大阪大学大学院教授、石黒浩氏の心に響く言葉より…

 

 

人はなぜ働かなければならないのでしょう。

 

もし、もっと高度な技術が実現して、労働をAIやロボットに任せることができれば、人は働かなくてもいいと僕は思います。

 

その分「自分とは何か」「人間とは何か」「なぜ生きているのか」といった基本問題について議論ができるようになる。

 

 

それが、本当の人間としての生き方だと思います。

 

そうすると、さらに踏み込んで「それぞれの人間の価値とは?」とか、「障害者の意味とは何か」といった人間の定義を考える人が増え、全員が役割を果たせる社会に近づきます。

 

 

あと50年で日本の人口は今の7割くらいになりますから、仕事も約7割でよくなるのではないでしょうか。

 

「仕事の能力が高い=優秀」「仕事の能力が低い=ダメ」という構図も、早晩崩れることでしょう。

 

 

その中で障害者の役割はますます重要になります。

 

新しい技術を生みだすきっかけになるからです。

 

たとえば、眼鏡は視力が低い人のために生みだされたように、障害のある人の悩みを解決しようという営みが、イノベーションを生み出すケースはとても多いのです。

 

これからは社会において、「フロンティア(最先端)を示唆(しさ)、提供してくれる貴重な存在」と考えられる傾向が強まるでしょう。

 

 

また、家庭用エレベーターが障害者施設から設置されていったように、障害者は新しい技術を受け入れる優先順位が高い、ある意味で特権を持ったグループだと言えます。

 

たとえば、もしチップを頭に埋め込む技術が、危険性なく実用化したとして、最初に体験できるのは、脳に障害がある人でしょう。

 

彼らは最先端の技術をいち早く取り入れる優先権を持っていると言ってもいい。

 

 

人間のロボット化、アンドロイド化は障害者を先頭に進むことになるのは間違いありません(もちろん、人体への安全性が実証されてからの話です)。

 

すると、通常の人間を超える人が出てきます。

 

そんな未来を予感させてくれるのがパラリンピックです。

 

 

実際、科学技術の進化によってパラリンピックの選手がオリンピックにも出場するようになりました。

 

ひと昔前だと考えられないことでしたが、彼らの記録がオリンピック選手を超えるのも、もはや時間の問題です。

 

実はこれまでも障害者が未来を築いてきたのですが、今後は技術革新が加速度的に早まっていくのに合わせて、その傾向はますます強くなるでしょう。

 

 

枠を壊して自分を生きる。: 自分の頭で考えて動くためのヒント (単行本)』三笠書房

 

 

 

 

 

『現代の人間について考えると、ほぼすべてが技術と言ってもいい。

 

実は今、生身の体だけで行っていること、完全な自然状態はほとんどないのです。

 

たとえば、誰もが服を着るし、靴を履かなければアスファルトの道路は歩けないし、目が悪い人は眼鏡やコンタクトを使い、スマートフォンを見ながら車やバスや電車に乗って会社や学校に行きます。

 

その建物も人工物です。

 

都会だけではありません。

 

川は護岸されていて、海は海水浴場に人が集まり、山は登山道が整備されています。

 

あるいは僕たちが飲んでいるもの、食べているものも、ほとんどすべてが人工物です。

 

家の中でも僕たちは家事労働を助ける家電製品やテレビやコンピュータなどの情報家電とともに暮らしていて、おそらく9割以上は技術に頼って生活しています。

 

そして歴史的な観点からでも、僕たちはこれからも人間として「機械との融合を図る」という道へ進んでいくことは間違いありません。

 

これからの人間はどこに行くのか。

 

さらに技術の部分が拡大し、相対的に動物的な部分が小さくなる…』

 

 

石黒氏は200年後の社会は、「人生の9割が学びの期間になり、1割が労働」という時代になるという。

 

コンピュータが高度化し、仕事や様々な局面において、ますます高度化した機械を使いこなすスキルが要求され、学ばなければ役に立たなくなるからだ。

 

そして、能力の高い人は他の人より早く教育を修了できるので、仕事で貢献できる期間が長くなり、社会を変革し、進化させることができる。

 

 

新しい時代はこれまでの価値観が真逆になるようなことが多く起こるようになる。

 

AIやロボットの進化により多くのことが劇的に変化しているからだ。

 

 

「リープフロッグ」(カエル跳び)という言葉がある。

 

新興国では固定電話の回線が未発達だったが、それが功を奏し一気にスマホの時代が到来した。

 

片や、日本のように固定電話の回線が日本中に張り巡らされている国では、そのインフラを使わなければならないため、一気にスマホの時代には突入しないといった矛盾が起きた。

 

中国では偽札が横行し現金の信頼性が低いので、一気に電子マネーの時代となった。

 

しかし、日本では現金の信頼性は高く、しかも日本全国にあるコンビニで簡単に現金を下ろせるので、電子マネーへの転換が遅れてしまった。

 

ウーバーやエアビーアンドビーなどの新しいサービスが日本で発展しないといった、現象もまさに同じだ。

 

日本でタクシーに乗ってぼられることはなく、宿泊料金もそこそこ安いからだ。

 

この失われた20年に他の国とITやAIで差がついたのもまさに、この現象が大きく影響を与えている。

 

大きな不満がないところからは革新的な技術は生まれない。

 

 

自らの学びを多くし、時代の変化を乗り越えたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twi

美輪明宏氏の心に響く言葉より…

 

 

もう古い話ですが、ある人気タレントが結婚したとき、テレビも雑誌も、まるでお祭りみたいに騒ぎたてていました。

 

私は、なぜ、若い女の子たちがあの人を目標にしていたのかがわかりません。

 

大人の女とはほど遠い、舌ったらずな喋(しゃべ)り方で「娘のほうが大人で私のほうが子供だ」なんて臆面もなく言って、喜んでいる幼稚さ。

 

歌にしたって、あれは30半ばをすぎたおばさんの歌う内容ではないでしょう。

 

恋だ恋だと、鼻をならして叫んでいるだけで、少しも心に響いてきません。

 

 

30過ぎた人間には、30過ぎた人間の歌うべき歌い方、表現方法というものがあるのです。

 

はたちの成人式も過ぎたおばさんタレントや30過ぎのおばさんタレントが、“ワタチ、カワユイデチョ?”と媚(こび)の押し売りをしているのは、ほとんど凶悪犯罪だと思います。

 

中には、50歳を過ぎたヒーおばあさんが、何十年も昔「可愛かった」と言われた言葉にしがみついていまだに“婆ちゃん嬢ちゃん”よろしく可愛ぶってみせているのは、真に悲惨この上ない見世物で、そぞろ人の世の哀れを覚えます。

 

 

今の日本人は小粒で、子供のまんま、未成熟のまんま、ストップしてしまう。

 

ファッションも恋愛も生き方も、すべて中途半端。

 

それに今の人は、知識がなさすぎます。

 

過去の様々な種類の歴史に残る人物たちのことをよく調べてごらんなさい。

 

もっと激しくすさまじい女たちが過去にたくさんいたことを知らずにいるのは人生の損失ですよ。

 

 

私は身の上相談を25年やってきているけれど、2~3回の結婚なんて少しも珍しくないんです。

 

4~5回、出たり入ったりする人だっていっぱいいます。

 

歳の差だってそう。

 

6歳の開きくらい、別に驚かない。

 

32歳年下の男性と結婚している人を私は知っています(笑)。

 

 

とにかく、そうやって皆くっついたり、離れたりしてトラブルも起こしたりするわけだけど、それぞれのカップルのことは、他人にはけっしてわからない。

 

けんかばかりしていても、結局のところとっても仲がいい…という人たちもたくさんいますしね。

 

ことほどさように、男女のことに関しては他人がとやかく口出しすべきものではないんです。

 

成熟した大人はそれを放っておくべきです。

 

 

たとえば、フランスなんかは、皆それをわかっている。

 

マスコミがミッテランの愛人問題をスキャンダラスに書きたてても誰も相手にしない。

 

それどころか逆に「プライバシーをとやかくいうのは下品だ」と国民から袋叩きにあってしまう。

 

それだけ成熟しているということでしょう。

 

 

だけど、日本は覗(のぞ)き見趣味で芸能人のプライバシーをPTAや小姑だかのように騒ぎたてる。

 

聖人君主ヅラをして。

 

しかもいい歳した分別もってしかるべき男たちが、芸能レポーターと称しては、誰それが子供を生んだとかその人の仕事とはまるで関係のない、瑣末(さまつ)なことばかり思い上がった裁判官ヅラして暴きたてる。

 

なんて恥知らずなことでしょう!

 

 

仕事さえきちんとやって他人に迷惑さえかけなければ、プライベートは何をしてもいいと私は思います。

 

あとはその人の勝手。

 

責任を持つのもその人だし、不幸になるのもその人なんです。

 

 

だから、私は他人の結婚相手なんて、微塵(みじん)も興味が湧かないんです。

 

好きな人といっしょになればいいし、捨てられるんだったら捨てられればいい。

 

どうぞご勝手に…。

 

そして、その人が困って相談にきたときには、初めて真面目に興味を持って相談にのってあげればそれでよいのです。

 

 

天声美語』講談社

 

 

 

 

往々にして、結婚している人は結婚していない人を裁きたがる。

 

いわく、「子どもがいないと寂しくない?」「孤独死とか大丈夫?」「老後の生活、不安じゃない?」「病気のとき誰か看病してくれる人いる?」等々。

 

いずれも、余計なお世話だ。

 

 

成熟した大人は、自律した人。

 

自律した人は、自分の行動に責任を持てる人。

 

だから、他人のプライバシーには関心がない。

 

 

自分の行動を棚にあげて、他人を裁きたがる人は成熟していない「子ども」。

 

「他人のズルを許せない」「不謹慎な人を叩く」「目立つ人を許せない」というように自分の勝手なルールで人を裁いたり、正義感をふりかざす。

 

その根底にあるのは「嫉妬心(しっとしん)」。

 

 

成熟した大人のとるべき態度を身につけたい。

 

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twi

スティーヴ・チャンドラー氏の心に響く言葉より…

 

 

人生を変えるような新しいアイデアを本気で求めているのなら、目標を大きくする方法を試してみよう。

 

自分でも怖くなるほど目標を大きくする。

 

次に、その目標を達成しなければならないという前提で、達成する方法を考える。

 

 

これは一種の頭の体操だ。

 

あなたは、このゲームでとても楽しく遊ぶことができるはずだ。

 

なぜなら、それは目覚ましい効果があるからだ。

 

 

まずは、自分の目標からどれか1つを選ぶ。

 

そして、それを頭の中で2倍にしてみてほしい。

 

3倍でもいいし、10倍でもいい。

 

目標を大きくしたら、次に自分にこうたずねる。

 

これは真剣な質問だ。

 

「新しい目標を達成するために、自分は何をすればいいだろう」

 

 

私は最近、セールスの仕事をしている友人とこのゲームをしてみた。

 

彼が私のところに相談にきたのは、月10万ドルの売上を14万ドルに増やしたいと考えたからだ。

 

彼はすでにチームトップだったが、それ以上を目指していた。

 

 

私は彼に、月に20万ドル売るにはどうしたらいいと思うかたずねた。

 

「20万ドル!」と、彼は叫んだ。

 

「そんなのは不可能だよ。10万ドルでトップなんだ。20万ドルなんて誰もできるとは思ってないよ」

 

「でも考えてみてくれ」と、私は食い下がった。

 

「いや、ムリだ」と彼は言った。

 

「きみはわかっていない。私の目標は月に14万ドルだ。14万ドルでもかなり難しいんだよ。だからこうやって考えているんじゃないか」

 

 

私はついに、このゲームの仕組みを説明した。

 

「月に20万ドル売り上げるという目標を達成する方法を真剣に考えたら、14万ドルでは思いつかなかったような斬新な方法が見えてくるだろう」

 

彼はうなずくと、しぶしぶながらゲームを続けることに同意した。

 

「でもこれはあくまでも仮定の話だからな。20万ドルなんて目標はムリに決まっている」

 

「それでかまわないよ」と私は答えた。

 

「でも、もし月に20万ドルの売上を達成しなければ死ぬとしたら、どんな手段を講じるだろうか?」

 

 

彼は声をあげて笑うと、考えられる方法を列挙していった。

 

私はそれをフィリップに書いていった。

 

同僚の顧客を盗む、帳簿をごまかすといった非現実的な方法が一通り出揃うと、彼もまじめに考えるようになった。

 

最初のうちはなかなかアイデアが浮かばなかった。

 

 

「自分が2人いなければムリだよ」と彼は言った。

 

「営業プレゼンを今の2倍に増やさなければならない。同時に2人のクライアントを相手にしないと!」

 

そのとき、彼の中で何かがひらめいた。

 

大勢のクライアントを一堂に集めてプレゼンを行えばいいのではないか。

 

 

「ホテルの部屋を借りて、クライアントを20人招待しよう。ドーナツとコーヒーも用意してね。そうすれば、一度のプレゼンでかなりの成果を上げることができる」と彼は言った。

 

それからは、アイデアが次々と飛び出してきた。

 

新規開拓の電話を、出張の移動中にかける。

 

電子メールを営業に活用する。

 

事務のスタッフに営業に協力してもらう方法を考える。

 

顧客を長くつなぎとめるために、長く契約するほど安くなる料金体系を考える…。

 

 

彼の口からはアイデアがあふれ出てきた。

 

私はそれを必死になってノートに書きとめていった。

 

ここで生まれたアイデアは、すべて“大きな思考”のたまものだ。

 

目標通りの14万ドルではなく20万ドルで考えたから、生まれてきたのだ。

 

さらに驚くべきことに、彼は目標の14万ドルを、翌月には達成してしまった。

 

 

私自身もこの方法をよく使っている。

 

たとえば、これから3週間でセミナーの契約を2つ結ぶという目標なら、メモ帳を取り出し、「これから3週間で契約を10件結ぶにはどうすればいいだろう」と自分に質問する。

 

目標を大きくすると、思考のレベルも大きくなる。

 

10の問題を解決しようと頭をひねれば、少なくとも2つの問題は解決できる。

 

 

自分を変える89の方法』ディスカヴァー

 

 

 

 

 

自分の普段想定する目標の数倍高い目標を立てた時、今までのやり方では通用しないことが分かる。

 

普段の自分の殻(から)を破らなければ、とてつもない場所へは到達しないからだ。

 

 

20年前の日本のGDP(国内総生産)は約500兆円だったが、20年後の現在も500兆円だ。

 

だが、片や、アメリカやイギリスは約3倍、ドイツは2倍、中国にいたっては20倍以上も伸びている。

 

 

個別の企業においても、GAFAと呼ばれる「 Google」「Apple」「 Facebook」「Amazon」の頭文字をとったアメリカのIT革命の覇者たちは1980年代にはほぼ存在しなかった。

 

時価総額の世界ランキングで、1990年当時、20社以上の日本企業が上位50社以内に入っていた。

 

しかし、現在はトヨタを除くすべての企業がそのリストから消えた。

 

 

残念ながら、多くの日本の大企業はその売上げを何倍にもするという目標を持っていなかった。

 

歴代の下からたたき上げて来たプロパーの社長たちが、前年を少しでも上回れば良しとする、過去との対比で運営を行ってきたからだ。

 

片や、GAFAの起業したり転職したりしたトップたちは、世界を変えるという目標の元、計画を立ててきた。

 

 

到底考えられないような、とてつもない目標を持つことのすごさがGAFA企業にはある。

 

自分でも怖くなるほど目標を大きくすることにチャレンジしてみたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twi

幸せの眼鏡

テーマ:

ミシェル・ピクマル氏の心に響く言葉より…

 

 

ある日、島の反対側に住んでいるという青年が、哲学先生を訪ねてやってきた。

 

その青年は、この世は悲しみと不正に満ちていると考えていた。

 

為政者といえば汚職だらけだし、友人には裏切られっぱなし。

 

幸せはつかんだかと思うとすぐ消えさり、悲しみばかりが重くのしかかる…。

 

 

こんな世界に生きていていったい何の意味があるのだろう?

 

そう悩んでいたのだ。

 

 

青年からひとしきり話を聞いた哲学先生は、何やらポケットから取りだしてこう言った。

 

「これがあればだいじょうぶですよ!

 

さあ、この眼鏡をかけてごらんなさい。

 

そうすれば(あなたが望みさえすればすべてが変わる)ということがわかるはずです」

 

 

青年はなんだか狐につままれたような思いで家に帰った。

 

それでも、翌日さっそくその眼鏡をかけてみた。

 

すると、あきれたことに、それはただのガラスをはめた眼鏡にすぎなかったのだ。

 

 

青年は腹をたて、哲学先生のところにどなりこんだ。

 

「ただのガラスじゃないですか!」

 

「そうですよ」と先生は答えた。

 

 

「いいですか、この世がどう見えるかは、ここにはまっているガラスの問題ではなく、あなたしだいなのです。

 

あなたが変わらなければこの世も変わりません。

 

たとえば、ワインの入ったグラスひとつとってみても、まだ半分ワインがあると思うか、もう半分しかないと思うか、それはあなたが決めることでしょう。

 

雨だといってなげくのか、それとも、これで植物が育つぞと喜ぶのか。

 

日の光を浴びてうれしいと思うか。

 

それともまぶしいからといやがるのか…。

 

結局この世界は、あなたが見るようにしか見えないのです。

 

その眼鏡をどんな眼鏡にするかはあなたしだい!

 

灰色の陰鬱(いんうつ)な眼鏡をかけていたいのなら、どうぞご自由に。

 

でも、それをなげきにここへ来るのは、もうご遠慮願いたいものですな」

 

 

人生を変える3分間の物語』PHP研究所

 

 

 

 

すべて、この世の現象はその人の見方しだい、考え方しだいで決まる。

 

幸せだと思うなら、幸せだし、不幸だと思えば不幸だ。

 

幸せという現象があるのではなく、幸せと感じる人がいるだけだ。

 

病気の最中にあっても、幸せだと思う人はいるし、不幸せを嘆く人もいる。

 

 

つまり、その人がかけている眼鏡によってこの世は変わってくる。

 

バラ色で明るく見えるのか、灰色で薄暗く見えるのか。

 

眼鏡のガラスの色は自分で決められる。

 

 

日々、幸せが見える眼鏡をかけてくらしたい。

 

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twi

ひろさちや氏の心に響く言葉より…

 

 

「マイナス心理にマイナス行動をとるな」。

 

そんなモットーを教わった。

 

たとえば、タクシーに乗って、運転手の態度にむかっとすることがある。

 

腹が立つ。

 

それがマイナス心理である。

 

だからといって、こちらが乱暴な態度をとってはいけない。

 

 

「なんだ、その態度は!?」と声を荒げたり、バタンとドアを閉めるといったマイナス行動をとると、いつまでも不快な気分が残ってしまう。

 

「そんな場合は、少し高めのチップを運転手にやって、“ありがとう”と言って降りる。相手は“おやっ?”といった顔をしますよ。そうすると、こちらの気分が爽快(そうかい)になります。それが、マイナス心理を消す秘訣ですよ」

 

そんなふうに言われた。

 

早速、わたしも実践してみたが、なるほど効き目があった。

 

 

仏教の開祖の釈迦は、こんなふうに言っておられる。

 

「悟りを開いた聖者も悟りを開いていない凡夫も、ともに第一の矢を受ける。しかし、凡夫はその第一の矢につづいて第二の矢を受けるが、聖者は第二の矢を受けない」

 

 

人に足を踏まれたとき、「痛い!」と感じる。

 

あるいは、美しい花を見て「きれいだ!」と思う。

 

それが第一の矢である。

 

聖者にしても「痛い」「美しい」と思うのだ。

 

その点では、聖者と凡夫に変わりはない。

 

 

しかし凡夫は、その第一の矢につづけて第二の矢を受ける。

 

「なぜ、俺の足を踏んだのだ。あやまれ!」と腹をたてつづけ、ときには仕返しを考えたりする。

 

それが第二の矢だ。

 

あるいは、美しい花をつんで、わが家に持ち帰ろうとする。

 

それも第二の矢だ。

 

そして聖者は、凡夫と違って第二の矢を受けない。

 

 

マイナス心理にマイナス行動をとるな…ということは、釈迦の言われた第一の矢と第二の矢の教えと同じものだと思う。

 

 

捨てちゃえ、捨てちゃえ (PHP文庫)

 

 

 

 

二人の若い禅僧の話がある。

 

あるとき、二人の若い禅僧が川を渡ろうと岸に来た時、一人の若い女性が向う岸に渡れなくて困っていた。

 

すると見かねた一人の禅僧が、さっさと女性を背負い、向う岸に渡って下ろし、何事もなかったようにまた歩き始めた。

 

その一部始終を見ていたもう一人の禅僧が、「お前は修業中の身として、女性を背負ったりして恥ずかしくないのか」となじった。

 

すると、女性を助けた禅僧は、「お前はまだあの女性を背負っているのか」と答えたという。

 

 

「放下著(ほうげしゃく)」という禅語がある。

 

こだわりを捨ててしまえ、放り投げろということだ。我々は、色々なものを後生大事に抱え込んでしまう。

 

 

まさに、第一の矢がそれだ。

 

マイナス心理がわき起こったとき、それにいつまでもこだわっていると、第二の矢というマイナス行動が生まれてしまう。

 

「こだわり」「しがらみ」「嫉妬(しっと)」「妬(ねた)み」「恨(うら)み」「怒り」「憎しみ」などの感情を手放すこと。

 

 

五日市剛氏は、その負の連鎖を断ち切るには、「ありがとう」と言うといいという。

 

マイナス心理にマイナス行動をとらない人でありたい。

 

 

 

 
 
■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twi