文京区立森鷗外記念館

テーマ:

昨年の11月に開館した、文京区立森鷗外記念館。休日を利用して行ってきました。場所は千駄木駅から団子坂へ向かい、大観音通りを少し進むと左手に見えてきます。



長谷建築設計事務所のスタッフブログ-外観2 長谷建築設計事務所のスタッフブログ-外観1


炻器質タイルの外観。新築にも関わらず長い時の流れを感じさせます。均一な素材感がシンプルでいいですね。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ-アプローチ2

一瞬躊躇するようなエントランスの佇まい。徐々に気持ちのスイッチが切り替わります。空間の厚みが生みだす陰影も、いい意味で緊張感を与えてくれます。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ-内観1


コンクリート打放しを基調とした内部空間。グレーのグラデーションが何とも言えず美しいです。天候によって刻一刻とその表情が変化するため、何度訪れても新たな発見があるかもしれません。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ-内観2 長谷建築設計事務所のスタッフブログ-内観3


光の演出が宗教建築にも似た静寂を感じさせます。外界を遮断し、光だけを取り込むトップライトが一躍買っています。


均質された素材、閉鎖的な内部空間、光と影の演出。しっとりとした落ち着きのある表情から、記念館という独自のプログラムに適切に応えている建築だと感じました。


時折こういった空間に浸って、ものごとにふけり、空間に対する感受性を養っていけたらと思います。


k.murayama

AD

初詣

テーマ:
$長谷建築設計事務所のスタッフブログ

あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になり有り難うございました。
皆様にとって良い年になりますように。

早速、
新年の仕事始めの前に1/7にスタッフ一同で御茶ノ水にある神田明神へ初詣に行って参りました。

さすがは商売繁盛の神様、たくさんの人で賑わっていました。

スタッフそれぞれ、さらなる飛躍に向けて、決意を新たにしスタートを切ります。


今年も何卒よろしくお願い致します。


s.ozawa
AD

大崎駅(東京)新西口 “ソニーシティー大崎”前 
~ペディストリアンデッキ~


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

思わず、“2001年宇宙の旅”(movie1968) に出てくる “モノリス”を連想してしまった・・・


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

この映像モニュメントは、ソニーらしいと思うとともに、在りそうで、なかなか見かけなかったような感じがする。

一個ではなく、複数あることがいい。



このモニュメントの奥には、書店とコーヒー店のコラボがある・・
まるで、図書室のよう。



k.konno



AD

武蔵野プレイスに行ってきました。久々の建築探訪です。

この建物は2004年に設計プロポーザルでkw+hgアーキテクツ(川原田康子代表、比嘉武彦代表)が選出され、今年の7月にオープンしたばかりの武蔵境の駅前にできた図書館・生涯学習センターなどの機能を持つ街の活性化を目指した公共施設です。

 

外観は駅前につくられた公園と一体となり、気持ちのいい感じです。外から見ただけだと宇宙船のように見えます。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

 

様々な機能が中に入っており、目的を待たなくても訪れることができそうです。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

 

内部では、角のない天井や壁、照明効果によって包み込まれるような不思議な感覚をもつようなインテリアとなっていました。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

 

それぞれのフロアはグリッドを感じる壁の構成により、空間がそれぞれ単位ごとに区切られていますが、それは区切られながらも繋がっていき、活動と活動が繋がり、回遊性を持たせるようなつくりとなっていました。また、ヴォイドを介して視覚的に縦方向の空間や活動の繋がりを感じることができます。この繋がっているけど離れてるという構成がおそらく設計者の最も意図したことなのだと感じました。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

長谷建築設計事務所のスタッフブログ



3連休ということもあってか、子供から大人までたくさんの人で賑わっていました。

図書館としての静かな部分から子供たちが活動をしている賑やかな場所まで、この建物一つに様々な活動が溢れていました。やはり、建築は人々の活動がそこにあって初めて意味をもつものであると改めて実感しました。


長谷建築設計事務所のスタッフブログ

チャペル・宴会場

テーマ:

前回紹介したレストランコンパスに引き続き、当社でCM業務を行なったチャペル・宴会場が8月31日に完成しましたので、紹介します。内装デザインは株式会社イリアにお願いしました。

工事は分離発注で以下の工事会社で担当して貰いました。

内装工事:株式会社丹青社

設備工事:株式会社日立プラントテクノロジー

カーペット工事:株式会社スミノエ

シャンデリア工事:ヤマギワ株式会社

家具工事:プラススペースデザイン株式会社



長谷建築設計事務所のスタッフブログ-宴会場ホワイエ

                  宴会場ホワイエ



計画のコンセプトとしては「わかちあってこそ、人生は素晴らしい、人にやさしい・・・」と言うシェラトン・ブランドをベースにデザインを考慮しました。奇をてらわない、コンサバティブで上質な雰囲気、誰もが幸せな気分になれる、この場所に来ると気持ちが良い、改めて良かったと実感できる空間造りを創造し、心から「Pleasure」を感じられるデザインを追及しました。



長谷建築設計事務所のスタッフブログ


               エレベーターロビー


チャペル:


しっかりと守られた壁からやわらかく光が差し込む、心やすまる神聖な場所をイメージし、壁面の光壁は、近代建築家の巨匠、ル・コルビュジェがデザインしたフランス・ロンシャン教会をオマージュした設えになっています。

様式はモダンでヨーロッパの伝統的な漆喰壁、スタッコを全面的に使用し、色調は明るく、壁から差し込む光のシーンを演出しています。




長谷建築設計事務所のスタッフブログ-チャペルエントランス


         チャペルエントランス




長谷建築設計事務所のスタッフブログ-チャペル前室


           チャペル前室

長谷建築設計事務所のスタッフブログ-チャペル1

  

                 チャペル正面



長谷建築設計事務所のスタッフブログ-チャペル2


                 チャペル側面



長谷建築設計事務所のスタッフブログ-花嫁控室


            花嫁控室


宴会場「浜風」:

既存の造形を変更しない表層のデザインなので、床、壁、天井の表装材の更新と既存シャンデリアのスワロスキーのビーズを用いてシャンデリアをリメイクすることが主なデザインでした。

「品格のあるフォーマルな場」

カラースキームとして真珠のような湧き出る輝きとつやを持ったインテリアの雰囲気の中に白い布に包まれたキラキラと輝く、より光り方を増したスワロスキーのビーズをLEDなど3種類の光源で、カラキネシステムを使用し、カラーの変化により部屋全体の演出を図れるようにしました。



          宴会場「浜風」

長谷建築設計事務所のスタッフブログ-宴会場「浜風」



長谷建築設計事務所のスタッフブログ-宴会場「清流」



                       

              宴会場「清流」