神社本庁総長、田中恆清氏の心に響く言葉より…

 

 

結婚式やお祝い事でご祝儀を渡すときには、きれいな祝儀袋に包みますし、たとえお稽古事の月謝でも封筒に入れて差し出すものです。

 

お札をむき出しのまま手渡すことはありません。

 

同じように贈答品もきれいな紙で包んでのしをつけ、さらに風呂敷で丁寧に包んで持参します。

 

 

日本には「包む」文化があり、中のものが美しく大切なものであることを相手に伝えます。

 

この大切なものを包む、隠す文化は、己の感情を表に出さない日本人の美徳にも通じ、「つつしみ」という言葉にもつながっています。

 

慎みとは、決して出しゃばることなく、控えめで、軽はずみな言動をしない姿勢です。

 

言葉も同じで、目上の人には尊敬語や謙譲語を使うことで、自分を慎み、相手を敬う気持ちをきちんと伝えることができるのです。

 

そして、目に見えぬ尊いものに対して、敬いの心を持つ、それが本来の慎みの意味です。

 

宗教は英語で「religion」といいますが、この言葉には慎みという意味が含まれています。

 

「religion」はラテン語の「religio」から派生したもので、紀元前は超自然的な事物に対する畏怖や不安の感情を表していました。

 

これは神道の神髄である、神々に畏敬の念を持つことに通じます。

 

中世になると「religio」は、修道院の生活を意味し、必要最低限のもので心穏やかに神々に祈る生活を指すようになります。

 

まさに、慎ましい生活です。

 

 

さらには、慎みという言葉は、「他人を思う」「愛情を持って大事に扱う」という意味の「いつくしむ」という言葉にも通じています。

 

心に余裕がないときには自分のことばかり気にしがちですが、慎みの気持ちがあれば周囲を慮ることができます。

 

まず自分から相手に心を砕くと、やがて、心と心が通じ合うようになるものです。

 

 

《慎み深い姿勢は、品性を醸(かも)す》…礼節があり、謙虚で、相手を優先できる人には品性が備わる。

 

 

神様が教えてくれた幸運の習慣』幻冬舎

 

 

 

 

「女性を美しく、好もしくするものは、昔も今も変わることなく、温かいほほえみ、美しいことば、さり気ない心配り、礼儀正しさ、そして恥じらいを知る慎みと覚えておきたいものである」

 

渡辺和子さんの言葉だ。

 

これは、女性だけでなく、男性にも言えること。

 

「恥じらいを知る慎み」には、気高さや、品性がある。

 

 

これは、武士道の中にもある「恥を知る」ということにもつながる。

 

かつて、日本では子どもの頃から、「人まえで、恥ずかしいまねはしてはいけない」「そんなことをしたら人様から笑われてしまう」と、「恥」について、厳しい教育を受けた。

 

 

「慎み深い姿勢は、品性を醸す」

 

真の意味の「慎み」を身につけたい。

 

 

 

 

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

 

時流独創の時代

テーマ:

芳村思風氏の心に響く言葉より…

 

 

時はいま、激変動乱の時代、近代から次の新しい時代への大転換期である。

 

いま我々に求められている力は変化対応能力ではない。

 

正に時の流れを俺が創るという「時流独創の志」である。

 

 

世界は西洋の没落と東洋の興隆を目の前に体験している。

 

西洋的価値観が音をたてて崩落し、東洋的価値観が世界を動かし始めている。

 

人間の本質は理性ではなく、感性であり心であるという時代になった。

 

人々は「理屈じゃない!心が欲しい」と叫んでいる。

 

理性的な機械的な分析の時代から、感性的で有機的な統合の時代へと変わった。

 

いまや統合が時代を動かすキーワードである。

 

 

西洋的な能力主義から東洋的な人格主義へと時代の要請は変わりつつある。

 

人材ではなく人物が求められているのである。

 

経済も金を目的とする資本主義経済から、人間を目的とする人格主義経済へと移行し、社会も権利を主張して責め合う西洋型の民主主義から、道義を重んじて許し合う東洋型の互恵主義社会が構想されている。

 

いまやすべてにおいて原理的変革が激しく求められている。

 

 

時代は人間に「激しく変われよ!」「激しく変えろよ!」と叫んでいる。

 

我々は決して変化を恐れてはならない。

 

変化こそ生きている実証である。

 

原理的変革の時代においては、自らが激変激動を呼び起こし動乱を巻き起こす創造的破壊への勇気と行動力が求められる。

 

であるが故に、変化が起こってから、どうしようかと考えるような、問題の後追いとなる変化対応能力では、あまりにも弱々しく消極的でみじめでなまぬるい。

 

変化や問題が起こってから対応を考える様では、苦しく辛い生き方から抜け出せない。

 

 

明治維新から今日までを考えても、百年たてばすべては激変するのである。

 

いま我々の目の前にある何をとっても、いまのままでよいものは何一つない。

 

 

人間が生まれてくる目的は歴史をつくるためである。

 

歴史をつくるには、我々はせいぜい生きるこの百年という人生を、何か一つでも、より良い変化をつくり出すために使わなければならない。

 

職業人は、いま自分がやっている仕事に歴史をつくらなければならない。

 

歴史をつくるとは、いままでの人間が誰もやったことがないことをすることである。

 

 

だから時代の大転換期を生きる人間は、すべからく「時流独創」の気概を持つ必要がある。

 

新しい時代をつくる創造力の原理は「常識で考えるのではなく、常識を考える」と言う発想の転換である。

 

「常識を考える」とは、何事によらず「はたしてそうであろうか、本当にそうなのか、本当にこのままで良いのか」と問うてみることである。

 

激変の時代であるが故に、我々はいまこそ常識に縛られず、すべてを原点に返って無化し、自由にはばたく野生の魂を取り戻さなければならない。

 

 

いまこそ、感性は力』致知出版社

 

 

 

 

 

「シンプルであることは、複雑であることよりも難しい」

 

と語ったのは、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ。

 

 

ジョブズがアップルを追放されたとき、日本人の禅僧乙川弘文師と出会い、禅の指導を受けたという。

 

アップルの製品はクドクド説明せず、直感的に操作できるようになっている。

 

そこに、シンプルな美しさを求めているからだ。

 

その考え方は、禅の考え方と同じだ。

 

 

ITやAIが全盛なればなるほど、逆に、禅的で東洋的な考え方が必要となってくる。

 

理屈ではなく、感性で感じ、今までにないものを創造していかなければならないからだ。

 

それは、「臨機応変」や、「融通無碍(ゆうずうむげ)」あるいは、「遊戯三昧(ゆげざんまい)」等々の禅の言葉や、東洋的価値観を表した言葉で表される。

 

 

時流独創の気概を持って生きていきたい。

 

 

 

 

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

 

同年代と群れない

テーマ:

瀧天貴氏の心に響く言葉より…

 

 

 

成功者は「歴史は繰り返す」ことを知っている。

 

さらに、「仕事は知識より経験」ということに、いち早く気づいている。

 

だから成功者ほど同年代と群れることはない。

 

 

直接体験には限度がある。

 

そこで、年長者や年少者の経験談を聞き、それを疑似体験して自分のものにしていける者は強いのだ。

 

できれば20歳以上年の差がある相手と交流するのが望ましい。

 

 

仕事上の付き合いではなく、いっしょにお酒を飲んだり、ゴルフをしたり、「遊び」のなかで別世界の経験や「思考の芯」にふれることが、あなたの貴重な財産になるはずだ。

 

年長者から教訓や情報を得たいのであれば、質問上手であれ。

 

記憶を呼び覚ますような質問を重ねよう。

 

 

「30代のとき、〇〇さんはどんな感じでしたか?」

 

「40代のときは、どんなプロジェクトに携わっていたんですか?

 

 

逆に、年少者と付き合うときは、共感の気持ちを示し、可能な限り同化する。

 

顔を合わせたら「今日は寒いね」食事をしたら「これ、おいしいね」といったささやかな共感でいい。

 

大切なのは上司や年上らしく振る舞うことではなく、理解し合える仲間として受け入れてもらうことだ。

 

そうでないと有益な情報は得られない。

 

多くの疑似体験を重ね、人の2倍、3倍もの人生を生きることができれば、成功はすぐそこまで迫っている。

 

 

仕事運の法則』WAVE出版

 

 

 

 

伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度となっている。

 

これが1200年の間、途絶えることなく続いている。

 

「20年に一度」には意味がある。

 

間が、20年以上だと、職人の技術が途絶えてしまう可能性があり、20年以下だと次の世代が育っていないからだ。

 

20代、40代、60代と三世代が同時に仕事をすれば、技術は途絶えることはない、ということ。

 

 

また、瀧天貴氏は本書の中で、こんなこと書いている。

 

『実行力・行動する意欲が弱い人は、志の強い人の力を借りるとよい。

 

行動力がある人物と一緒に行動させてもらうのだ。

 

そばについて真似をし、同じ行動をとるのは、「型を学ぶ」行為。

 

職人が仕事を覚えるとき、親方のそばについて一部始終を見て真似をし、技を会得していくのと同じだ。

 

「いいな」と思う先輩や上司の話し方を真似てみる、思考法を取り入れてみる。

 

どんどん近づいていき、教えを請う。

 

特に、自分とは異なるタイプの人であればあるほど、得るものは多い。』

 

 

異なる年齢、異なるタイプの人と会う…

 

「同年代と群れない」を胸に刻みたい。

 

 

 

 

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

 

西田文郎氏の心に響く言葉より…

 

 

「ぼちぼち」稼ぐ人と、それ以上に稼ぐ人の違いは何なのか。

 

モチベーションの違いである。

 

「売ろう」というモチベーションで、それを行えば、単なるテクニックがあるだけだ。

 

一方、「お客さんを喜ばせたい」というモチベーションで行えば、単なるテクニックではなくなる。

 

 

どうしたら喜んでもらえるか。

 

それを真剣に模索するエネルギーが湧いてくる。

 

他人を喜ばせたいと真剣に思えるかどうか。

 

「たくさん儲けて自分を喜ばせたい」と思うのは簡単だが、「この人に喜んでもらいたい」と思うのはけっこう難しい。

 

他人を喜ばせたい…そう思えるのはひとつの能力であり、過酷な競争を勝ち抜くのに一番必要な能力である。

 

私はそれを「他喜力」と呼んでいる。

 

 

〇 消費者を喜ばせようとする他喜力が、ヒット商品を生み出す

 

〇 お客様を喜ばせようとする他喜力が、店にお客様を集める

 

〇 会社の上司を喜ばせようとする他喜力が、自分を優秀な人材にする

 

〇 会社の部下を喜ばせようとする他喜力が、チームの生産性を上げる

 

〇 配偶者を喜ばせようとする他喜力が、幸せな夫婦をつくる

 

 

「売りたい」というモチベーションは、金銭の獲得を目的とする。

 

「喜ばせたい」というモチベーションは、相手の心の満足や幸福を目的とする。

 

だから人の心に対する想像力や洞察力、察知力、また共感力も、まるで違ってくるのである。

 

 

「他人を喜ばせたい」というモチベーションが、顧客・消費者の心に対する私たちのセンサーを研ぎ澄ませ、今何が一番必要であるかを、ひらめきとして教えてくれる動物的カンを育てる。

 

多くの人は誤解しているが、競争とは決して他人を負かすことではない。

 

他人をいかに喜ばせるかということであり、その結果として、競争に勝つのである。

 

それが今日のような高度消費社会における競争の本質になっている。

 

 

●勝ち組とは、人をたくさん喜ばせた人たちである。

 

●負け組とは、人を喜ばせなかった人たちである。

 

 

大きく稼ぐ経営者になる脳のアップグレード術』現代書林

 

 

 

 

どれだけ多くの人を喜ばせたかによって、その人の人気度が決まる。

 

スポーツ界でも、芸能界でも、政治の世界でも、会社や商品でも、それは同じだ。

 

人気が高ければ、多くのファンや支持者や協力者が増える。

 

 

反対に、人を喜ばせなかった人は、不人気で、評判が悪く、人が寄りつかない。

 

自分の利益ばかり考えている、自己中心的な人だ。

 

 

人を喜ばせる人には、愛の言葉がある。

 

人を気づかい、相手をほっこりさせる「愛語」だ。

 

人の心を温かくする一番の贈り物は、愛語という温かな言葉。

 

逆に、人をがっかりさせ、落ち込ませ、嫌な気持ちにさせるのは、愛のない冷たい言葉。

 

 

人をたくさん喜ばせる人でありたい。

 

 

 

 

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

 

直江文忠氏の心に響く言葉より…

 

 

《実績を出してしまえ。面倒だから。》

 

 

相手に有無を言わさないためにも、さっさと実績を出してしまった方がいい。

 

説得材料をあれこれ考えるよりも、よっぽどシンプルで楽だから。

 

新しい提案は、たいてい相手を警戒させるか、あきれさせるだろう。

 

もしくはその両方だ。

 

 

少なくとも、相手にすれば言葉の説明だけでは判断がつかない。

 

理解できないものに対してお金やチャンスを提供したり、忠誠を誓ってくれる人はなかなかいない。

 

 

まずは相手が納得するような実績を、既成事実として見せる必要がある。

 

それも死ぬほどがんばらないと達成できないだろうと容易に想像できるような実績だ。

 

 

成功する人間ならば、すぐさま自分の問題点を見つけ、それを積極的に取り除いていこうとする。

 

その問題がもし「信用されていないこと」なら問題はすでに解決した。

 

驚くべき実績を出すための作業に取りかかるのが一番の近道である。

 

 

難しいことはわかっている。

 

簡単なことなら誰でもやっている。

 

だがみんなにとって難しいからこそ、自分がやってみる価値がある。

 

 

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)』サンクチュアリ出版

 

 

 

 

「自分は優れたアイデアを持っているのに、誰も私を推薦してくれない」とか、「実力は自分のが上なのに、選ばれない」とウジウジしている人がいる。

 

それは、その人が「そんなに優れていない」し、「並の能力」しかないということ。

 

人より、圧倒的に優れていたり、抜群に抜きん出た能力がある人しか、まわりの人にはわからない。

 

 

自分は相当に実力があると思ってしまうが、ちょっとの違いは、一般の人にはわからないのだ。

 

だから、圧倒的な「出る杭(くい)」にならなければならない。

 

これは、会社や商品が選ばれる時も同じ。

 

 

「実績を出してしまえ。面倒だから。」

 

黙っていても、まわりの人が唸(うな)るくらいの、圧倒的な実力を身につけたい。

 

 

 

 

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/