芦沢健オフィシャルブログ

芦沢健オフィシャルブログ

発達障がいを持つ子どもや、被災地の子どもたちとスポーツを通して触れ合う「ハートキッズ」を開催。
「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」を合言葉に、ハートハートプロジェクトの仲間たちと全国に笑顔の輪を広げて行く!

「サッカーが好きなのに、やる場所がないんです。」

社会人フットサルチームの代表を務めていた僕が、友人の誘いで発達障がいのある子どもたちと交流した際、参加したお母さんから聞いたその言葉がハートハートプロジェクトを立ち上げるきっかけとなりました。

「全国各地でハートキッズを開催しよう!」


ハートキッズ(コミュニケーションプログラム)では、スポーツを通して子どもたちと触れ合い、キラキラした笑顔をたくさん見ることが出来ます。


年齢や性別、障がいの有無を超え、スポーツの喜びや楽しさを感じ、のびのび自分を表現できるハートキッズが子どもたちの自立支援につながると信じています。


そして全国各地の方々とスポーツを通して交流することで、障がいを持つ子どもたち・その家族への理解を深め、みんなが笑顔で自信を持って生きていける社会にしたい。


みんなの笑顔が明るい未来につながると信じて...


合言葉は「ディライトシェアリング(楽しさの共有)」

ハートハートプロジェクト 代表 芦沢 健


----------------------------------


ディライトシェアリングとはここをクリック

ハートキッズとはここをクリック

ハートキッズ会員募集ここをクリック
ディライトスタッフ募集!ここをクリック

スペシャルサポーター募集ここをクリック


質問やお問い合わせなど、また興味のある方は気軽にご連絡下さい。

ハートハートプロジェクト事務局 info@hhpj.me

夜勤明け、次男のサッカー観戦、フットサル交流、ハートキッズ(フットサル)、そしてこの日の最後を締め括るのは…

バドミントン交流だ!

最後の力を振り絞って、

えい!!!

やー!!!

とー!!!

パタン。

と、力尽きたとき…

アイスの差し入れ。

ゆきちゅん、ナス、ありがとう。

みんな元気になった。

常勝軍団の銀ちゃん。

虎視眈々と王者を狙うしま。

奮闘したキッズ。

そして女や男。

みんな。

途中で僕はギブアップ。

体育座りしてみんなのことを応援してるフリをして寝てました。

見事にHPが0になった。

でも宿屋(自宅)に泊まったら、朝起きて完全回復。

いや、むしろパワーアップした気がする。

力が溢れてきて、血の流れを感じるほど。

元気玉とか打てちゃうんじゃないかと思ってやってみたけど打てなかった。

そこまでパワーアップはしてないと言うこと。

何はともあれ自分の限界を感じた充実した一日でした。

ちゃんちゃん。