井上対抗王者激突‼︎ カシメロ×リゴンドー決定‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?



> プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)とショータイム(Showtime)は8月14日(現地時間/日本時間15日)、WBO同級王者ジョンリエル・ カシメロ(32=フィリピン)がWBA同級レギュラー王者のギジェルモ・リゴンドー(40=キューバ)とバンタム級タイトルマッチを行うことを本日16日に発表した。

 今回発表された7つのタイトル戦のうちの1つで、米国のボクシング番組『ショータイム・チャンピオンシップ・ボクシング』のメインイベントとして放送される。

【勝者と井上尚弥が対決か、井上評】

 リゴンドーはWBA同級レギュラー王者。その上のスーパー王者に井上がいる。井上は以前から噂されていたカシメロ vsリゴンドー戦について「その勝った方と戦いたいです。カシメロは一発があるし、リゴンドーは巧い選手だし……どちらが勝つかまったく分かりません」と昨年12月、WOWOWのインタビューで語っている。

【両者の戦績・状況など】 

さて、井上も予想できないと語ったカシメロ vsリゴンドー。強打者であるカシメロは現在6連続KO中。19年11月には最速11秒KO世界記録のゾラニ・テテ王座統一戦で3RでKO勝利した。戦績は30勝(21KO)4敗。前回は昨年9月26日なので約11ヶ月ぶりの試合。

 対するリゴンドーは40歳と高齢だがサウスポーのテクニシャン。00年と04年に五輪で連覇、その後、母国キューバからの亡命の失敗もありブランク。米フロリダに亡命成功後の2009年にプロデビューし、20勝(13KO)1敗1無効試合の戦績を残す。この一敗は17年に3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコに負けたときのもので、6R終了時棄権。リゴンドーは「負けたのは手の怪我のため」と語っていた。 

 リゴンドーは13年にドネアにも判定で勝利しているほどのテクニシャンだが、14年は最終的にTKO勝利したものの日本の天笠尚に2度のダウンを奪われており、カシメロにもダウンを奪われる可能性もある。

 前回は1年半前のWBA世界バンタム級正規王座決定戦で2-1のスプリット判定で勝利。それまでは無効試合を除き4連続KO勝利していた。年齢と前回から1年半ぶりの試合。どう影響が出るか。

【井上の次戦は6月、目標は4団体制覇】

 井上は6月19日、IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)を相手に、指名試合での防衛戦を行う予定だ。それに勝てばカシメロ vsリゴンドーの勝者と戦うことが可能で、井上が勝てば3団体目のWBOのベルトが手にできる。

 ちなみに今回7つのタイトル戦が発表されたが、5月29日にWBCバンタム級タイトルマッチとして、コロナ感染による休養王者から今年1月に正規王者に復帰した王者ノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)vsボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)の対戦も正式発表。井上がこの勝者にも勝てれば目標の4団体王者になることができる。果たして井上と3団体目をかけた対戦をするのは果たしてどちらか。


…おおっ⁈

これは興味深いのぅ

確かに、勝った方が井上尚弥選手の対戦候補急上昇だなぁ

井上尚弥選手が現在WBAスーパー&IBFの二冠…

WBCは弟の拓真選手を破っているウバーリだけど、次戦は井上尚弥選手と戦った英雄ドネア戦が控えている

で、WBAレギュラーのリゴンドーとWBOのカシメロが戦う…と

これ、なんか、めちゃくちゃ入り乱れてきたなぁ〜

面白いなぁ〜

ん〜

全盛期ならリゴンドー勝利一択だけど、最近はちょっとキレがないというか、もう40歳だしなぁ〜

カシメロの大味なるラッシングに腰が引けて守勢に入ってしまいそうな…

ま、しかし、ジャッカルの異名を持つリゴンドー…

ザクッとカウンター炸裂もあるか

カシメロは激しい攻勢が武器、その分粗さもある

さて、楽しみが増えたなぁ〜

主要4団体統一の野望を掲げている井上尚弥選手ですから、勝者はかなりの高確率で闘う権利を手にできる

バンタムでは破格のビッグマッチになるし、大金も稼げますから、みんな井上尚弥選手と戦うことをゴールにしてますぜ

盛り上がってまいりますなぁ

よかよか

(^^)

御愛読感謝