First Chance to See...

First Chance to See...

エコ生活、まずは最初の一歩から。

 小説『ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅』は、日本語訳が出た2014年当時に読んだことがある。が、期待したほどにはピンとこなかった。そして今では「ピンとこなかった」ということしか憶えていない。

 

 

 そんな「ピンとこなかった」小説が映画化され、『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』の邦題で日本公開されても、当然ながら全然そそられない。それでもわざわざ映画館まで足を運んで観に行ったのは、ひとえに主演のジム・ブロードベントとペネロペ・ウィルトンを信頼してのことだった。

 

 

 南デヴォンに暮らすハロルドとモーリーンの老夫妻のもとに、ハロルドの元同僚で今は北部イングランドのホスピスで療養中のクイーニーからの手紙が届く。クイーニーは余命いくばくもなくこれが最後の手紙になるとのこと、ハロルドはお悔やみの手紙を書いてポストに投函しようとして、もうちょっと先のポストで投函しよう、いや、もうちょっと先の郵便局で、を繰り返すうち、売店の女性の言葉に背中を押され、直接歩いてクイーニーに会いに行くことにする。自分が歩いて向かっている間はクイーニーは死なない、という信念だけを頼りに。

 

 ……その昔、私が原作小説を読んであまりノレなかったのは、この手の「男の突発的な思いつき」、私がひそかに「『フィールド・オブ・ドリームス』症候群」と呼んでいる行為を持て囃す気になれなかったからだと思う。謎の信念で闇雲に突き進む男の姿に、最初のうち女は胡散臭がって非協力的だけれど、そのうち男の信念の正しさ/素晴らしさ/一途さにほだされて全力で応援するようになる、みたいな話。『ハロルド・フライ』も間違いなくこの路線だし、映画を観ていてハロルドの無意味な節制に「それはちがうだろ」と突っ込みたくなることもあったが、それでも私がこの映画を思った以上におもしろく観ることができたのは、ペネロペ・ウィルトン扮する妻モーリーンの心情がきっちりたっぷり描きこまれていたから——ひょっとすると原作小説でもきっちりたっぷり描きこまれていたかもしれないけれど(何せ憶えてない)、少なくとも映画を観て私がハロルドの突発的な行動にイライラし続けずに済んだのは、ペネロペ・ウィルトンの演技のおかげだと思う。もちろん、ジム・ブロードベントの演技の説得力も大いに関与しているだろうけど。

 

追伸/それにしても、バースのティールームは素敵でしたな!

 江戸東京博物館には、完成直後の大混雑がおさまった頃に二度ほど行ったことがある。私の中では「割と最近に出来た新しい博物館」という位置づけだったが、完成から30年近く経ったため、目下、大改修が行われているそうな。で、改修に伴う休館期間を利用して、東京ステーションギャラリーで「どうぶつ百景」という展覧会が開催されているとのことなので、行ってみた。

 

 

 江戸東京博物館の所蔵品なだけに、江戸から昭和初期の日本の美術や工芸を通じて、日本人と動物とのかかわりをさぐる、という趣向になっている。内容が内容だけに、一般的な美術や工芸の展覧会に比べて見た目はいささか地味だったけど、よくよく見るとなかなかに興味深い。明治のほんの一時期、東京に「馬車鉄道」なるものが走っていたなんて、恥ずかしながら私は初めて知りましたわ。

 

 馬車鉄道が敷かれる前も、江戸の街では荷物運びのため多くの馬が引き回されていたそうな。そうなると当然、病気や老齢で働けなくなる馬もたくさん出てきて、そうなると当然、弱った馬たちを死ぬまできちんと世話する代わりにそこらに捨てて「野良馬」にしてしまうバカ者も出てきた。

 

 そこで、1688年、お上は「捨馬禁止触書立札」を立てた。生類憐みの令の精神に則り、病気や老齢の馬を捨てた者は死罪とする、とのこと。実際問題としてこの立札にどれほどの効力があったのかは知らないけれど、でもこの潔さはちょっとすごい。片野ゆか著『セカンドキャリア 引退競走馬をめぐる旅』で描かれていた状況のささやかな改善なんて、まだまだ全然ぬるい。令和の競馬関係のみなさまも、もっと見習ってくれていいのよ?

 昨日、6個目のクロスステッチ・キットを開封した。

 

 

 今回のは、オランダのテア・グーヴェルヌール製。ロンドンで5個目のキットを買うより前に、ユザワヤで取り寄せを依頼して購入したものだ。猫とか馬とか、私の趣味全開ですな。

 

 布目は4個目のさくらんぼのキットや5個目の猫のキットとほぼ同じ。二本取りで刺繍するところも同じ。むしろ二色の刺繍糸を合わせる「「Blended thread」がなく、かつバックステッチの指定がほとんどないことを思えば、前2作よりも技術的には簡単かもしれない。

 

 と思いながら中を取り出してみたら、おっと、刺繍糸の色が46種類もある。前回のキットが22種類だったから、倍以上に増えてるじゃん。

 

 

 糸の種類が増える=図案の記号が増える、ということで、刺繍糸と記号を付き合わせるのが大変そう。ま、あせらずぼちぼちやりますか。

 

 

 千里の道も一歩から。