重ね煮と発酵食で命を支える。

畑薬膳アカデミー代表、奈良の「発酵ばあちゃん」こと竹村享子(きょうこ)です。

 

春の野菜を植える準備を始めました。

9月頃から、畑の改造からしたいと思っていましたが、とうとうその時がきました。

 

午前中に大豆の選別をして昼食後、何人かの人が残ってくれて一緒に畝作りを始めました。

まず以前からあった縦に長い畝を壊して、平面にしていきました。

 

 

 

 

30年ほど前に、娘が喘息やアトピー性皮膚炎になったことがきっかけで、自分で無農薬無化学肥料の野菜作りをしたいと、ずっと思ってきました。

 

私の家は農家で、現在の日本中のほとんどの農家がそうであるように、父親は農薬、化学肥料を使って何年もお米や野菜を作っていました。

百姓は自分の方法が一番だと信じている人がほとんどで、父親もそうでした。

 

無農薬で野菜を作って欲しいと言っても、そんなことができるわけはない、と一蹴されてきたのです。化学肥料についても絶対の信頼感を持っていました。

ても私が子どもの時は、畑に人糞を撒いていましたし、くまし(今でいう雑草堆肥のようなもの?)を作っていたように思うのですが。

その父が今年の4月に突然死したのです。

 

一方私は、去年はパーマカルチャーのセミナーに通い、今年は無肥料無農薬の野菜作りを教えて下さる岡本よりたかさんのセミナーに通っていました。

そして今年の3月からは、コロナ禍により仕事がほとんどなくなって、自由な時間が増えました。

 

必然と偶然が重なり、2年間セミナーで学んだことを実践できる時がきたのです。

 

私の仕事である重ね煮や発酵食は、ヒトの腸内を良い菌で一杯にします。

正に『畑とヒトの腸は繋がっている』ということを、これから実践できるのです。

 

農薬や化学肥料で育ててきた野菜は、一見立派な野菜でしたが、それは人間でいうと薬とサプリメントを与えているようなもの。

農薬を畑に撒くと微生物は死んでしまいます。良い微生物がたくさん住む畑にしたいと強く思うのです。

 

でもそのような畑にするには、それまで何も使わず耕していない土地よりも、ずっと年数がかかるのだとか。

一説によると7年も!

ちょっとそれにはギョッとしました。もう私は若くはないから、、。

 

でもやるっきゃないので、冬の間に畑の改造をすることにしました。

普通は畝というのは直線の長い畝ですが、半円形にしたいと思っています。

10年ほど前に雑誌で見た丸い畝に目が釘付けになり、こんな風にしたいとずっと思ってきたのです。

 

でも丸い畝は見た目だけではなく、ちゃんと意味があるということを、よりたかさんに教わりました。

直線の畝に比べて効率は悪いけれど、風や水が回って植物にとって良いということなのです。

 

畝幅は90㎝、畝の間は30㎝になるように測っていきました。

 

 

 

 

畝の中に土壌改良になるという、もみ殻燻炭を入れましたが、もっと入れた方が良かったかなと後から反省。

 

 

 

 

仕事でしているので、土を掘る作業は任せてくださいと、前から言っていたNさん。腰の入れ方が違う!

 

女子5人でしたが2時間ほどで3周の畝ができ上がり、びっくりです。

私一人では、とてもこんな早くできなかった。

 

 

 

 

10月に畑の隅で作っていた雑草堆肥。

2回目の攪拌をしましたが、まだあまり発酵しているようには見えなくて。

白い糸状菌が所々に見られるのですが、暑い夏に伸び放題になっていたイネ科の雑草が長いまま出てきます。

 

 

 

 

庭の樹木の枝を切り払ったのや大豆の枝葉を燃やして、これも草木灰として畑で利用します。

草木灰はミネラルの塊なんだとか。

 

 

 

 

あと3周丸い畝を作らないといけません。だんだん円周が大きくなるから時間がかかりそうだけど、冬の寒い間にぼちぼちすることにしよう。

 

この畑の改造が功を奏するかどうかは、まだまだわかりませんが、目指すはイヤシロノウチの畑、気持ちのよい空気が漂う畑にしたい‼

 

 

 

~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆

 

【発酵伝承講座1月 キムチ作り】

日時:1月17日㈰11時~14時

会場:S-tage(奈良市学園南3丁目2-3)

単発参加費:7,800円

お申込みは ↓ ↓

 

 

 

 

 

LINE公式アカウントで最新情報をお知らせいたします。

よかったら登録してくださいね。

 

 

 

 

季節の野菜の情報をメルマガでお知らせしています。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/step_mails/subscribers/109687

 

 
 

重ね煮と発酵食で命を支える。

畑薬膳アカデミー代表、奈良の「発酵ばあちゃん」こと竹村享子(きょうこ)です。

 

先日の連休に、京都の街中に住む娘と6歳になった孫がやってきました。

孫はコロナのために4月から2ヶ月程幼稚園が休みになった時、野菜の植え替えや花の種まきを一緒にしたことをよく覚えています。

 

畑に行くと、「これは私が種まきをした」とか、私が忘れたことも言ったりして、畑に行くことも全然嫌がらずに付いてきてくれます。

 

唐古鍵史跡公園の畑では父が植えたミカンの木が4本あり、今年は2本が豊作です。

オレンジ色に色づいたミカンは、去年はほとんど実をつけなかったのですが、今年はたくさん実をつけて、もう甘くなっていました。

まずミカンの収穫から。

 

 

 

2月にお味噌にする大豆を、この畑で植えてから3年目。

今年は「味噌プロジェクト」という名前で、種まきから始めてお味噌作りまでするグループを作りました。

 

一か月に一回日を決めて、来れる人が来るという緩やかなグループにしています。

ここは「パワースポット」と言って下さる方もいて、14人の方が登録してくださっています。

 

一昨年、去年は収穫があまりなかったのですが、今年はたくさん穫れそうです。

葉っぱがほとんど枯れ落ちて、大豆の茎に豆がくっついている状態になっています。

こちらの収穫はグループの方と、明後日の11月29日にする予定です。

 

 

 

 

大根は3日前に見に来た時よりも、ぐんと大きくなっているのに驚きました。

「スポンと抜けた!」と嬉しそうな孫。

 

 

 

この大根を40本抜いて家に持ち帰りました。

 

 

 

 

家に帰ってから、大根を洗います。

水で服が濡れても嫌がらず、楽しくて仕方がない様子の孫です。

 

 

 

 

4本づつ束ねて木馬に干します。

この大根は、来週の沢庵漬け講座に使います。

いんやん倶楽部主催による沢庵講座で、12月2日にオンラインですることになっています。

スラっとした大根を干している風景は、いつものことですが絵になりますね。

 

 

 

 

次は家の畑の落花生の収穫をしました。

まずまず、といったところかな?

 

 

 

収穫したすぐの落花生は湯がくとても美味しいです!

 

 

~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆


【こんにゃくと柑橘類の酵素シロップ作り】

◆日時…12月5日㈯10時~14時

◆会場…竹村自宅(磯城郡田原本町)

      お申込みがあった方に後程ご案内いたします

◆参加費…5,000円(ランチ付き)

お申し込みは ↓

 

 

 

【健美膳料理(重ね煮)教室 体験入門講座】

日時:12月6日(土)10時~13時

会場:AYAレンタルスペース&キッチン(天理市二階堂)

参加費:5000円

お申し込みは ↓

 

 

 

【発酵伝承講座12月 沢庵講座】

日時:12月13日㈰11時~14時

会場:S-tage(奈良市学園南3丁目2-3)

単発参加費:7,800円

お申込みは ↓ ↓

 

 

 

 

 

LINE公式アカウントで最新情報をお知らせいたします。

よかったら登録してくださいね。

 

 

 

 

季節の野菜の情報をメルマガでお知らせしています。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/step_mails/subscribers/109687

 

 
 

重ね煮と発酵食で命を支える。

畑薬膳アカデミー代表、奈良の「発酵ばあちゃん」こと竹村享子(きょうこ)です。

 

なかなかブログを書けず、いつの間にか1か月以上経ってしまっていました。

 

10月9日に健美膳料理(重ね煮)教室の体験入門講座を行い、ちょうど奈良の子育てママ対象の雑誌パープルmamaの取材があり、いつもより盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

ご参加いただいた一部の方の感想です。

 

 

 

 

(F・A様)

「一物全体食や身土不二などを始め、陰陽のバランスなど意識することで、健康になれるのだと、再確認しました。」

 

(K・M様)

「ざっくりとやっていたところをギュッと、体験できました。

スピーディーやエコなどトータル的に、自分にも家族にも地球にもつながっている事を感じる体に嬉しい教室でした。お味噌、発酵をもっと知りたくなりました。」

 

(H・M様)

「少量の調味料で美味しく食べれてびっくりしました。一度にたくさんの野菜が摂取できて実践してみようと思いました。」

 

(K・M様)

「なんとなく食の陰陽は聞いたことがありましたが、調理上の注意点など知らなかったので、勉強になりました。

発酵食品など興味がありますし、野菜中心の食生活は続けたいので、これからもいろいろ教えて下さい。」

 

 

私の家には庭続きの畑があり、父がずっと野菜を作ってくれていましたが、4月初めに父が亡くなってからは私が引き継がねばと、畑仕事をなんとかしています。

 

なので春夏と秋冬の野菜が全然異なるということを、肌身で感じる今日この頃です。

 

意識して旬の野菜を用いた料理をすることが、健康につながる第一歩だと思います。

 

体験入門講座は12月にも行います。詳しくは下記をごらんください。

 

【健美膳料理(重ね煮)教室 体験入門講座】

日時:12月6日(土)10時~13時

会場:AYAレンタルスペース&キッチン(天理市二階堂)

参加費:5000円

申し込みは↓

 

 

 

 

また10月から8回の秋冬コースを始めています。今からなら途中入会になりますが、よければお申込みください。

これからの日程は以下になります。すべて土曜日です。

会場は私の家ですが、人数次第で変更になるかもしれません。

 

【健美膳料理(重ね煮)教室 初級健康コース秋冬編】

日程:②11月14日 ③11月28日 ④12月12日 ⓹1月16日 ⑥2月6日 ⑦2月27日 ⑧3月13日

申し込みは↓

 

 

 

**************

 

【発酵伝承講座11月 お味噌用大豆を収穫して収穫祭】

日時:11月29日㈰11時~14時

会場:唐古鍵史跡公園の横の畑(奈良県田原本町鍵)

単発参加費:5000円

 

 

LINE公式アカウントで最新情報をお知らせいたします。

よかったら登録してくださいね。

 

 

 

 

季節の野菜の情報をメルマガでお知らせしています。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/step_mails/subscribers/109687