東京の天気予報は雨

長野県は、雨のち晴れ

 

良し! 長野県に行こう!

 

って事で、7時半前に家を出発。

でも連休ですよね。

8時前から1時間位、渋滞にはまってしまいました。ガーン

 

なので駐車場に着いたのは11時近かったです。

だから車の中でお弁当お弁当を食べてから出発しました。

 

駐車場はここです。

 

   

 

 

今回歩いたのは、青い線の所です。

 

   

 

11:20 出発~。

 

ここは2回目なんです。

前は、2015年の11月15日に来ています。

その時のブログはコチラをクリックすると見えます。

 

   

 

ガスガスだったので、景色なんてな~んにも見えなかったの。

 

でも今回は、雲が多かったものの青空も見えて、景色も

遠くまで良く見えて高原を堪能できました。

 

 

まずは車山を目指します。

 

   

 

気温は14℃。

風も強くて寒かったので、ウインドブレーカーを着ました。

 

足元がこんな感じなので、直ぐに右股関節に違和感を感じてしまいました。

 

最近、股関節を動かすとボキッ!ってすごい音が鳴ったりしてあまり調子が良く無いんですよねぇ。

 

 

12:02 山頂に着きました。

 

   

 

日差しが出て来て、登りだし暑くなったので上着は脱ぎました

 

本当に良い眺め。

前回は何も見えなかったから、新鮮な感動です。

 

 

 

 

今回は出発時間が遅いので、車山神社は素通りして下山です

 

下山は、長い長い階段です。

階段の所に敷いてある、平らな石がすごく滑って怖かったです

 

  

 

でも階段からの眺めは良かったですよ。

奥には白樺湖も見えました。

 

   

 

階段が終わるとザレ場歩きです。

階段が終わって直ぐの辺りは、小走りになっちゃうほどの

傾斜で足が滑りました。

 

 

 

この辺りだけ、長くて空に向かった棒状の物がいっぱい

建ってたんだけど、これって何でしょうね。?

 

 

 

 

 

 

下り切った所から左に折れます。

次は蝶々深山を目指します。

 

最初は、普通に石がゴツゴツの道だったんだけど、車山肩へ

戻る道との分岐から先は木道になります。

写真中央が分岐です。

 

  

 

目の前には、蝶々深山が見えてます。

あの真ん中を登って行きますよ。

 

 

蝶々深山への登りはちょっと急なんだけど、それよりも

岩がゴツゴツで歩きにくかったですね。

 

   

 

振り返ると、車山からここまで歩いて来た道が見えました。キラキラ

 

 

12:54 蝶々深山に着きました。

 

   

 

すごく広い山頂です。

後ろに見えるのは、車山ですよ。

ここでも動画を撮ったんだけど、なぜか保存されて無くて残念

 

 

次は、物見岩を目指します。

 

   

 

道は笹ロードです。

高原だから、樹林帯が無いのが嬉しいですね。ルンルン

 

 

 

13:26 物見岩に着きました。

 

   

 

ここで軽く食べて休憩しました。

 

 

物見岩からの下りも笹ロード。

最初は大きな岩があちこちにあります。

主人の頭あたりに茶色く広がってる所は、八島ヶ原湿原です

 

   

 

 

 

こんな風に道が見えない所もあったり。

 

 

 

 

下り切ると、ちょっと樹林帯に入ります。

以前は水が流れていた沢があったのですが、今回は水が

全く無くなっていました。

 

今年の雨量は多かったはずなのに、何があったんでしょうね。

 

 

そこを通り過ぎた所に、突然現れた建物は公衆トイレです

 

   

 

 

以前来た時には、すごく汚くて使えない感じだったんだけど

今回は綺麗に掃除されて、トイレットペーパーも中と外にまで備えてありましたよ。

ニオイは、山小屋の外トイレ並みに強烈でしたけどね。爆  笑

 

ココからは平坦な道を歩きます。

鹿避けのゲートを抜けると、キャンプ場だった場所に出ます。

 

   

 

ここは、湿原方面へとの分岐になってます。

私達は、キャンプ場を背にして真っ直ぐ歩いて行きます。

ここから、長い林道歩きの始まりです。

 

初めは砂利道です。

右手に八島ヶ原湿原を見ながら歩きます。

左右には、ススキが広がって秋らしい雰囲気が良かったです

 

高原らしい所を歩いて行きますが、この道長すぎです。ショボーン

 

 

   

 

 

 

林道歩きが終わると、行き止まりの道に出ます。

そこを横断して、向かい側の階段を上ります。

 

ここで写真を撮るの忘れちゃった。💦

 

登り切った所は、分岐になっています。

車山肩に戻るには、左へ進みます。

 

 

初めは平坦な道だけど、段々と傾斜がついて来ます。

長い長い登りの始まりです。15:03

 

   

 

岩々で歩きにくい道だから、再び右股関節が痛み出しました。

立ち休みしながらゆっくり登りました。

 

 

 

この辺りへ来れば、車山肩はもう直ぐって思ったんだけど・・

 

   

 

 

 

残念ながら、もうひと登りがありました。

 

  

 

 

 

これを登たら、今度こそ・・・・って思ったんだけど、

見えたのは、車山だけ。

 

  

 

 

 

でも数歩歩くと、やっと車山肩が見えました。

 

 

 

15:25に下山しました。

 

約4時間掛かりましたね。

前回がガスガスだったから、今回はすごく良かったです。

 

先週、東篭の塔山へ行った時も、膝が痛くならなかったけど

今回も膝は痛くなりませんでした。拍手

 

いつも膝が痛くなっちゃうような急な下りは、車山からの下り

だけだったからかなぁ?

 

毎日、膝の痛い人用の運動を続けてる効果かなぁ。?

その代り、今度は股関節に不安が出てきちゃいましたね。

 

O脚を治す中敷きを使ってる事で、股関節に今までと違う

力の加わり方をしてるからかな?

 

 

今回は、高原歩きだったから4時間も歩けたけど、帰りの車の中でふくらはぎがダル~くなっちゃった。爆  笑

 

 

 

連休なのに主人が泊りで山へ行かなかったから、私も山へ行く事が出来て良かったです。

 

出来る限り、週1回の山歩きを続けたいですからね。

 

 

先週、今週と長野県まで遠出。

交通費と食費など出費が多かったし、来週は給料前の

金欠状態だから、近場の山へ行こうと思います。

 

どこへ行こうかなぁ。音符

 

 

 

 

朝目覚めて直ぐに天気予報を見たら、関東は☂だけど長野県は⛅の予報。

 

昨夜の時点では、☂だから山へは行かないって思ってたのに

急きょ長野県へ行く事になって、慌ただしく朝食をとって身支度をして飛び出しました。

 

駐車場のある高峰温泉に着いたのは10時頃でした。

以前2回ここへは来てるけど、建物が綺麗になってますね

 

  

 

温泉客なのか登山客なのか、車はいっぱい停まってました。

 

 

今回歩いたコースです。

点線の所です。

 

   

 

 

歩きはじめでは、どこまで歩けるか判らないので、行かれる所まで行ってピストンで帰って来る予定でした。

 

 

登山口は、温泉の直ぐ目の前ですよ。

 

   

 

歩き始めは笹ロード。

ドンドン登って行きます。

 

   

 

登り切ると、今度は急降下。

 

   

 

 

下り切ると、こんな所に飛び出します。

 

   

 

これから歩く稜線が既に見えてます。

ここの眺め、好きなんですよね。

 

傾斜が更にキツクなって岩も大きくなって行きます。

 

   

 

ここを歩きながら「この長い傾斜を下るのは無理だなぁ。

100%膝が痛くなって動けなくなっちゃうよ。」って思いました

 

なのでピストンは止めて、周回コースを歩く事に決めました。

 

 

下界を眺めると街の方は晴れてるようだけど、上には黒い雲が広がっています。

雨が降らなければ良いんだけど。

 

 

岩はドンドン大きくなっていきます。

 

  

 

 

この辺りで下を眺めると、歩き始めた高峰温泉が見えました。

写真の中央辺りです。

 

   

 

更に登って行くと、どうやって登ったら良いか考えるような大きな岩も出てきます。

 

そこを乗り越えて登った先には、最初のピーク水の塔山です。

11:28

 

 

   

 

ここからは、樹林帯の道を下って行きます。

前回2回来てますが、その時も雨後みたいに濡れていました。

 

滑りやすくて歩きにくいところです。

 

   

 

そこを抜けると稜線に出ます。

 

先を見ると東篭の塔山が見えました。

でも右側からガスが登って来ています。💦

 

   

 

 

11:56

下から見た時に、赤茶色に見えた所です。

眺めは良いし、気分も良いし。ルンルン

 

 

 

稜線の先の樹林帯に入ると、登りがキツくなりました。

 

   

 

 

更に登りがキツくなります。

 

   

 

 

 

樹林帯を抜けると、目の前には東篭の塔山山頂が見えます。

 

12:30 山頂に着きました。

 

   

 

 

残念ながらガスガスで周りの景色は見えませんでした。

 

今日は最初から風が強かったけど、歩いてる時は気持ち良い程度だったけど、止まるとやぱり寒いです。

 

この山頂表記の左側にある岩陰でご飯を食べました。

 

ご飯を食べてる時に、サーっと雲が流れて周りが見えるようになりました。

 

 

 

 

慌てて写真と動画を撮りました。

 

歩いて来た道が、ほぼ全部見えていますよ。

右の緑色の急斜面で岩々の所を登って尖がってるのが

水の塔山。

 

稜線を歩いて来ました。

 

 

 

 

前回2回来た時は、山頂のどこに座ろうか って言うほど

人がいっぱい居ましたが、今日は山頂を独占です。チョキ

 

 

動画や写真を撮ろうと、慌てて立ち上がったら両太ももの内側が同時に攣ってしまいました。ドンッ

 

 

ここが攣るのは、ふくらはぎが攣るよりはるかに痛いんです。

ふくらはぎが攣ったのは、過去に1~2度だから良く覚えて無いけどね。爆  笑

 

私が攣るのは主に太もも。

それからスネ。

スネが攣ったって聞いた事が無いなんてドクターに言われましたけどね。爆  笑

 

 

山頂には40分くらい居ましたね。

13:15 下山開始です。

 

   

 

急なガラ場を下ります。

 

 

下り切ると、平坦な所に出ます。

 

   

 

 

ここからまた笹ロードを下って行きます。

岩々な道で、湿っているので歩きにくいですよ。

 

 

平坦な所や岩々の下りを繰り返して13:48下山です。

 

   

 

有料駐車場の所にトイレが有るので寄って、これからコースタイム1時間という車道歩きの始まりです。

 

 

 

   

 

歩いた所は、もう雲に覆われちゃってますね。

こうなる前に歩けて良かったです。

 

 

最初は下ってるんだけど、途中から緩い登りになりました。

その途端に、また太ももが攣りそうになりました。

 

   

 

まだかなぁ~」なんて言ってたら、先に建物が見えました

 

 

14:43 高峰温泉に戻って来ました。

車道歩きは、50分くらいでしたね。

 

   

 

 

来る予定が無かった山に来れて、ガスったけど景色も綺麗に見れて、楽しい岩々の所を歩けて、山頂は独占。チョキ

 

 

そう言えば、膝は1回も痛みが出ませんでした。拍手

 

最近の山行で、痛みが全く出なかったのは無かったですから

自分でもビックリ でした。お祝い

 

あんな岩々の所を登ったり、急なガレ場を下ったりしたのに。

 

 

毎週、少しでも山を歩いてる成果が出てきたのかなぁ。

 

でも来週は4連休ですよね。

主人が1人でテント泊に行くので、私はヒッキーです。

 

だから次回は26日土曜日になります。

秋雨にならないと良いんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は朝9時に用事があって、出発出来たのが10時近かったので、近くてコースタイムが短い所で行った事が無い山

ってことで主人が探してくれました。

 

天気予報では、午後から雨が降って来るって感じだったので

心配したけど、山に居る間には降られ無くて良かったです。

 

 

駐車場は、数馬の湯を通り過ぎて少し行った所の右側。

 

   

 

『蛇の湯たから荘』って言う所です。

 

車の後ろ側に、『当店をご利用以外の方は、長時間駐車はお断りします』だったかなぁ? って言うのが書いてあったんだけど、お店はシャッターが閉まってて営業して無いみたいだったので停めてしまいました。

 

ここには大きくて綺麗な観光トイレがありますよ。

 

出発は11:15でした。

普通なら、そろそろ山頂って時間ですけどね。ニコニコ

 

まずは、来た方向へ少し戻ります。

右手に道標があって、曲がって坂を下ります。

 

下ったら、今度は長い長い上り坂です。

先へ進むと、車だとタイヤが空回りしそうなほどの急なカーブの連続です。

 

時間的には15分と長くは無いんだけど、急な舗装道路だったから既にここでかなり体力を奪われました。

 

登り切ると人家へ入って行くような形の道。

 

   

 

登山では、あるあるだけど何回歩いても何か気が引けますね

 

主人が居る辺りから、やっと土の道になりました。

でも中央は、コンクリートで凸凹に固められていましたけどね。

 

 

登山口を入ると、やっと登山道らしくなりました。

綺麗に手入れされた杉の樹林帯を緩く登って行きます。

 

途中から、土がむき出しになりました。

粘土質のような、ツルツルすべる土で歩きにくかったです。

 

  

 

今度は階段が現れました。

 

  

 

でも歩幅に合っていて段差も低いので、楽に歩く事ができます

けっこう長い階段でした。

 

階段が終わって少し歩くと、今度は土留めの階段です。

 

  

 

こっちは段差が大きくて登るのが大変だったので、横を歩いて登りました。

 

このツルツル滑る土の道は、尾根道に出るまで続きました。

 

12:06 尾根に出ました。

 

  

 

私は車の中で先に食べてたので良かったのですが、主人がシャリバテで🍙を食べました。

 

 

  

 

尾根に出ると風が通って、涼しくて気持ち良かったですよ。

しかも長く続く尾根道。

 

 

  

 

今回歩いたのは、地図で黄色い線の所です。

965と書いてある分岐までは、下の道を歩きました。

 

山頂へ行ったあとは、この965と書いて有る所まで戻って

上の道を歩いて下山しました。

 

 

この分岐から先も、ゆる~く登っては平坦な道になり、

またゆる~く登って・・・の繰り返しです。

 

ほとんどが、巻き道状態の道だったんですよ。

 

こんなゆるゆるの所ばっかりを歩いてて、山頂直下は激急登だったりしてね」って、ちょっと不安になるほどの道でした。

 

 

登って行くと、いきなりこんな物が立っていました。

 

  

 

回りは木で覆われてて展望は全く無いけど、国定忠治が来た時には良く見えたのでしょうね。爆  笑

 

 

 

少しずつ傾斜がついてきたけど、登りって言ってもこの程度

 

  

 

 

13:00 西原峠に着きました。

ここからは、今までで1番の急な登りです。

(最初の車道はこれ以上の登りだったと思うな爆  笑

 

  

 

でも奥の方に明るく見える所が山頂ですよ。

 

13:04 槇寄山山頂に到着~

 

  

 

 

途中で小休止をしたけど、車から1時間50分で着きました。

 

テーブルが2個あって、横長に広い山頂です。

 

でも、お決まりの山頂直下の急登が無かったから、普通に登山道の途中で開けた所って感覚ですね。

 

 

 

 

ご飯を食べてたら、ゴロゴロ雷の音が聞こえました。

黒雲は見えなかったし青空も見えてたけど、天気の急変が怖かったので、直ぐに下山を開始しました。13:35

 

地図の965(標高)の所まで戻ります。

 

  

 

ココからは、数馬方面へ降ります。

20分って書いてあるけど、地図では1時間になってたし

実際、私も1時間掛かりました。

 

下り始めは緩やかです。

 

  

 

どんどん傾斜が増して来ます。

 

  

 

更に傾斜がキツくなって、小走りになってしまうほどでした。

 

  

 

 

 

14:36下山。

山から出た場所は、この直ぐ近くでした。

 

  

 

ちなみに『人里』ってどう読むか判りますか?

『へんぼり』って読むんですよ。

地名って読めない所が多いですよね。

 

ここから車まで、約10分の車道歩きでした。あし

 

 

今回は、登山口までの急な車道歩きがキツくて、登山道のゆるゆるな所で太ももがパンパンに張っちゃって、なんどもストレッチをしながら歩きました。

 

登山道は、私でもゆるゆる過ぎて山頂に立っても達成感は

全く無かったですね。爆  笑

 

でも下りはすごく急だったので、もしこの山だけに登るとしたら

私と逆回りにした方が、達成感は得られると思います。

 

この山は、三頭山や高尾山から縦走してくる通過点の山で

単独で、この山だけに登る人は少ないと思います。

 

でも私みたいに、リハビリ登山には丁度良い山だと思います。

 

下山後は、直ぐ近くに数馬の湯温泉があるので、直ぐに汗を流せてサッパリ出来ますしね。

 

温泉に入ってる時から、雷がゴロゴロ鳴りだしてたんだけど

車を走らせて直ぐに、大粒の雨が降って来ました。

 

今日はラッキーでしたね。

 

さて、来週は何処へ行きましょうかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の登山で、私が今どれくらい歩けるのか、だいたい把握出来たので、今回はコースタイム1時間30分という山へ行って来ました。

 

以前、主人が行った時にはヤマレコ等に駐車場の情報が無かったということで、小川町駅から30分も歩いて登山口に着いたそうです。

 

今回は、『官ノ倉山登山口』で検索したところ、駐車場はヒットしなかったんだけど、近所の住宅の住所がヒットしたので、それをナビ目標にして行きました。

 

  

 

 

広くて綺麗なトイレもありましたよ。

来たのは奥の方からで、登山口は手前の方に車道を2~3分歩いた所になります。

 

 

入り口には、ソーラーパネルが広く設置してあります。

9:27出発。あし

 

初めは平坦な林道歩きです。

この日は、朝から焼けつくような暑さだったのですが、林道は日陰だったので助かりました。

 

 

6分ほど歩くと、不動の瀧に着きました。

 

  

 

 

  

 

この反対側には、北向き不動尊があります。

急な階段を長く登るようになっていたので、登らなかったですけどね。

 

ここから先は、登山道らしくなりました。

 

25分程歩けば、こんな急な登りにも出会いました。

 

   

 

登って少し歩くと鎖場です。

鎖場って言っても、登山経験者にはまったくもって不要な鎖ですけどね。

 

  

 

ファミリーで歩く小さい子用ですね。

 

   

 

 

でも最後は、こんな感じになりました。

それでも、しっかり足場が有るので問題なし。

 

 

ここから3分ほど歩くと分岐に出ました。

ここは山頂直下の分岐で、左から登ると正面へ出られます。

 

   

 

10:10 最初のピーク、石尊山に着きました。

登山口から35分程でした。

 

   

 

広くて中央には祠もあります。

眺めもそこそこ良いと言えるんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

 

この日は本当に暑くて、まるでフライパンの上に居るような暑さで、暑いを越して日差しが痛かったですね。

 

なので動画を撮ったら、さっさと次へ向かいました。

 

 

5分程尾根歩きした所に道標がありました。

道標の下に手書きで『右の斜面降りる。要注意』って。

 

この手書き文字が無かったら、どこを降りたら良いか迷うようなところでした。感謝です。

 

ここから急降下でした。

 

   

 

この途中で、右膝に電気が走るような痛みが1回ありました。

先が不安だったけど、痛みが続く事は無かったので良かったですけど、装具を使ってても山では痛みがでちゃいますね。

 

 

下ったら、今度は登りです。

低山なのに、アップダウンがあるから飽きません。

 

 

 

こんなゴツゴツの所を登ったら、もう山頂ですよ。

 

   

 

 

10:32 官ノ倉山に着きました。

登山口から約1時間でしたね。

 

 

 

 

こちらは、展望はほとんどありません。

木が成長しちゃって見えなくなったって感じですね。

 

それでも、少し草木を切った跡はありましたけどね。

 

ちょうどベンチの所が日陰になっていたので、パンを食べて休憩しました。

 

動画を撮った後、スマホに『本体が熱くなっているので、動画処理が適切に出来ませんでした』なんて表示されたからガーン

慌てて日陰に置いて冷ましました。

 

後で見たら動画はちゃんと保存されてたからホッ。

スマホを使うようになってから、こんな表示を見たのは初めて

 

持ち歩きには、ズボンの太ももにあるポケットに入れてるから

体温と気温で温まっちゃったのかなぁ。

 

とにかく、この日は暑かった~~~ショック

下山して気温を見たら、37℃でしたからね。

 

 

水分補給は、いつも以上にこまめにして、山頂では冷たい麦茶で体の中からも冷やしたけど。

 

ここまでの低山を真夏に登るには、保冷剤が必須だって感じましたねぇ。

 

下山で膝が痛くならないか、すごく不安だったんだけど

幸いにも、全く膝の痛みは出ませんでした。

 

今日は、お医者で作った装具では無くて、ネットで購入した

O脚矯正用の中敷きって言うのを使ったんですよ。

 

お医者で作った装具よりも、硬さというかしっかり感があって

土踏まずもしっかり支えられて、爪先はクッション性がある物

 

アップダウンがあったのに、痛みが出なかったのはこの中敷きのお蔭かなぁ。?

ちなみに、¥1500爆  笑

 

だとしたら、高いお金を出して作った装具って何なんだムカムカ

 

 

前回は、かなり膝が痛くなっちゃって落ち込んだけど

今回は、全く痛みが出なかった(1回だけ電気は走ったけど)

短時間なら登山を続けられることが判って嬉しいですルンルン

 

 

これからも、主人には着き合わせちゃって悪いと思うけど

こんな感じでリハビリ登山を続けて、来年の夏休みには

テント泊登山が出来たら良いなぁって思っています。

 

一般的な歩行時間は無理だろうから、余裕の日帰りコースを

テント泊で・・・みたいなね。

 

 

 

 

 

 

 

先週は、息子のリハビリに付き合ったので、今週は自分のリハビリの為に山へ行く事にしました。

 

腰椎椎間板症の為に、長い時間車に乗ってるのは辛いし、東京都民は他県への移動を自粛しなきゃならない。

 

それで選んだのが今熊山。

 

ここは、今熊神社から何度も登っています。

何度も行ってるから、もし途中で体が痛くなって敗退しても、

全く悔しくは無いということで選びました。

 

でも今回は、今まで歩いた事が無いコースを選びましたよ。

 

 

以前、駐車場がある小峰ビジターセンターへ寄った時に

もらった地図に載ってたコースです。

 

山と高原地図には、全く載って無いコースなんです。

 

小峰ビジターセンターに着いたのは8:30頃でした。

まだビジターセンターは開いて無かったので、道を挟んで向かい側の小さい駐車場に車を停めました。

 

   

 

今熊山は『現在地』って書いて有る辺りに位置します。

 

登山口は、ビジターセンターの直ぐ横です。

 

   

 

初めは小峰公園内を歩くので、誰でも歩きやすいように

最初は階段が続きます。

 

   

   

 

階段の両側には、色々な花がいっぱい咲いてましたよ。

私が判ったのは、萩とミズヒキソウとススキだけ。笑い泣き

 

 

まずは、金剛の瀧を目指します。

公園らしき所を抜けると、やっと登山道らしくなりました。

 

こんな大きな馬頭観音もありました。

まだ疲れて無いし、機嫌が悪い訳でも無いし、自分では

笑ってたつもりなんだけど、笑顔になってませんね。

いつもの事だけど、鬱だから感情表現が難しいんですね。

 

   

 

 

暑くて暑くて、もうすでに手ぬぐいがビッショリになるほど

汗をかいています。

 

山でマスクをするのは地獄なので、コロナが出てからは

手ぬぐいを持ち歩いています。

 

人とすれ違う時は、手ぬぐいを持って手で口を覆ってます。

 

 

いつの間にか道標は『ハイキングコース』に代わっています。

それまでより傾斜があったり、根っこがゴツゴツだったり。

 

こういう所を歩くと、山の中を歩いてるんだなぁって気分に

なって楽しいですね。

 

 

楽しいなんて言ってたら、天国への階段が現れました。

 

   

 

この階段、段差が大きくてキツイ階段でしたね。

 

 

階段を登り切ると、ちょっと広くなっていて地図がありました。

 

   

 

まだ半分も歩いて無いんですね。

自分では結構歩いた気分なんだけど、時間もまだ50分位。

 

今熊山への道が繋がって無いでしょう爆  笑

 

でも所々に道標があります。

今熊山⇒ って文字は、ほとんど出てきません。

まずは、金剛の瀧 を目指しましょう。

 

 

左手に鉄塔が見えました。

進むと、一気に急降下です。

 

   

 

下り切ると、平らで綺麗に手入れされた杉並木でした。

 

   

 

更に進むと、今度は鉄塔の下をくぐります。

日向は、焼けるように暑かったですよ。

回りはススキの葉なので、ストックで避けながら進みました。

 

   

   

 

   

 

 

ここは道が分かれていますが、どちらへ進んでもOK。

直ぐに合流しますからね。

 

   

 

 

 

道標がありました。

 

   

 

小峰公園からまだ1.1㎞しか歩いて無いんですね。

ここまでで1時間位掛かってます。

 

ゆっくりは歩いていましたが、ここまで亀足だったとは

自分でも実感がありませんでした。

 

金剛のの滝へ向かいます。

 

コチラの道は急降下。

しかも、細くて歩きにくい階段や木道があります。

 

   

 

ここを下ってる時に、膝に違和感が出てきてしまいました。

 

 

 

下り切ると、広い所に出ました。

まるで河原みたいです。

 

  

 

大雨が降った時には、水で満たされるのでしょうか。

 

 

真っ直ぐに奥へ進みます。

水の音が聞こえて来ました。

 

見えたのは小さな滝。

 

   

 

!?これが金剛の滝アセアセ

って思ったんだけど、滝の横に岩を貫いたトンネルがあります

 

中を覗き込むと、鎖が付いていて登れるようになってます。

 

 

暗くて足元が良く見えないから、滑りそうで怖かったですね

トンネルを抜けるとそこは・・・・・

 

   

 

 

 

これが金剛の滝なんだねぇ。拍手

 

岩壁にも、何て言うのかなぁ お地蔵さんみたいのがあります

 

回りを囲まれた雰囲気もとても良い滝です。

動画の中でも言っていますが、抜けて来たトンネルの横に

階段があったんですよ。

 

今熊山へはそこを登るのか?って思ったけど、上の方を見上げると『通行止め』の文字が見えました。

ここでは無いようですね。

 

 

登山道の所まで戻ると道標がありました。

今熊山まで1.3kmと書いてありました。

 

   

ここまで1時間以上掛かっています。

時刻は10時。

 

今熊山まで行ったら、車道を30分かもうちょっと歩いて車まで戻るか、ピストンで戻って来るかの2択です。

 

膝も違和感が出てきてるし。

 

考えた末に、ここから下山することにしました。

上の分岐から急降下してきた道を登り返します。

 

登ってる途中から、膝の違和感が痛みに代わりました。メラメラ

先へ進まなくて良かった~って思いました。

 

 

小峰公園内まで戻った後は、階段を下らずに横の道を登りました。

そしたら、そこには椅子付のテーブルが1つありました。

 

ここで11時を過ぎていたので、お昼ごはんにしました。

 

 

自分的には、すごく歩いて来た気分なんだけど、往復でも

3km無かったんですよね。

 

1kmを1時間の亀足で歩いても、こんなに痛みが出ちゃう。

登山靴には、装具の中敷きを入れて来ました。

それでも痛みが出ちゃう。

 

 

毎日、膝痛の体操をして1週間に1回のヒアルロン酸注射

もしてるんだけど。

 

アッ、でも腰は痛くなりませんでした。

サポートタイツを履いてるし、ザックのウエストハーネスで

腰を締めて安定させてるから、登山の時はコルセットをしていないんですよ。

 

・・・ってまあね、こんな短い距離と緩い登山道だからって事もあると思いますけどね。

 

 

 

骨折した息子は、自転車に乗れるまでに回復してきました。

だから通院の時に自転車で行かせて、それをリハビリとし

私は、毎週土曜日登山(山歩き)を続けて、コロナ禍で落ちた筋力を取り戻そうかと思います。

 

膝痛や椎間板ヘルニアでも、登山を続けてる人からコメント

もらったし、私も頑張ろうチョキ

 

 

 

 

 

 

以前から腰が痛くて、変形性腰椎症と診断されていました。

もう15年以上前からの事です。

 

なので腰のコルセットを使ったり、腰のストレッチしたり

なるべく負担を掛けないように心がけていました。

 

 

 

先週、息子の布団を干した後しまおうとしてた時、足を滑らせて床に尾てい骨を強打しました。

 

その痛みは5日間くらい続いて、その後も右側のお尻の所

全体に痛みが残りました。

 

私は股関節も悪いから、股関節に異常が出たかと思いました

 

生憎、整形外科は夏休み中だったので、電気治療が出来なくて更に痛みが増してるだけかも。

 

そんな風にも考えていたんだけど、椅子に座っていると右足に痺れが出てくるようになったんです。

 

股関節痛で足の痺れが出たことはありません。

 

診断を受けるのは怖かったけど、今日診察を受けました。

 

腰と股関節の両方のレントゲンを撮りました。

 

股関節は、相変わらずで悪化はして無いとの事。

でも腰椎が、ほぼ骨同士がくっ付いて中の椎間板が飛び出して神経を圧迫してる状態でした。ガーン

 

骨自体の変形も進んでいました。

 

治療としては、痛み止めを飲んだり電気治療をしたり牽引をしたり湿布を貼ったり、腰痛体操をする事が主だなってドクター

 

でもそれらは、今まで何年も続けていることです。

今回は痛みが強いので、ブロック💉をしてもらいました。

 

今まで通りの治療をしつつ、痛みが強い時は💉。

それでも足の動きが悪くなったりしたら、最終的には手術。

 

あ‘‘======!!

膝の変形が悪化してショックを受けたばかりなのに。

 

腰椎までヘルニアになっちゃうなんて。えーん

 

山がドンドン遠ざかって行く~~。ショボーン

 

なんで私はこんなに、あっちもこっちも、関節や骨が変形しちゃうんだろう?

ドクターも不思議がっていましたけどね。

 

アッでもね、骨密度の検査をしたら、47歳の骨強度だって

言われました。ルンルン
12歳も実年齢より若かったの。爆  笑

 

骨は元気なのに、なぜに変形が進行するんだろう。

 

なっちゃったものはどうしようも無いから、上手く痛みと付き合っていくしか無いですけどね。

 

あ‘‘======もう!!

 

 

 

 

 

 

 

ギプスが取れて、骨折した箇所も完全にくっつきました。

 

しばらくは松葉杖を使ってましたが、それも取れました。

ドクターからは「ドンドン歩くように」と言われました。

 

しかし固定期間に固まった足首が動かず、動かすと激痛。ドンッ

これは居たくても、我慢して動かさなければなりません。

 

本人もパソコンで動画見ながら足を動かすリハビリをしてます

 

 

7月25日には、近所の広い公園を歩きまわりました。あし

ほんの少しの凸凹でも、足の裏が痛いと言って休み休み30分くらい歩きました。

 

 

8月1日に怪我の後はじめて、青梅駅裏の永山ハイキングコースへ入りました。

 

永山ハイキングコースは、入り口から急な坂なんですよね。

足首が前後に動くことに関しては、あまり痛みが出ないと言ってるんだけど、やっぱり足の裏は小さな石や凸凹でも痛いって

 

第一休憩所まで行ったんだけど、その間にあるベンチでは必ず座って足をマッサージしてました。

 

 

今日も8時頃から永山ハイキングコースへ行って来ました。

前回より、足首が良く動いて歩いていたんだけど、やっぱり足の裏はかなり痛い様子。

 

私が、「足裏の筋肉が損傷してるんだろうね。肉離れしてるんだよきっと」って言うと、「ドクターも同じ事言ってたよ」だって。

 

 

筋肉損傷があるなら、あまり無理をするのは良く無いですね

なるべく平らな所を選んで、小股でゆ~くり歩きました。

 

今日は、第一休憩所を通り過ぎた所まで歩きました。

 

でも「登りより下りの方が痛いから、あんまり先へ行くのは不安なんだよ」って言うので、第一休憩所へ戻って休んでから車へ戻りました。

 

まだ8時台だって言うのに凄く暑くて、持って行った保冷剤を体に当てながら歩いていました。

 

息子は、お医者へ行く時以外は冷房の効いた室内にいるので

暑さ慣れして無いんですよね。

 

たまにはベランダへ出て、暑さに当たらないと体がおかしくなっちゃうよ」とは言ってるんだけど、今は禁煙をしてる息子。

 

ベランダへ出ても、車を眺めるだけだから2~3分位かなぁ。

 

 

明日まで整形外科は夏休み。

息子がいつもより痛いって言うけど、私も股関節が激痛ドンッ

 

雷雨が続いたからかなぁはてなマークって思ったけど、雷雨の無かった昨日も痛かったし。

 

今、膝の治療の為に装具を使ってるけど、親指側に重心が来るようにして毎日歩いてることが、股関節に負担を掛けてるんじゃ無いかなぁってちょっと不安になってます。

 

月曜からお医者がはじまるから、電気治療しても痛みが引かなかったら診察を受けようかなぁはてなマークって思ってます。

 

 

息子の骨折も私の膝や股関節の痛みも。

今年で良かったなぁ~って思ってます。

 

もし体が元気だったら、夏休み3000m級の山へ行かれないのは、悔しくてたまらないでしょうからね。

 

今はコロナで出かけられない。

だから、我慢できるって感じだもの。ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月18日に、伊豆ケ岳へ行って以来、梅雨の雨だったり

変形性膝関節症の悪化だったりで登山が出来ませんでした。

 

東京は都外への外出は自粛するように言われてます。

 

でも、龍崖山とか柏木山とか多峯主山なら、人通りの少ない(ほとんど居ない)郊外の道を車で走って行くだけなので良いかなって思ってます。

 

3週間も登山をしてません。

梅雨が明けても、5月に骨折した息子のリハビリで、公園の散歩などへ連れて行かなければならないからです。

 

その間に、最近の登山であまりにも痛みが強かった膝の検査をして、変形性膝関節症の悪化を確認しました。

 

直ぐにヒアルロン酸注射の治療を初めて、膝のO脚を治す装具(靴の中敷きタイプ)も先週に出来上がりました。

 

仕事用の靴に装具を入れて毎日履いています。

 

右足は、装具を入れても何も感じないくらいに違和感は無かったんだけど、足首が緩々の左足は土踏まずの所に痛みが

と言うか疲れが出るんですよね。

 

竹踏みをしたくなるような・・・・って言うと判るかなぁ?

そんな違和感というか疲れが出るんです。

 

私の夏休みは8日~10日の3日間。

今年はコロナ禍で登山が思うように出来て居なかった事に加えて、山小屋の営業も通常とは違うためテント泊での登山が出来ません。

 

なので8日は息子のリハビリで青梅駅裏の永山ハイキングコースへ行きました。

 

仕事の前日は、仕事が辛くなるからヒッキーをしてのんびりしたいんですよね。

 

なので間の今日9日に山へ行こう!って思いました。

 

でもヒアルロン酸注射がどれくらい効いてるのか。

装具がどれくらい効果を発揮するのか。

 

不安が大きかったので、なるべくアップダウンの少ない所

ってことで多峯主山を選びました。

 

多峯主山は、登山を始めた頃や息子が鬱で休職してた時など

もう数えきれないほど行ってて、道も良く知ってます。

天覧山を経由したり巻いたり。

 

私の膝が悪くなったのは、登山を始める前からです。

 

駐車場から天覧山下のトイレの所までの急な坂。

ここは毎回、帰りに膝が痛くなる場所なんです。

 

今回は、ここを帰りに下って膝がどうなるかを感じてみたかったっていうのも選んだ理由の1つです。

 

 

 

天覧山の前の道は、他の山へ行く時に良く通ります。

お寺の門の横が、長いこと工事で塞がっていたんですが

今日は、周りを塞いでた物が外されて中が見えました。

 

まだ工事中で、今までの道が通れ無くて池を周る迂回路になって居ました。

 

   

 

建物が2つ。

何だろう?

 

 

 

膝の悪化を告げられた時に、階段と坂道は極力避けるように言われて、職場でも階段を使わずエレベーターで移動。

毎日頑張ってたステップアップも止めました。

 

代わりに、膝痛体操というのを毎朝30分かけてやってます。

 

でも坂道を歩き始めて直ぐに、右の太ももの膝上部分が

攣りそうなほど痛くなってきてしまいました。

 

なので登りは、本当に亀足で歩きました。

木の根っこの段を登る時も、階段を登る時も。

 

慎重にゆっくり歩きました。

でもやっぱり、ココだけは登りたくて。

 

   

 

こういう岩がゴツゴツの所、大好きなんだもん。

 

登り切ると山頂です。

登りでは全く膝が痛くなりませんでした。拍手

    

 

 

まあ今までの登山でも、登りで痛くなるのは長い階段やアップダウンの連続だけでしたからね。ニコニコ

 

 

今日はね、すっごく暑いからアイスクリームを持って来ました

 

家から保冷剤2個を保冷バックに入れて来て、近くのコンビニでアイスを買いました。

 

流石に、カップや棒付きの物は避けましたけどね。爆  笑

 

 

私のはシャリシャリのシェイクみたいになってました。

でも冷たさは頭がキーンッとするほどでしたよ。

 

   

 

 

主人のは、柔らかくはなってたけどドロドロでは無かったって。

 

   

 

保冷剤は、カチコチに凍ったままだったんですよ。

アイスの保冷には、保冷剤では足りないって事ですかね。

 

1時間位だったら食べれる事が判ったので、息子のリハビリの時とか持って行ったら良いなぁって思いました。グッド!

 

 

山頂に立った時には人が少なかったんだけど、次々に登って来たので下山することにしました。

 

今日はピストン。

帰りにも天覧山へは行きませんでした。

 

だって、多峯主山の方から天覧山へ登るには『天国への階段』を登らなきゃならないんだもの。爆  笑

 

見返りの坂の方へ出てから登っても、やっぱり急な階段です。

 

 

天覧山の下のトイレまで戻って来ました。

ここから道路までの下り坂が問題。

 

ここを下って膝が痛くならなかった事は無いくらいです。

 

不安だったけど、膝をかばわずに普通に歩きました。

 

?!?

痛くならないよぉ。びっくり

 

途中から、だるいような重いような嫌な感じにはなったけど。

ズキズキした痛みは、全く出ませんでした。お祝い

 

ヒアルロン酸注射と装具が効いてるって事ですね。

 

とは言っても、この下りは10分位のことです。

他の山へ行っても痛みが出ないかは判りません。

 

次は、柏木山へ。

その次は、龍崖山へ。

 

少しずつアップダウンと時間を伸ばして歩いてみたいですね。

 

ん~、とは言っても息子のリハビリに付き合わなければならないし、9月と10月の連休には主人がテント泊で北アルプス行きたいって言ってるしね。

 

私のリハビリ登山は、息子が再就職してから・・・ですねぇ。ハートブレイク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、20年位前から『変形性膝関節症』と診断されて、低周波や干渉波をかける治療や、温める治療を行ってきました。

 

登山の時には、両側にボーンが入った膝サポーターを使っています。

そのサポーターも、いくつ買って試したことか。笑い泣き

 

私は30代の頃、ママさんバレーをやっていました。

子供の頃は、体が弱くて体育を見学することが多かったほど

 

マネージャーだったけど、中学の時にバレーボールの経験はあったから。

 

だから基礎筋力が無いのに、誘われるままに入って

いきなりのエースアタッカーとして動いたんですよ。

背が高かったし、教わらなくても一通りの事は出来たから。

 

そんなだから、数か月で膝に痛みが出始めました。

お医者へ通うと、ひざ靭帯が炎症してるってことでした。

 

試合に出た後は、膝がパンパンに腫れちゃって。

お医者では、何回も「バレーボールは辞めなさい」って言われていました。

 

でも好きだったんですよね。

楽しかったんです。

 

有る時の試合が終わると、足を上げる事も出来ないほど痛くなってしまいました。

 

お医者へ行くと、太ももから足首までを固定されました。

ドクターストップだ。これ以上続けたら、もう診てやらないぞ

そう言われて、無く無くバレーボールは辞めました。

 

バレーボールを辞めても、膝の痛みは残りました。

正座は全くできなくなり、長く歩くと膝の両側が痛くなります。

 

無理が祟ったんでしょうね。

続けて通院してたんだけど、変形性膝関節症という病名がつきました。

 

 

時が経ち、膝の痛みは当たり前って感じの生活が続きます。

 

主人と出会って登山を始めました。

再び膝の痛みは強くなりました。

 

登山に膝の痛みは付き物だってことで、サポーターを使いながら今まで続けて来た訳です。

 

しかし最近では、膝の横が痛いだけでなく膝の裏側まで痛くなってきました。

しかも登山では、下山の時に足が着けないほどに痛くなります

 

そんなんだから、コースタイムも標準の1.5倍から2倍もかかるようになり、3時間コースを歩くのがいっぱいいっぱい。

 

 

余りにも痛みが続くので、7月の終わりに診察を受けました。

3年ぶりくらいで膝のレントゲンを撮ったら、軟骨が減ってるのは年相応だけど、変形がかなり進行してると言われました。

 

原因は、若い頃に靭帯を痛めるほどの激しい運動をした事と

足がO脚になって来てるからだそうです。

 

もともと膝から下の、特に左側は骨が曲がってるんですよ。

でも真っ直ぐに立つと、膝はちゃんとくっ付いていました。

 

最近は、力をギュッて入れないと膝がくっ付かないようになっていました。

 

 

★治療としては、ヒアルロン酸注射を打つこと。💉

★O脚がこれ以上進行しないために、装具(靴の中敷きタイプ)を使う事と言われました。

 

先週、ヒアルロン酸注射を打ってもらったら、今まで膝回り全部が鈍い痛みに包まれていて、階段の上り下りで膝の裏側が痛くなっていたのに、スッキリ痛みが取れました。👏

 

翌日に装具の型を取ってもらって、明後日に出来上がってきます。

 

 

行動の注意としては、『坂道や階段は極力避ける事』ガーン

『膝回りの筋力を鍛える体操を毎日やる事』

 

 

太ももの筋力を鍛えようと、ステップアップの運動をしてた事

逆効果だったみたいですね。アセアセ

 

坂道を避ける事・・・って。

登山は無理って事!?えーん

 

 

今年はコロナ禍のせいで、夏休み登山も出来ないけど。

普段の登山も、痛みが治まるまでは出来ないかなぁ。

歩いても、高低差のあまり無い山くらいですね。

 

もう何年も前から「夏休みの連泊登山は今年が最後かなぁ

って言いながら行ってたけど、とうとうその日が来たのかなぁ。

 

テント泊用に新しいザック買ってもらったばっかりだし。

まだ登山を辞めたくは無いのよね。

 

装具を使えば、痛みが無くなる人もいる位ですよって言われたんですよね。

それに期待するしか無いですね。

 

無理をしない程度に、里山歩きで続けたいなぁ。