芦沢健オフィシャルブログ

芦沢健オフィシャルブログ

発達障がいを持つ子どもや、被災地の子どもたちとスポーツを通して触れ合う「ハートキッズ」を開催。
「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」を合言葉に、ハートハートプロジェクトの仲間たちと全国に笑顔の輪を広げて行く!

「サッカーが好きなのに、やる場所がないんです。」

社会人フットサルチームの代表を務めていた僕が、友人の誘いで発達障がいのある子どもたちと交流した際、参加したお母さんから聞いたその言葉がハートハートプロジェクトを立ち上げるきっかけとなりました。

「全国各地でハートキッズを開催しよう!」


ハートキッズ(コミュニケーションプログラム)では、スポーツを通して子どもたちと触れ合い、キラキラした笑顔をたくさん見ることが出来ます。


年齢や性別、障がいの有無を超え、スポーツの喜びや楽しさを感じ、のびのび自分を表現できるハートキッズが子どもたちの自立支援につながると信じています。


そして全国各地の方々とスポーツを通して交流することで、障がいを持つ子どもたち・その家族への理解を深め、みんなが笑顔で自信を持って生きていける社会にしたい。


みんなの笑顔が明るい未来につながると信じて...


合言葉は「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」

ハートハートプロジェクト 代表 芦沢 健


----------------------------------


ディライトシェアリングとはここをクリック

ハートキッズとはここをクリック

ハートキッズ会員募集ここをクリック
ディライトスタッフ募集!ここをクリック

スペシャルサポーター募集ここをクリック


質問やお問い合わせなど、また興味のある方は気軽にご連絡下さい。

ハートハートプロジェクト事務局 info@hhpj.me


テーマ:

本社で行われた会議で、数年振りに入社同期のジャスティス(仮名)に再会した。

 

彼とは入社した頃から仲が良く、若い頃は一緒に沖縄やハワイなどに武者修行へ出掛けたりした。

 

共に笑い、共に汗を流し、共に成長してきた仲間の一人。

 

今は職場も役職も違うが、落ち着いた雰囲気は昔と変わらない。

 

1537446595043.jpg

大好きな同期の一人、ジャスティス。

 

徳寿庵でランチした後に、抹茶パフェを食べるおっさん三人。

 

そう、ジャスティスと僕、それからもう一人。

 

1537444145392.jpg

コペル君だ。

 

話しは盛り上がり、笑いっぱなしの食べっぱなし。

 

ほとんど20年前と同じような会話で笑い合えるのも嬉しいね。

 

楽しい時間だったな。

 

でも楽しいだけでなく、ジャスティスもコペル君も仕事を頑張っているのが伝わってきた。

 

仲間の頑張りは刺激になる。

 

僕も僕らしさを忘れずに、もっと頑張ろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス