あの人の口癖にイライラするとき、どうする? | 子育ては「聞く」が9割でうまくいく~コーチングを通して自己肯定感の作り方

子育ては「聞く」が9割でうまくいく~コーチングを通して自己肯定感の作り方

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒントが詰まっています。


テーマ:
私の知っている方に、こんな方がいます。

「あ、それ きら~い」

「私は、それは いやだな~」

アンテナが、「いやなもの」「きらいなこと」に 立っています。

悪気はないのでしょう。

私のいうことに いちいち

「私、それは きらいだわ~」

と 反応してきます。


昔は、自分の話を 否定されたようで とてもいやでした。

な~んで そんな言い方を するかな~、と。

言われた方は いい気持ちしないのが わかるよねっ!!と。


今は 受け流してます。

聴く必要は ないですね。

聞く ぐらいで、十分。

右から 左へ スルーですね。

「きらい」「いやだ」と 言うのが この人の行動の癖なんだな、と とらえてます。

「それ、いやなの~」

と 言われたら、あ~、そうなの~~と トイレの水を流すみたいに ジャーっと流しちゃいます。

いちいち 反応しちゃうと、自分が苦しいので スルーするのが 一番ラクだと 感じました。


それでも、心が反応しちゃうときは、

「否定されたように感じたんだな~、悲しいなあ~」

と 自分の心と 話をします。


こういうのも 境界線ですね。

他人を 自分の中に 入りこませないための 境界線。

30日のセミナーでは、境界線についても 扱っていきますよ。

残席4名です。

12日までに お申し込みの方には、メールセミナーモニタの特典が付きますよ。

元教師が教える自己肯定感の作り方「聞く子育て」和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント