身体づくりは誰のため? | 大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

大阪府枚方市 はやし鍼灸整骨院ブログ

枚方市楠葉、大通りから少し入った所にたたずむ小さな治療院です。

昨日、不妊治療で来られた患者さん。


通院は昨日が3回目。


初診では常に腰、臀部の冷えを感じ、夜中に2回トイレに行くという。


当然、睡眠も良質ではなかった。


BBTは二相性で悪くはないが、全体的に低め。


舌脈を考えても、明らかに腎精・腎陽不足だ。(身体を温めるエネルギー不足・冷え)



昨日お話を伺うと、睡眠が随分と良くなり、夜中トイレに起きることもなくなったとのこと。


睡眠がしっかり取れているのだろうか、表情が前回よりも柔らかく、そして晴れやかに見える。


白く大きかった舌は程よい赤みが戻り、軟弱無力な脈には力強さが出た。



鍼灸治療を行うと、比較的早い段階で、こういったいい身体の変化が出ることが多い。


女性の健康の延長線上に妊娠がある。


これは切っても切り離せない。



冷えは万病の元。


「妊娠のために」と気張らずに、ご自身の健康のために、指導した自宅療法も無理なく続けて頂きたいと思います。