国際結婚 こんなところまで来てしまった・・・

国際結婚 こんなところまで来てしまった・・・

これは、私の過去の記録(日記)です。
このことに批判は一切受ける気がないので
その点ご了承の上、お読みください。
イギリス人の夫と国際結婚 
中東で海外生活中。
何故かいつも微妙に波乱万丈をしている
2児の母です。

NEW !
テーマ:

お久しぶりでございます。。

覚えていますでしょうか・・。

 

旅行から帰ってきても

色々とありまして

更新が遅くなりました。。

すみません。。

 

さて、ジョージアに行った話を

早速話したいと思います。。

 

ジョージアに行く。

これを決めたのには2つ理由があった。

1つ目は行った事ない場所だったから。

黒海とカスピ海の間のあの辺の地理の知識が全くなく

何が何だかわからないまま40歳を迎えた私には

未知の世界。

なので行ってみたかった。

 

2つ目はただ単にやすいチケットを見つけたから。

オマーンからジョージアまで1人3万5千円ほど。

時間も5時間程度とまあ、妥当。

 

なので、ジョージアに行こうと決めた。

 

ジョージアに行く前日まで

我が家はバタバタしていた。

 

それはビザ。

ビザを取り始めて半年。

やっとここまできた感じ。

 

ここにきた当初、数人の職員がいたにも関わらず

全く何もしていなかった職員。

この中には夫の上司も含む。

彼は3年以上いたのに

ビザを取れるような手続きを全く行っておらず

夫がやってきてから

夫が会社のビザ関係の段取りを組む。

 

なんというアホな話。

 

しかも、その段取りも一筋縄ではいかず

誰々を雇えとか

全部自分達(役所の人)の利権に絡むような

強要ばかりして

全く前に進まなかった。。

 

しかし、

半年経った今

やっと前に進み始めた。

待ちに待った瞬間。。。

 

子供達の学校には

「もうビザなしでは在籍させられない」

と籍を抜くような話をされ

親としては学校に対しては心苦しく

会社に対しては怒りしかなかった。。

 

ビザはこの時

本当に切実な思いで臨んでいたもの。

 

しかし。。。

やっと準備ができたものの

今度は私たちの結婚証明で足止め。

日本大使館によると

私たちの結婚は結婚証明書とは別に

戸籍謄本がいるという。。

 

夫は日本大使館に文句を言うとブチ切れていた。

なぜ、結婚証明書があるのに

これを証明できないのか?

戸籍謄本がなくても

システムで調べられるのではないか?

など、

まあ、ごもっともな内容で怒っていた。

 

しかし、この面倒なシステムが日本のシステム。

仕方がない。

夫の怒りを抑えつつ

急遽取り寄せすることになった。

 

しかし。。。

日本から送って1週間以上が過ぎても

連絡なし。。(直接大使館に送った)

 

当時はラマダンだったため

遅かったのだろう。

 

結局書類が届いたのは

出発前日。。

しかし、この時すでに大使館は閉館する時間だったらしい。

この次の日からイードという祝日に入るため

手続きは祝日のイード開けになるという・・・。

 

つまり、書類は届いたけども

5日くらいは何もできないそうな。。汗

 

仕方ない。

あとは会社のビザ係に任すしかない。

何としても旅行中にビザを整えてもらわねば。。

委任状を添えて夫の会社の頼りないビザ係に

後を託す。。

 

 

もう一つ、これに伴って問題があった。

それは。。。

私たちのビザが切れた事。

 

この時の私たちのビザは観光ビザ。

1ヶ月のみ滞在できる。

で・・・

1ヶ月を過ぎると

もう1ヶ月役所で更新できる。

 

つまり2ヶ月は国を出なくていいのだ。。

 

しかし、2ヶ月を過ぎると

一旦外に出ないといけない。

 

私の計算だと2ヶ月過ぎる前に

ビザができてる予定だったので

あまり気にしてなかった。。

 

そして、夫の会社のおバカなビザ係は

1ヶ月の延長の後の手続き以降

私たちのパスポートを旅行出発ギリギリまで

握っていた。

そして、その期限が切れる期日は

パスポートにスタンプとともに

きちんと書いてある。

 

つまり、私たちはパスポートがなかったので

正確にビザがいつ切れるのかは

知らなかった。。。

 

そして、このおバカなビザ係は(オマーン人)

出発ギリギリにパスポートを渡し

「昨日でビザが切れてました」

と言う報告をする。

 

切れる前に言えよ。

この役立たずめ。

 

ここで、問題が起きる。

 

すでに不法滞在な私たち。

そして、もうすぐ出発する。

しかし、今すぐにではない。

この時は数日後に出発する予定だった。

 

 

さて困った。

一旦国を出る必要があるのだが

数日後にはまた出発する。

つまり、すぐに飛行機に乗って海外に行き

もう一回戻ってきて

またジョージアに行く。

 

こんな何回も飛行機に乗るのは正直面倒。

 

そこで、オマーンにこのまま不法滞在を続けるとどうなるのか

調べてみた。

 

不法滞在の日にちが1日過ぎると

1人10オマーンリアル(約3000円)

この時出発まで6日だったので

夫を除く全ての家族3人分だと1日30リアル。

 

30リアル x 6日= 180リアル(約5万5000)

 

これをジョージア出発時に

パスポートコントロールの場所で払う。

 

すごい出費。。

あの役立たずめ。

 

 

旅行行く前から

こんな金出費するなんて

どう考えても納得いかない。

 

しかし、一旦外に出ても

同じくらいの出費

一番安いフライト日帰りでも

3人で180リアルのフライト。

また帰ってくるのに10日の観光ビザでも24リアル。(一人8リアル)

 

めんどくさい上に

違反の罰金より高くつく。

 

ならば、罰金払って

楽な方がいい。

 

 

と言う理由で

ジタバタせず違反金を払って

ジョージアに行くことを決断した。

 

行く前からブルーな状態で出発。

 

オマーンの空港では

何事もなく通過。

罰金を払うのに

若干時間を取られたものの

予想範囲の時間。

 

気前のいい入国管理官だったので

1日ぶんおまけしてくれた。

つまり180リアルのところ

150リアルにしてくれた。

 

罰金をおまけしてくれるのも

実は中東ならでは。

 

バーレーンの時も

夫のスピード違反の罰金を

なんどもまけてくれた。。

 

罰金を値引きできるって

すごいよね。。汗

 

 

さて、今回のフライトは

フライドバイを使用。

 

フライドバイ。。

一番避けたかった航空会社。

 

この航空会社にあまりいい思い出はない。

 

しかし、短時間のフライト。

なので、大丈夫だろうと思っていたのだが・・・

 

夫、かなり不満だった様子で

乗って数時間後には

「2度とこのフライドバイは使わない」と

激怒していた。

 

フライドバイは

いわゆる格安な運行をしている。

ヨーロッパ各地を飛び回っている

安いフライトと同じ類。

飲み物などのサービスもなく

シートの作りも狭くてシンプル。

 

たった、3時間のフライトだったけども

夫は十分不満に思ったよう。

まあ、文句言われても

安いから私にはありがたいけども。

 

短いフライトだったため

今回は私には珍しく朝のフライトを選んだ。

 

朝にマスカットを出て

昼にはジョージアでゆっくりすると言う

そんなプラン。

 

お昼頃に降り立った

ジョージアのトビリシの空港は

意外にも綺麗だった。

 

長閑な風景が広がる空港。

パッとみた感じ、イギリスの田舎の景色に似てる気がする。

 

空港について楽しみにしていたことは

入国管理局で

ワインをもらえるかどうか・・・。

 

「ウェルカムワイン」のミニボトルが

ジョージアの名前入りでもらえた人の

記事を読んだ。。

 

もらえたらいいな〜!

なんて言う、下心満載で

入国審査を受けた。

 

しかし・・・

ワインはもらえることはなかった。。

 

きっと、もらって人は

特別な日だった

ラッキーな人なのね。。涙

 

旅でついてることが少ない私には

(むしろ、悪いことしか起きない)

ウェルカムなワインなどもらえるはずもなく。。

 

そのままスルー・・。

まあ、問題なかったんだから

よしとしよう。。

 

トビリシの空港は

首都の空港の割には

小さかった。。笑

 

今回、 AirBnBで探した家の主は

とってもいい人そう。。

家族でこのビジネスを始めたらしく

今回も、彼女のオファーで

お迎え付き。。

 

空港に迎えに来てくれたのは

彼女ではなく

おじさんだった。。

 

一見、強面のおじさん。。

運転はかなり荒い。。汗

 

まあ、こんなもんでしょう。

 

街並みを見ながら

ソビエト時代の傷跡が

あちこちにあることに気づく。

 

ジョージアは

あの、「スターリン」生誕の地。

スターリンといえば

歴史が嫌いな私でも知ってるほど有名な

「色々とやってしまった人」

印象にあるのは弾圧がすごくて

かなり多くの人を死に追いやった人。。

 

とにかく、ソビエト時代というのは

かなり暗いイメージが

私の中にはあった。。

 

 で、それを彷彿させるような

ビルの数々。。

鉄筋のアパートを

ものすごく古くして

サビもあちこちにあって

今にも倒れそうな・・

そんな建物があちこちに。。

 

これ、何も、ここだけではない。

東ヨーロッパ近辺も

こういう1900年代に作られた

古いアパートというのが

存在している。。

 

ヨーロッパ=綺麗な街並み

と思いたいところだが

そういうところは田舎や都心のある一部で

特に都市近辺ではこういう、景観を損ねてしまう

みたいな建物が多い。

 

ミラノでさえ、こういう建物を見かけた。

 

しかし、ここはなかなか

迫力のある多さ。

若干高さがあるから

そう思うのかもしれないが。

 

空港近辺には

鉄筋ボロアパートが続き

街中に入るにつれて

趣のある家に変わって言った。。

 

建物の雰囲気が

イタリアに似ている。

 

繊細な感じの建物が多いフランスとは違う

大胆なデザインの建物が多い。

しかし、老朽化が進み

今にも崩れそうな建物も多く見かける。

 

私たちが今回借りた家もそんな

趣のある家がある中の一つだった。

 

立地はよく

有名なフリーダムスクエアが

歩いて5分もかからないところ。

何もかも近くにあるそんな場所。

 

中庭(コートヤード)を抜け

ちょっと頼りない階段をのぼると

その先に今回のホストの

「タコ」が待っていた。

 

彼女の名前はタコ。

子供達は大ウケ。

タコがオクトパスだと知っている子供達には

なんとも面白い名前なのだ。

しかし、事前に余計なことを言って

失礼がないように言い聞かせていたので

子供達は黙っていた。。

 

 

彼女は名前の印象とはまるで違う

ジョージアの可愛い女性だった。

若い。多分25歳前後のはず。

 

ロシア系の女性らしく

8頭身。

細く長くしなやかな体と

黒髮で癖っ毛のショート。

 

妹さんもやって来ていた。

弁護士さんだそうで。汗

こちらも美人さん。

 

お母さんも

おしゃれなショートヘアーの

優しそうな人。

 

家族総出。。笑

 

なんどもAirBnB使って来たけども

こんなにウェルカムなのは初めて。

 

私は、メールの印象で

なんとなくこんな人だという予想はついていたので

今回はプレゼント持参していた。。

 

原石で作った手作りアクセサリー。。3つ!

数もぴったりよ。

彼女たちの服の感じ(ちょっとエスニック系)と

たまたまあっていたので

よかった。。。

 

彼女たちの印象が良かったからなのか

ジョージアの印象もすこぶる良かった。

 

プレゼントを渡し

挨拶を終えた後

私たちは荷ほどきをし

早速街に繰り出すことにするのであります。。

 


テーマ:

そろそろ、ジョージアに行く準備に入ります。。

なので、一旦ここで

ブログをお休みいたします。。

 

もし時間があったら

ジョージアでもアップしたいですが

ジョージアはワインが美味しいとのこと。。。

 

夜は酔っ払ってる可能性が高いし

昼間は出かけてる可能性が高いしで

アップ率はあまり高くはないかもです。。笑

 

今は、どのレストランに行こうかとか

どこを訪れようかと色々と調べてる真っ最中です。。

 

それと並行して

ドローンの操作方法を習得中!

特に4Kを生かした

綺麗に見える画素数などを模索中です。

 

現在ジョージアはトビリシの気温は30度前後。。

 

ここに比べると

随分マシですが

涼しいわけではなさそうです。笑

 

夜は18度と若干冷え込むようなので

その対策も立てたいと思ってます。

 

 

今日、病院にいる父とちょっと話をする機会があったのですが

父はボケてるのに「クルジア(ジョージア)に行く」と言ったら

ものすごい勢いで

ジョージアのことを話し始めました。。

 

その内容が合ってる。。爆

私でさえ、生菌初めて知ったのに・・・笑

 

今はボケてしまって

自分がどこにいるかわからない時もあるのに

急にシャープになって

政治の話をしたり

異国の話の情勢を話したりする。。

 

その差が

娘の私には驚きです。。

ボケってやっぱり不思議だな。。

知ってるという回路の繋がり方が。。。

父の場合特に

昔の記憶に強いというか・・

 

父のためにも

ジョージアの写真を

いっぱい撮ってきてあげようと思ってます。。

 

ということで、

色々と調べつつ

今からパッキングをしつつ

出発に備えたいと思います。。

 

 

ではでは

行ってきます・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットクラブの皆さん

その後お変わりないでしょうか・・

 

今日は今までの経過と

前のブログに書いたプロテインの摂取経過など

ちょっとしたいと思います。。

 

 

体重は相変わらず変わりません!爆

ランニングは効果出るまで3ヶ月かかるのだそうで。。

まあ、気長に待ちます。。失笑

 

食べても太らない体質を作るには

時間がかかるのでしょうね!

 

食事は相変わらず

摂取が少な過ぎないように気をつけてることと

バランスを気をつけてる程度。

 

食べ過ぎてしまうことも

食べなさすぎることもあって

波があります。。

 

そんな感じでも、

自分では気づかない場所のお肉が

なくなってきたようで

夫がビックリしてます。。

 

「ここの肉が消えた〜!」と

失礼なことを言っております。。

 

自分で気付くところは

体調がすこぶる良く

かなりポジティブな感じで

毎日すがすがしいことでしょうか・・

 

久しぶりです。

こういう気持ち。

 

無心で走り汗をかく清々しさと

朝起きて体調がいい清々しさ

両方が大好きです。

 

体調が良くて

1日がワクワクする気持ちも。笑

 

ランニングは

コンスタンスに30分続けて

走れるようになってきました。

ただ、今日はちょっときついな〜と思う時は

相変わらず10分ずつ分けて走ったり

ペースを落としたりしながら

調整してます。

もちろん、今日は歩きだけの時も

何回かありました。。

 

以前、ゆっくり走るのができてないと

反省してましたが

今は・・・

ゆっくりゆっくり150〜165くらいの脈拍で

歩くより若干早いかな?くらいのペース配分が

できるようになってきてます。

 

まだ、早い人に抜かれると

闘争本能に火がついて

抜きたい気持ちになり

若干早くなるのが

今の問題点でしょうか・・!爆

 

筋トレは新しいものを入れました。。

それは腹筋ローラーなるもの。。

日本でも1000〜2000円で買えるものです。

 

これで今までのトレーニングプラスで

筋トレしてます。。10回2セット。

 

これの良い点は

腰に負担がかからないこと。

二の腕にも効果があること。

腹筋の下腹部分に

一番効果が出ることでしょうか。。

 

だいぶん締まってきたお腹の

下腹だけは

なかなか難しかったので

これで頑張ってます。。

 

結構下腹に筋肉痛がきてます。。。笑

 

で・・・

ランニングが連続してでき始めたことと

トレーニングも随分負荷を上げたのとで

筋肉痛がちょっと問題でした。。

 

筋肉痛があるときは

無理をしない方がいいので。。

 

 

ただ、今は

ランニングや筋トレは

私にとって

1日のリセット要因。

 

これをしないと

気持ち悪いのです。。

 

なんだかスッキリしないというか。。

 

だから、筋肉痛で

これができないのは

ちょっと嫌なのです。。

 

で・・この前話題に出したプロテイン。

これが活躍してます。

 

私のトレーニング・ランニングは夜にすると決めてます。。

理由は色々あります。

1  時間に余裕があるので続けやすい。(みんな走ってる時間でもあるので安心)

2  オマーンにしては走りやすい気温まで落ちてること。

3  1日の締めくくりにちょうどよく、疲れて寝れる。

4  プロテイン摂取理想タイミングが重なる。

 

で・・4の理想摂取のタイミングというのが

 

トレーニングのあと30〜40分以内にプロテインを摂ると

筋肉の修復に効果的であること。

 

そして、夜寝る前にプロテインを摂ると

これまた筋肉の修復に効果的なこと。

 

寝る前に食べて飲むなんて

ダイエットではあるまじきことですが

実は、寝る前のプロテイン摂取は

痩せることにつながるのだそうです。。

寝てる間の脂肪燃焼を助けるのだとか。

 

実際、摂取し始めて、筋肉はできてるのに

体重は変化なし。

 

体は無理なく引き締まりつつあります。

 

筋肉の修復は筋肉痛の減少に繋がり

次の日に疲れが残らないし

筋肉痛もかなり軽減されました。

 

筋肉の修復と筋肉の増加

プロテインにおける働きです。。

 

そして、朝起きて

すぐにプロテイン摂取してます。

 

寝てる間に筋肉の修復が進むのですが

朝の摂取は

寝てる間の足りない部分を補うのだそうです。。

 

結構、飲むだけでお腹いっぱいになるので

朝食の量が随分減りました。

これだけで随分カロリー抑えられた気がします。

 

ただ、朝の摂取は

時々しないことがあります。。

カロリーの部分を考慮したりして。。

 

でも、トレーニングの後の摂取は

今のところ絶対欠かさずやってます。

筋肉痛が嫌なので。笑

 

無理なく30分走れるようになったのも

プロテイン摂取で筋肉がついたからかもしれません。。

 

ということで

私のプロテイン摂取

夜のトレーニングの後と

朝食前。。。

 

これで、果たしてどうなるのか。。

 

乞うご期待です。。

 

 

お互い頑張りましょうね〜!

 

 

経過記録

 

ダイエット始めて1ヶ月半

落ちた体重4キロ

 

ランニング&ウォーキング1時間を

はじめて15日

トレーニングにて燃焼した

平均燃焼カロリー・・・490キロカロリー

 

 


テーマ:

いや〜久々にイラっときました。。

 

なので、吐き出させていただきます。。

 

昨日の夜・・

 

夫は義父母達と話していた。。

 

私が食事の用意をしているときに・・

 

 

父の調子が悪くなってから

私はあまり夫の家族と話すことが

好きではない。

 

その前までは努力してた。

好きになる努力も

何もかも、夫の家族だしと思っていた。

 

しかし、父が倒れたのは

私にとっては

初めての身内に起こった不幸。

そして、日本にいれないもどかしさとストレス。

 

こんな状態を抱えていると

何があっても

心の中は晴れやかになることはなく

いつもどこかが曇ってる。。

 

親に何かが起こるというのは

みんなが通る道だけど

日本にいれないというだけで

かなりストレスを感じてしまう。

 

日本にいても遠いところに住んでれば

同じと言われそうだけども

日本じゃないという

その事実があるだけで随分気分が違う気がする。

 

さて、そんな私に

夫の家族は時々爆弾を投下してきた。

 

私の父が倒れた1回目の日本への帰省中

義弟に嫌味をWhatsapp越しに言われたのは

一生忘れない。

「そんなに長く日本にいるなんて

信じられない」と言う

余計な一言を最悪のタイミングで言われたこと。

正直義弟には何も関係ない余計な一言。

 

夫には、言ってないけども

彼を好きになることは

この先ないだろう。

私はそんなに人間ができてないので。

 

私は、我慢強いほうではあるとは思う。

ある程度は我慢する。

でも、ある一定の条件を超えると

そこから先は受け付けない性格。

 

人が窮地に追い込まれていて

悩んでいるときに

非常な言葉をかけれる・・・

 

というのは私の中では

ある一定の条件を超えてしまった。

 

こういう人でなしとは

付き合わない。

 

そして、義父母。

彼らもまたこの条件を超えてしまった。

 

父が倒れたので

日本に帰った時

ちょうど義父母がくる予定だった。

 

しかし、こんな状況だし

私と子供たちは日本に帰るしで

来てもらっても困る。

 

そう思い、私は来る前に

「来ないで欲しい」と連絡した。

 

このことはお金がかかっただろうから

文句言いたいのはわかるのだが

文句なら影で言えばいい。

なのに直接嫌味を言われた。。

 

日本に遊びに行くのに

来るなと断ってるわけではない。

 

父が倒れたから

来ないで欲しいと言ったまで。

 

しかも、きたらきたで

接待するのは私だ。

私がいなければ

バーレーンで行動するのは全てタクシー。

お金もものすごくかかる。

 

だから、来ない方がいいと言ったまで。

 

と言うか、受け入れ先が都合が悪かったら

くる方に文句言われる筋合いはないけどもね。

 

今考えると

来させればよかったかなと。。

何も言わずに私達だけ行けばよかった。

 

息子には会えるんだし。。

 

私なしで苦労した方が

夫も少しはわかるだろうし。

 

この事件で

義父母を結構避けていたけれど

あまりにうるさいので

去年はフランスにも行った。

 

相当金を使った。

 

義母の奇行が目立ち

もう、2度と(義父母が生きてる間は)

フランスには行きたくない。

そんな気持ちで帰ってきた。

 

そして、その後、私は意図して

関わらないように

連絡は最小限にしてきた。

 

私が避けてるのが

はっきりわかるような

そんな態度。

 

私だって心理戦は得意だ。

そして、私のは本気を出せば

義母のと違って

えげつない。

 

ただ、義家族に対して本気出したら

夫がかわいそうなので

徐々に分からせようと

思ってやっている。

 

 

で・・・

このやり取りで

唯一何も関わってないのが義妹。

なので、義妹は今でも好き。

問題なく話せる

夫の家族では唯一の存在。

 

 

最近の私の義家族との問題をおさらいすると

まあ、ざっとこんな感じだ。

 

今までは義父母と話す時は

積極的に画面の中に入るようにしていたが

父の一件、

フランスの一件以降は

ほとんどそういう努力はせず

電話してる時は

わざと忙しくして

席に座らない。爆

 

しかし、昨日は珍しくしつこかったよう。

 

食事を終えて

夫が電話をし始めた。

 

最初は片付けを装って

逃げてたが

夫がだんだんと近づいてきた。。

 

どうも、一緒に写って欲しいらしい。

 

それでも、私は避け続けた。

 

なぜか・・

 

実はこの時期

いつも話題になることがある。

 

「次はいつそっちに行こうか?」という。。

 

ここ最近は断っていたが

以前は毎年1ヶ月もの間滞在する。

 

イスラムの国に

なんの配慮もない義父のトラブル処理。

義母の愚痴大会。

1ヶ月はかなり過酷なのだ。

 

正直、今の私には

彼らを受け入れる余裕はない。

 

気持ち的にも。

 

そして、もう一つ、気持ち以外で

受け入れたくない理由がある。

 

それは・・・余計な一言を

病気で倒れてる父に言ってしまうこと。

70歳という若さで

もう立てない父を

自分が健康だからと

「そんなに早く悪くなるものかしら?」

みたいな。。

そんなあんたの感想なんか

聞きたくないのに。。。

的な内容の話に

結構な確率でなる。

 

夫でさえ

自分の親が健在だからと

比較を始めたりする。

 

正直

聞きたくもない話。

 

父が過去に不健康な生活を送っていたのは事実。

だから、それを今更比較して

自分はヒロのお父さんよりいいみたいな・・・

 

そんな話を聞きたいわけがない。

 

確かに

自業自得だけど

他人にそのことを言われるのは

やっぱり腹がたつ。

 

だから、私は常に

「私の父の話をしないで」という

サインを送り続けてる。

 

最近は夫にさえ

そういうサインを送り始めた。

 

もう、余計なことでストレスを抱えたくない。

慰めたり、支える気持ちがないなら

黙ってて欲しいとさえ思う。。

 

こんな状態なんだ。

1ヶ月も受け入れるなんて

もってのほかなのだ。

 

 

しかし、夫はいつものように

勝手に返事をしているよう。。

 

半年以上も前に

父があんな状態で

計画立てれるわけがない。

 

もし、何かがあって

私たちがいなくなっても

文句言わないのなら

100歩譲って来ても構わない。

 

しかし、そうじゃない。

こいつらは。。

 

だから、私は断って欲しかったが

もう、息子と親の間で

話が勝手に進んでた。

 

そして、最後に

「ヒロ、この時期でいいやろ?」みたいな。。

義父母と夫3人に押し切られるような雰囲気で

うんと言わされる。

 

これ、いつものこと。

 

でも、来ても私は何かあれば遠慮せずに日本に行く。

1回文句言われたんだし。

2回目も同じだ。

 

勝手に決めた後に

やっと「でも、ヒロのお父さんは大丈夫なの?」

と言い出した義父母。

 

本当に気が利かない奴ら。

 

「大丈夫もなにも

ずっとギリギリを保ってます。」

と私。

 

実際、最近、嘔吐で食べ物(胃瘻用の食事)を詰まらせ

それが原因で熱を出して

ちょっと危ない。。

 

すると義母が

「何かあったら

すぐに行けばいいよ。

孫は私が見てるから。。」とな。。

 

この人、本当にありえない。

 

外国人は本当に

自分に置き換えて考えるのが下手。

 

父に何かあったら

父は子供達に会いたいはず。

最後かもしれない

その数回を

心待ちにしてることがわかってるのに

子供達を置いて行くわけがない。

 

義父母だって病気になって

死にそうになったら

会いたいのは自分の子供もそうだけど

孫に会いたいのは当然。。

 

なんで、そんなシンプルな置き換えが

できないのか・・・。

 

私はあえてなにも言わなかった。

 

なぜなら、実際にそうなった時は

連れて行くので。

子供達が行くというだろう。

 

夫よりも義家族よりも

「じいちゃん」の心配をしているのは

子供達だ。

そんな子供達が

爺ちゃんの危篤の知らせを受けて

行かないというわけがない。

私がそんな子に育てたんだ。

間違いない。必ず行く。

 

だから、そのジャッジを

あえて義父母の前でさせようと思った。

 

そして、今度こそ

来てもらって

ここに置いて行く。

 

ここは、バーレーンほど

外を歩けない危ない環境ではない。

道も整備されてるし

スーパーも近くにある。

 

目の前は海だし

義父が困ることはまずない。

 

だから、安心して置いていける。

 

文句言われても気にしない。

相手が自分のことを優先するなら

私も自分のことを優先する。

 

 

11月ごろに来たいというその話を

そんな決意のまま

黙って聞いていた。。

 

もちろん、いい顔などしてない。

見ればわかる。

あまり乗り気じゃない顔。。

でも、イギリス人。。。というより義家族は

この無言の顔の意味をわかっていても

あえて見ないようにする傾向にある。

 

まるで

「言葉に出さなきゃわからないだろ?」と

言わんばかりの態度。

 

だから、あえてこちらも

言葉に出さないで分からせる。

 

西洋人があまり賢くないな〜と思うのはこの点。

「言葉だけでは何の意味も成さない」そのことを

全く理解しようとしない。

 

人間には感情や気持ちがあり

いくら言葉で何と言おうとも

その言葉が心と連動してることなど

イギリス人でさえ希。

だから、その人の置かれてる状況や

表情である程度判断しつつ

なにが言いたいのかを予測しながら話す。

 

こういうことができる人は

西洋人には少ない。

 

全てが言葉と

オーバーなリアクション。

 

「愛してるわ」と言いながら

キスしてハグしても

影では結構言われてるのを

何度も見て来た私には

彼らの言葉など何の意味もない。

 

だから、私のやり方は曲げない。

嫌いなことは

嫌いだとわかる態度を出す。

 

さて、この話が

微妙な方向で終わり始めると

今度は夫が余計な一言を言う。。

 

「今年はさ。。

クリスマスが休みになりそうなんだよね。。

久しぶりの休みよ。」とな。。。

 

そう、7年ぶりに

夫はクリスマス休暇をもらえそうなのだ。

このことは我が家では大事件。

「雪を見たことがないから

雪の降り積もる場所でスキーをしたい!」

そう子供達に言われていた夫。

 

夫にはクリスマスがなかったと言うことは

子供達にもクリスマスはなかったと言うこと。

 

娘なんか特にダディーを交えて

クリスマスをきちんと祝ったことは一度もないのだ。

 

だから私は、あえてこのことは黙っていた。

家族で初めてのクリスマスなんだ。

当然、自分たちでやるだろうと。。

 

しかし、バカな夫は

その事実を親に話す。。。

 

本当にばか。

私は、クリスマスにイギリスに帰りたいとは思わない。

特に夫の実家には行きたくないし

夫の家族と過ごしたいとも思わない。

過去に相当嫌な思い出がある。

 

なのに。。

何で今更。。。

 

するとバカな夫は

「みんなで違う国に集まればいい」と言い出した。。

 

ああ、言ってしまった・・

まあ、イギリスに行くよりマシだけども。。

でも多分、義父母が言い出すよ・・・あれを。。

 

そう思っていると案の定

「いいね〜!一緒に過ごしたいね!

でもね、A(義弟)たちは

お金ないから海外にはいけないのよ。

 

どこに行っても構わないけども

家族みんなが一緒じゃないと嫌なの。

特に義弟家族が来れないなら

イギリスにいるわ」と

久しぶりにクリスマス休暇が取れると言う夫の息子を

優先しない発言が出てくる。。

 

「イギリスに来ればいいじゃない?」

と義父母が言うも

みんなが泊まれるような家のサイズじゃあない。

だから非現実的。

私たちのフライト代が

すごい金額になる。

義弟優先だから

家を借りるとすれば私たち家族。

 

義弟には呼び寄せるためにお金を払ってまで

世話するが

夫には義弟のためにお金を使わせることを

屁とも思ってない。

 

ちなみにこの時期のフライトと家を借りるので

ざっと50万円は軽く超えるだろう。

食事やイギリスでの生活費を入れたら

すごい金額になる。

どうせ、義弟家族の分も払わせられるので。

 

「イギリスは高いから無理です」そう言い切った私。。。

 

夫よ。。

あなたはいつも母親が嫌いと言いつつ

母親に良くするのは

こう言うことなんだろうね。。

なにを行っても

いつも義弟よりは後回し。

これじゃあ、やってられないよね。

かわいそうな人。

 

この発言で

私は一気に今年のクリスマスは

我が家だけで過ごすと言う

気持ちに傾いた。

 

「義弟たちはお金持ってなくて・・・」を連発してる義母。

すると夫は

「どこの家族もそれは同じだよ」と

一応言い返した夫。

えらい。その通り。

 

夫一人クリスマスのことで盛り上がっていたが

その後ろで私は手伝うふりをして

義弟たちには到底いけそうもない場所ばかり

提案した。。爆

 

だって、一緒に過ごしたくないもの。

 

義父も切れるだろうし

夫も多分、酔って切れるだろうし。

 

そう言う要素を抱えた家族と

過ごすんだから

クリスマスが荒れるのは

行かなくても良く見える。

それに、一緒に居たくないよ。

 

あんな身勝手な

ビーガンな義弟家族と一緒の食事するって思うだけで

胃が痛くなる。

自分たちで用意するならいいけど

そうじゃないだろうし

文句しか言わないだろうしね。

 

相変わらず

義母は義弟のことしか優先しない。

 

長い長い不毛な義父母との電話を切った後

私は

「私、イギリスには行かないから。

行っても、義父母たちの家には行かない。

クリスマスは子供達のために過ごしたい」

と言ったが

久しぶりに会いたい夫は

なにやら色々考えて居た様子。。

 

夫は妹や弟と会っても、喧嘩したり

失望したりして

がっかりしながら帰ってきて

最後はもう、2度と帰りたくないと言う結論を

何度も出してるのに。。。

 

それでも家族に会いたいのかな。。

でもな。。。

それで、私も結構被害を受けてるからな。。。

 

 

とりあえず

我が家にとって7年ぶりのクリスマス。。

11月にやってくるのは

もしかしたら阻止できないかもだけど

クリスマスだけは・・・

絶対に義家族と過ごすのだけは

阻止してやると

心の中で誓った私なのであります。。

 


テーマ:

Youtuber...

この言葉最近の言葉ですよね。

 

語尾に-erがついてるんだから

〜する人という意味です。。

 

playerとかと一緒。。

Youtubeをする人・・作る人だそうで・・

 

今、子供達が将来仕事として

Youtuberになりたいという人が

多いのだとか。。。

 

現代っ子らしい発想。。汗

確かに楽そう。。笑

 

我が家の子供達も

ユーチューバー目指しそうなので

釘刺しておきました。

 

趣味程度ならわかるけど

それ以上となると

若干親としては不安。。

 

さて、今日はそんなユーチューバーに

最近イラつき始めたお話。。

 

 

もうすぐジョージアに行く。。

 

ジョージアといえば

私にとっては未知の国。

こういう時、ネトで調べるのは

いつものこと・・・・。

 

調べ物は

ネットの記事の閲覧はもちろん

映像も参考にする。。

 

で・・・

ジョージアは日本以外では

かなりマイナーな国なため

ローカルな情報を扱ってるのが

ほぼユーチューバー。。

 

だから、仕方なく見るんだけども。。

 

このユーチューバー、、、

イラつく。

 

バックパッカーが多く

いい情報もたまにはあるけども

ほとんどが見ても参考にならない。

 

なぜなら・・・

 

常に自撮りで

自分を中心にとる。

 

お前の顔じゃなくて

周りを映せよ。

 

って突っ込みたくなるし、

カメラワークも

流石に素人で

ゆらゆら

ぐるぐるまわったりして

見たくもない顔以外は

全く見えない。

 

しかも。。。

「いや〜いいところで気に入りました!」っていってるのに

その気に入ったところを写してないもんだから

「何がそんなに気に入ったわけ?」って

コンピュータの前でブチ切れ。失笑

 

何かあるたびに

画面いっぱいに広がる

私を見て〜〜〜〜〜!

 

なんでそんなに

自分ばっか映すんだよ!

君の顔には興味ないんだよ。

ジョージア映せよ!💢

 

10分も放送したのに

ジョージアの情報がマジで少ない。

8分、自撮りで

残り2分有意義な情報や映像。

 

もうね。

最近の子は自分好きなのは

まあ、悪いこととは言わないけども

情報を伝えたかったら

まずはその役立たずな自分の顔をどけろ。💢

 

っておばちゃんは思うわけです。

 

自分好きも

大概にしてよね。全く。

 

ユーチューブって

何かの使い方だったり

作り方だったりを

説明するのには

本当にいい機能だと思う。。

 

まあ、そうじゃなくても

目的がはっきりしている撮影は

見てて参考になる。

 

だから

旅やその国のことが知りたくて

ユーチューブを見てる人向けに作るなら

やっぱりそこには

「映す俺?旅してる俺?」以外の

客観的な情報が欲しいわけです。。

それも、かなりの量。

 

俺はいらないのよ。

俺は。

興味ないし。

 

情報得るために見たのに・・・

本当に無駄な時間になってしまったと思うと

やっぱり次を見ようとは思わないわけです。。

 

でも、ユーチューバーで

一つだけ気に入ったものがあった。

それは・・・

空中撮影。

 

これはいいな・・

 

と思った。

 

今や、空中撮影は

素人でもできちゃう。。

 

なんでできちゃうかって?

 

それはこれですよ。

 

ドローンです。。。

 

いや〜いいね〜!これ。

 

そう思ったのは

 

こんな映像とかが

自分で撮れちゃうんです。。

しかも、高画質。。

 

正直にいうと

今までものすごく綺麗な世界各国を

旅したのに

文章だけじゃあ

全く伝わらないし

低い位置からの

少しの情報の撮影じゃあ

何がそんなにすごかったのかも

わかんない。。

 

この感動をブログ読んでる皆さんにも

わかってもらえたらな〜とは

常々思っていたわけですよ。。

 

ただね。。

ドローンは色々と法的に規制があるし

大きいドローンだと

許可を取らないといけなかったり。。

何より今まで住んでいたバーレーンは

こういうの完全に禁止だったんでね。。

 

秘密いっぱいだからさ

あの国は!笑

たいして隠してないんだけどね。。爆

 

だから

旅にあったらいいな〜って

わかってたけど買える状況になかった。。

 

で。。オマーンはというと。。

まあ、ある程度の規制はあるものの

所有はできるよう。。。

 

なので、買っちゃいたいな〜という気持ちが

あのユーチューバーたちを見て

出てき始める。。

 

私の方が

絶対面白い画像を取れるはず。。

 

いや、実際は

機械音痴なので

どうなるかはわからないけども。。笑

 

さて、そのドローン。。。

種類はたくさんあって

ピンキリ。。

でも、安定した状態でいい画像が撮れる

本格的なのものはそんなに安くはない。。

 

ううう〜。。。

 

と悩みに悩んだ・・・。

 

 

しかし、夫も息子も

こういうの大好き。。

 

キャンプに行っても

先の先まで偵察できるのは

ありがたい。。

 

トレッドミルマシーン(ランニングマシーン)を

諦める代わりに

ドローンを買おっか〜?

 

という話になったのが昨日の夜。。

 

ふむ。

 

でも・・・

問題もある。。。

もうすぐジョージアに行くのに

時間がない。

 

つまり

輸入してる時間なんてない。

 

かといって

オマーンで私たちが欲しい高性能のドローンが手に入るかどうかは

疑問。。。

 

なにせ、オマーンはかなりものが少ない。

ドローンじゃなくても買えないものが

たくさんこの国にはある。

 

ドバイなら簡単に手に入るんだろうけども。。

 

色々調べて欲しいのはもう決まってる。。

DJIの商品でMavic PROという機種。。

なんども調べて

これに行き着いた。

先ほど写真に乗せたあのタイプ・・・。

 

全部折りたためて

旅行には持ち運びしやすい大きさ。

 

これが手に入らないかな・・・

 

と今朝から調べてると。。。

あった。。。

オマーン版のヤフオクの

オークション形式ではないもの。。

その名もOXL Oman.

 

ほとんどの

オマーン人は

ここで売り買いをしている。。

車や家具など

ありとあらゆるものを

ここで取引するのだ。

 

見つけたドローンは

お目当の機種。

 

最初見つけたのは

中古品。。

 

でもお値段がお手頃。。

 

う〜ん。。。中古か・・・

 

そう思いつつも

一応問い合わせて見た。。

 

すると・・

問い合わせ先が

メールのみ。。

 

なんだか変だ。。

 

いつもなら

必ず電話番号が書いてあるのに。。

 

そして、住所を見ると。。。

マスカットの外れの山奥。。

 

あんなところ

人が住んでたかな?

 

そんな場所。

 

一応、連絡を取ると。。

すぐに返事が・・・。

 

しかし、なんだか様子がおかしい。

 

夫にそのやりとりを見せると

「この電話番号、アメリカの電話番号」

とな・・

 

そう、アメリカに住んでる人が

オマーン住民になりすまして

かけてきた。。。

 

アメリカから取り寄せる。

しかも中古品を。。

 

輸入を避けたくて

オマーンのサイトで探してたのに

アメリカからだなんて

無理だ。。。

 

そう思って断った私。

 

するとこの男性。

どうしても売りたかったらしく

「2個買ったら

もう一個つけるよ!」とな・・

 

いやいや、個数の問題じゃあないんだよ。

 

すると

「アメリカからだと2〜3日で届くから」とな・・・。

 

いやいや

今はラマダン中。

そしてもし、2〜3日後なら

EIDというラマダン明けの祭日。

日本でいう新年くらいの大きな行事なのに

配達業者が働くわけない。

 

日本だってこの時期は怪しいのに

アラブのオマーン人が

働くとは決して思えない。

 

私は

「EIDがあるから

2〜3日じゃあ無理よ。」と

この男性にいうと

「私もムズリムだから

ファースティング(断食)してるからわかる。

そっちのことはよく知ってるよ。

問題ない。

神に誓って2〜3日で届く。」

 

とな。

 

イスラム教徒=中東のこと知ってる

とは言えないと思うんだけどね。。

 

それにさ・・・

神に誓ってって

今までイスラム圏で生活してきて

話の中に

「神」が出てきたら

ろくな目にあわないのよ。

 

神=絶対

というより

神=何が起こるかわからない

っていう構図の方が

正しい気がするのよね。。

だから

そんなこと言われたら余計に信じられないわ。

 

しかも、イスラム圏では

EIDのお祭りは

かなり大きいものなのに

平気で荷物は絶対届くから大丈夫といってる感じが

ああ、イスラム教徒かもしれないけど

アメリカ人のムズリムね・・・

本場のイスラムの国は知らない感じだな。。

というのが会話から滲み出る。。

 

 

この国で

絶対なんて約束

できるはずないのに。。

 

特のお届け物。

「アメリカではどうか知らないけども

イスラム圏のこっちの方ではね

EIDは結構盛大だから

DHLもお休みになるのよ。

サイトで調べて見たらいいわ。

 

大丈夫大丈夫って

もう少しで国を出るから

性格じゃなくちゃダメなの。

なのにこんないい加減に

大丈夫を連発して

こっちの状況も知らないんじゃあ

あなたは信用できないから買えない。」

 

そう言って断った。

 

するとやっと理解したようで

「わかった」

と連絡をやめてくれた。。

 

さて、困った。。

 

もうないんだろうか・・

 

そう思ってよく探すと。。

あった・・・

 

しかも

買ったのに使ってない所謂新品。

それも1つだけ。

 

値段もそこまでバカ高いわけでもない。

日本のアマゾンで買うのと同じ値段。。

 

まあ、これくらいならいいかな・・・

 

今度の売主は

ちゃんと電話番号もオマーン。。。

 

大丈夫そう!

 

と思えるのだが

一つだけ問題が。。

 

このサイトのアップは1ヶ月ほど前。

果たして、まだあるんだろうか。。

そう思い

連絡を取る。。

 

しかし、応答がない。。

 

もしかしたら売れてるのかもしれない。。

 

そう思って待つこと2時間。。。

 

ようやく連絡が。。

 

まだ持ってるとのこと。

アメリカで2つ購入し

壊れた時のバックアップのためにとっておいたのだが

意外にも持ってる1つが丈夫だったため

バックアップの方を売ることにしたそうな。。

 

時間を設定し

彼の家を訪れ無事購入。。

 

オット大喜び。

ずっと欲しかったんだもんね。。

 

高い大人のおもちゃご購入。。。

 

なんか卑猥だな。。爆

 

 

とりあえず、

 

無事に購入したので

今度行く国

ジョージアを撮影したいと思います。。

 

一応、ジョージアのドローンの規制に関する内容は

読んだので

田舎であれば問題なさそうです。。。

 

街中は色々と規制があるので

若干無理そうですが。

 

とにかく、ジョージアの雄大な自然を

撮影して

皆さんにお届けしたいと思います。。。

 

ムフフフ。

 

これで私もユーチューバーの仲間入り?爆

 

まあね。最初なので

あまりうまいこといかないかもですが

なんだか旅の他の目的ができて

嬉しいです。。。

 

立派なジョージアのプロモーションビデオ

作れたらな〜って思ってます。。

 

乞うご期待!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.