徒然なるままに

徒然なるままに

何気ない日常でのつぶやきです。
PC&音楽ネタが多いかも?


テーマ:

昨年8月にB&Hで購入した

Surface Go

 

なかなか使い勝手もよく

コンパクトで重宝しております。

iPadを処分してタブレット代わりにも使ってて

個人的には満足な買い物でした。

 

しかし!

 

1点だけ難点があるのは

WiFi版

ということです。

 

モバイルPCとして持ち出すときに

ルーターやテザリングが必要な場面もちらほら。

一応、テザリング用にP20liteを持ち歩いてるのですが

どうも充電忘れたりして使えない時も・・・

 

iPadのときはSIMフリー版しか使ってなかったので

どうもLTE版に目が行きます。

 

日本では法人向けで個人では基本購入できません。

価格も税込みで9万超えとそこそこ高額です。

 

 

そこでまたB&Hを覗いてみると

普通に売ってるんですよ、LTE版が。

アメリカは個人向け販売してますからね。

価格も定価$679です。

 

入国時の関税などで追加料金はありますが

WiFi版のときが5000円程度だったので

同じくらいと考えると8万くらいで買えることになります。

 

悩みに悩みましたが・・・ポチっ!

注文してしまいました。

 

送料合わせて$705.43でした。

 

 

実験も兼ねて

ドコモWithのSIMを挿して

指定外デバイス扱いがどうなるかも検証したいと思います。

720円追加課金されるのかな~やっぱり。

 

 

到着には1週間以上かかるので

気長に待ってみたいと思います。

 

 

 


テーマ:

前回、ベンチをとった後に

UHS-ⅡのSDカードが必要になる状況になり

急遽、Amazonで購入しました。

 

SanDisk Extreme PRO 

UHS-Ⅱカード 128GB

 

Amazonでしっかりパッケージされてたのですが

中身を見ると台紙が折れてます。

 

裏面を見るとミシン目の一部が剥がれてる。。。。

 

この雑な配送は何だ?偽物か?

 

と疑念を持ちながらも

N1570K-700/Tに挿してベンチとってみました。

見た目は本物っぽいんですが。。。

 

 

ベンチ結果はこちら!

シーケンシャルだけみると速い!

一応UHS-Ⅱだと思われ本物と思います笑い泣き

 

 

それにしても前回はUHS-ⅠのSDカードだったので

カードリーダーの性能が発揮できていませんでしたが

今回のことで

N1570K-700/Tに搭載のカードリーダーは

UHS-Ⅱ対応の高速タイプ

だということが実証されました。

HPのスペック表にも書かれていないのですが

ちゃんと書けば付加価値になると思うのですが・・・

 

低価格ノートPCと思って

侮っていました。

嬉しい誤算でしたチョキ

 

 

 


テーマ:

先日購入した

G-GEAR note 「N1570K-700/T」

ですが、早速SSD換装を行いました。

 

 

*************************************************

(注意)

筐体を開ける行為を行うと

メーカー保証が受けられなくなる可能性があります。

掲載内容は管理者が個人の責任で行った行為であり

その結果を保証するものではありません。

掲載内容を模倣して発生したトラブルに対して

管理者は対応や保証はできません。

万が一、掲載内容を模倣される場合は

自己責任で行って頂きますようお願い致します。

*************************************************

 

まず、筐体の底面側のネジを外します。

 

全部で11本のネジがあります。

すべて同じサイズの+ネジです。

通常の+ドライバ(小)で簡単に外せます。

トルクスネジじゃないだけに

メンテナンス性が高いと感じました。

 

 

 

底面側のカバーには15個の爪で固定されています。

外すときは爪を折らないよう慎重に行ってください。

 

写真ではすでにSSDがWDに交換されています汗

 

開けてみて驚いたのが

2.5インチ格納用のブラケットがあり

SATAコネクタまで結線されていました

 

GTX1070搭載モデルと同じマザーではないか

と推測されます。

 

 

 

爪の位置ですが基盤で隠れているものも

ありますが全部で15個あります。

 

側面の写真にある番号は

上記写真の番号と対応しています。

 

 

ヒンジ部分の爪が1個と少ないので

ヒンジ部分から少しずつ開けると

爪を折らずに外せると思います。

僕は筐体左側面を下にして

テーブルに置き

右側面から指を入れカバーを外しました。

 

 

今回はM.2.のSSD換装を行うつもりでしたが

ついでに

・メモリを16GB×2個に換装

・2.5インチSSD追加

も行いました。

 

 

2.5インチは手元にあった

Crucial MX500-500GB

にしました。

7mm厚なのでピッタリ収まりました。

ネジ固定なくてもカバー閉じれば大丈夫でした。

 

 

 

メモリは少し安かったので

ADATA AD4S2666316GB 19-R

を2枚にしました。

標準がPC4-2666なので一応合わせました。

 

 

全部収めるとこんな感じです。

 

 

出荷時の状態で

Windows10の回復ディスクをUSBメモリで作成していたので

それを使ってリカバリーしました。

 

僕の場合だと特に何か設定することもなく

M.2.に接続したWD-1TBにOSが入りました。

ちゃんとメモリは32GBと認識されています。

 

M.2.とSATAは排他使用ではなく

共存できるようで2つとも認識されています。

 

CPUもちゃんと6コア12スレッドで動いていましたチョキ

 

SSDのベンチもとってみました。

 

WD-1TB(NVMe接続)

差し換えただけで特にBIOSを弄ることもなく

NVMe接続として動いているようです。

 

MX500(SATA接続)

これも問題なく公称値に近い値が出ています。

 

 

最後にSDカードリーダーの動作チェックをしました。

テストで使ったSDカードはこれです

SanDisk Extreme PRO 128GB(UHS-Ⅰ)

 

公称値です。

 

 

 

SDカードリーダーに挿してみました。

少しだけ頭が出ます。

 

 

ベンチの結果です。

公称値まではいきませんが

UHS-Ⅰの速度は出てるようです。

UHS-Ⅱのカードが手元にないので

検証はできませんが、

少なくともUHS-Ⅰ対応であることはわかりました。

 

 

以上、SSD換装などやってみました。

簡単に筐体カバーが外れ、部品の交換がしやすいのは

個人的に好感触でした。

あとはソフト入れてガシガシ使っていきたいと思います。

 

 

 

動画もUPしました。

1.SSD交換

https://youtu.be/p9qXUel-MLw

 

2.メモリ交換

https://youtu.be/R1Chs6lOvAk

 

 

 

 

Ameba人気のブログ