First Chance to See...

First Chance to See...

エコ生活、まずは最初の一歩から。

 「SALE」の文字につられて思わず買った、スペイン乗馬学校の450周年を記念して開催されたスペシャルガラ公演のDVD。

 

 

 DVDのジャケットからして存分にかっこいい。

 

 スペイン乗馬学校の通常の公演は、美しい内装とシャンデリアが印象的な建物の中で行われるが、今回のスペシャルガラではスペイン乗馬学校のすぐそばにある英雄広場に特設会場が設置され、いつもの会場より広い、屋外でのパフォーマンスとなった。また、スペインにある王立アンダルシア馬術学校からも2組の馬と騎手のコンビが参加していて、いつもと違う特別感を出していた。

 

 「レバード(Levade)」(後ろ足だけで立ってじっとしている)、「クールベット(Courvette)」(後ろ足だけで立った後、後ろ足を揃えた状態で何度かジャンプする)、「カプリオーレ(Capriole)」(空中に飛び上がった瞬間に、後ろ足をまっすぐ蹴り出す。DVDのジャケット写真がまさにそれ)といった、難易度の高いジャンプ・パフォーマンスを、二人掛かりで手綱やムチで馬に動きを指示して行わせるのが"Airs on the Ground"なら、同じジャンプ・パフォーマンスを人が馬に乗った状態で行うのが"Airs above the Ground"。このパフォーマンスそのものは、私も朝の調教見学とかパフォーマンス公演で見たことがあるけれど、生で見るのと違い、DVDには英語の解説もあればスローモーションもある。おかげで、私のような素人には、馬たちがいかにめいっぱい集中してバランスやタイミングをはかり、これらの大技を決めているかがよくわかる。

 

 とは言え、生で見た時は、こんなに次から次へとカプリオーレが完璧に決まってなかったような気がする。きれいに後ろ足を伸ばし切れないことも多いのだ。DVDだから失敗シーンは削除されているのか、それとも450周年の特別公演だけに馬も騎手も気合が入ってたのか、さて?

 

 あと印象的だったのが、騎手を乗せた馬が「クールベット(Courvette)」を見事に決めた時、騎手が「よっしゃあ!」とばかりに得意満面の表情をしてみせたこと。何があろうといつもすまし顔のスペイン乗馬学校の騎手にしては珍しいと思ったら、何のことはない、スペインからゲスト騎手だった。同じようにクラシカルなドレサージュをやっている乗馬学校でも、やはりお国柄が出るんだねえ。

 

 圧巻なのは、最後に行われた「カドリール(Quadrille)」。いつもは8頭の馬で行われるけれど、今回の会場はいつもより広いためいつもより多い14頭もの馬たちによって繰り広げられていた。それでいて、乱れもせずぶつかりもせずきれいに揃って複雑な足さばきをこなすから凄い。騎手だって、普段の会場と違う分、距離感もタイミングも図りにくかっただろうに。

 

 おまけに、騎手が足さばきの変更や方向の指示を毎回馬に出しているはずなのに、ごくわずかな手の動きだけで合図しているらしく、素人目にはどうやって馬に伝えているのか全然わからない——むしろ、馬のほうが動線を完全に憶えていて、騎手の指示を待たずに動いているかのように見える。あるいはいっそ、テレパシーとか?

 朝から暑い。

 

 午前7時半から気温31度とか、正気の沙汰とも思えない。休みの朝は、トーストパンと卵と紅茶、もしくはコーヒー、といった朝食をのんびり食べるのが私のデフォルトだけど、こうも暑いととても無理。そこで登場するのが、こないだのウィーン旅行で買ってきた、マンナーのミューズリーだ。

 

 

 ウィーン土産の定番、マンナーのウェハースが小さくカットされて入っている。適度な甘さがあって、牛乳をかけて良し、ヨーグルトをかけてもまた良し。

 

 ミューズリーといえば穀物とかナッツが入った低カロリーのヘルシー食品だが、そこにチョコレートをはさんだウェハースを混ぜ込んだ時点で、もはやヘルシーと呼べない代物になっている気はする。でもいいの、美味しいから。

 ウィーン最終日。忘れもしない1年前、これから飛行機に乗るってのに、老舗カフェのフラウエンフーバーでラズベリーソーダのつもりでカクテルを注文してしまい、アルコールが飲めない私は大変な目に遭ったっけ。さすがに、同じ過ちは繰り返しませんよ。

 

5・スペイン乗馬学校のカフェ

 

 愛しのスペイン乗馬学校、なのに今回の旅では見学も見物も一切なし。よよよよよ。で、せめてもの思い出にと、カフェに入ってみた。

 

 

 そもそも、スペイン乗馬学校にカフェがあるなら、この私がまだ未体験だったことのほうがおかしい——と思われるかもしれないが、スペイン乗馬学校のカフェって「こういうスペースを新規に作りました」って感じの場所で、わざわざ入るほどじゃないな、としか思えなかったのだ。しかし、今回の旅では私はスペイン乗馬学校に一銭も貢いでいないから、最後にカフェでお金を落とすくらいのことはしてもいいよね?

 

 

 例によって、メランジュを注文。味はさすがに悪くない。でも、接客がなあ……今までウィーンのカフェで接客に難ありと思ったことは一度もないけど、ここはちょっといただけなかった。入ったタイミングが悪かったのかもしれないけど、店員が誰もいない、と思ったら、私が入っていった時、私のことは気にとめるふうでもなく客席に座って大声を張り上げて携帯電話で長々と喋り続けていたのが、実は客ではなく店員だったとは(苦笑)。

 

 とは言え、スペイン乗馬学校の敷地内にあるカフェだけに、このカフェにしかないすごい特典もある。カフェのガーデンスペースの背後には、公演を終えた馬たちがクールダウンするための設備があって、タイミングがよければ柵の向こうでリピッツァー種の馬たちがぐるぐる歩き回っている背中を見ることができるのだ。

 

 

 写真には撮り損ねたけど、私もぐるぐる回るお馬さまの背中を見ることができましたわよ、おほほほほ!

 

 で、すっかり気をよくしてカフェの隣のショップに入り、ついうっかりスペイン乗馬学校450周年記念ガラ公演のDVDを購入。だって、セールで50パーセント割引って書いてあったら買うしかないでしょうが?!

 

 

 何だかんだで、結局今年も貢いでいる……。

 

6・カフェ・ウィーン

 

 ウィーンを去るのは未練だが、でもウィーン空港にある程度時間に余裕を持って着くよう早めのCATに乗る。空腹すぎると乗り物酔いしやすいらしいから、空港には搭乗2時間前くらいには着いて、空港内のカフェで何かちょっと食べる、というのが、私の行動パターンなのだ。

 

 今回、免税店売り場やカフェが密集しているエリアからちょっと離れた搭乗口付近で見つけたのがこちら、その名もずばり「カフェ・ウィーン」。

 

 

 うむ、このネーミングにはつられるわ。

 

 

 それなりに頑張っている内装。

 

 

 ハムとチーズのサンドイッチにミネラルウォーター、これだけ買って10ユーロ札1枚じゃ足りなかった。空港価格って、ほんとあこぎ。でも、サンドイッチは見た目以上に美味しくて、手に持った時は「意外とデカい、全部食べきれるかな」と思ったけど、何のことはない、余裕で平らげてしまった。どうってことのないハムとチーズのサンドイッチなのに、日本ではまず口にできないこの美味しさったら何なんだろうな。あーー、恋しい!