子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
コーチングのトレーニングクラスでのこと。メンバーは皆 コーチ。

とある方の話を聞いていて 感じたのは、コーチの資質についてです。

一見 人助けで コーチングしているようにも 聞こえるけど、自分のニーズを満たすために コーチングを しようとしているなあって 感じました。

ニーズっていうのはね、ココロの欲求。

満たされないとイライラします。


Aさんのニーズは、「人の役に立ちたい」「人に影響を与えたい」という思い。

満たされないと もや~っとするので、人に 満たしてもらおうと しはじめます。

頼まれてもいないのに お世話を焼くことで、「人の役に立って」「影響を与えて」満足します。

相手のために 思いやり深く 動いているように見えて、根っこは 自分を 満たすためなのねん。


私が コーチングを 受け続けていることの 理由のひとつは、ここ。

自分のかたよりを 知ること、です。

コーチや セラピストの絶対条件は、自分を知っておくことなのねん。(と、私は思います)

じゃないとね、自分を満たすために 相手を利用してしまうから。

つまり どーゆーことかと 言いますと。

相手が 思うように反応してくれないと、さらに イライラするってことなのねん。

こんなにやってあげたのに、感謝が足りない、とか…ネ☆

自分のニーズを満たすために、相手の問題 解決しようと 奔走して 疲れ果てる人もいますネ。

そういう状態だと、あまり いいセッションはできないんじゃないかな~。

長くなったので、次の記事に つづきます☆
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント