芦沢健オフィシャルブログ

芦沢健オフィシャルブログ

発達障がいを持つ子どもや、被災地の子どもたちとスポーツを通して触れ合う「ハートキッズ」を開催。
「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」を合言葉に、ハートハートプロジェクトの仲間たちと全国に笑顔の輪を広げて行く!

「サッカーが好きなのに、やる場所がないんです。」

社会人フットサルチームの代表を務めていた僕が、友人の誘いで発達障がいのある子どもたちと交流した際、参加したお母さんから聞いたその言葉がハートハートプロジェクトを立ち上げるきっかけとなりました。

「全国各地でハートキッズを開催しよう!」


ハートキッズ(コミュニケーションプログラム)では、スポーツを通して子どもたちと触れ合い、キラキラした笑顔をたくさん見ることが出来ます。


年齢や性別、障がいの有無を超え、スポーツの喜びや楽しさを感じ、のびのび自分を表現できるハートキッズが子どもたちの自立支援につながると信じています。


そして全国各地の方々とスポーツを通して交流することで、障がいを持つ子どもたち・その家族への理解を深め、みんなが笑顔で自信を持って生きていける社会にしたい。


みんなの笑顔が明るい未来につながると信じて...


合言葉は「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」

ハートハートプロジェクト 代表 芦沢 健


----------------------------------


ディライトシェアリングとはここをクリック

ハートキッズとはここをクリック

ハートキッズ会員募集ここをクリック
ディライトスタッフ募集!ここをクリック

スペシャルサポーター募集ここをクリック


質問やお問い合わせなど、また興味のある方は気軽にご連絡下さい。

ハートハートプロジェクト事務局 info@hhpj.me

僕、42歳になりました。

 

朝からたくさんのメッセージをありがとうございました。

 

何歳になっても気持ちを伝えてもらえるって嬉しいもんです。

 

仕事から帰ってきて次男のサッカー送迎をしたら...

 

奥さんが僕の両親を招待していたので、

 

ホームパーティーを開催。

 

久々に食べたサーティーワン。

 

オシャレなスイーツも。

 

次男のサッカーが終わってから長男が塾に行くまでの短い時間だったが、みんなにお祝いしてもらえて幸せでした。

 

奥さん色々ありがとう。

 

長男、次男も気持ちをありがとう。

 

両親にもこんなに丈夫な身体に産んでもらえて感謝です。

 

おかげで毎日元気いっぱい。

 

たくさんの仲間との出会いもあり、強靭なメンタルも手に入れた僕。

 

もはや限りなく無敵に近い42歳です。

 

この無限のパワーを家族のため、HHPJのため、仕事のため、社会のために活用していこうと改めて心に誓う。

 

一度きりの人生を僕は常に全力で生きていく。

 

皆さま、今後ともよろしくお願いいたしまーす。