西郷隆文氏の心に響く言葉より…

 

 

薩摩は昔から「武の国」として知られながらも、他国のように深い堀や高い石垣、堅牢(けんろう)な城に頼らず、城はあっても、あえて城楼も天守閣もつくりませんでした。

 

これはもちろん、城の背後を城山という天然の要害が護(まも)っていたこともありますが、人間こそが不落の城であり、人間こそが堅固な石垣であり、人間こそが長大な堀である、という独特の人材登用と育成を大切にする慣わしが、あったからでした。

 

薩摩の郷中(ごじゅう)制度は、薩摩の歴史とともに受け継がれ、やがてそれが正式な「郷中教育」として完成したのが、江戸時代中期と言われています。

 

 

郷とは、方限(ほうぎり)、町内と呼ばれる行政の最小単位で、郷中は郷の仲間を意味します。

 

武家の青少年による自治組織で、武家の男子が6歳になると郷に入ります。

 

6歳から10歳ほどを小稚児(こちご)、11歳から15歳ほどを長稚児(おせちご)と言い、そして14、15歳で元服して二才(にせ)となり、25歳くらいまで郷中で学びます。

 

 

郷中ではニ才が長稚児を、長稚児が小稚児を指導し、それぞれのリーダーとして、ニ才頭(かしら)と稚児頭が選ばれ、二才頭は郷中の責任を負います。

 

そして、二才頭自身も、それぞれの郷の二才頭同士で学び、分かち合い、どうしても解決しないことがあれば、25才くらいを超え長老(おせんし)と呼ばれる大先輩のところに行き、教えを請いました。

 

これこそが郷中教育の特徴で、教師なき教育制度と呼ばれるゆえんです。

 

 

郷中教育において最も大切とされる、人として守るべき3つの教えがあります。

 

「負けるな」 人に負けないというよりも、どんな困難に遭っても決して自分に負けてあきらめないこと。

 

「嘘をつくな」 過ちを犯したときには決して言い訳せず、素直に非を受け入れること。

 

「弱い者をいじめるな」 弱い者いじめが最も卑劣で、器の小さい人間のすることだから、慎むこと。

 

 

こうした郷中教育の教えには、いつの時代にも通用する普遍の真理が含まれているように思えてなりません。

 

さて、郷中でも教えを誰よりもかたく守り、年長者を敬い、後輩をかわいがり、文武を鍛えた西郷さん。

 

やがて実力と人望を備えた若者として成長し、下級武士の子ながら、下加治町の郷中に「西郷あり」と藩内に知られるところとなっていきました。

 

 

西郷さんは、ニ才頭として後輩たちを指導していくのですが、大山巌や東郷平八郎らはみな、西郷さんからかわいがられた後輩たちでした。

 

下加治町の郷中の子供たちが、他の郷中に比べて立派であるとされ、彼らが模範とするリーダーの西郷さんの評判が高まっていったそうです。

 

 

また、西郷さんは16歳のとき、その才能を評価され、「郡方書役助(こうりかたかきやくたすく)」として藩に出仕しました。

 

これもまた、郷中教育で日々才能を磨いた努力の成果でしたが、このことは、あとに続く後輩にとっても大いに励みになったに違いありません。

 

 

西郷隆盛 十の「訓え」: 語り継がれる「激動の時代の生き方」 (単行本)』三笠書房

 

 

 

■「嘘をつくな」

 

ITやAIが進むと、ますます、「嘘や秘密が露見する」時代となる。

 

昨今の大手企業の一連の不祥事がこれを物語っている。

 

誰かがちょっとつぶやいただけで、それが拡散する時代だからだ。

 

だからこそ、現代は誠実さが求められる。

 

誠実な人は、「嘘をつかない」「公平無私である」「真面目である」等々の資質がある。

 

 

■「弱い者をいじめるな」

 

また、学校や社会においても「いじめ」の問題があるが、「動物は弱肉強食なのだから、弱い者はいじめられたり、切り捨てられても当然」という意見があり、唖然とした。

 

「弱い者をいじめるな」とは、卑怯なことを憎む心だ。

 

武士道においては、卑怯なこと、不正なことをもっとも憎む。

 

これは、勇気と対になる考えで、勇気がなければ実行できない。

 

自分だけが安全な高みにいて、弱き者、小さき者を見下したり、いじめたりする態度は人として最低の卑劣な行為だ。

 

こんなことは、自分がいじめられる立場になってみればすぐにわかることだ。

 

これは、「惻隠(そくいん)の情」でもある。

 

小さき者や弱き者を「あわれむ・不憫(ふびん)に思う」、「思いやる」気持ちのことだ。

 

 

■「負けるな」

 

「負けるな」に必要なのは、勇気だ。

 

真の勇気がなければ、己の弱さに勝てない。

 

不正に対して憤(いきどお)ることも同じ。

 

 

現代において、もっとも必要な訓え…

 

負けるな、嘘をつくな、弱い者をいじめるなの実践をしたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

行いは言葉よりも雄弁

テーマ:

田中真澄氏の心に響く言葉より…

 

 

人を評価する場合、まずその人の日常の習慣を見て判断する人が本物の人物です。

 

本物の人物ほど単なる口先だけの人を信用しないのです。

 

「行いは言葉よりも雄弁」ということわざがありますが、それは行動が本当の人柄を示すことを示唆しています。

 

上位20%の人は、そのことわざの真意を理解している人たちです。

 

 

残念ながら、残り80%の人は、良き行動を続けている人を積極的に支援しようとはしません。

 

傍観者で終わる人たちです。

 

ですから私たちは、新たな行動を起こすときは、上位20%の人たちを味方にできるように、普段からその人たちとの交流を深めておく必要があります。

 

 

では具体的にはどうすればいいのでしょうか。

 

決め手はクイックレスポンスです。

 

年中無休・24時間対応の行動をとることです。

 

何か頼まれたら迅速に対応する、問い合わせにはすぐ答えるといった習慣を身につけて、上位20%の人たちとの交流を深めておく必要があります。

 

 

これまで私は、3マメの実践を推奨してきました。

 

口マメ・手マメ・足マメのことです。

 

 

口マメとは電話を掛けることです。

 

これは今の日本人は携帯電話のおかげで得意になりました。

 

 

手マメとは筆まめのことで、まめに礼状・祝い状・慰労状などのお便りを出すことです。

 

これは今の人の多くが苦手ににしています。

 

だからこそ、筆まめに徹した人は物事を有利に展開していけます。

 

 

足マメは訪問のことです。

 

何かあれば飛んでいく習慣のことで、これまた有力な対人関係の武器になります。

 

とにかくマメに動くことが大切です。

 

 

小に徹して勝つ―凡人の成功哲学』ぱるす出版

 

 

 

 

 

脳力開発の創始者、城野宏氏は、「行動」についてこう語る。

 

「『行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう』

 

手と口と足をフルに使った、行動のつながりで考える習慣を つくろう。 

 

概念のつながりだけで抽象的に考える習慣をやめよう。

 

概念は重要ではあるがただの名札であり、具体的行動を主軸にして考えないと成果はでない。

 

抽象理論だけで”わかったつもり”にならないようにしよう」

 

 

人物を評価する時、上っ面だけを見ているとすぐにだまされてしまう。

 

それは、地位や肩書、あるいは心地よい言葉などなど。

 

しかし、本当に見なければならないのはその人の実際行動。

 

 

行動と行動のつながりを見ていれば、その人の本質が見えてくる。

 

行動とは、手と口と足を使うこと。

 

そして、大事なのは、その行動を長く続けているかどうか。

 

 

口先だけではなく、具体的に動く人でありたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

売り言葉に買い言葉

テーマ:

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

 

 

「売り言葉に買い言葉」と言いますが、いままで、売られた言葉を買ってもロクなことがなかった。

 

それでも、つい買ってしまうのが「売り言葉」です。

 

いわれなきこと、不当なことを言われたとき、その「いわれなきこと」「不当なこと」というのは、反論したくなるようなことと決まっている。

 

だから、つい買ってしまうのです。

 

 

「売り言葉」でも何でもそうなんですけれど、他人が嫌なもの、悪いものをあなたに与えようとしたとき、たいがい、怒ったり、動揺したりしますよね。

 

そうなると人は、つい、やり返しちゃうんです。

 

でも、やり返すと“負け”なんです。

 

 

いわれなきこと、非難、中傷に目くじらを立てて相手に言い返すのは、相手と同じ土俵に自分がのっかった、ということ。

 

だから、こちらの“負け”。

 

相手があなたに悪いものを与えようとしても、あなたがスルーしてしまえばいいのです。

 

そうすれば、「よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず」。

 

お釈迦さまの境地です。

 

 

簡単に言うと、相手がいくら言っても自分がやらなきゃ勝ち、と決まっているんです。

 

この世の中は、そういうルールなのです。

 

ですから、たとえば、自分の親にこんなことを言われたとします。

 

「おまえは、ホントにわがままだな」

 

自分では、親の期待に応えようとして真面目に、一生懸命、勉強したり、生きているつもりでいるのに、「わがままだ」と言われたとします。

 

 

そのときは、反論しないのです。

 

たとえば、「ホントにそうだね。ウチの一族でいちばんわがままだね」とか、ワンクッション置いて、「父さんのおかげで東京の大学に通えてるんだよね。ありがとう。感謝してます」とか、相手が喜ぶ言葉を相手に贈ってみる。

 

 

ちなみに、東京・新小岩にある、「一人さんファンの集まるお店」に通っている“たくちゃん”という男の子が、この方法をやってみたんです。

 

修業相手であるお父さんに「そうだね、わがままだね」と言ったんですって。

 

その後、お父さんは彼にうるさいことを言わなくなったそうですよ。

 

 

絶対、よくなる!』PHP

 

 

 

 

車でのトラブルも、この「売り言葉に買い言葉」によって起こるケースは多い。

 

急に割り込んできたりする車に、「なにやってるんだ!バカヤロー!」とか、クラクションを鳴らすなどの「売り言葉」を掛けたりすると、結果、「なにを!このヤロー!」と、車で進路を妨害したり、幅寄せしたりして仕返しをする「買い言葉」が出てくる。

 

 

これは、「やられたらやり返す」という心理と同じ。

 

やられっぱなしじゃ終われない、「仕返しする」「復讐する」ということ。

 

そして、大事なのは、最初に「売り言葉」を発しなかったら「買い言葉」はない、ということ。

 

「仕返し」や「復讐」は負の連鎖(れんさ)を生むだけだ。

 

 

どうせするなら「負」の仕返しではなく、「お礼」の仕返しを。

 

「お礼」の仕返しとは…

 

厳しいこと言ってくれて、「ありがとう」。

 

注意してくれて、「ありがとう、感謝します」。

 

 

「やり返したら負け」を肝に銘じたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

言下に答える力

テーマ:

明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…

 

 

《武士たる者は、武道を心懸(か)くべきこと、珍しからずといへども、皆人油断と見えたり。》

 

(武士たる者が武士道を心がけねばならないということは、格別とりたてて言うほどのことでもないが、すべての人に油断があるように思う)

 

 

 

「武道の大本をなんと心得る」と聞いても、即座に答えらえる武士が少ないことを、山本常朝は「油断している」と語りました。

 

とりたてて言うほどのことではないが、答えられないのは武道の心がけができていない。

 

つまり、油断千万だというわけです。

 

 

聞かれたときには言下(げんか)に答えることが重要で、「ええと、なんだっけ?」などと言う人は、普段から考え抜いていないのです。

 

たとえばあなたが「仕事とはどういうものか」と上司に聞かれたとします。

 

「もちろんいろいろあるだろうが、もっとも君が重要だと思うことは何だ?」と言われたら、何と答えますか。

 

 

自分のやっていることに対して確信があるなら、パッと思い浮かぶでしょう。

 

普段から考えていれば、躊躇しないで答えられるでしょう。

 

答えは変わってもいいし、一つでなくてもいい。

 

「今はこれを心がけています」というのでもいいから、とにかく答える。

 

それが「言下に答える力」です。

 

 

私は、大学で学生を教えるときには言下に答える力を要求し、質問には三秒以内に答えるようにと言っています。

 

採用面接のときでも「これからの仕事の中で大事なこと三つあるとすれば何か」と聞かれて、三つパッパッパッと答えられる人は、普段から仕事について自分自身の答えを持っている人ですね。

 

 

作詞家の阿久悠さんがテレビのインタビューで、「歌詞を作る上で大切なことは何ですか」と聞かれたとき、間髪をいれずに「時代です!」と強く答えられたのが、印象に残っています。

 

何かを考えて準備をし、経験して、これだと思うところに行きつくこと。

 

それは、自分がつかんだものでいいのです。

 

 

どんなことでも「自分なりに定義してみる」というのは面白いことです。

 

「葉隠には何が書かれてあるか」ということだって、いくつも定義できるでしょう。

 

ただし、言下に答えられなければ、本当にわかっているとは言えません。

 

油断があるということなのです。

 

 

図解 葉隠―勤め人としての心意気』ウェッジ

 

 

 

 

安岡正篤氏は「挨拶」についてこう語る(“安岡正篤一日一言”より)。

 

 

「挨拶とはどういう意味かと申しますと、挨も拶も、直接の意味はぴったりとぶつかる、すれ合うということで、従って物を言うのに、相手の痛いところ、痒いところへぴったりと当たる、これが挨拶であります」

 

 

挨拶とは、何か気の利いたことをズバッと言うこと。

 

それが、相手の痛いところ、痒(かゆ)いところへぴったりと当たるということ。

 

「言下に答える力」と同じで、いつも自分のやっていることに対して、深く考え抜いていないと挨拶も言葉も瞬間にでてこない。

 

 

自分が関わる重要なことについて何か急に聞かれたとき、即座に答えられないなら、そこには油断がある。

 

油断があるとは、ぼんやりしているということ。

 

 

言下に答える力を身につけたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

いばる人は野暮天

テーマ:

美輪明宏氏の心に響く言葉より…

 

 

本当にすばらしい年長者として敬われたいのなら、場所が変わるとともに自分の気持ちを切り換えて、普通の人なみの扱いで当然だと思い、また普通以上に扱われた場合は、それをありがたいことだと感じなければいけないはずなんですね。

 

そういうふうに思っている方こそが、本当にしゃれている人なのだと私は思います。

 

 

けれども、そうでない野暮天(やぼてん)がおりまして、着るものは一流製品を身につけていますが、考えていることが野暮で、ちょっともおしゃれではない。

 

そして本人はそれでいいとしても、不思議なことに、女房子供までが虎の威を借りる狐になっていばっていることが多い。

 

 

芸術家の奥さんもそうですね。

 

自分の才能で作品を書いて、世の中で評価されているわけでもないのに、それを自分の力でやったような錯覚を起こしている奥様がいます。

 

子供も同じですね。

 

 

私はあるお金持ちの家の子供にこんなことを言ったんです。

 

「あんたたち、今まで何をしてきたの?

 

何ができるの?

 

どれだけお金をかせいだの?

 

何もないじゃないの。

 

ただ親からお金をもらっているだけでしょう。

 

親をせびり倒してヨットを買ってもらったり、車を買ってもらっているんでしょう。

 

親というのは別の人格を持った別の人間なのよ。

 

心の中も頭の中も、生きてきた人生も、あなたとは何の関わり合いもない、別の人間なのよ。

 

それなのに、あなたは親と自分を同一視して、錯覚を起こしているんじゃないの?」

 

 

その子たちは、自分の能力以上の生活をしています。

 

着ているものはピカピカで、外国製の高い時計をして、別荘だヨットだと遊び回っているんです。

 

 

いくら高い一流品を着ていても、それではただのマネキン人形と同じです。

 

私はそういう人たちをおしゃれだというふうには思いません。

 

本当の意味でのおしゃれということをさとれば、もっと心豊かな楽しい人生を送れるはずなのです。

 

 

微笑みの首飾り』水書房

 

 

 

 

野暮天とは、きわめて野暮なこと。

 

野暮の反対は粋(いき)。

 

野暮とは、「洗練されていないこと」、「融通(ゆうずう)のきかないこと」、「人情の機微(きび)に通じていないこと」だが、その野暮の最たるものが「いばること」。

 

いばっている人は、カッコ悪くて、恥ずかしい。

 

そして、自分ではそれがカッコ悪いことだと気づいていない。

 

 

『栄光浴(えいこうよく)』という言葉がある。

 

「欲」ではなく「浴」。

 

すごい人と知り合いの私はすごい人、という意味。

 

まさに、虎の威を借りる狐であり、野暮の極みだ。

 

 

野暮はやめて、粋に生きたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/