☆美味しい黒豆は 丹波の粘土質の土壌と、昼夜の激しい温度差が好条件となり 古くから良質の黒大豆と有名です。

 贅沢に 枝豆で食べるようになったのは~30年ほど前からだったように思います!

 お正月用の高級品丹波黒”をひそかに~茹でて食べる…地元民のぜいたくでした~!!

 

 お正月用 丹波の黒豆は 粒の大きさ、しっかりしたつめは右にでるものがなく、煮あがりの味のよさは抜群です。

 また、いくら煮ても皮がむけにくいのが特徴らしいです。

 昔から 「畑の肉」といわれ、腎臓・循環機能にも薬用があり、咳どめにも効果的、コロナにも免疫力大かもしれません!

 

地元のおばさん”ヒロコ”がお伝えしたい黒豆の枝豆 炊き込みご飯です!

 

 ◎黒豆の枝豆 丹波風炊き込みご飯 

 米 3合 (内大s1強もち米 )

 黒豆の枝豆 エダ付き 1~2本 殻付500g程

 昆布10㎝程 

 Ⓐ(酒大s2 塩小s2 )

 

①お米は有れば 3合の内もち米を大s1強入れて洗い30分以上ザルに上げて置く。

②枝豆はハサミで枝からさやを少し残して切り 水を軽く通してから塩を多めに振り全体を2~3回かき混ぜ 5分程置き 

 たっぷりの湯を沸騰させて汁ごと加え 2~3分茹で氷水にとる。

③②がやや冷えてからさやから実を取り出すとほど良くさやが柔らかく取り出しやすく300~400㏄になるはずです。

④炊飯器に米とⒶと水でいつもの水加減にし昆布を入れ豆も入れてスイッチ。

 炊き上がり10分は蒸らしやさしく混ぜる

一口メモ

今が美味しい黒豆の枝豆ですが 生でさやをむくより少しだけ火を通してむくのが、かなり効率が良いのでお試しください。また、枝豆の量はたっぷり入れるのがヒロコは好きですが、米3合にさやごと500gが基準量でしょう。

そして、今回のように固ゆでしたままで冷凍し、使用の際さっと茹でたりしてご飯や茹で枝豆で食べることお勧めです。ヒロコは茹で枝豆で食べる際は8分程茹でます。ご利用ください。

 

ヒロコクッキングの10月30日のパンクラス

 

 

 

☆黒糖めちゃウマロール 

 …黒砂糖フィーリング巻いて優しいお味です !    ☆柿のパウンドケーキ 

 …ジューシーでお手軽美味~    

     二人1組で粉から丁寧に手ごねで作り基本の作業習得です。

     5個と1本 お持ち帰り~

ヒロコクッキングスクール

      ■京都府福知山市駅前町377タカハシビル2F

       ■ご予約・お問い合わせは0773-23-6162 まで

      ■ホームページアドレスhttp://hirokocs.com/ 

       ヒロコクッキングのインスタhttps://www.instagram.com/

       メールはinfo@hirokomo.net  

 

 

 

2020、秋号 中兵庫信用金庫 季刊誌 すこやかレシピ(約20年掲載)です♪

 

 

 

コロナ禍の影響で私達の暮らし、特に食生活は変わりました!

お家ごはんと称され 自宅で食べる事が見直され 作る事が多くなってきました。

皆さんはそれぞれに 健康意識が高まり、栄養バランスのとれた食事を自宅で作りたいと思って頑張っておられることでしょう!

 でも 少し疲れましたね! 無理しないでください!

 基本は 1汁3菜“です。 和洋折衷で良いのです、身近な食材で 喉ごしの良い汁物とメインの蛋白質の取れるおかずの主菜、軽いサラダや和え物等の副菜、そしてご飯等の主食! 焼くだけ、炒めて、時には生で… 時短や手抜きも取り入れて 楽しく食事が出来るようお母さんだけでなく出来れば家族全員で取り組んでいただきたいと思います。

そして、コロナの免疫力アップ対策に「栄養の強化!ウイルスに負けない体づくり」も上げられており 特に重要視されているのがビタミンC と言われます。ビタミンCは特に柑橘類等のフルーツや一般的な野菜に多いですが、水溶性で水に浸けると失われやすく、加熱にも弱く、更に 摂り過ぎた分は尿として排出されてしまう面倒な栄養素。そんなビタミンCを多く在し 共に含まれる澱粉の働きでビタミンCが加熱しても壊れにくいのがさつま芋やじゃが芋等イモ類! 

安定して効率的に摂取が可能で、1日のうちに何回かに分けて摂るとよいと言われます。

特にさつま芋のビタミンCはリンゴの5倍含まれ、他の各種ビタミンやミネラル類も豊富、セルロース、ペクチン等の食物繊維も非常に多く たんぱく質と脂肪を補給すれば、理想的な食事ができる準完全食品と言われます。

さつま芋が 旬の今 少しでも免疫力アップに、毎日のおかず対策にさつま芋の2品~ご利用いただけると嬉しいです。

 

◎さつま芋の田舎風ポタージュスープ

さつまいも 300~350g(中1個)

玉ネギ1/2個→横のうす切り

ベーコン2枚→たて半分に切り、1cmの角切り

バター大s1強

Ⓐ(水1cup~、スープの素1個)

Ⓑ(牛乳500㏄、塩・こしょう) 水適量 

Ⓒ(片栗粉大s2/3 水大s2 )

 

①さつま芋は皮ごと洗って1.5cm角のあら切りにし深鍋にバターを半量入れて玉ネギを炒め、

残りのバターを足してさつま芋を加えて軽く炒める。

②Ⓐを加えふたをし5~10分程煮る(蒸し煮することでさつまいもの甘味が増します)

③さつま芋がやわらかくなればマッシャー等で 粗つぶしにし、牛乳・ベーコン・様子を見て

水を加え、1~2分煮る。

④Ⓒの水どき片栗粉でトローリとしたとろみを付ける。

一口メモ

皮ごとザックリ切って蒸し煮することで栄養も逃さずコクと甘みが生かされ 漉さずに仕上げて田舎風に!男性にも好評。また、さつま芋の皮には中身より多くの食物繊維 ビタミンC カルシウムなどが含まれ 皮の下の白い液にはヤラピン(胃腸の救世主や血液サラサラ効果)が含まれるので皮ごと使って 仕上がりの彩り効果も考慮して角切りにしましょう! 

 

 

 

◎さつま芋とチキンスペアリブの甘辛炒め 

鶏手羽先8本~

さつま芋(細)1本(250g程)→皮付きで1㎝弱の輪切り

片栗粉、黒ごま 各適量

Ⓐはちみつ大s3 濃口大s2~3 みりん大s2 チキンスープ70㏄)

 

①手羽先は先をきりおとし2本の骨の間に包丁の先を差し込んで上と下に包丁を

移動させて切り離すスペアリブカットにして 塩コショウを揉みこみ片栗粉大s2強を

まぶしつける。

②フライパン等の広口の鍋に揚げ油を2㎝程入れて180℃程に熱し ①の鶏肉を並べて入れはじける音がする迄じっくり焼き揚げにする。

③さつま芋は軽く洗い600wの電子レンジだと3分程入れて広げて冷まし 鶏を揚げた後のフライパンに並べてこんがり焼き目をつけ返して更にカリッと焼き取り出す

④フライパンをきれいにし Ⓐを入れ煮立ててつやをだし 鶏肉とさつま芋を入れて絡ませ

黒ゴマを指先でひねって振りかける

一口メモ

食べやすく引き裂いた手羽先はゆっくり揚げることで骨離れも良く美味です。

かさ増やしに切り落とした先も入れて仕上げると良いでしょう!さつま芋は皮付で レンコン、南瓜、

人参などもプラスしてお作り下さい。冷めても美味です。

 

おすすめしたい hirokocs-recipiのmy Pick 3品です~すべてヒロコ愛用です~