【8/6追記!どこよりも早いハワイ島最新情報】聖地マウナケアで、いま何が起きているのか | オプショナルツアーいっぱい ハワイ島マサシのネイチャースクール

マウナケアで起きていること

 

 

今日はオールアバウトハワイ島ナウということで、いま世界中でニュースになっているマウナケアで起きていることを、できるだけフラットにお話ししてみようと思います。

 

追記(8月6日 7:34現在)しました

ヒロサイドは猛烈な雨に見舞われ、コナサイドでも突発的な雨や天候悪化は多少影響しましたが、どうにかこうにか無事ハリケーンたちは過ぎ去りました。しかし、まだまだくすぶり続けるTMT問題

 

2年間の延期が発表されたものの、いま現在どうなるのか、延期の2年間での計画、マウナケア閉鎖はいつ解かれるのか、などの情報が一切入ってこない状況のなか、今朝の『West Hawaii Today』にTMT建設サイドのインタビューが掲載されていました。

 

TMTのプロジェクトマネージャーであるゲイリー・サンダース氏によると、昨年から2%の上昇ではあるものの、現時点でTMTの構成機器、部品などは既に20%完成しているとのこと。世界中でTMT機器の製作は鋭意進められているそうです。

 

TMTの中核的な機器である30mに及ぶ574個の六角形鏡は日本で製造され、あとは日本と中国、インドでカットし磨くだけになっているなど……。

 

スペイン領カナリア諸島の代替地案も宙に浮いたままですし、どっちつかずの決定に振り回されまくっている現地からお届けしました! でも現地では流石のアロハスピリットがここぞとばかりに発動して、ハワイ島の御心のままに、と委ねて粛々と生きています。

 

それにしても各地でせっせと部品を作り一箇所に集めて完成させるとは、豊臣秀吉の一夜城と呼ばれる墨俣城(諸説アリ)のようですね(ッテナンノ話)。

 

 

 

追記(8月3日 6:34現在)しました

メキシコ沖で発達し西進を続けているハリケーン、エリックとフロッシー。エリックは今週末にかけてハワイ島に接近する予定ですが、直撃は免れそうです。
 
エリックを追いかけ発生したフロッシーは来週ハワイ島を直撃する可能性が出てきておりますが、ハリケーンより弱いトロピカルストーム。ふたつのハリケーンの影響を受ける可能性のあるハワイ島、突然の雨にご注意ください。
 
今回のTNT建設延期は、今回のハリケーンの影響による天候悪化の恐れもあり、この危険性も考慮したと思われます。
 
(参照:毎日新聞
8/2追記ココマデ
 

(写真:マウイナウ

 

8/1 追記しました

オアフのホノルルでもデモ行進があり、参加者は日増しに増す一方です。

 

山頂に13基ある望遠鏡に職員は立ち入れず観測は中止になっていますが、緊急時などは反対派の住民もフレキシブルに対応し通行許可が出ており、そこまで殺伐とした状況ではなさそうです。

 

近くを車で通ってみても、平和的解決を求めるクプナ(ロコにも外国人にも崇拝されている長老)のルールに従い、一触即発のムードではありません。

 

そもそもここまでの大きな問題になっているのは、やはり聖地として建設に反対していたハワイアンに13期までという取り決めを飲ませた挙句、それを無視した、そしてTMTを作るなら別の古い望遠鏡を廃棄するという取り決めも反故にした強硬姿勢にあったという対応のまずさが長期化の原因になっているのでは、と思います(日和見ブログ)。

 

「クー・キアイ・マウナ(山を護るために立ち上がれ)」という建設反対のキャッチコピーを元に、ジャック・ジョンソンを筆頭にハワイアンアーティストも続々と支持を表明、そしてレオナルド・ディカプリオ、ジェイソン・モモア(今日8月1日現地入りしているとの噂)などハワイ島の怒りはハリウッドまで飛び火しています。

 

ドゥエイン・ジョンソンが反対派への支持とサポートのために先週24日に封鎖されている道路までサポートに訪れたときは、ハワイ島が色めき立ちましたし、ジャック・ジョンソンに至っては連日現地を訪れているという報道が出ています。

 

今朝入った情報によると、非常事態宣言(そもそもは災害や疫病、暴動に出して出されるもの)が解かれたとのこと……!

 

2021年の9月26日まで建設計画の延期が決定しました!!!!

(詳細はこちら)

 

デービッド・イゲ州知事によると希望的観測に基づく延期として、建設の廃止には言及していません。

 

そんななか、2016年にハワイの代替地として選ばれているスペイン領カナリア諸島も、声明を出しています。

TMT建設の代替候補地に選ばれているスペイン領カナリア諸島では、「中央政府・地方自治体で計画を支援していく(スペイン政府当局)」との声明を出し、建設に意欲を示しているとハワイ・ニュースナウでは報じています。

 

TMT建設計画、収束の見通し立たず

ライバルであった南米チリで着工済みの2基(※)は、すでにTMTより何年も早く完成する予定です。

(※)欧州南天天文台はE-ELT(European Extremely Large Telescope、口径39メートル)、米アリゾナ大学などはGMT(Giant Magellan Telescope、口径24.5メートル)を南米チリに着工済み。TMTより規模も大きく、完成予定も数年早いということです。

 

参考:日本経済新聞朝日新聞デジタル(文・石倉徹也)

 

8/1 追記ココマデ

 

 

7/30時点の本文

TMT(Thirty Meter Telescope)建設のため、ハワイ島のマウナケアが封鎖されました。そして先住民ハワイアンの建設抗議活動で、誰もどうなるかわからないのが現状です。

 

どれくらいの期間封鎖されるのか、一切の情報がないなかで、いろんな噂が飛び交っています。

 

ここで、概要を簡単に説明すると……。

 

虹まずはマウナケアについて

最後に噴火したのは約4,500年前という休火山であるマウナケア(マウナ:山、ケア:白い)は、標高4205m。麓からでなく、海洋底にある裾野から測ると山頂まで1万203mとなり、世界一のエベレスト(8848m)を抜いて世界一の高さを誇ります。世界でいちばん宇宙に近いといわれる所以ですね満月キラキラ星

 

降雨量が少なく山頂の空気が澄んでおり、高山砂漠気候で乾燥しているので「最も観測に適した日」と呼ばれる観測条件が整う日が世界一多い場所といわれています。ということでこのTMTの建設が2009年に決定され、2021年からの稼働を目指して建設が始まろうとしていました。

 

ところが……。

 

ハワイの先住民たちにとって、マウナケアは雪の女神ポリアフを筆頭にハワイで崇められている多種多様な神々の宿る聖域です。1980年代にハワイ文化の復興運動(ハワイアン・ルネッサンス)がきっかけで、長年虐げられていた先住民たちの文化への意識改革が行われた結果、マウナケア山頂には祭壇が設けられ、直下のポリハレの丘(プウ・ポリハレ)は聖域として保護されました。

 

そんな背景も踏まえつつ……、これまでに13基もの天文台が設置されましたが、やはり10年にわたる反対活動があったわけです。

 

やはり先住民グループとしてはこれ以上数が増えて欲しくない! 我慢の限界! 

 

ということでTMTの建設推進者たちとの間で衝突が起こり、2014年には建設が棚上げになりました。しかし、2017年にハワイ州が再び建設を許可し、去年2018年10月に最高裁がこれを支持したので、少なくとも法的には建設が可能になりました。


そして今回。

 

今月2019年7月15日には、建設が始まる予定でしたが、もう我慢がならんと先住民たちだけでなく、ハワイ州全土、だけでなく、世界各地から集まった人々が抗議のデモを開始しました。それから現在までにデモの参加者はは2000人以上と増加の一途を辿っており、今日現在も解決の兆しは見えず、対立は深まるばかりです。

 

これに伴い、マサシのネイチャースクールでも日の出&夕陽ツアーの催行が難しくなってしまいました。というより、マウナケアの山頂での夕陽ツアーも日の出ツアーも、キャンセルのお客さまが相次いでいます。

 

ハワイ島に身を置かせてもらっている身としては、お互い違う立場のいろんな正義が「正しい、正しくない」など勝ち負けで白黒つけて欲しくないという、日和見主義に終始するしかないのですが…、文明が文化を打ち負かすという過去に起きた対立構造にはなって欲しくないな、とか、なんとか、そんな簡単な二律背反ではないとは思うのですが……複雑な胸中です。

 

ということでマウナケア本題です!

毎回、マクラが長すぎるのですが……。わたしら、ツアー会社で粛々とやっていくしかないので各々いろんな意見を持ちつつ、どんな逆境でもハワイ島に来てくださるお客さまの最大公約数ハッピーを、ひたすらお届けすることしかできないので、振り絞って尽力をしていくしかないわけで……(南の国から2019)。

 

山頂は行けないけれど

諦めないで!

裏ハワイをトコトン!コミコミ!

代替ツアーを始めました!

苦肉の策ということで、こちら20周年という記念すべき老舗の弊社が、スタッフ寄りまくって文殊の知恵を出した渾身の一滴、というか、乾坤一擲です。

 

ぜひご検討くださいませ!

ドキドキ目ドキドキ詳しくはこちらやしの木

 

【期間限定】ビーチサンセットと星空ツアー

13:30シェラトンエリアお迎え

15:05ヒルトンエリアお迎え

・ワイメアにてショッピング(約30分)

・ハマクアマカデミアナッツカンパニー見学

・スペンサービーチパークにてご夕食

・ビーチからの夕陽鑑賞

*夕陽鑑賞の場所は変更になる場合がございます。

・マウナケアパーク(2,000m付近)にて星空鑑賞

22:30〜23:00 各ホテルお送り

 

【期間限定】日の出と星空&世界三大パワースポットツアー

00:40 シェラトンエリアお迎え

01:25 ヒルトンエリアお迎え

・マウナケアパーク星空鑑賞

・マウナケアパーク出発

・マナロード到着

・日の出鑑賞

*日の出鑑賞の場所は変更になる場合がございます。

・マナロード出発

オーラが見える!マウナラニパワースポット

08:00〜09:00 各ホテルお送り

代替えツアーですので、料金は大人お一人様$140(割引対象外)とさせていただきます。

*マウナケア山頂には行けませんので、キャンセルはお迎え時間の24時間前までノーチャージとなります。

そして、、、

キラキラご参加いただいたお客様にはキラキラ

キラキラ【数量限定】8月31日まで!キラキラ

リジナルトートバッグをプレゼント!キラキラ

爆  笑ツアー中のショッピングにご活用ください音譜音譜

※14歳以上の大人2名様につき、一つとさせていただきます。

※プレゼントは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

そしてそして、もう告知の嵐からの、告知団子状態の告知フルスロットルで便乗して……!

ハワイ島でいちばん安いキラウェア火山ツアー

&

ハワイ島で奇跡のスイーツが食べられるジュエリーワークショップ

 

こちらも大人気なので、お見知り置きをば……。

 

 

代替えツアーの様子はブログにて毎日更新中です。

★ビーチサンセットと星空ツアーブログ

 

★日の出と星空&世界三大パワースポットツアーブログ

 

 

去年はキラウェアの噴火、そして今年はマウナケアの封鎖、いろいろ確かなものはないこの世の中ポイズン(昭和史)。

(ライチの季節がもうすぐ終わりそうなことだけは確かです)

 

ここまで読んでいただき、感無量です。また詳細わかり次第、ご報告致しますね!