水色の終わり

テーマ:
�����シ��������ォ��ヲ��ァ��シ�����ッ��、��ウ��ソ��シ��ウ��キ��������ォ�������������ァ������セ���������

�ォ���。�������ョ��キオ����ス��ィ������������ヲ��ュ��」��ェ��「��������������������������ォ
�クュ�ュヲ��������キ�・ュ�ス��ィ������������ヲ�����������������ィ��������������������������ォ


�����シ��������ォ��ヲ��ァ��シ�����ョ�スケ��イ��ッ��������イ��セ��エ��ィ�����ヲ�ュ���ゥ��������。����、セ�シ���ォ�ケ������ヲ�����������ィ��ァ������

�ュヲ��。�セゥ�クー����ォ���。��イ�ュヲ����、ァ�ュヲ��イ�ュヲ����ーア��キ��ヲ�、セ�シ���ォ�ケ���������ィ�����」��ヲ�������。���������ッ�ュ���ゥ�����ォ�����」��ヲ�����������セ�������������������������ア������ィ�ク���������������ヲ����ー���������」��ヲ�、セ�シ���ォ��コ��ヲ�����」��ヲ��サ��������ィ�����」��ヲ�����セ������


�����シ��������ォ��ヲ��ァ��シ�����ョ��、��ウ��ソ��シ��ウ�����ッ����ュ���ゥ��������。��ォ��ェ�ソ。��������」��ヲ�����������������ォ�����ィ�ォ���。�ク������」��ヲ��������ヲ�������シ��・ュ�����」�ス���ー��������ァ����クゥ��������オ��セ��������ー�「���ァ����������������������ッセ��「��ョ�ココ��ョ�クュ��ァ��ョ�����������キ�・ュ��ョ�ク��ォッ����������キ��シオ�����ッ��ヲ��ァ��シ�����ョ�クュ��ァ��ッ��ウ��������ェ�����イ�����ィ��ェ�������ュ���ゥ��������。��ォ��ィ��」��ヲ��ッ�ソ���ー��ョ�������ォ��エセ��ェ��エ�����ォ��ェ�����セ�����������シ��������ォ��ヲ��ァ��シ��������������ァ��ェ����イ「�アア��ョ�、ァ�ココ��ォ�������������������ゥ��シ���ォ�����ェ�����セ������

�����ェ��シ��ケ��ッ��シ��ォ��ィ��������ィ�ク���サ��。��ッ��エ��ィ����������オ���ソ��ォ��ェ�����ョ��������������セ�����������������イ��ィ�����ヲ��������������ョ��������ケ��������������ィ�����ォ��ッ�������ュヲ��。��ォ�。������ェ��������������ェ��シ��ケ��ッ��シ��ォ�����ィ����������オ���ソ����カ������ヲ����ク���、��ョ�����イ��セ��エ��ィ�����ヲ��コ�ア������ヲ��������ェ��������ー��ィ�����」��ヲ�����セ����������サ������ォ��ェ����������サ������������イ����、セ�シ������ケ��、��������ョ��ァ��ッ��ェ�������������エ��イ���ォ�ュ���ゥ��������。��ョ�����キ����ソ��������ュ���ゥ��������。��ョ�ー���・��������������������������ォ���

�ュ���ゥ��������。��ィ��ィ�����ォ��コ�ア������ヲ�����������ェ��シ��ケ��ッ��シ��ォ��������シ��������ォ��ヲ��ァ��シ�����ァ��������������ィ�����」��ヲ�����セ������

�����������������、��ウ��ソ��シ��ウ��キ��������������������「�����ヲ��������セ�������イ「�アア��ョ�ク��������ュ���ゥ��������。��ォ�ヲ������ヲ��������������ョ��ァ�����������ァ����オ��ィ������ヲ��ソ��ェ��������ィ����������」ー�������セ���。�����ヲ��セ������

5がつから6月にかけて

高校生の進路相談が寄せられています。


卒業生たちの相談

在校生の相談


高校生が、大学に行くのか専門学校に行くのか

大学もどの大学に行くのか・・・


自分の時のことはあまり覚えておらず

唯一、国立理系のクラスにいながら途中で私立文系になった私が進路表に「死体解剖士」と書いて先生に「ふざけないように」と怒られた記憶があるだけだった。


まー正直なんの仕事に就くかとか

なんの仕事が向いてるかとか18歳やそこらではわからないわけで


私なんて21の時に受けたリクルートが出してる結構信ぴょう性のある進路診断で「トリマー」ってでて

経営学の大学でて、特に動物大好きってわけではないのに「なんでトリマー??」と思って以降

進路診断的なものも頼らず、ここまできたって感じで・・・


ただ、小4の時に先生になりたくて、今一応愛称「先生」という感じなので夢が叶ってる気もするw



まー自分の生きてきたことの中であまり参考になるものがないから

アドバイスの仕様もない


ただ、将来のことがわからなくても、とりあえずで勉強だけはしてた環境だったので

みんなにもとりあえず勉強してみるのを進めるけど・・・



で、


昨日卒業生が進路相談で訪ねてくれたので話を聞いてるなかで


自分は、生徒がこうやって頼ってきてくれるのに

「勉強したい」という子に「勉強する機会」を与えることしかできず

悩みをズバッと解決なんてできない


モヤモヤしてる子にモヤモヤをとってあげられる言葉をかけられない


そんなことにヤキモキしてました。



私には何ができるんだろう


やる気を出す魔法・・・・出せず

悩みが取れる数珠・・・・作れず



そんなことをひと晩考えて


今日朝から一人大掃除しました。


6年くらい前に


鏡を磨けば心が晴れる


って聞いたことがあって



それを思い出し



生徒のモヤモヤが少しでも晴れるように

ウェーブの建物中の床を磨き

窓を磨き、鏡を磨き


磨きながら


「あの子の心のモヤモヤが消えますように」と念じてました




その結果


私はちょっと気持ちが晴れやかになりましたw

わかんないけど、きっとちょっとは役に立てた気がして



勉強しに来る子に勉強させることしかできなかった私は

こない子を想い大掃除する技術を身につけましたw



あーーー


あの大きなお目目からこぼれ落ちる涙


笑顔に変わってくれ




心が曇ってるうちは


勉強なんてできない



だからまずは曇りとりから






6月、梅雨に入りました。


ハートフルウェーブももれなく外は雨

晴れていたら気軽にできることも

雨となると億劫で


必然的に室内で過ごす時間が増えてきます


それでも出かけたいときは

最近新しくできた大分駅にお出かけします。


駅ビルにはいろんな人がいます。

もちろん、知り合いに出会う確率もぐんと高くなります。


先日もウェーブに新しく入った男の子が

駅ビルに行ったとき「あっ知り合いだ」と顔を隠しました。


隠れるように毎日を過ごす不登校生の行動

平日の昼間「何してるの?」と声をかけられることを本能的に避ける


でも、そこでベテラン不登校生が声をかけました

「堂々としてないとダメで。悪いことしてるわけじゃないんだから。」

「いろんなことが平気になっていかないと辛いよ」と。


この発言にも賛否両論あるかもしれません。


でも、子供たちが自分自身のことを正当化できること

肯定的に自分のことを受け止められることはとても意義のあることです。


私はいろんな意味で不登校生に期待しています。

不登校であっても未来が明るいこと

元不登校であっても社会人として社会貢献できる人間になっていること

それを実証していくのが今の不登校生達です。


なかなか大変な役割だとおもいますが

そういう役割を担っていく世代がいるから社会は変わっていけるんだと思います。


誰かがいばらの道を歩いて行かなければいけない

誰かが道を切り開いていかなければならない

それを何人もの人が通り平坦にし

元々あった一本の道かのようにしていかなければならない


時代は変わります

「昔はこうだった」そう言いがちな人間ですが

社会の変化にあわせて考え方も少しずつ変えていかなければなりません


都会に行けば子供たちにたくさんの教育の選択肢があります。

大分にはまだないんです。


大分で生まれたから、選べずに苦しい思いをして、力を出せずにいる子もいます


自分の大好きな大分で、子供たちにそんな思いをさせたくはない


大分の子を、しっかり大分で育てていけるよう

社会が変わっていく時期に来てるんだと思います。


雨が止んで晴れの日が来るように


将来、卒業生が「僕、ウェーブの卒業生です」と胸を張れるように

大分の大人として子どもたちに出来ることを考えていかなければなりません。


「インターナショナルスクール出ました」

これは今ではもうメジャーですよね。

そんな風に「フリースクール出身です」と言える時代が来るといいなと思います。