First Chance to See...

First Chance to See...

エコ生活、まずは最初の一歩から。

 コルム・トビーンが2004年に出版した、ヘンリー・ジェイムスの評伝小説The Masterの日本語訳。これだよこれこれ、私はもうずっと前からこの本が訳されるを待ってたの!

 

 

 私が日本語訳を待ちきれず力づくで原著を読んだのは、2015年のこと。まがりなりにも原著で読んだのなら今さら日本語訳など不要だろ、などと言うなかれ。当時のブログ記事にも書いた通り、作中のヘンリーがこれから書く小説についてあれこれ思いをめぐらせても、ヘンリー・ジェイムズ作品にさほど詳しくない私には、それらすべてを拾い上げて「これはあの小説のネタだね」と特定することができない。そりゃ『ねじの回転』くらいはわかったけど、他にも絶対いろいろ見落としている。

 

 加えて、ヘンリー・ジェイムズ作品にさほど詳しくない私が言うのもなんだが、日本でももっと彼の作品が読まれるようになればいいのにという気持ちがあり、この評伝小説はその契機になりうると思ったからだ。ヘンリー・ジェイムズの小説を難解な英文を読むのはものすごく大変だが、こなれた日本語訳で読む分にはそこまで大変じゃない——というより、よく出来た小説としてすごくおもしろい。特に初期の長編小説。『ワシントン・スクエア』と『ある婦人の肖像』は私の大のお気に入りだし、去年新訳が出た『ロデリック・ハドソン』もめっちゃおもしろかった。こういう読みやすい新訳の文庫本がもっと出てほしいんだよ、私は。

 

 が、待ちに待ってたThe Masterの日本語訳はよもやまさかの酷い代物だった。冒頭、ロシア人の「プリンス」と「プリンセス」が「セント・ピーターズバーグ」に戻る云々という記述あたりで早くも嫌な予感はあったけど(「公爵と公爵夫人がサンクトペテルブルクに戻る」って書くほうがわかりやすくない?)、その後もやたらと英単語のカタカナ書きが目立つ。お茶とか紅茶と書かず「ティー」にするくらいは好みの問題と言えるけど、「プロフェッサー」「ナイトメア」もギリギリ我慢するけど、でも「エグザイル」とカタカナ書きするのはマジで勘弁してほしい。

 

 さらに問題なのは、固有名詞の不統一だ。ヘンリー・ジェイムズの評伝小説の日本語訳であるにもかかわらず、作中に出てくるヘンリー自身の著作のタイトルすら揃っていない。こういうのは極力既存の日本語訳に沿って訳出してほしいと私は思う(この評伝小説でヘンリー・ジェイムズ作品に興味を持った人を、適切に誘導しないでどうする)が、訳者のこだわりで原題に沿ったオリジナルな日本語タイトルにしたいというならギリギリ我慢するけど、でも、作中で同じ本のタイトルをある時は『ある婦人の肖像』と書き、またある時はA Portrait of a Lady(p. 158)と書くのはどうかと思うし、もっと言えば、正しい原題はA Portrait of a LadyではなくThe Portrait of a Ladyだぞ、念のためコルム・トビーンのThe Masterの記述も確認したがトビーンはちゃんとThe Portrait of a Ladyと書いてたぞ!

 

 その他にも、『カサマシマ公爵夫人』は『プリンセス・カサマッシマ』(p. 90)になったり『プリンセス・カサマシマ』(p. 410)になったりするし、『ロデリック・ハドソン』なんか、ちゃんと『ロデリック・ハドソン』と書かれたその次のページでいきなりRoderick Hudson(p. 360)になったりする。さらに、『ポイントンの台無し』(p. 176)と『ポイントンの蒐集品』(p. 413)、これはどちらもThe Spoils of Poyntonを指しているのよね?

 

 あと、同じページの中で『緋文字』とThe Scarlet Letter(p. 221)とか、『両世界評論』とRevue des Deux Mondes(p. 206)とか。一体どうしてこんなことになっちゃうの?

 

 ここまでくると、一人の訳者が本全体を訳したのではなく、複数の人に英文テキストを分けて配り、それぞれが訳したものを持ち寄って継ぎ合わせ、一度として全体に目を通すことすらせず校了にしたのではないか思えてくる。そのくらい酷い。

 

 さらに悲惨なことに、稀少な訳者注さえズレている。オスカー・ワイルドの裁判事件について、ヘンリーが友人スタージスと話している場面で、スタージスはワイルドの愛人ロード・アルフレッド・ダグラスのことを愛称ボウジーを用いて語るが、

 

「ボウジーは彼の最愛の人。彼のためならすべてを投げうつつもりですね。ワイルド〔訳者注・ワイルドの愛人〕は最愛の人を見つけたのですよ」(p. 106)。

 

 ちょっと待て、〔訳者注・ワイルドの愛人〕をつけるなら、ワイルドではなくボウジーの後でしょうが。もっと言えば、この会話の前にロード・アルフレッド・ダグラスの名前は出ているんだから、ボウジーの後に〔訳者注・ロード・アルフレッド・ダグラスの愛称〕とつけるほうが適切でしょうがっ。

 

 最後にもう一つだけ。ヘンリーが新しく家を買ったと知って、友人のレディ・ウルズリーが新居のアドバイスを申し出る。"She was, he knew, a great and talented gatherer of objects"。

この箇所、「彼女が不動産物件の有能なディーラーであることは知っていた」(p. 175)となっていて、いやいやいや19世紀末を生きる貴族の奥様が不動産ディーラーなんかやらないでしょ、ここは「優秀で有能な蒐集家」くらいの意味でしょ。

 

 実際、この後ヘンリーとレディ・ウルズリーは一緒にロンドンのいろいろなお店を巡って新居にふさわしい家具調度を選ぶ。レディ・ウルズリーは骨董品の目利きで、ロンドンの骨董業者たちと顔馴染みで、モノの適正価格を心得ている上に、ヘンリーの好みに加えて彼の懐事情までも把握している。最高に頼もしい、頼しすぎて反論しづらいのだけがタマにキズな友人なのだ。それがどうして不動産のディーラーになるのか……。

 映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、日本の映画館で上映が始まってから2週間近く経った今日、ようやく私も観に行ってきた。

 

 

 勿論、私だってもっと早く観たかった。でも、新型コロナウィルスの爆発的感染拡大の最中にあって、公開早々の混雑した映画館に行くのが怖かったのだ。いっそ、映画館で観ること自体をあきらめたほうがいいのかなとさえ思ったが、幸い、公開から3回目の週末、それも早朝から上映の回ともなると、映画館によってはかなり空いていることが確認できたので、おっかなびっくり足を運んでみることに。

 

 で、実際に観てみて真っ先に浮かんだ感想は、「よくぞ今日までツイッターのTLでこのネタバレを踏まずに済んだものだ!」。

 

 映画の内容そのもの以上にネタバレに配慮してくださったTL上の方々への感謝で胸が熱くなる、というのは我ながら倒錯しすぎていると思うけど、でも今回ばかりはそれが正直な感想。もうちょっとまともな感想については、もう一度、冷静に(?)観直してからでないとまとまりそうにない。

 

 ただ、日本での上映開始から昨日まで「映画館に行こうかな/行けるかな/やっぱりやめておこうかな」とぐずぐず逡巡している間に、Netflixでだらだらとサム・ライミ版3作と『アメージング・スパイダーマン』シリーズの2作を復習しておいたのは大正解だった。特に『アメージング・スパイダーマン』のほうはあまり好きじゃないせいで、2作とも律儀に映画館で観たはずなのに内容はものの見事に忘れてたしね(笑)。

 

 ということで、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、できれば近いうちにもう一回映画館で拝みたいところだけど、拝めるかなあ。やっぱり、難しいかなあ?

 昨年末からBBCで放送が始まったテレビドラマ、「Around the World in 80 Days」。BBCのテレビでは現時点でまだ弟5話くらいまでしか放送されてないけど、なぜかBBCのiPlayerには既に全8話がアップされていて、ジュール・ベルヌの原作小説『80日間世界一周』は未読だしこれまでに製作された映画やドラマも観たことがないけれど、今回ばかりは「主演・デイヴィッド・テナント」にまんまとつられた。

 

 

 時は1872年。デイヴィッド・テナント扮する英国紳士フィリアス・フォッグは、金銭的には何不自由ない身分だが、ロンドンの自宅と会員制クラブを行き来するだけの無為な日々を送っている。そんな彼が、同じクラブの会員で学校の同級生でもあった友人のベラミーと売り言葉に買い言葉なやりとりをした挙げ句、「今や80日で世界一周も可能」という新聞記事を実現できるかどうかで2万ポンドの賭けをすることに。そして、会員制クラブのウェイターだったが身分を詐称してフォッグの従者になったフランス人のパスパルトゥーと、件の新聞記事を書いた当人であり旅の記録と報道をかって出たアビゲイル・フォックスの3人で、極めて場当たり的な世界一周旅行に出発した。

 

 デイヴィッド・テナントのフィリップ・フォッグは、私の期待たがわずかわいくていじらしくて、おまけにほんのり頼りない。おかげでハラハラさせられずにはいられないし、応援せずにもいられない。

 

 内容が内容だけに、エリート白人男性の帝国主義的価値観を表面化させずに済むものだろうかと危惧していたが、その点はかなり気を配って処理していたように思う。何より、このドラマのフィリップ・フォッグは夜郎自大な冒険家気質を持ち合わせておらず、総じて自分に自信がない。それ故、「80日間世界一周」はむしろ、フィリップ・フォッグにかけられた「自分にはできない」という呪縛を解き放つためのものとなる。
 

 にしても、どうしてフォッグはそのような呪縛を背負ってしまったのか? その答えは簡単に言うと「フレネミー」ってことになるのだろうが、ホモソーシャルな世界においてこのような形の呪縛がかくも強力に作用することがある、と、臆せず描いた時点で、このドラマは立派に2022年の作品になったと思う。