BMSビジネスヒント 257 < 情報処理能力を磨け > | 経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

中小企業を対象とした経営者教育団体
経営実践研究団体BMSが一般に公開するビジネスヒント
詳しくは、ホームページをご覧下さい。https://bms-japan.com


テーマ:

BMSビジネスヒント 257

< 情報処理能力を磨け >

 

同じものを見ても、同じ話を聞いても、

そこから導く答えは違う。

これ感性と思われる方はいますが感性ではないんです。

情報処理能力なんです。

 

見たもの聞いたものと自ら持っている知識をつなぎ合わせ

その結果を導く。

 

人には思考の癖があります。

ある答えに導こうという思いの力です。

 

ビジネスに熱中している人は、何を見ても何を聞いてもビジネスに結びつけるでしょう。

子育てをしている人は、同じものを見ても、同じことを聞いても子育てに結びつけるでしょう。

 

これがそれぞれ持つその時の価値観です。

 

一見目で見て耳て聞いてるようですが、

本当は価値観で見て価値観で聞いているんです。

そしてこうればいいなという思いで見たもの、

聞いたものを判断しているんです。

 

そうして見たもの、聞いたものが情報として取り込まれ、既存の情報と合わさり

答えを出しているんです。

 

だから意思をもっと情報処理機能、それが人間の脳なんです。

 

 

その時にもう一つの癖があります。

それは見たもの、聞いたものを素直に受け入れるか、それに抵抗するか?

素直に受け入れる人は、良い点に目を向けます。

しかし、批判的に受け入れる人は、欠点を探するんです。

 

それによって起きる変化は、行動力です。

素直に受け入れる人は、行動を前提とし批判的に受け入れる人は行動を前提としない。

 

お分かりになりますか?

人間誰もが耳と耳との間に情報処理機器を持っています。

この情報処理機器は、みんな同じ性能です。

 

結果=思考の癖(価値観+情報量)

 

だから、優れた判断をするためには、

情報量を増やす、価値観を持つ、そして正しい思考を持つことです。

 

この点をチェックして見てください。

きっと劇的に変わりますよ。

 

______________________

 

さあ、経営実践研究団体BMSに入会し、多くのコトを学んでください。
入会は経営実践研究団体BMSホームページから。

 

また、BMSについて詳しくお知りになりたい方は

03-6426-8229 (担当川野)へお問い合わせください

無知は恥ではない。
学べば済むこと。
むしろ恥じるべきは学びを放棄する事なんです。
そのために経営の基本を学び、発展する会社を造るんです。
どうぞ経営実践研究団体BMSの入会し、壮大なロマンを抱き,
未来に向う立派な会社を造ってください。

 

経営実践研究団体BMS主宰 

     カットルームグループ代表
            橋本憲夫

 

 

 

 

経営実践研究団体BMSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス