ヒロジェットのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
{BDB75022-BED3-46C7-92F1-3C5D532E32A8}

{8F5DB5F6-94A5-4D29-94D4-50B509CD29A9}

{C438DD78-3BB0-4C70-9598-0D7105D62B7A}

いやあ、ブログ久しぶりになってしまいました。
電気玉捻の準備編のブログからも2年と5ヶ月も経ってしまいました。
会社の知人が電気系が得意なので、コントローラーで知恵を借りました。


現時点ではコテの柄は市販のハンダこてのままですが、コテ先は玉捻に作り直しました。

コントローラーは自分から指定の温度調節が出来るようにお願いしました。
コテのコードはソフトなタイプで作業性を良くし、万が一の場合の為に耐熱性も待たせました。

お待ち頂いている方には、遅れて申し訳ないですが、もう少しお時間を下さいね😁

これから木の柄を付けて完成としたいですね。

暑いですが、身体に気をつけてお過ごし下さいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんばんは。

変なタイトルをつけすみません。


実は自分の友人の影響と教室の影響で革以外を模索しています。


ポリネシアン、ハワイに昔から伝わるフィッシュフックアクセサリーです。


お守りで幸運を釣り針がひっかけるという意味が込められたフィッシュフック。

フィッシュフックは、海の幸で生活していた漁師さんが海に投げ出されたとき、

おぼれた時に大事な心臓をこのフィッシュフックのお守りで引き上げてくれると

言い伝えられています。
だからつける時には左側(心臓側)に針先を向けかけるようです。

昔は釣り針に穴をあける技術がなく、でも外れない結び方を考え伝えられました。

上記の説明と絶対に外れないという意味も掛け合わせているみたいですね。

自分はとっても惹かれました(^∇^)


フィッシュフックの写真はまだありませんのでネットで探して見てください。


もうひとつは革の仕立てに使用するヘラです。


この2点を作りたく、素材を仕立てました。
まだ、色んな部分が未熟ですが、少しずつ自分の素材を作製できるようになりたいな?




先ずは無くてはならない牛骨です。
今回の小さいのですが、仕入れ先に聞いたら骨1本で5kgはあるかも?

なんて言ってました。

で骨の髄を出すために温度管理をしっかりしながら煮だします。沸騰させてはいけないそうです(^^ゞ


ちなみにスープが取れたのでワンちゃんのドックフードにかけてあげたら大喜びでした(笑)


煮たら髄もなくなりましたが、骨の周りには肉?筋?がついていて取らねばなりません。






骨の周りについた肉?筋?を骨に傷付けずにとります。

そのために液に漬け込みます。


あれ?綺麗なくなった('-^*)/




実際は油分などが付いているので少し黄色いので白くするために更に別の液に

漬け込みます。

やりすぎると白くなりすぎてプラスチックぽくなるので注意が必要で勉強も必要ですね。

濃度、時間など…。




これから乾かして最終仕上げに入りますが骨の層が薄いので今回のは小さいものしか?出来ないですね。


少し前に加工し始めたヘラの途中画像はこちらです。

切ったり削ったりするとかなり獣の臭いがします((((((ノ゚⊿゚)ノ




まだ厚いし、形も出来ていないので削っていきます。最後はポリッシュして強固にするため

液に漬け込み、乾燥させ磨いていきます。

大変だけど楽しいです。


では~(^-^)ノ~~

AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。