着物姿で写真に写るときの、バックの持ち方 | 台湾で着物を楽しむ♫ hirokoの海外ブログ 〜4度目の結婚生活と着物のこと〜

台湾で着物を楽しむ♫ hirokoの海外ブログ 〜4度目の結婚生活と着物のこと〜

4度結婚したオンナの、「幸せ」の追求と日々。
5年間のタイ、バンコク生活から2018年末に台湾、台北に移住し、海外生活続行中です。
日常着として「着物」を愛用、旅行含め「着物」に関するあれこれを綴っています。
ライター・ラジオD J は、しばらくおやすみです。

バンコクを中心に、世界のどこでも、普段着物を楽しんでいるhirokoです。




昨日のブログで、
【着物姿で写真を撮る時に気をつけたい手のこと】→コチラから
を書きましたら、すごい反響爆笑
ありがとうございますラブ

さらに、リクエスト頂きました‼️


〜「着物姿で写真に写る時のバッグの持ち方」
ついきゅーっと握ってしまって…後で写真を見ると不自然なんです〜

との事。

バッグといっても、
大きさ、形、素材
様々ですから、一概には言えないのですが…

また、私が「美しい」「自然」と思う持ち方ですので(≧∀≦)
こうでなくてはいけない、とか
「決まり」とかではありませんから!
念のため(笑)



まず
小さなバッグ。

礼装用やビーズなど、比較的取っ手の短いものの場合は、
片方の手で取っ手をもち、もう一方の手を添える。
その際は身体の真ん中でも良いと思います。



また、手にかける時はなるべく手首に。
腕にかけるとなると袖の生地がめくれたり、シワになりますので…。

手にかけるバッグは、小さめであり、かつ着物の生地を傷めない素材のものを心がけて下さい。





手首にかけたら、重みを感じる大きさのバッグの場合は、
身体の横で、片方の手で取っ手を持つようにしましょう。
大き目のバッグは身体の正面で持たない方が、美しいと思います。








そして、クラッチバッグの場合は、
片方の手で持ち、もう片方の手を添える。

(この写真、末広の金の部分が出ていませんね。帯にさす時は金側が前面にくるように)


添えない場合より、丁寧な所作に見えます(≧∀≦)



片方で持ち、
もう一方の手を添える。



…添える。


身体の正面より、綺麗な気がしませんか?おねがい


いかがでしたでしょうか?
写真に写る際に、参考にしてみて下さいね♫