明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より… 

 

 

 

ピカソも絵を描くのが早かったと言われています。

 

すべては練習作品というかプロセスだというのがピカソの考え方で、「完成にこだわらない」のがピカソの絵の特徴です。

 

ですからどんどん描き飛ばしていきます。

 

描く量が半端ではありません。 

 

 

その感覚も素晴らしくて、フォーヴィズム(20世紀初頭の絵画運動、目に映る色彩ではなく、心が感じる色彩を表現した)、に出会うと、すぐ取り入れてしまう。 

 

キュビズム(モチーフを幾何学的に変化させ、抽象的へと変化させた手法)の萌芽があると、ブラックと組んで、作品をどんどんつくっていきます。

 

ピカソの作品なのか、ブラックの作品なのか、わからない時期があるほどです。

 

 

その時期をくぐり抜けて、すぐまた新しいものを取り入れていきます。 

 

「ブラックの作品といえば、あれだ」と言えますが、ピカソの作品は「どの時期?」と限定しなければなりません。

 

青の時代なのか、キュビズムなのかによって、まったく画風が異なります。 

 

 

ピカソの吸収力はすさまじいものがあったらしく、注目される画家があらわれると、その人の絵の前で何時間も立ちつくしてすべてを吸収しつくしてしまうのだそうです。

 

その画家の本質をつかまえて、未来まで先取りして、当人よりうまく技法を取り入れてアレンジしてしまいます。

 

 

ピカソは過程を大事にしていて、完成にこだわらないので、インパクトを受けたタイミングを逃さずに描ける点に特徴があります。

 

スペイン戦争が起きた時も、ゲルニカという都市が爆撃された衝撃をそのままキャンバスに描いています。

 

「完成させる」というさもしい考えに立つのではなく、「今この時」を大事にするという考え方に立ったからこそ、あの衝撃的な「ゲルニカ」という作品が生まれたのです。

 

 

それは細部にこだわるというよりは、本質をはずさないということです。

 

「戦争の本質とは何か」をとらえて表現したから、世界中の人たちの印象に残ったのです。

 

『ゲルニカ』はふつうの描きこんだ絵画に比べれば、余白も多いし、漫画っぽく見えます。

 

しかし、あれは戦争の本質である悲惨さを訴えかけてきます。

 

 

《ピカソは完成させることにこだわらなかった》

 

 

運の教科書: 「うまくいく人」はこう考える (単行本)』筑摩書房

運の教科書: 「うまくいく人」はこう考える (単行本)

 

 

 

 

 

 

ピカソは生涯で1万3500点の絵画作品、10万点の版画作品、3万4000点の本の挿絵、300点の彫刻と陶器作品で、計14万7800点もの作品をつくったとされている。

 

8歳頃から絵を描き始め、92歳で亡くなった。

 

8歳から亡くなるまでの88年間を平均すると1年で1760点、1日に5点描いていることになる。

 

一生の平均なので、最盛期には倍近く描いていたはずだ。

 

そして、生きているうちに最も成功して稼いだ画家と言われている。

 

 

「量は質を凌駕(りょうが)する」という言葉がある。

 

量をこなすには、「完成にはこだわらない」という完璧主義を脱することだ。

 

すべては「練習」であり「プロセス」という「軽さ」が必要だ。

 

そうでなければ、多くのチャレンジはできないからだ。

 

失敗を恐れない姿勢が成功をもたらす。

 

 

「本質をはずさない」という姿勢は、松尾芭蕉のいう「不易流行(ふえきりゅうこう)」とも同じだ。

 

時代の流れに応じて臨機応変に変えていく「流行」。

 

しかし、決して変えてはいけない「不易」という本質。

 

 

また、日本の古い寺社仏閣では、建物は完成と同時に崩壊が始まる、という考え方がある。

 

だから、一部をわざと未完成にしておく。

 

 

ピカソは完成させることにこだわらなかった」という言葉を胸に刻みたい。

 

 

 

運の教科書: 「うまくいく人」はこう考える (単行本)

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…

 

 

 

九十年の生涯を修養に生きた常岡一郎氏の言葉がある。 

 

「勤勉、努力、誠実の積み重ねは明るい心を生む。わがまま、勝手、怠け、不実、その積み重ねが暗い心、冷たい心、ずるい心、苛立つ心になる」 

 

修養は明るい心をつくる努力、とも言えよう。 

 

 

人の上に立つ人の心得を説いた古典の名著『大学』は「修己治人(しゅうこちじん)」と教える。

 

己を修めて初めて人を治めることができる、ということである。

 

「治める」は支配することだけではない。

 

「治」には助ける、育てるという意味がある。

 

人は己を修めた分だけ人を助け、育てることができる、と『大学』は教えているのだ。

 

 

修養のないところに人生の繁栄、発展はない。

 

後世に伝承すべき人生の大事である。 

 

 

安岡正篤師が若かりし頃の豊田良平氏(コスモ証券元副社長)に語った言葉が思い出される。 

 

「賢(けん)は賢なりに、愚(ぐ)は愚なりに、一つのことを何十年も継続していけば必ずものになるものだ。

 

君、別に偉い人になる必要はないではないか。

 

社会のどこにあっても、その立場立場においてなくてはならぬ人になる。

 

その仕事を通して世のため人のために貢献する。そういう生き方を考えなければならない」

 

 

その立場立場においてなくてはならぬ人になる・・・安岡師がすべての人に託した願いである。

 

 

小さな幸福論』致知出版社

小さな幸福論

 

 

 

 

 

百歳を超えた松原泰道(たいどう)氏はこう語ったという。

 

「佐藤一斎(いっさい)が『言志晩録(げんしばんろく)』の中で、たとえ視力や聴力が落ちても、見える限り、聴こえる限り、学を廃すべからず、と言っている。私も老いてきましたが、この言葉を糧として死ぬ間際まで読むこと、書くこと、話すことは続けていきたい」

 

同様に、百歳を超えた伊與田覺(いよださとる)氏の言葉。

 

「東洋の老いは人間完成に向けた成熟期なのです。年を取るほど立派になり、息をひきとる時にもっとも完熟した人格を備える。そういう人生でありたい」

 

 

まさに、この言葉、姿勢が、明るい心を生む。

 

そして、「一燈照隅(いっとうしょうぐう)」の生き方でもある。

 

最初は一隅を照らすような小さな燈(ともしび)だとしても、それが百人、千人、万人と集まれば、最後は、国の隅々まで照らすことができる。

 

そのためには、「社会のどこにあっても、その立場立場においてなくてはならぬ人になる」ということ。

 

 

賢は賢なりに、愚は愚なりに…

 

一生、修養を続ける人でありたい。

 

 

 

小さな幸福論

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

 

 

◆《世界一幸福な国に行くことよりも 今、この場で幸せになることを 考えようよ》 

 

世界幸福度ランキングで、日本は5位だそう(2022年)。 1位になったフィンランドは5年連続だそうだ。 

 

では、日本人がフィンランドに移住したら幸せになれるかと言えばそうでもない。 

 

幸せって十人十色だからね。 

 

もちろん行きたい国に行って住んでもいいんだよ。 

 

ただ、まずは日本で、今いる場所で幸せになることを見つけようよ。 

 

そういう人はどこへ行っても幸せになれるよ。

 

 

 

◆《イヤな相手に復讐するのは あなたの仕事ではありません》 

 

イヤな相手にひどいことをされても、復讐なんかしちゃダメです。 

 

「復讐するのは神の仕事」と言って、その報いは神様がちゃんとやってくれることだから、あなたが勝手にその人に報いを与えてはいけません。 

 

同じようにイヤなことをすれば、あなたの運勢まで悪くなっちゃうからね。 

 

あなたを大切にしないイヤな人からは離れて、自分を大切にすることですよ。

 

 

 

◆《ちょっとしたギャップって その人の魅力になる》 

 

一人さんは実業家として成功し、納税日本一にもなった。

 

だけど、真面目でも立派でもない。 

 

さらにお金も女性も、旅も好きで、神様がつけてくれた欲は大事にしている(笑)。 

 

このギャップがいいって言ってくれる人がたくさんいるんだよ。 

 

意外な部分って、人の魅力になるからね。 

 

魅力を高めたいなら、いろんな顔を持ち合わせることだよ。

 

 

 

斎藤一人 新・一日一語 三六六のメッセージ』ぴあ

斎藤一人 新・一日一語 三六六のメッセージ

 

 

 

 

 

 

◎《世界一幸福な国に行くことよりも 今、この場で幸せになることを 考えようよ》

 

我々はつい、ほかのどこかに幸せがあると思ってしまう。

 

「今、ここ」に幸せを見つけることができない人は、どこに行っても難しい。

 

 

◎《イヤな相手に復讐するのは あなたの仕事ではありません》 

 

復讐しようとすると、顔が悪くなる。

 

意地悪で、卑怯(ひきょう)で、腹黒くて、陰険で、邪悪な顔となる。

 

 

◎《ちょっとしたギャップって その人の魅力になる》

 

意外や意外、「この人にこんな趣味があるのか」「こんなことを続けていたんだ」と、自分の世界を持っている人は実に魅力的だ。

 

普段と違う顔、知らない世界があると、人間的な深さができる。

 

 

 

斎藤一人 新・一日一語 三六六のメッセージ

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

茶谷公之(ちゃたにまさゆき)氏の心に響く言葉より…

 

 

 

「つくれる」人になるにはどのようにすればよいのか。

 

仕事の心構えとしては大きく3つあります。 

 

1.「おもしろいことをやる」 2.「変わった人に学ぶ」 3.「自分なりにまっすぐ歩む」です。 

 

 

まず、1.「おもしろいことをやる」について説明します。 

 

私はこれまで、キャリアパスを描いたことはなく、キャリアのゴールは今も昔もありません。

 

ただただ「おもしろい」仕事を追い求めていけば、結果的にキャリアになっていきます。 

 

 

海外放送を聞く短波ラジオがソニー製だったことで中高生の頃から「ソニーに入りたい」とは願っていましたが、特に何かをしたいとは思っていませんでしたし、プレイステーションに携わったのもコンピュータグラフィックスを勉強していたことを知った社内の友人に誘われたからです。

 

その後に勤めた、楽天なども私自身が希望したというよりは声をかけられておもしろそうだなと乗ったというのが本当のところです。

 

私の場合、キャリア形成のために仕事を選んだことはなく、自分の専門性や経験を誰かが評価してくれて次の仕事をいただくことの繰り返しの人生です。 

 

それは企業内でもそうですし、他企業からいただいたお誘いもそうです。

 

 

そして、幸運にもいつもおもしろい仕事をさせていただいています。 

 

ですから、キャリアは自分でつくるものではなく、おもしろい仕事を追い求めた結果として、私の歩いた後にただ残るものという感覚です。 

 

 

私が最強だと思うのは、「夢中な人」です。

 

こういうタイプには努力を重ねたところで 追いつけません。 

 

仕事が好きで好きでしょうがない人は24時間、仕事について考えていますからオンもオフもありません。

 

その人たちに勝とうと思ったら、嫌々取り組むのではなく、その人たち 以上に夢中になるしかありません。 

 

ですから、「おもしろいことをやる」しかないわけです。 

 

 

もしかしたら、会社の業務を好きになれない人もいるでしょう。

 

そういう場合は、自分の仕事を夢中になるように変えるしかありません。

 

仕事を定義し直しましょう。

 

 

 

創造する人の時代』日経BP

創造する人の時代

 

 

 

 

 

 

茶谷氏は 2.「変わった人」と3.「まっすぐ歩む」についてこう語っている。

 

 

2.「変わった人」

 

おもしろい仕事を追い求める人たちのなかには個性的で世間の基準から見たら「変な人」も多く、私がこれまで勤めた会社でも多くの変人や奇人を見てきました。

 

彼らは、自分が情熱を注ぎこみ創造した技術や商品を心から愛し、世界に新たな価値をもたらすものであると自信を持っていました。

 

創業期のソニーが「『出るクイ』を求む!」という採用広告を出したのは有名な話ですが、常識を常識とせず、「突破」していくイノベーターを求めてきたことを物語っています。

 

なぜ変な人が新たな価値あるものを世の中に創出できるのかというと、それは彼らが普通の人とはまったく違う観点から物事を見ているからです。

 

変な人は常に5年、10年先を見通すことに注力します。

 

価値あるものは、短期間だけを見ていてもできないからです。

 

 

3.「まっすぐ歩む」

 

「変な人」は、見通した先の「ストーリー」を組み上げて、「ストーリー」が実現されるようにまっすぐに行動します。

 

結果として、1年ごとの目標設定を基本とする成果主義的な箱からはハミ出してしまいますが、将来の糧を創出する可能性を秘めています。

 

短期ばかりを見つめてしまい、縮小均衡になった産業や企業に本当に必要なのは、言われたことをやる能力ではなく、言われなくても企画し実行できる能力です。

 

今後ますますスペシャリストが求められる時代になることを考慮すると、企業で働く人は複数の分野で多くの経験を積み上げることが重要になるはずです。

 

転職を経験すれば、会社ごとに大きな違いがあり、学びがあります。

 

転職は年齢を重ねれば重ねるほど勇気がいりますが、自分なりにまっすぐ歩んでいくことも非常にエキサイティングなことだと思います。

 

 

 

仕事の3つの心構えの中で特に大事なのが「おもしろいことをやる」こと。

 

仕事を「おもしろがる」ということでもある。

 

仕事の中に「おもしろさ」を見つけ、それを「おもしろがる」。

 

それは仕事を「楽しむ」ということ。

 

 

それはまさに、「面白きこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の句のごとくだ。

 

人生や仕事をおもしろがれる人は最強だ。

 

 

おもしろいことを、夢中でやれる人でありたい。

 

 

 

創造する人の時代

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117

 

【今、目の前にいる人を大切に】

 

 

 

小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

《運命を良くしたいなら、人を大事にすればいいだけ》(小林正観) 

 

 

 

自分とは、そもそもなにでできているのでしょうか? 

 

身体は食べ物から得た栄養で作られています。 

 

そして、心は他者との出会いによってできています。 

 

 

たとえば、生まれてから死ぬまで無人島にいて、誰からも言葉を教わることなく、読める本も、話し合える友だちもいなければ、心が育つことはできません。 

 

どんな国に生まれ、どんな教育を受け、どんな影響を受け、なにを学んだかによって、 あなたの心の育ち方は変わります。 

 

自分の運命を考えた時、出会いが「自分」を作っていることがわかります。 

 

誰と出会うか、どんな価値観と出会うかで、人は育っていきます。 

 

 

つまり、運命を良くしたいのならば、ご縁を良くすることです。 

 

ご縁を良くするとは、人を大事にすることです。 

 

人を大事にする人は、人に大事にされる人です。 

 

人に大事にされる人は、良き運命を歩める人です。 

 

 

世の中には、「運命を呪う」とか「運命にもてあそばれる」などという言葉もありますが、運命を呪う人は、人を呪う人です。 

 

運命に愛される人は、人を愛する人。 

 

どんな出会いをするかは、自分で選択できます。 

 

出会った人と、どのように向き合うかで改善もできるのです。 

 

 

運命を良くしたいのであれば簡単です。 

 

今までに出会った人を大事にし、そしてこれから出会う人を大切にすればいいのです。(解説・斎灯サトル)

 

 

正観さんのしあわせ絵言葉』廣済堂出版

正観さんのしあわせ絵言葉

 

 

 

 

 

 

秋元康氏は「運」についてこう語っている。

 

 

『どんなビジネスも、結局は人が運んできて、人との出会いのなかで生まれてくるのである。

 

その人との出合いは、けっして自分ではコントロールできないし、予測できるものでもない。

 

まして、みずから演出できるものでもない。

 

出会いがいつ起こるかは、「運」に握られている。』(企画脳 /PHP文庫)

 

 

誰が自分に幸運をもたらせてくれるかは分からない。

 

だから、どんな小さなご縁もないがしろにはできない。

 

あるいは、ひどい仕打ちをした人が、実は後から考えるとすごいビッグチャンスをもたらせてくれた、ということもある。

 

 

「人生で最も大事なのは、今、目の前にいる人」という小林正観さんの言葉がある。

 

縁は絶妙のタイミングでやってくる。

 

ただ、その縁に気づくかどうかだ。

 

小さな縁だと思って、ないがしろにしていないか、だ。

 

 

今、目の前にいる人を大切にする人でありたい。

 

 

 

正観さんのしあわせ絵言葉

 

■メルマガの登録と解除はこちらから

http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪

http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら

http://ameblo.jp/hiroo117/

 

■Twitterはこちらから

https://twitter.com/hiroo117