最近買ったグレイシィのアイシャドウに続いて、
アイブロウ(眉パウダー)のレポート。
 
はじめての棒状(チップ状)の眉パウダーなんだけどね、これがすごく良かった!
 
 
 
 
グレイシィ
チップオン パウダーアイブロウ
ライトブラウン761
 
 
 
私は眉を描くときは、ひとつのアイテムではなく、
 
①眉ペンシル
②眉パウダー
③眉リキッド
 
の3つを駆使してるんだけど(非常に不器用なのでどれかひとつでは完成できないのである)
 
眉パウダーについてはあまりこだわりがなく、セザンヌだったりキャンメイクだったり、はたまた100均でもかまわない。
 
現に今使っているのがコレ。
 
 
UR GLAM ってダイソーの商品よ。
 
 
余談だけどブラシはロージーローザのダブルエンドアイブロウブラシが活躍中。このブラシいいですよ~。大きなブラシで太いところ含め全体をぼかし、小さなブラシで細かいところと眉尻を修正できる。
 
 
 
 
 
パウダーの話に戻りますが、よくある濃淡3色のブラウンパレットね。ただし、悩みというか、いつも困るのが、いちばん濃い色だけが残るってこと!
 
 
パウダーだけで眉を仕上げる人なら、濃い色は眉尻に使う色。でも、私は眉尻はペンシル&リキッドで仕上げるため、濃い色はお役目が回ってこないんですよ~。
 
 
 
なんかもったいないし、3色である必要が全然ない。前にもどっかで書いたな、この話。薄い色1色でいいよ!と思っていたので、このチップオンはそういう意味でも良かったわけ。
 
 
グレイシィのチップオンアイブロウは
 
ライトブラウン
ダークブラウン
グレー
 
の3色があるんだけど、薄い色だけを求める私は当然ライトブラウン。
 
もしこれ1本だけで眉を完成させたいなら、明るい髪の人以外はダークブラウンがいいかも。眉尻がね。ライトブラウンだと、淡すぎて眉尻の先まではくっきり描けないので。
 
グレーは・・・どうだろう。私は白髪染めでかなり黒めの髪だけど、それでも、グレーだとかなり印象がきつくなりそうな気がする。
 
 
 
ライトブラウンがどのくらい淡いかというと、このくらい。
 
 
そんなに黄みが強くないから、ブルべさんでも違和感はないはず。
 
 
 
使った感想として、
 
・持ちやすい(長さやキャップの太さはマスカラと同じくらいです)
・チップの先が丸いから、なめらかに動く(肌に痛くない)
・パウダーをブラシでつけた時のようにムラにならない
・ペンシルのように「いかにも描きました」にならない
・仕上がりが全体にふんわりして、毛なみが平均的に整ってみえる
・アウトラインがあっという間に描ける
 
 
 
 
と、まあいいことづくめじゃない?(笑)
時短コスメを名乗るだけあるわー。
 
 
自分としては、まばらな眉毛がごまかされて、立体的にふんわりと見えるのが一番嬉しい。普通にパウダー&ブラシで描くと、どうしても平面的になるし、力の入れ具合でムラができるし。まあ技量の問題なんだけど。
 
 
あと、ウオータープルーフの良さはあまりわからなくてスミマセン。なぜなら消えやすい眉尻はこれで仕上げてないからね。
 
 
欠点も書いておくと
 
・キャップがねじ式だからワンタッチであかない
・残量がわからない
・眉尻は難しい
・最初にチップを置く場所に迷う
 
 
ってことだけど、最後の項目はどんなアイテムでもそうだし、他は仕方ないかな。眉尻は、チップを立てて描く、とガイドにあるけど、やっぱりすーっと細くはかけないので(これも技量の問題)、下書きのようにぼんやりアウトラインだけ作っておいて、ペンシルで仕上げるようにしてます。
 
 
なんと言っても、「パレットで一番濃い色が残る問題」が解決したのがとても嬉しいポイントでしたー。
 
 
 
 
 
最後に、グレイシィのアイシャドウとチップオンパウダーアイブロウにおいて、「わかってるじゃん」と感心した点。
 
 
こういう小さなコスメって、新品買ってきて、パッケージから中身取り出すのに意外と手こずったりしない?プラケースが台紙とくっついてたりとか、ビニールががちがちにはがれなかったりとか。
 
この写真はアイシャドウだけど、アイシャドウもチップオンアイブロウも、台紙からそのまま本体をパリッとはがすことができるの。しかも、はがしたらビニールに自然に破れ目ができるのでそこから簡単にぱりぱりと包装はがせちゃう。
 
めちゃストレスレス。素晴らしい。
 
こういう小さいことでも配慮してくれるメーカーさんに感心!