羽生君に号泣しつつ願った/やるだけやったら | スケーターさんのはっぴー。なブログ☆YUZURU

スケーターさんのはっぴー。なブログ☆YUZURU

羽生結弦さんを応援しています。ファンが幸せなら、明るく元気な応援パワーをあげられるんじゃないかと思って書いています。友達に手紙を書くように書いているお手紙ブログです。ありがとうございます。はっぴー。です


テーマ:

 

きのうとてもいいなあ~と思った記事

 

高山真さんのSportivaコラム

フィギュアのマニアが「羽生結弦の
金メダルに、号泣しつつ願ったこと」

 

 

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2018/03/08/post_6/

 

高山さんの文章は本当にいいなあ~としみじみした。

 

 

 

 

読み始めてすぐに泣きそうになったよ・・・・

 

 

 

 

 

 

なんていう感想が

 

とても薄っぺらいなあと思ってしまうほど

 

その時のことを思い出した。

 

「羽生結弦の
金メダルに、号泣しつつ願ったこと」

 

 

願っていた。本当にそうだ。

 

同じような気持ちの人がたくさんいるだろうなと思う。

 

 

また、繰り返し読みたい気持ちになる。

 

 

今日も帰宅したらもう一度読んでみようと思う。

 

 

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

2日ほど前

 

画像を整理するために

 

パソコンのフォルダ内を

 

探っていたら

 

ああ、、、と

 

懐かしい気持ちになるものを見つけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

平昌オリンピック銅メダルを最後に

 

引退を表明した

 

ペア選手のメーガンドュハメルが

 

2年前、試合直前に

 

ツイッターにあげていた


私が

 

ものすごく好きな言葉がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Words of wisdom for my friends!

 

わたしの友達に大切な言葉を

 

 

 

鏡に映る自分を

 

自分の友達として

 

言葉を放っている。

 

 

 

Friendsが

 

複数形なので

 

他の人に対しても含まれているかもしれない。

 

 

 

 

 

私も自分と対話をするときに

 

自分を自分の親友だと思って

 

言葉をかけたり、対話をしたりすることがある。

 

 

 

 

 

彼女も私と同じような方法で

 

自分との対話をしているのかなあと

 

ファンである私は

 

びっくりし

 

うれしくなったことを思い出した。

 

 

 

 

 

 

こんな言葉が書いてある。

 

 

 

 

キリキリしないで、ベストを尽くしたら

後は忘れて♡

 

(訳:エコベル)当時、名訳してくださったことありがとうございます。

 

 

 

 

 

この言葉を見ると

 

また他に、懐かしく

 

思いだすことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

幼少期、とても父と仲が良かった。

 

父親はモーレツサラリーマンで

 

帰りも遅く、休日出勤も、出張も多かった。

 

 

 

 

休日は、布団にくるまり

 

ゴロゴロとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

長期出張の時は

 

 

 

 

お父さん、帰ってこないかなあーと

 

縄跳びをしながら思っていたのを、なぜか思い出す。

 

 

 

 

休日に

 

父がめずらしくいる日は

 

私は

 

田圃のレンゲや野の花を摘んで

 

握りしめて持って帰り

 

父に渡していた。

 

 

 

 

絵に描いたように

 

可愛い娘だったろうなと

 

我ながら思う。

 

 

 

 

 

 

 

しかし思春期になり父親嫌いが始まった。

 

 

それは残念なことに

 

大学時代まで続いた。

 

 

 

 

 

時々口答えはするものの

 

家庭内では、おとなしかったので

 

 

 

殻にこもり

 

無言であることで、

 

抵抗していたように思う。

 

 

 

 

 

ところがである。

 

 

 

 

 

 

 

就職してから

 

3年目くらいのことだった。

 

 

 

 

 

 

 

父の勤務先が曜日によって変わり

 

 

 

日によっては

 

朝の家を出る時間が同じになった。

 

電車の道中も一緒という事態に陥ってしまった。

 

 

 

 

電車を一本ずらすなどして

 

別々に出掛けてもよかったとは思うのだが

 

 

 

 

 

母が

 

 

 

 

 

 

お父さんと一緒に行けばいいじゃない?

 

と、軽く言ったことで

 

 

 

 

 

 

毎日ではなかったが

 

駅までの道、徒歩15分

 

さらに、電車も一緒の車両に乗っていくことになった。

 

 

 

 

朝の通勤時間帯の

 

車両の中では、さすがに

 

あまり話をすることはなかったし

 

 

 

 

 

別々に座ることも多かったが

 

 

 

先に降りる父は

 

電車がホームに着くと

 

立ち上がり

 

 

 

 

さっと無表情で

 

軽く手を振り

 

 

 

 

 

私もそれに無言で、小さく手を振り

 

応えるのが常だった。

 

 

 

 

周りの乗客に、

 

たまにはっとした顔で、見られることもあった。

 

なんだ、親子だったんだ・・・というように。

 

 

 

 

 

 

 

だが

 

駅までの15分は、歩きながら

 

色々な話をした。

 

 

 

 

特に仕事の話が多かったように思う。

 

 

 

 

 

働き始めて数年で

 

壁にぶち当たり

 

 

 

心底、真面目に悩み

 

肉体的にも疲弊していた私は

 

何かにすがりたかったのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーレツサラリーマンだった父の

 

それまで嫌だった何度も聞かされる

 

自慢話も苦労話も

 

これまた生真面目に

 

アスファルトの道を見つめて歩きながら

 

素直に耳を傾けた。

 

 

 

 

 

 

 

その時期から父との関係は良好になった。

 

 母に言えない悩みも打ち明けるようになった。

 

 

 

 

 

 

あるとき

 

 

 

 

 

 

ボロボロになっていた私に

 

父がかけた言葉は

 

 

 

 

「お父さんも会社に行きたくなかったことはたくさんある。

 

でも、やるだけ一生懸命やったら

 

あとは忘れなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れることなんか難しいよ・・・・

 

それができれば苦労はないよ、と思いつつも

 

 

 

 

 

その言葉をメモし

 

引き出しにしまって

 

何年間も持っていた。

 

 

 

 

 

忘れることが多少は上手にできるようになったのか

 

いつしかそのメモはどこかにいってしまったのだけれど。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに

 

一生懸命やっても、うまくいかないことはいくらでもある。

 

後悔が尽きないこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いがけず

 

人を傷つけてしまうこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

やるだけやったら

 

後は忘れるしかないのだ。

 

 

 

キリキリしないで、ベストを尽くしたら

後は忘れて

 

 

 

 

 

そんな言葉と共に

 

 

 

 

フィギュアの選手を見ていても思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまくいかなかったことの方が多いはず。

 

 

 

 

 

でも、何度も何度も

 

心の折り合いをつけてきたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

凡人とは比べ物にならないほどの

 

 

ものすごく濃密な苦しみと喜びの両方を

 

ほんの数年で経験し

 

身をもって知っている。

 

 

 

 

 

 

 

それらが結晶となった演技に

 

私は

 

たくさんの幸せを、もらっているんだなあと。

 

 

彼らが

 

元気に幸せにスケートができるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

心から

 

幸多かれと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 愛と喜びと感謝を🎵

 

よろしかったら。ぽんしてね♪

 

 

 


フィギュアスケートランキング

 

 

 

 

ありがとう

 

はっぴー。

 

 

 

 

 

はっぴー。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス