編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

 2月8日(木)、羽田空港国内線ターミナル駅開業20周年を記念し、沖縄のモノレール「ゆいレール」に京急電鉄の看板車両である「2100形」のカラーリングを採用した「京急ラッピング車両」の運行を開始しました。

 京急電鉄は1月22日(月)から「京急×沖縄フェア」とともに、首都圏と沖縄の架け橋となり、京急グループ全体で沖縄を盛り上げて行こうという一貫の一つのようです。

 京急電鉄では、今後も全国各地のモノレールや路面電車でラッピング車両を運行する予定ですので、楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 千葉市の中央区・若葉区・稲毛区、四街道市、佐倉市で路線バス、稲毛・四街道〜羽田空港便やユーカリが丘〜東京駅便の高速バス、さらに12月16日からはJR稲毛駅〜成田空港便も運行している京成グループの千葉内陸バス。12月19日から日野ハイブリッドバス(車両型式2SG-HL2ANBP、全長10.55×全幅2.48×全高3.10m)を初導入し、運行を開始しました。

 そのバスのデザインは、鉄道模型やミニカーを製造・販売しているトミーテックが営業車では初めて担当。鉄道模型ブランド「トミックス」が1974年に発売した富士重工業路線バスのデザインをモチーフに、千葉内陸バスのイメージカラーの緑と掛け合わせたデザインになっています。1/150スケール模型のデザインが1/1スケールの実車バスとなったわけです。

 さらに、トミーテックのバス模型1/150「バスコレクション」と、1/80「全国バスコレ80」として、来年4月に発売される予定です。

1/150「バスコレクション」

 

 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 特別仕様ナンバープレート」を千葉内陸バスとして初めて導入しています。

 

この日はLED行き先表示には、スペシャルバージョンが表示されました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 11月29日〜12月1日「鉄道技術展」と同時開催されていた「橋梁・トンネル技術展」で見つけたはたらく乗りものを1台紹介します。

 ブームが下にコの字に曲がり、道路上から橋の下部まで点検できる橋梁点検車。日本ビソー社のGC-200はタダノ社の橋梁点検車を改造し、作業員が乗るバスケットの代わりにゴンドラを装着しています。ベースとなった橋梁点検車の最大地下深さは5.4〜7.3mですが、ゴンドラに改造したことによって最大地下深さは56.2mになりました。橋梁点検車では届かない高橋脚面へのアクセスが可能。また河川部など高所作業車がこれまで立ち入れなかった場所への上部からアクセスできます。ゴンドラデッキ部は長さ1,400×幅550×高さ1,225mmで、積載荷重は200kgです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 WILLER EXPRESS JAPANは12月1日より東京〜福知山・宮津・豊岡の高速バス新路線を開設しました。WILLERは北近畿地域で7市町を結ぶ鉄道「京都丹後鉄道」を営業しているので、すでに鉄道の利用客増をもくろみ同区間の高速バスを運行していると思っていましたが、意外にもなかったのですね。シートタイプはWILLER EXPRESSで一番人気の4列シートのリラックス《NEW》と3列独立シートのコモドを採用。

 北近畿地域は関西では人気のある観光地で、日本三景の一つである天橋立や1300年の歴史を持つ志賀直哉など文豪に愛された城崎温泉があります。関東から行くためには、新幹線と在来線または飛行機とバスを乗り継ぐ必要があり、かなり不便でした。

 この高速バスは毎日運行で、WILLER EXPRESS JAPANでは初年度は年間2万人の乗客輸送を計画しているということです。

おなじみのピンクのバスで運行。写真は実際に運行される車両とは異なります。

顔を覆うカノピーを装備したリラックス《NEW》。写真はヘッドレストの形状は異なります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 1年半ぶりに鉄道の本を作りました。新幹線本の製作が続いていたのですが、久しぶりに私鉄の京急電鉄を取り上げています。

 しかも、実車の徹底解説をしたうえで、それを参考にしてレイアウトやNゲージを加工してもらおうという、「実物とNゲージを愉しむ」がコンセプトになっています。

 ぜひ、ご覧ください。

サイズはA4版で、オールカラー112ページ。本体価格は1,800円。

大型書店、ウエブサイトで販売中です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年の東京モーターショーには、電気自動車の出展が目立ちますが、高山自動車は小型電気自動車のマイクロフリーダを出展していました。

 同車は、サイズが全長2,100×全幅1,120×全高1,980mmと軽自動車のサイズ制限より小さいが、停車時にボディを2,020mmに拡幅できます。重量は410kg、運転手一人をプラスした総重量465kgで、比較的大きいエレベーターなら乗せられ、デパートの屋上などのイベントなどに持ち込むこともできます。コンパクトボディなため、狭い道路などにも進入できるので、災害時の救援活動にも活用するなど、様々な使い方ができそうです。

 種別は、4輪原動機付自動車なので普通免許が必要。価格は4,980,000円(税別)で発売しています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 川崎鶴見臨港バスは2017年11月18日(土)に創立80周年を迎えます。そこで同日10時からラッピングバスの運行開始と、「創立80周年記念式典」を実施します。ラッピングバスは10月6日(金)〜27日(金)の期間に名前を募集していた新キャラクターを車体にデザインしています。

 式典では臨港バスの塩浜営業所でお披露目および名前公表を実施します。

 そこで、沿線のお客さまの中から、式典に出席してもらう代表者と一般観覧者を募集します。式典終了後にはラッピングバスを並べた撮影会が行なわれます。

 11月19日(日)には、「運賃無料デー」を実施し、臨港バスの一般乗合バス路線(一部を除く)に無料で乗車できます。また、当日バス車内にあるチラシを対象の7店舗に持参すると、税込1,000円以上で使用できる100円分の「京急ストア」の買い物券をプレゼントしてくれます。

●代表者募集要項

イ.臨港バスの沿線に在住、在学および在勤している方の中から小学校以下のこども、または創立80周年にちなんで80歳の方を募集

ロ.募集人員:3名

ハ.応募方法

  80歳の方:http://rinkobus.custhe1p.com/app/oubo2

  小学生:http://rinkobus.custhe1p.com/app/oubo3

ニ.募集期間:10月24日(火)15:00〜11月6日(月)15:00

ホ.代表者特典

(イ)プレゼント贈呈

   ・オリジナルグッズ

   ・新キャラクターのぬいぐるみ(非売品)

   ・かわさき名産品

(ロ)式典特典

   ・ラッピングバス「創立80周年記念号」除幕参加

   ・記念式典後のラッピングバス・ミニツアーヘの招待

●一般観覧者募集

イ.一般観覧対象者:小学生以下の子供と保護者

ロ.募集人数:10組20名

ハ.応募方法:http://rinkobus.custhe1p.com/app/oubo4

ニ.募集期間:10月24日(火)15:00〜11月6日(月)15:00

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日産自動車が現在販売している高規格救急車「パラメディック」は、エルグランドをベースに救急車用のボディサイズに改造されています。

 現在、開催されている東京モーターショー2017に参考出展された「日産パラメディック  コンセプト」はNV350キャラバンのワイドボディをベースにしています。もちろん、高規格救急車には必須のハイルーフ仕様に改造され、ボディサイズは、全長5,440×全幅1,880×2,490mm。

 最大の特徴は、トヨタの高規格救急車「ハイメディック」同様、右側面にもスライドドアが装備されて、救急医療用具、メンテナンス道具を配置しています。

 そしてもう一つの特徴が、車内にリチウムイオンバッテリーを搭載していることです。高度な医療機器の中には800ワットの電力を必要とするものをはじめ、消費電力の大きい機器があります。これまでは停車中の救急医療にはアイドリングの回転数を上げて対応していましたが、リチウムイオンバッテリーがあればアイドリングアップの必要がなくなります。また冬場のヒーターや夏場のクーラーも思いどおりに使うことができます。充電は100ボルトコンセントを使用した外部からの充電のほか、車両発電からの充電も可能です。

 参考出展とはいえ、説明員によると来年度(2018年4月以降)には発売されるということですから、楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『乗りおも!』は未就学児から小学校低学年を対象にした、はたらく乗りものを紹介している本です。

 4月に発売した1号に続いて、2号を9月30日発売しました。

 今号の第1特集は、長い乗りもの。日本には高い建物がたくさんあるけど、どうやって建てたり、ものを運んだりしているのか? そんなときに活躍するノッポで力もちの怪物たちを紹介しています。

 第2特集は、消防車緊急出動!。火事や事故の大きさや種類によって、いろいろな役目を持った消房車が出動します。1.建物火災、2.中高層ビル火災、3.コンビナート火災、4.大規模災害、5.NBC災害、6.交通災害、この6つのパターンで、それぞれに出動する消防車を紹介しています。

 このほか、高速道路で活躍する作業車、ホイールローダができるまで、救助工作車のお仕事教室、タンクローリーの中大公開、新登場の乗りもの、イベントレポート(海上保安庁総合訓練、水防演習、テロ災害訓練、機動隊観閲式、水の消防ページェントなど)に登場した乗りものや訓練の模様を紹介。

 こどもたちが大好きな乗りものがたくさん出てきます!

●全国の書店、通販サイトで発売中

●A4変型80ページ、本体価格722円

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いすゞ自動車が大型路線バス「エルガ」を8月8日に、中型路線バス「エルガミオ」を8月29日にそれぞれ発売することは、7月28日にお知らせしましたが、日野自動車も大型路線バス「ブルーリボン」、中型路線バス「レインボー」をそれぞれいすゞと同じ日に発売することを発表しました。いすゞと日野の大型・中型路線ディーゼルバスは統合モデルであるため、変更点はまったく同じです。

 さらに日野はハイブリッドバスの「ブルーリボン ハイブリッド」を8月8日に発売しました。同車の改良点は、従来から搭載しているA05C型エンジンの燃費を改善し、ハイブリッドシステムとトランスミッションのAMTの強調制御による変速の最適化によって、燃費基準を30%上回る低燃費を実現しています。

 またハイブリッドシステムの制御を改善してドライバビリティを向上しています。ヘッドランプと車幅灯はディーゼル車同様、ロービームをLED化しています。ハイビームはハロゲンランプのままです。

 年間販売目標台数は、ブルーリボンシリーズ全体で600台、レインボーシリーズ200台。東京地区希望小売価格(代表車型/税込)は、ブルーリボン ハイブリッド(型式2SG-HL2ANBP)路線・都市型79人乗り 260ps 6速AMT:31,228,200円、ブルーリボン(型式2TG-KV290N2)路線・都市型79人乗り 240ps 6速AMT:26,368,200円、レインボー(型式2KG-KR290J3)路線・都市型61人乗り 210ps 6速AMT:22,221,000円

ブルーリボン ハイブリッド。ロングホイールベース仕様。型式2SG-HL2ASBP

ブルーリボン。車両型式2TG-KV290N2

レインボー。車両型式2KG-KR290J3

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。