今回は就労目的の施設です。

昔の作業所というやつです。

現在の分類としては、就労継続支援施設といい、A型とB型に分かれます。

今回はA型について書きます。

A型は雇用型と呼ばれ、雇用契約をむすんで働きます。

……働くのだから当たり前じゃないか

と思われそうですが、明日紹介するB型は非雇用型なので、AとBの大きな違いはここになります。

雇用契約を結ぶので、B型に比べて全体的に待遇は良く、また利益の出やすい仕事をします。

そのため、一般就労に近い条件で働くことになります。

環境はB型に比べてより普通の会社に近い状況です。

明日はB型について書きます。