徒然なるままに

徒然なるままに

何気ない日常でのつぶやきです。
PC&音楽ネタが多いかも?

最近、何故か気になる車があります。

ポルシェ タイカン

Porsche タイカン予約プログラム

 

EVなんて所詮は燃費優先で

走りや操作性が面白くない車!

 

ずっと僕はこのように思っていました。

 

「大排気量で排気音が響くような車が好き」

というちょっと昔な感覚の持ち主です。

時代に反してるかもしれません。

 

これからの時代の流れを考えると

「大排気量の車なんて販売されないのではないか?」

「今後乗れなくなるのではないか?」

という思いで昨年からV8-5LのLC500に乗ってます。

 

 

こんな考えの持ち主なので

EVなんて眼中にありませんでした。

一時、テスラに興味ありましたが、

何か買う気にもなれませんでした。

 

 

そんな僕が不意に知ったタイカンというEV

 

始めはポルシェという興味本位で見てました。

子供の頃はポルシェに憧れてた世代でもあるので。

それが

スペックを知り、

Youtubeで海外の走行映像、レビューを見る

「これよくない?」と思う自分がいました目

 

いろんな記事を読み漁ると

単なるEVではなく走りを考えたEV

ということに気づかされました。

 

正直、ここ数日で

タイカン欲しい~

という気持ちになってます!?

 

 

しかし、発表以降、音沙汰もなく

日本販売においても価格、発売日など

何も公表されていなかったので

近隣のポルシェセンターにメールで質問してみました!!

 

 

15:20 質問メール送信

19:05 返答メール着信

 

意外と返信が早くて驚きました。

 

 

僕がした質問は

 

1.価格発表はいつですか?

2.試乗車の予定はありますか?

3.昨年の予約者だけで初回生産分がなくなる

 そうですが、今予約して最短で納車予定は

 いつになりますか?

4.レクサスLC500に乗ってますが

 買い換え下取りなどありますか?

 

この4つです。

 

ポルシェから返答はこうでした。

---------------------------------------------------

 

〇〇様

初めまして。

メールお問合せ誠に有難う御座います。

私、ポルシェセンター□□□ セールスコンサルタントの

△△△△で御座います。

メールでのご挨拶失礼致します。



早速ご質問のご回答させて頂きます。

1.価格発表についてです。 

 現在私どもで把握しておりますのは

 今春に価格発表がされるかもしれない

 という情報は耳にしました。
 しかし現時点で公式にポルシェからの価格発表の時期に

 関しての言及はない状況となっております。

2.試乗車の予定についてです。

 現時点ではまだお客様のオーダー分や試乗車の発注と
 いった事がシステム上出来なくなっておりまして、

 恐らく日本仕様の価格発表が終えれば
 正式に発注が可能になりますので、

 その頃にはご案内が出来ると思われます。

 弊社では試乗車を導入をする予定はあります。

3.納車予定についてです。

 現状日本仕様の生産につきましては、

 台数等も詳細が出ておりませんので、
 初期生産がどのくらいの台数かも見当が難しい状況では在ります。
 もし、初期生産分でしたら、今秋納車が最短かとは思われますが、

 何とも言えない状況で在ります。
 

 現在予約プログラムにご参加頂いているお客様にも

 ご納車のタイミングはご案内出来ていない状況で御座います。
 

 はっきりとご回答が出来ず、申し訳御座いません。

4.下取りのお車についてです。

 弊社では他メーカーも含めまして、下取りは可能で御座います。

 例えばですが、

 今査定をさせて頂きますと今後1カ月間の金額を出させて頂く

 形になり、納車まで下取り車をお乗りになるか、

 オーダーを頂く時点で下取りをさせて頂くかによって
 方法は変わってまいります。

 もし納車までお乗りになられる場合は、

 オーダー車両完成後、ご納車予定まで1カ月を切るタイミングで

 再査定させて頂く必要があります。
 その辺りも臨機応変にご対応出来ますので、

 お気軽にご相談下さいませ。



また様々なご質問御座いましたら、お気軽にご質問下さい。

今後とも宜しくお願い致します。

 

-----------------------------------------------

 

こんな素人の質問にちゃんと返答をして頂きありがとうございました。

という気持ちになっています。

 

 

本社から正式な通達はまだ来ていないので

詳細は不明としか答えられないというのが本音だと思います。

 

3月には価格が発表されるとしてる人もいますが

欧州の価格をそのまま踏襲するのか

日本独自の価格になるのか

早く知りたいものです。

 

 

 

 

 

 

ARM版Windows搭載なので

Windowsアプリ(ソフト)は32bit版に制限されますが

どの程度使えるのか少しチェックしてみました。

 

フリーソフトで毎回入れているソフトを入れてみました。

 

まだ完全ではありませんが

ある程度は入れることができました。

 

デスクトップアイコンに

ほとんどの人が見慣れないものもありますが

個人的にTeXを利用することが多いので

TeXも入れています。

 

TeXインストーラー3で普通に入れられました。

TeXWorksは手動で入れました。

 

Perlも必要なので初め

Active Perl

を入れようとしたのですが

32bit版でも「CPUが違う!」というエラーが出て入りません。

試しにLinux版も挑戦しましたが駄目でした。

 

代わりにStrawberry Perlを入れました。

これはすんなりと入りました。

 

Crystal Disk MarkはUWP版です。

 

Irfanは日本語化まで出来ています。

 

 

 

 

 

次にハード面ですが

ARM対応ドライバーがないとダメ

みたいな記載があるので

少し試してみました。

 

まずはプリンターです。

手元にある

Canon MG6230

をUBSケーブルでつないでみました。

すると自動的に認識してドライバーが入りました。

 

 

 

Canonのドライバーではなく

Windowsの持っているドライバーのようです。

 

テスト印刷もできました。

印刷ができるというのは大きな収穫でした。

 

 

 

 

次にカメラをつないでみました。

SONY α7Ⅲ

をUSBケーブルでつないでみました。

 

 

 

 

 

 

 

これも自動的にMTPモードで認識され

SDカードにアクセスできました。

 

 

最後に

USB-Cによる外部出力もやってみました。

USB-C→HDMIケーブル

でつないだだけで

4K出力できました。

Surface Goのときは対応ハブが必要だったので

この点も使いやすくなっています。

 

 

 

 

手元にあるものでしか

チェックできていませんが

想像よりも普通に使えて驚いています。

 

僕みたいな素人が個人レベルで使う分には

普通のWindows10と同等に使えるのではないかと感じました。

 

 

 

やっと到着した

Surface Pro X

の開封の儀です。

 

 

段ボールを開けると

1つの大きな箱が入っていました。

 

キーボードは???

と始め困惑しましたがよく見ると

 

 

Microsoft Surface Pro X

With Signature Keyboard and Slim Pen

 

という記載がありました。

 

この大きな箱を開けると

 

中には本体とキーボードの箱がそのまま入ってました。

 

戦隊もの玩具でよく合体するロボをまとめて

梱包してセット販売するのと同じ感じですねあせる

 

 

商品自体は単体販売のものと同じようです。

 

キーボードはもちろんUSキー配列になります。

 

本体の裏に技適マークの刻印がありますが

やはりUS版は日本の技適マークはありません。

日本国内では電波法に準拠しないといけないようです。

 

 

 

以上、開封の儀でした。