極上笑顔レッスン・

話すのが楽しくなる話し方の先生

クリスタルボウル演奏家

浅井ちかこです。

 

落ち込んでいるときや元気がない時に

かけられる言葉。

その言葉、優しさが胸に沁みることがある。

 

嬉しくて、じ~んときたり、

心があったかくなったり、

荒んでいたけど穏やかな気持ちになったり・・・

その一言で、

 心がぽんっと軽くなりました。

と、

気持ちや心の動きは、

いろんな表現で表すことができます。

 

といっても、

 

受講生さんから

 

感じたことや気持ちが言葉にできないことがあったり、「うれしい」「すごい」「ムカつく」・・など
いつも同じ言葉ばかりになってしまうんです。

 

と、相談されることがよくあります。

 

言葉にならないほどの想いをすることもあるけど、

言葉にしてみたいですよね。

 


あなたの感情・気持ちが

より伝わるヒント!

 

①身体の感覚に目を向ける。

 

例えば

「嬉しい」「楽しい」「喜び」を伝えたいなら

がいっぱい。がときめく。がはずむ。

が痛い。

思わず口元が緩む。が緩む。

目じりが下がる。が輝く。目頭が熱くなる。

など・・・

胸、口、頬、目 などが多いですね。

 

②オノマトペ(擬態語)を使う

 

美しくて、うっとり見つめてしまった。

思いっきり声をだして、すっきりした。

さっぱりダメだった。 

ず~んと落ち込んだ。

腹が立ってムカムカする。

カリカリ怒ってるよ。

 

などです。

 

いかがでしょうか?

すっと頭にはいってきましたか?

目から鱗がおちました?(笑)

 

自分の感じたことを 思ったことを①②を使って

ふわっと投げてみてください。

 

話すことも、伝えることも、日常の会話が練習。

知るだけでなく、実践してみて~!!

 

現在、提供メニュー日々UP中。 

 

参考文献:その感情、言葉にできますか? 豊かな日本語生活推進委員会 青春出版社

 感情言葉えらび辞典 学研