HarK Works

HarK【House all rounder Kurosawa】
これは聴く、耳を傾けるという意味になります。
家のことなら何でもご相談下さい。
新築・リフォームの施工事例を紹介します。

建築工事現場のビフォー、アフターだけでなく、施工中の経過など、見えない所をアップします。
業界の裏側、お客様に役立つ情報など発信します

テーマ:

屋根リフォーム。 瓦屋根の棟積み直し工事の様子をアップします。

築年数も古く、雨漏りはしていなかったのだけど、棟の漆喰詰め直しをしたいとの要望を受けて、調査に行きました。

 

平屋の建物2棟(寄棟・切妻)塀と、ボリュームのある現場でした。

和瓦の陶器瓦は耐久性抜群。

棟の漆喰詰め直しや、棟の積み直しをすれば、また2~30年くらいはノーメンテナンスでいけます。

太陽熱温水器が取り付けてありました。

すでに壊れていて使ってないとの事。屋根の為には良くないし、棟の積み直しにも邪魔なので、撤去することになりました。

 

棟が平らに積んである。下の方が広く、上に積み重ねるにつれて、狭く山型に積むのが一般的。

水切れも良いし、最初からの施工が悪かったとは言いずらい。

 

漆喰の詰め直しと、棟の積み直しでは金額が大分違います。両方見積を作り、現況を写真で取ったものを見せて、棟の積み直しの方が良いと勧めさせて頂きました。

まずは塀から。

棟を取り外し、漆喰・土を取ります。

新たに銅線を留めてきます。

シルガード。一般的に和瓦では黒を使用してます。

シルガードを盛り、瓦に銅線を通して留めます。

塀完成。

棟を撤去し、古い土も取り除きます。

土を入れ直して、高さを合わせてきます。

小さい瓦の部分はコーキングを入れて留めます。

棟の下の部分から土を入れ替えているので、沢山土を使います。ローコストのところは、この部分から、やり替える事はしないです。

雨養生。帰る時には、養生をしっかりしていきます。天気予報が大丈夫と言っても、念のためやります。

翌日、隣の棟を撤去の様子。

劣化した土を取り除いてます。手作業です。

取り外すと、昔の瓦屋さんが、どんな仕事をしたのか?よくわかります。団子状に土を留めていたようです。

外した棟瓦を並べて置きます。

棟の1段目のシルガード。幅広いです。鬼瓦から糸をはり、真っ直ぐになるように土を盛り、高さも見ます。

完成。

完成。棟の段差が変わったのが分かりますか?

以前は真っ直ぐだったのです。

寄棟棟完成

棟撤去完了。糸は張り、真っ直ぐをだしてシルガードで1段目を造ります。

切妻屋根棟は、棟が長いので大変です。この日も天気が良すぎて、シルガードの渇きが早くて大変でした。霧吹きで水を吹き付けながらやります。

鬼瓦を先に留めて、糸を張ります。

 

1段目取付

乾きが早くて大変です

水が入らないようにコーキングで留めてきます

土を盛ります。この辺の盛り方は、職人さんの経験と技術です。

 

5段積みです

銅線も沢山使います。

ブロアーで汚れを吹き飛ばします。

銅線の部分、鬼瓦との境をコーキングで留めます。

谷の板金も新しく交換

棟の後ろもギングロのガルバリウムを張り付けます。

雨押え板金の取付。

切妻屋根棟も完成しました。

とてもボリュームある現場でした。

梅雨時の施工でしたが、工事期間中は雨も全然ふらなかったのは良かった。

 

屋根の上の工事だったので、お客様には、工事完了後、工事写真を100枚ほど提出しました。

 

見ての通り、瓦屋さんの仕事は手作業。技術の差が出る仕事です。

 

薄い漆喰が塗ってあるだけの仕事や、コーキングでベタベタ塗り、雨漏りを一時的に抑えてるだけの仕事や、谷の捨て板金を換えてなかったりする現場。沢山の仕事を見てきました。

 

HarKでは、お客様の目の代わりに、工事の様子を撮った写真を必ず提出しております。

仕事に自信があるから出来る事だと思ってます。

 

現場に通い続けて、写真を撮るのも、現場管理の一つであると思ってます。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

浴室リフォームが終わり、外壁リフォーム着工です。

築32年の2×4工法の家。

5年くらい前に外壁塗装をしたようなので色はキレイですが、外壁材がボロボロです。

今は無い材料?木質系のラップサイディングのような外壁材でした。

塗装をしたときに、部分的にモルタルで補修してありました。

当時の施工は外壁に通気層は無く、木製サッシの回りから水が入り込み、凍害などにより、外壁が剥がれ始めてます。

外壁一面だけ全て張り替えます。仮設足場を設置します。

外壁解体中。透湿防水シートも劣化してます。通気層が無いのと、横張りのラップサイディング、材質が木質系の物が貼ってあったこともあり、サッシ回りからの雨漏りが原因です。

想像通り、サッシ回りのベニヤが一部腐ってます。

窓回りのベニヤを剥がします。

断熱材はカビて無かったです。

外壁下地のベニヤの部分張替えしました。

ベニヤ継ぎ目の気密防水テープも張ります。木製サッシの外部枠も交換します。

透湿防水シートを張ります。

窯業系の無塗装のラップサイディングを張ります。

通気胴縁を取付て新たに通気層を設けます。

昔の物とは規格が変わるので、一枚の板幅が狭くなりました。

サッシの回りの枠も交換。水切り板金も交換しました。

北面の昔の浴室の窓にガルバリウム鋼板を張った所。

斜めから見ると、ラップサイディングの幅が違うのがわかります。

 

カチオン系シーラー塗布。

色を合わせる為に調色したシリコン塗装。

ローラーで塗ってきます。

枠の下塗り中。

完成。調色が上手くいったので、違和感無くなりました。

妻飾りも交換。

5年前に塗装屋さんを呼ばずに、自分が呼ばれていれば、外壁の張替えを提案していた物件です。

もっと早ければ、下地のベニヤまで劣化している事もなく済んだかもしれません。

 

現状の建物に合わせて違和感無く仕上げるのは、難しい工事でした。北側の波板も劣化していたので張替えました。

 

風が強い時期でしたので、工事中は、細心の注意を払いながらやりました。全面が道路で通行量もあり、駐車スペースが無いため、困難なリフォームでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

久々のブログ更新になります。

 

築32年の2×4工法の住宅の2Fにある浴室のリフォーム工事の様子をアップします。

 

2Fにある浴室はハーフユニット。天井はバスリブ。壁はタイル張りです。

当時としては、かなり珍しい。2Fの洗面脱衣にトイレもついている。3畳ほどのスペースの奥が浴室です。

 

浴室の間仕切り壁撤去中。2×4工法の壁は、釘が沢山留まっている為、解体にも時間掛かります。

思いのほか、壁のタイルが厚かった。ゴミの搬出も、2Fから階段降りて外に出すので大変です。

解体後の様子。

木製サッシがついていたけど、枠も劣化している。窓下のベニヤを剥がすと断熱材がカビているのがわかる。

床合板28mmを増し張りして、床補強。

ユニットバスの重量がある為、合板を増し張りして床を補強します。

浴室外周部の断熱材を全て入れ替えします。

アクリアネクストの105mmを使用。断熱材の耳をしっかり止めます。

ガスボイラーも交換しました。浴室外部の2階外壁に取付されてます。

給湯器からの配管も変えました。

2階の洗面からの排水管等に繋ぎ、給湯管・給水管を変えて繋げます。排水管の勾配が少ない。2×4工法の為、懐が狭い。少しでも勾配を付けれるようにしました。

現場が狭いので、ユニットバスの資材を軽トラックで搬入。かなり積んでます。

浴槽の断熱材が凄い。2F設置の為、防水パン仕様です。

ユニットバスの床部分の設置。

防水パン設置。

ユニットバス組立終了。

今まであった窓は潰しました。木製サッシが腐りかけ壊れていた為です。新規に窓を違う場所につけるのも検討しましたが、最近のアパートでも、窓無しの風呂は多いので、慣れれば特に問題ないです。

 

2×4工法の為、高さも苦労しました。

在来工法に比べて、すべての作業が大変です。

特に2Fに水回りがあると、リフォームの時に大変。

 

外から見た窓。

ベニヤで塞ぎます。外観がかわらないように、サッシは外さないです。

質感は変わりますが、ガルバリウム鋼板で塞ぎます。

ユニットの間仕切り壁施工。いつもの樹脂枠を使用。

クロス張替えの下地パテ施工中。

クロスを張り替えて完成。

TOTOサザナ。以前よりも少しだけ広くなりました。

完成しました。

2階から下した浴室の残材・・・FRPの浴槽も細かく切りました。

かなりの量のゴミが出ました。

 

工期9日間。解体から9日目の夜にお風呂に入ってもらう事が出来ました。

現場によって工期は変わります。車が何台止めれるか?建物の工法は?1階か2階か?現地確認と打合せをしっかり行い、段取り良くしたので9日間で出来ました。

 

浴室が温かくなり快適になったと喜んでいただきました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)