フーテンひぐらし

フーテンひぐらし

永遠の放課後。なかなか大人になれない。テーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


☆Grappsでコラム「女子のばんそうこう」連載してます→【一覧】
☆CM Funで書いたコラム→【一覧】
☆絵とことばのブログも描いています。→「よるつぶ」
☆ネットプライスで連載していたまんが「いぬくま」はこちら→
★大人気シリーズ。はっきりしないオトコに振り回されて右往左往の女子のかた→「チームいばら」
★「ザ・シークレット」=宇宙の居酒屋店員説(笑)についてはこちら→
★子宮頸がん・異形成に関する体験記→「子宮頸がん」
★美容おすすめ商品、ダイエットなどの感想が見たいかた→「キレイのために」
★宣伝目的・出会い系・いやなコメントなどは私の意思で削除させて頂きます。
あゆみへの個人的メールフォームはこちらから。アメブロガーでない方はこちらからどうぞ

アメンバーは、記事を更新されていて、顔なじみの「読者登録済みブロガーさま」限定です。
拡販目的の読者登録はご遠慮願います。ご了承下さいませしょぼん

 

さて東京の緊急事態宣言は7日で解除されるんだろうか。もしくはしていいんだろうか。


というわけで3月になっちゃいましたね。1年はえー。ていうか2021年もはえー。いま間違えて「2012年」って打って何か変だな…?ってしばらく気づかなかったくらい、人間としての機能が衰えてる気がする。

それでも「主につらいです」に書いたように、前回の緊急事態宣言の時よりはだいぶ精神がラク。そのいちばん大きな理由はマンションの外壁工事が去年冬にようやく終わったから!!!!

少しずつ少しずつ部屋の前の足場が取り払われてゆくと共に外の光が、空気が、風が入ってきて、それはそのまま自分の心身にも反映されてゆく。すべての足場撤去が終わった時の「世界はこんなに明るく風通しがよかったのかァァァァァァァ!」という解放感といったらなかったよ。職人の皆さんさよなら、そして長い間ありがとう。こんにちは静寂!
なので今回は環境自体は問題ないです。前回のようにジムの休止もない(間引きや時間の短縮はある)。生活必需品の買いだめや品切れももはや起こらないし、休日に街に出ればけっこうな人出であるよ。つまりみんな、この状況に慣れ始めている。

いいも悪いもなく、粛々とひねもす家にこもってたって誰も褒めても助けてもくれない(文字通り公助もろくにない)し、カオナシみたいにトークスキルが失われていくだけだ。人は慣れる。その中でめいっぱい暮らしていく。テメーは手厚いフォローが用意されてるくせに民にだけ何もかも「やるな」とおふれを出すお上の言うことなど聞きたくないのだ。

とりあえずこの期間中に私がしたこと。
・抗体検査
・献血
・PCR検査


別に疑陽性とか濃厚接触者だったとかではなく、やってみたかったからやってみただけなのでご心配なく。検査はすべて陰性でした。

献血は「コロナ禍で移動献血車が巡回できず、血液がとても不足している」とネットで知ったので、通常でも希少なAB型人間として行ってきた。渋谷のハチ公前献血ルームが広くてキレイで驚いたし、眺めのいい部屋でジュースやお茶やお菓子飲み放題、雑誌やマンガ読み放題、アイスも食べていいよーって空間なのですばらしかった。時期が時期なので事前確認も問診もめちゃくちゃ厳重だったけど。看護師さんによると、私は血管は太く成分は濃く流れも速いそうなのでまた献血しようと思う。

 



 

抗体検査は知人からもらったキットがあったので献血にゆく少し前にトライ。私は痛いのも血も平気だけど、針が…針が思いのほか思い切りよくパシーン!!ってダッシュして刺さってきたのでビビった。血の出し方が下手というか調子に乗って絞り出したので検査トレーの周りが血飛沫だらけになってしまった。

 

 


PCR検査は「民間でも安価なものが出始めている」という情報を得たので一回やってみよう!と思っただけ。木下グループのPCR検査(税抜2,500円!)を利用。都内の繁華街に数箇所あり、私は渋谷を利用。日時予約は全てネットです。
医療施設を想像して行ったら「…何ここ投票所?」ってくらいめちゃくちゃ簡易な設備、スタッフは2人位しかおらず私が行った時、他に客はいなかった。唾液採取キットを手渡され「眼の前の説明書きを見てやってくださいね〜」と。なるほどオールセルフなんですね。説明書きの横に梅干しとレモンの写真が貼ってあるのにウケました。それ見ながら唾液を試験管に入れて袋に戻して提出、おわり。所要時間3分ほど。お会計はカードまたは電子マネーのみで、翌日夕方にはメールで陰性の結果が来た。なんと簡単なことか。

  

おかげで「抗体検査&PCR検査、陰性やで!!」という印籠を手に、「それならば…」と安心した実家の母と、じつに1年以上ぶりに再会できたのだった。

「すぐに」「何度でも」できる民間検査があるってありがたい。PCRなんてやるべきじゃないとか言ってた政治家の皆さんが自分の政党で感染者が出たら秒で全員検査させてた茶番を見て私はもうほんとにお上の言うことなんて(以下同文)

というわけで私は基本、元気で健康です。
それでも友人と会える機会は激減してるし、たまに会うとみんな「久しぶりに人類と会話したから会話が下手くそになってる」「仕事で毎日オンラインmtgしてても、リアルで人と会えないと病むね」と口々に言ってるので、早くもう一段階ラクになる日が来てほしい。

みんなもがんばろうね。
じゃなくて、がんばらなくていいから自分の幸せと楽しみを大事にしようね。
 


去年のはなし。
カフェで隣の席にいた20代前半であろう女性2人組。金髪と黒髪、どちらも異なる個性があって、いかにも今どきの「若い女子」なのだけど、声が甲高くなくていいなあと思っていた。真隣なのでおのずと会話が全部聞こえてしまう。幼なじみの久しぶりの再会っぽい。最初は共通の友人の話などしていたけれど、

「あのとき先生たちってすごく大人に見えたけど、いま思うと子供だよね」

「よく考えたらあれ、ハラスメントじゃんって思ったよ」


というところから、彼女たちの会話は深度を増していく。

「大勢での飲み会とかで…何かあっても『笑って受け流さなきゃいけない』って空気あるよね。そういうのすごく嫌だなって。誰かのことをネタにしてさ、それがその場にいる人でもいない人でも「ああこれは傷つくだろうな」ってことを言ってても、周り笑ってるから笑わなきゃいけない感じ。だから私、大人数になればなるほど、引いてくんだよね」

「分かる。私もだから大人数の飲み会って行きたくない。でも、学生の頃は行かないで済んでも、社会人になるとそうはいなかったりするよね」

「私なんかさー、こういうこと言うとお母さんに『そんなんじゃ生きにくいよ』ってすぐ言われちゃうんだよ」

「LGBTの友達が、会社に入ったらいわゆるヘテロセクシャルの会話…『彼女いるの?つくらないの?』みたいなことすぐ聞かれて、仕事は大好きだけどそれがつらいって言ってた」


彼女たちは、さしさわりない世間話の水面には無理に戻ろうとせず、でも深刻ぶらず愚痴っぽくもなく、そういう会話を淡々と続けていた。

女性特有の「お互いが好き勝手に話したい事を話し、時に前後の会話の脈絡が全くなく、どんどん多方向に広がっていく」というあの感じ(決してキライではないしダメだとも思わない。あれこそが女子パワーだと思ってる)がほとんどない。
なんというか、ひとつのボールをしっかりと投げ、しっかりと受け止めて返す、そういう感じの落ち着きがあった。あなたはあの時どうだった?どう感じてた?うん、それはこうだったよ。ぽーん、ぽーん。ボールはとても丁寧に投げ返され、お互い相手の目をちゃんと見て、笑顔で受け止める。

日本ではない国で暮らした人たちっぽいなあと思いながら聞いてた。なんとなく流すことなく、I think や I feel をはっきりと伝える国で一定期間を過ごした人たち。



「みんなと遊ぶのも楽しかったけどずっとやってたら飽きちゃって、じゃあ私は何がしたいんだろうってバーッて書いてみたの。そしたら○○をやりたいんだって分かったら、ひとりで論文とか読んで」

「すごいなー。紙に書くって大事だよね」

「そうなの。紙にペンがすべる音とか聞くのもすごく好き」

「分かる!紙が必要なんだよね…私には」


会話ぜんぶ聴こえてしまって本当にごめん。
おそらく私の半分くらいの年齢だろうけど、ああ今この会話に混ざりたいなあという気持ちと、友達になりたいなあという気持ちと、私なぞが混ざると濁るからこのまま横でずっと聞いていたいなあという気持ちがあって、自分が読んでる本の内容がちっとも頭に入らなかった。

 

ここんとこ(私は1ヶ月くらい)ずーっとメンタル右肩下がりで基本つらい。

自分だけだと思ってたけど、元気そうに見えた友人たちも「絶不調」「やる気がおきない」と口々に言ってて「そうなんだ…」と驚いた。梅雨時&コロナ禍にまつわる色々な閉塞感も影響してるんだろうな。政府はすっとこどっこいで信用ならないし、日本自体が右肩下がってる感あるし、政治経済の影響がここまで己に影を落とすのは初めてのことだ。

私の場合はもっと卑近なことで原因はすべて分かっており、1つ1つは何も深刻ではなく、対処方法がある。でもそれが五月雨式にきて折り重なって私の心身にじっとり横たわってしまうので(/Д`;ムリ…!てなっている。
人間メンタルやられるときってこういう「小さなことの積み重ね」なんだろうな。ときどき手足がスッと冷たくなって胃がムカムカしてきてものすごく悲しくなったりしてやばい。

そしてそこに通奏低音みたく横たわるのが「マンションの外壁工事」。これが想像をはるかに超えるしんどさ。

これ知らなかったけど控えめに言って拷問ですね…。
足場で日照は完全に奪われ、ベランダは公道レベルでランダムに作業の人が立ち入るし洗濯物干せないし、何より「ありとあらゆる騒音のバリエーションを毎朝あなたにお届け!」って感じで壁から直接伝わる音がものすごい。しかも何の因果か私の寝てる場所は朝イチがいちばんうるさく、遅寝遅起きの私は毎日寝不足。生活サイクルめちゃくちゃ。「ウチ」の縄張り意識が強く音に神経質な人間なので本当にストレスフル、というか発狂しそう。鳶の格好(男性の装束でいちばん好き)をしたお兄さんたちを見られる喜びなど焼け石に水だぜ。

もう指し示す矢印が何もかも「生活を変えろ」という方向をむいているとしか思えない。
工事の開始時間(9時始業の勤め人の起きる時間)にお前は起きろと。そしてこれまで固執していたものを捨て、放置していたものに手を付けろと。

神様も結構強制的な手をつかってきたもんだ。

 

 

訳もなく悲しくてポロポロ泣いてたら、夫がIKEAで買ってきたパンとソーセージでホットドッグ作ってくれました。

 

きゅうりを大量に切って

 

 

調味液をいちど煮立たせてから粗熱をとり、

 

 

ふたつをあわせて冷蔵庫にぶっこんで、

 

 

「バリバリきゅうり」のできあがり。

ごはんがアホほどすすみます。

 

 

レシピは杏耶さんのツイートでどうぞ!

 

https://twitter.com/ayatanponpon/status/1275943787043397634

 

 

 

 

夏なの?もう。

その年はじめての蚊に刺されるとそう思います。

今日いきなり4か所くらい刺されたので多分もう夏です。

 

6月は訳がわからないままやみくもに走って、そのあと呆然としていたら終わりました。いろんなことをほったらかしていた気がします。7月はもう少しちゃんと暮らしたい。

 

やみくもに走っていた理由は、noteの方にいま順番に書いていますので、よかったら読んで下さい。


 

推し、ジム辞めるってよ。【1.その日が来た】

 

 
 
推し、ジム辞めるってよ。【2.沼にハマる前提にあるもの】

 

 

 

 

推し、ジム辞めるってよ。【3.沼にハマるシステム〜パフォーマー】

 

 

 

まだ続きます!