料理を仕事にしたいと思い始めた若かりし頃…〝医食同源”の言葉に出会いました。

医食同源とは、古く中国で薬食同源(やくしょくどうげん)と言われ[毎日の食事で口にするものこそが健康を保つための何よりの薬である]との意味。日々の食事管理が「五臓六腑」の管理、自分自身の健康の管理になっているとの事です。そして日本でいつしか言い換えられて、薬と食事は本質的な区別がなく体に良いものを食べて体調管理し元気に生きれるよう「医食同源」になっていったとか… すばらしい事、家族の健康、命、毎日は…日々の食事・食生活にかかっているんです。

生かすも殺すも匙加減…お医者さん以上の影響力です。

今は春、春は身体も陽気が多くなり、頭がボーッとしたり、めまい、ふらつき、目の充血、血圧の上昇などが起こりやすくなります。冬の間に動きの鈍った身体を刺激し、溜まった老廃物を体外に出す、代謝を高める性質の食品が必要になります。春の山菜には薬効効果があるとされ、よもぎは強壮、保温、腹痛に、ナズナは腹痛、下痢、止血に、うどは解熱、神経痛、リウマチに、のびるは強壮、虫刺され、打撲などに良いとききます。ふきのとう、ぜんまい、わらび、うどなどの抗酸化作用や、つくしの抗アレルギー・抗花粉症作用、菜の花は体内の老廃物を出し、むくみを取り血液循環を良くするとか、筍は体の熱を冷まし、タンや老廃物を出し便通もよくします。蕗はタンを取り、咳を鎮める力があり胃の働きを良くするそうです。山菜の効果は多く毎日の食事にと願います。ただ、食べる量を過ぎれば、薬は毒にもなります。

今回のコロナ禍で、おうちご飯の機会も増えました。手洗いや三密をさけて等気を付けないといけないことも多いですが、家族の事、体の事を考えて、季節に添って、身近な自然にあるものを優しく体に取り込む『地産地消』、極力添加物の多い出来合いの商品を避け、楽しく食事をとることが〝医食同源”!春の山菜をもっと取り入れ、毎日の食生活での体調管理、免疫力アップ等、健康で病気になりにくい体質作りと予防を家族を想う〝医食同源”で頑張っていただきたいと強く願っています。

 

◎肉そぼろの三色どんぶり 

 豚や鶏ミンチ150g

 卵 3個 

 ホウレン草 1束 

 熱々ごはん 500∼600g

 Ⓐ( 濃口大s2酒大s2みりん大s1砂糖大s1 だしの素小s1/2)おろし生姜

 Ⓑ(砂糖大s1 みりん大s1 牛乳大s2 塩小s1/5 )

 Ⓒ(白だし大s2 又は淡口とみりん各大s1/2)

 Ⓓ紅生姜や木の芽

 

①豚ミンチを小鍋に入れⒶを加えてよく混ぜてほぐし さえ箸や割り箸を5~6本持ってほぐしながら煮立てて 煮汁を半分ほど煮詰め 仕上げに生姜を加える

②卵もボウルに割り 泡だて器で良くほぐしⒷと合わせてからフライパンに移しお箸5~6本で混  ぜながらやや柔らかい位の半熟の炒り卵にして冷ます(余熱で仕上がる位で)

③ホウレン草は少し柔らかめに茹でて水にとってから水気を絞り1㎝のあら刻みにしⒸで和える

④ご飯を4~5個のどんぶりに等分に盛り 器の周りを気を付けながらホウレン草を盛り次に 卵、最後にそぼろの順に見栄え良く彩りよく盛りⒹをかざる

一口メモ

豚は鶏や牛ミンチにしても美味、まとめて2~3倍で作って保存しても便利です。よく混ぜてから火を通し煮詰め過ぎないのがポイントです。春の栄養バランスの取れたこの3種を巻きずしに巻き上げても美味しく又違った1品になります。

 

◎よもぎ豆腐 

 よもぎ30~40g→柔らかいものを茹でる→粗きざみ

 くず粉40g

 Ⓐ豆乳400㏄ 塩小s1/3 淡口小s1/2 )

 わさびや生姜 茹で海老など

  旨だし( 水1カップ みりんと淡口各大s2 花かつお1パック )→1:1:6

 

①よもぎはミキサーに入れて 豆乳を一部入れて撹拌し くず粉も入れて更に粉砕、

 残りⒶも総て入れてしっかりかける

②20㎝位の片手鍋に入れかき混ぜつつ火にかけ1/3がかたまりかけたら火を止めてよく混ぜ

 滑らかにし もう一度火にかけてクツクツ言わせ 鍋底がプルンプルンしたら

 流し缶に入れて平らにし冷やし固める(茶巾や小器もOK)

③ひと煮立ちさせて漉した旨だしとワサビ等と茹で海老を添える

 

一口メモ

よもぎには 食物繊維 クロロフィル 血液凝固作用のあるビタミンK、粘膜や皮膚の免疫機能を維持するカロテン、ストレス解消・防腐作用のシオネールやビタミン、ミネラル、フラボノイド等効能一杯。吸物の椀種にして、春の豪華吸物も良いですネ。

理を仕事にしたいと思い始めた若かりし頃…〝医食同源”の言葉に出会いました。

医食同

 

 

 

※毎日食べてます~ダイエットに最強!

  エノキの佃煮!!

昨年度末に エノキの原稿を書いて~

ヒロコも実践! ごはん大好きで…食べる事は減らせないヒロコは~

◎<ダイエットに最強> 干しえのきとちりめん雑魚で佃煮風…

主人と二人で一週間に一度~作ってます!!

お天気の悪いこの頃は~干さずに作る事多いですが~ご飯が進み過ぎて…困ってます

 

◎干しえのきとちりめん雑魚、クルミの佃煮風<ダイエットに最強>

 

 えのき200g→1,5㎝に切り ほぐして天日で2時間以上干す

 ちりめん雑魚(上乾) 50g

 ローストクルミ 30g→あらみじん→なくてもOK~

 生姜1,5㎝細切り大s1強

 Ⓐ濃口大s2 みりん大s2 好み砂糖) 白ゴマ大s1

 

内臓脂肪を減少させるエノキタケリノール酸!2時間ほど紫外線にあてると、

 カルシウムを吸収しやすくするビタミンDが2倍に増える! 汁ごと食べられるメニューが良い! 

 

①フライパンにⒶを合わせ エノキ、雑魚 生姜を入れ火にかける

 かき混ぜながら煮詰め クルミ 白ゴマも入れる。

 一週間は 常温保存できそうです~

 

 

 

寒くなってきました!鍋物…汁物等、きのこを美味しく頻繁に食べる日々!

世界の中ではきのこ好きとされる日本、江戸時代 ほぼ300年以上前から人工栽培が始まり、約50種ほどのきのこを生産しているそうです。

 その中で 生産量のトップを20年以上守り続けているのが、なんと エノキなんです。白くて、味も薄く、めだたないエノキですが、100gあたり22kcal糖質量は3.7gキノコ中の最低カロリーと低糖質。見た目から誤解されがちですが、実際は各種ビタミンやミネラル、特にビタミンB1の含有量はきのこ類の中でトップクラスとの事。

 他のきのこ同様、疲労回復効果、体内の消臭 血液サラサラ 免疫力大 ガン細胞の増殖を防ぎ 老化防止 等々 健康・美肌などの効果が本当にたくさんあります。

 そして エノキだけに含まれるエノキタケリノール酸が有り アドレナリンを刺激し運動と同様に内臓脂肪を燃焼させる効果と、体脂肪率を下げる事から…

「下腹ダイエットの秘密武器」とも呼ばれ、血糖値を抑え便秘改善大の最高のダイエットきのこになります。

ただそれらの効果は細胞をつぶして食する方が無駄なく吸収できるそうでブームになったエノキ氷のように短く切って汁ごといただくメニューが良いそうです。

 鍋物の長いエノキより短く切って焼売(2015年掲載)やハンバーグ、ポタージュが無駄なく吸収できるようです。

 また、<干しえのき>と言って エノキをバラバラにして2~3時間天日に干すとビタミンDが2倍に増えカルシュウムの吸収がアップし 細かくはさみで切り 毎日の味噌汁や佃煮、お茶にも利用すると良いとか…既製品も販売されています。

 皆さん コロナ禍のいま、もう一度食生活を見直し 身近なエノキをもっともっと最高の形でたべられるよう 免疫力アップとダイエットに頑張りましょう。

 

◎簡単きのこのポタージュスープ 

 えのき 200g

 しめじ100g

 椎茸1/2パック

 玉葱小1個

 浮き身用 フライドオニオン等

 Ⓐバターやオリーブ油大s1 →(水1カップ スープ素1~2個 塩小s1/2)

 Ⓑ牛乳や豆乳400㏄ 塩胡椒 →仕上げ水で調節(1カップ弱)

 

①えのきは2㎝長さ しめじは半分にきる。椎茸は薄切り、玉葱は半分に切って横の薄切り

 にし塩少々振っておく。

②ふた付きの鍋を火にかけ 好みのⒶのバター等で①のしんなりした玉葱を透明になる迄

 炒め、きのこも徐々に足して押えつつ炒める

③Ⓐの水等を加え蓋をし弱火で5~10分蒸し煮にする。

④冷ましてミキサーにかけⒷと合わすか、 Ⓑを半分足してブレンダーにかけⒷを総て加えて

 2~3分弱火で煮込み 固さ調節に水1カップ程加え味を調える。

一口メモ

エノキのぬめりでしっかりとろみがつきます。生クリームや小麦粉要らずのヘルシースープ!まとめ作りで毎日いただくとダイエットにも効果有り!又、きのこは数種使用すると味も免疫力も効能も更にアップします。

 

◎えのき味噌バーグの 黒酢あん 

 豚ミンチ 300g

 えのき200g

 玉葱 1/2個100g 

 キャベツ 150g

 人参適量

 Ⓐ片栗粉大s2

 Ⓑ( 田舎味噌大s山1 酒大s2 コショウ おろし生姜小s1)

 Ⓒ(黒酢大s5 黒砂糖大s3砂糖大s1~濃口大s2塩小s1/2水250cc片栗粉大s1)ゴマ油 

 

①えのきは 1㎝に切りバラバラにほぐし 玉葱はみじん切りにする

②①にⒶの片栗粉をからませてからミンチ、Ⓑを合わせてしっかり練り 15~16個程に分ける

③フライパンにサラダ油を敷き バーグを丸めなおして少し平らにし並べ 強火で焼き目を

 つけ返して3分程蓋をして焼き Ⓑを入れ返しつつ照り良く仕上げゴマ油を少々かける   

④キャベツを2㎝角切り 人参をピーラーで削り合せて レンジ3分ほど入れて付け合せにする

一口メモ

エノキの火を通すとぬめりが出る特徴が ミンチと合わせて焼くと柔らかくモチモチして本当に美味 また冷めても美味しいです。今回は黒酢と黒砂糖でヘルシーあんを作りましたが焼いてケチャップ等もあいます。ぜひお試しください。