼくおう)さんは、

「自分は幸福だと思っている人が幸福なのです。

幸福を感じていない人は、どんな立派なことを言っても信じられません。

自分が不幸で他人を幸せにすることはありません。

むしろ、人を不幸にしてしまいます」

ということを言っている。


幸せや幸福は物質の多少ではなく、心の問題である。

同じ境遇にあっても、「同床異夢」のようになる。

一人は幸せだと思っても、もう一人は不幸だと思っているかもしれない。

できれば、私たちは現状を幸せと思うようにしたい。

現状が自分なりに努力してきた結果なのだから。

それを他人と比べて不幸だと思うことはナンセンスである。

人と会って話をするとき、幸せそうに笑顔で明るい話をすれば、きっと幸せな心になるだろう。


眼からウロコを落とす本 (PHP文庫)





運とか幸福は、量的に絶対的な基準があるわけではなく、その人の感じ方や考え方で決まる。

病気や災難に出会ったとしても、その中に幸運を感じ、幸せに感謝する人もいる。

反対に何不自由なく生活できているのに、毎日、不運や不幸をなげいている人もいる。


もし、幸運の神様がいたとして、その神様が好きなタイプはどういう人なのかを考えてみるといい。

「他人の気持ちを冷やす人」、「他人の気分を害する人」、「嫌な気持ちにさせる人」、などを好きなわけがない。


幸運の神様が好きなタイプは…

「感謝多き人」「いつも楽しそうな人」「嬉しそうな人」「ニコニコ笑っている人」「機嫌がいい人」「自分は運がいいと言っている人」「幸せだと言っている人」。


自分が不幸だと思っている人は、他人を幸せにすることはできない。

自分の幸せや、運のよさに気づける人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます
小林正観さんの心に響く言葉より…


投げかけたものが返ってきます。

投げかけないものは返らないのです。


楽しい話に囲まれたい、楽しい人に囲まれたいと思いながら、自分が不機嫌でいたのでは、それはかないません。

楽しい日々を送りたいのであれば、自分から発するものが常に楽しいものであるほうがいいのです。

楽しい話を発振すれば発振するほど、自分のところに返ってきます。


投げかけを続けると、約3年ほどで自分の周りが変わるように思います。

3年間同じことを続けていくと、3年後にはその投げかけたものの集積に囲まれるようになります。


不機嫌を3年間続けていれば、3年後は不機嫌な人に囲まれます。

楽しい話を3年続けていれば、3年後は楽しい話に囲まれることになります。

イヤな話を3年間続けていれば、3年後はイヤな話ばかりに囲まれることになります。


こんな面白いデータがあります。

子どもにこんな質問をしてみました。

「母親が悲しそうだったら、あなたも悲しくなりますか?」

聞かれた子どもの9割以上が、悲しくなると答えました。

母親が楽しそうだったらあなたも楽しいですか、と聞かれた子どもの9割以上が、私も楽しくなると答えました。


つまり、母親が毎日楽しそうで幸せそうならば、子どももいつも楽しく幸せそうに暮らしていくということです。

いつもニコニコしている母親であれば、子どももいつもニコニコしている。

いつもイライラしている母親ならば、子どももいつもイライラしている。


母親の生き方や考え方が、子どもに投映されます。

子どもをしっかり教育するんだ、しつけをするんだ、ちゃんと子育てをするんだと意気込んで、毎日子どものあら探しをして怒って、悪いところを指摘して説教ばかりしていると、その不機嫌な親とまったく同じように、不機嫌な子どもが育ちます。

母親が教育に熱心であればあるほど、しつけに厳しいほど、子どもは笑顔を失います。

笑顔のない母親には、笑顔のない子どもが育つのです。


逆に教育やしつけにあまり熱心でなくても、いつもニコニコして楽しそうに生きている母親がいるとしましょう。

そうするとその子どもは、母親と同じように、いつもニコニコと楽しそうに生きることになります。


母親が、来る日も来る日も政治の批判、経済の批判、いろんなものを批判して、気に入らないと言い続けたとしましょう。

子どもも同じように、来る日も来る日も、文句を言い続ける子どもになります。

そのように親に見本を見せつけられたからです。


反対に、母親が来る日も来る日も「うたし焼き」の話に終始していたとしましょう。

(う)嬉しい話、(た)楽しい話、(し)幸せな話、(や)役に立つ話、(き)興味深い話を、子どもの目の輝きを見ながら、楽しそうに、嬉しそうに話をしている母親。

そいうことを繰り返していったら、子どももそいう話が好きになります。

子どももそういう話だけをするようになります。


「うたし焼き」の話をずっと繰り返していると、友人が増えていきます。

そういう楽しい話を聞きたがる人は、世の中に多いのです。


豊かな心で豊かな暮らし (廣済堂文庫)




親や先生、先輩、上司、商店主、経営者というようなお手本とならなければならない人が、楽しそうに生き生きとして生きていなければ、子どもや生徒、部下たちは、親や先生や先輩たちのようになりたいとか、あとを継ぎたいとは思わない。

子どもや生徒、部下たちに、「つまらない」「不機嫌」「イヤでしかたない」という波動を発振してきたからだ。


世の中のことはすべて、こちらが投げかけたものが返ってくる。

つまり、現在自分に起こっていることは、いいことであれ、悪いことであり、自分がかつて投げかけたものが返ってきているだけ。


「投げかけたものが返ってくる」

いつも、「うたし焼き」の話をして、まわりを喜ばせる人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます
伊那食品工業、塚越寛氏の心に響く言葉より…


私は経営者として、自分を律するための心得を十カ条にまとめてあります。

これらを原点とし、仕事をするうえで足元が揺るがないようにしているのです。

これを参考に、皆さんなりの原点回帰の合言葉や心得をまとめてみてはいかがでしょうか。


《二十一世紀のあるべき経営者の心得》


一. 専門のほかに幅広く一般知識をもち、業界の情報は世界的視野で集めること。

二. 変化し得る者だけが生き残れるという自然界の法則は、企業経営にも通じることを知り、すべてにバランスをとりながら常に変革すること。

三. 永続することこそ企業の価値である。急成長をいましめ、研究開発に基づく種まきを常に行うこと。

四. 人間社会における企業の真の目的は、雇用機会を創ることにより、快適で豊かな社会をつくることであり、成長も利益もそのための手段であることを知ること。

五. 社員の士気を高めるため、社員の「幸」を常に考え、末広がりの人生を構築できるように、会社もまた、常に末広がりの成長をするように努めること。

六. 売る立場、買う立場はビジネス社会において常に対等であるべきことを知り、仕入先を大切にし、継続的な取引に心がけること。

七. ファンづくりこそ企業経営の基であり、敵をつくらないように留意すること。

八. 専門的知識は部下より劣ることはあっても、仕事に対する情熱は誰にも負けぬこと。

九. 文明は後戻りしない。文明の利器は他社より早くフルに活用すること。

十. 豊かで、快適で、幸せな社会をつくるため、トレンドに迷うことなく、いいまちづくりに参加し、郷土愛をもちつづけること。


私は中小企業の経営者ですから、できるだけオールマイティである必要があり、これだけ幅広い内容の心得を作成するにいたりました。

最初にまとめたのは1970年代で、それから何回か改訂してこの形に落ち着いています。


会社員の方の場合は、ここまで項目を増やす必要はないでしょう。

もっとシンプルで覚えやすいほうが、常に思い出しやすくなります。

時代を超えて通用する自分の生き方、働き方の原点を、自分で見つけることが肝心です。


幸せになる生き方、働き方』PHP




イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンの有名な言葉がある。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である』


企業経営にとっての競争相手は、同業他社ではなく、「時代の変化」。

経営者自らが変化できなければ、企業も生き残ることはできない。


企業の価値は、永続することにある。

なぜなら、「本物は続く、続けると本物になる」(東井義雄)、だからだ。

そのために必要なのは、将来のための「研究」という種まき。


「成功の法則は、会う人すべてを自分の味方にしてしまうこと」(斎藤一人)

商売の鉄則は、敵をつくらず、味方というファンをどんどん増やしていくこと。

ケンカをすれば波動は悪くなり、お客様は減るばかりだ。


文明は一瞬たりとも、後戻りはしない。

だからこそ、どんな業界にあっても、この現代は、ITやIOT、AIなどの情報は積極的に集め、使いこなしていくことが必要。


「二十一世紀のあるべき経営者の心得」を大事にしたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます

私腹をこやす人

テーマ:
下村澄氏の心に響く言葉より…


安岡正篤先生という人は自分の金銭については無頓着だったが、金銭について無原則だったかというと、決してそうではない。

きちっとした金銭哲学をもっていて、折に触れて金に対し、とるべき態度を説かれていた。

たとえば、こんなふうである。

「明治維新の人物たちはその不羈(ふき)奔放(ほんぼう)さから贅沢(ぜいたく)はしたが、金を蓄えることはしなかった。

没してみればいずれも清貧だったといわれる。

しかし本人自身貧乏だと思っていたわけではない。

金というものは蓄えるものではなく、使うものだと思っていたにすぎない」


明治維新の人物たち…坂本竜馬にしろ高杉晋作にしろ、金があると確かに贅沢をしている。

ことに高杉晋作がそうだった。

ただし、彼は私腹をこやすためには一文も使っていないことを、誰もが知っていた。

事実、彼は高杉家の家計を豊かにするためにはさっぱり貢献していない。

そして誰もが、彼は国を救うという高い志のために東奔西走していることをよく知っていたからである。


高い志…明治維新の人物たちを何よりも豊かにしていたのは、これである。

だから、自分が金銭的に貧しいとは思わなかった。

というより、金銭的に豊かか貧しいかなどは意識になかったのである。


明治政府の大物となった人物たちも、さしたる蓄財はしていない。

まあ、政府の高官となったのだからそれなりの収入はあり、私生活も豊かになっている。

その一端をうかがわせるのは目白の椿山荘である。

広大な敷地につくられた庭園は山形有朋の屋敷跡なのである。

だが、内情はそれほど豊かだったわけではない。

その証拠に椿山荘は山形有朋の死後しばらくして人手に渡っている。


一般庶民から見ればそれなりの財を残したとはいえ、いま開発途上国の権力者に見られるような蓄財ぶりからはほど遠い。

清貧は明治維新の人物たちの特徴といえる。

そして、それがまた彼らの人間的魅力の重要な部分になっている。


安岡先生の贅沢はタカが知れている。

さしずめ酒を飲むことだけが贅沢で、ほかは眼中になかったといっていい。

悠然と杯を口に運び、それだけで満ち足りる。

そういう安岡先生は誰より豊かに見えた。

高い学識と深い思想が安岡先生を何よりも豊かにしていたのである。


安岡正篤先生の金に対する考え方の基本は、金は使うためにある、というところにあった。

まさにそのとおりである。

金はいくら蓄えたからといって、それだけではなんの価値も持たない。

使われてこそ、初めて価値を発揮するのである。


金を使うなら、その価値を充分に発揮できるような使い方をしなければいけない。

金の価値を充分に発揮させる使い方とは、金を使うことによってその人の魅力が増すような使い方である。



安岡正篤先生はこう喝破されていた。

「金と人というものを運命学的に見れば、金を蓄えるべき人間と、蓄えてはいけない人間とがある。

政治家や事業家は後者に属する。

政治家や事業家が金を蓄えるようになったら、それは彼ら自身の堕落であり、飛躍的業績などは望み得べくもない」


そういえば、バブル経済がはじけて以後、金にからんで社会的な立場を失う政治家や実業家が続出している。

その中には実に人間的魅力に溢れ、失脚させるのは惜しい人物もいる。

だが、金がからんでいるだけに取り返しがつかない。

どんなに実績があり、また人間的魅力に溢れていようとも、金にからんでの齟齬はそれらを一挙に台無しにしてしまう。

金とはそういう力があるものなのだ。

これらの金がらみの齟齬の実態を解きほぐしてみると、そもそもは金を蓄えようとしたことにきっかけがある、とわかる。


人間の品格―安岡正篤先生に学ぶ』PHP




金を蓄えてはいけない、ということではない。

私腹を肥やしてはいけない、ということだ。


サラリーマンや経営者が、自分の給料の中から天引きでお金を貯める、ということが悪いわけがない。

老後や病気や不慮の災害にあったときのための正当な蓄えは誰にとっても必要だ。


私腹を肥やすとは、公の地位や立場を利用して、自分の欲のために財産をふやす、ということ。

公私混同という、公のことに自分の我欲や私情を持ち込むことこそ品性に欠けることはない。


公平で、私的な感情や利益を交えないことを「公平無私」の態度という。

公平無私の気持ちで日々過ごしたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます
斎藤一人さんの心に響く言葉より…


なぜかお金が入ってきにくいとか、お金に縁がうすい人がいます。

そういう人の特徴は「お金を受け取る準備ができていない」ことが多いの。

そう言うと「そんなことはない。私はお金が大好きだし、いつでもお金を受け取る準備はできてる」って言われるんだけど、そういう人に限ってお金に対するいろんな偏見を持っているものです。


「お金は限られたパイを奪い合わないと手に入らない」っていうのもそうだし、まるで時代劇に出てくるような“越後屋(えちごや)”のイメージで「お金持ちは何か悪いことをして稼いでいるに違いない」っていうのもあります。

さらに、“楽をしてお金を得た人”に対して「ずるい」とか、妬(ねた)んだりするのもよくありません。


たとえば、親に家や車を買ってもらった人や、遺産を相続してお金持ちになった人のことを羨(うらや)んだり、妬んだりしていると「楽してモノやお金をもらうことは悪いことだ」と天に向かって言っているのと同じです。

その結果、自分には「楽してお金が入ってくる」という幸運は起きませんし、それがお金に対する偏見にもつながって、お金を受け取れなくさせてしまいます。


では、どうすれば、こうした“お金に対する偏見”をなくして、自分自身もお金を受け取れる準備ができるのか?

それは、こう言えばいいんです。

「良かったね」

知り合いで昇進した人や、臨時収入があった人に対して「良かったね」って言ってると、自分にも同じような幸運が訪れます。


他人の幸運に対して心から「良かったね」と言い、さらに他人の幸せを願うようになると、「私も同じ幸運を受け取る準備ができていますよ」と天に向かって言っているのと同じことになるのです。

人の幸運を羨んだり妬んだりしていると、心が貧しくなります。

すると、貧しい波動が出て、貧しくなる出来事を引き寄せてしまうでしょう。


反対に、人の幸運を願っていると心が豊かになります。

豊かな心は豊な波動を出し、同じ豊かな現象を引き寄せるの。

だから、お金を受け取るためには「お金に対する偏見」をなくし、他人の幸せを願う。

豊かになるためにはまず、自分の心を豊かにすることが大切なんだよ。


お金の真理』サンマーク出版




嫉妬(しっと)とは、自分よりすぐれた人や、自分が持っていないものや、よく見えるものを持っている人に対してひがんだり、妬(ねた)んだりする心理のことを言う。

お金だけでなく、出世、学歴、容姿、パートナー、肩書、車、成功…。

しかし、それらに嫉妬した途端(とたん)、それらは自分から遠ざかる。

なぜなら、悪い波動を出しているからだ。


悪口や非難、グチ、泣き言、不平不満、嫉妬といった悪い波動は、悪い波動を引き寄せる。

しかし、反対に、人の成功を、心から賞賛したり、共に喜んだりできる人は、賞賛や喜びを自分に引き寄せる。

良い波動を出しているからだ。


感謝多き人は、感謝せざるを得ないようなことがどんどんやってくる。

嫉妬多き人は、嫉妬せざるを得ないようなことがどんどんやってくる。


お金を受け取る準備ができている人…

他人の成功や幸せを喜べる心豊かな人でありたい。



人の心に灯をともす】のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

【人の心に灯をともす】メルマガ詳細・登録はこちら
http://merumo.ne.jp/00564226.html

Twitterで、朝だけつぶやいてます