お願いと”翻訳・メーガンを愛すべき理由・エリック編” | はっぴー。なブログ☆ありがとう羽生結弦さん

はっぴー。なブログ☆ありがとう羽生結弦さん

羽生結弦さんを応援しています。ファンが幸せなら、明るく元気な応援パワーをあげられるんじゃないかと思って書いています。友達に手紙を書くように書いているお手紙ブログです。ありがとうございます。はっぴー。です


テーマ:

 
羽生君がご到着ーーー
 
ま、写真はすぐに出回ってるから貼らないでおこう。
 
 あっちもこっちもで見なくてもいいよね。うんうん。

 

 


 
 
ふろーむカナダ御一行様ご到着ーーーー
 
 

 

 

 

 

 

もうさああ~~
 
今日
 
メーガンがリツイートしてくれてることを思ったり
 
 


キモい装飾♥







 
羽生君がもうすぐ・・・・・って思ったら
 





もーーーーーーー
 
 
どきどきどきどきしてきちゃって
 

 

 

 

 

 

 


ほんとに胸がぎゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーってなってました
 
(ちゃんと仕事してますよ)
 
 
 
 
 


羽生君、、、


 
はーーーーー。
 
 
 
 
 
 

 羽生君
 
 
んで
 
 
 
haaaaaaaa
 
 
 

 
羽生君・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はああああああああ?
 
 

 
 
もういいか・・・
 
 
本題に入れませんね。
 
 
 
 
 
すぐに
 
はいろうはいろう!
 

 
 
 
 
お願いがあります
 
 
 
 
 
NHK杯で
 
ドュハメルラドフォードバナーを振ってあげるよっていう方
 
また
 
なんか面白そうじゃん!
 
他の友達にも配ってあげるよっていう方おられましたら
 
 
 
私が印刷して持っていきますので、会場でお渡しさせてください。
 
よかったらコメント欄に
 
会場でバナー希望○枚とお書きください

 
 
 
 

 
当日
 
~時にここにいます。と
 
コメ欄でお知らせします
 
メッセはしないでくださいませ。
 
 
 
すでに
 
数十枚印刷したけど
 
あっという間に、インクがなくなることに気が付き
 
(すでに40枚オーダーいただきました。サンキュー❤)
 
 
 
私の自宅の状態
 
 


 
 
 
 

あした
 
コンビニ印刷で
 
100円のを一回やって、
 
そのあと普通にコンビニでカラーコピーすれば安上がり!( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
 
 
 

うわーーーリツイート増えてる!(≧∇≦)

 

さすが本人がリツイートしてくれたら威力があるなーー

 

 

あと木原まりこ選手もリツイートしてくれたんだよ。

 

いま、ドュハラドさんと同じチームで練習してるからね。

 

この前の西日本選手権では、

 

ジュリーマルコット(メーガンの旦那さんブルーノのお姉さんで振付師)

 

がまりこちゃんに帯同してたね。

 

八木沼さんがフィギュアスケートTVで

 

環境を変えてカナダに行って、いいコーチに出会えましたって感じですねって言ってましたよね??(うろ覚え・・・)

 

ほんで優勝したよね。うん。

 

 

 

あ・・・・・話が・・・・よそに行く~~~~

 


 
 
 

 

そうそう

こっちこっち!

 

 

 

 


 
よろしければリツイートしてねん。
 
 
 
 
さて・・・
 
 
メーガンたちが
 
「待ちきれない!」って言ってくれてることだし
 
 

めっさ若いのだしてみました。みなさん初見でしょ。私のフォルダに入ってるの。
 
 
 
 
そうそう
 
 
 
一枚でも多く、振ってもらえたら、わたしは・・・
 
 
 
わたしは・・・
 
 
 
 
 
 
わたしは
 
 
 
あああ
 
 
 
あああ
 
 
 
 
 
 
あああああ
 
 
 
 
 
絶叫します!
 
 
 
めーがーーーーーーーーーーーーーーーーん!
 
 
えーーーーーーーリーーーーーーーーーーーーーっく!
 
 
 
 
 
 
 
みなさま
 
覚えていらっしゃいますかー?
 
メーガンドュハメルを愛する5つの理由
 
 


 
  五つ目はこちらに一応リンクしておきます

5つ目の理由・スケオタさん
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 



英語原文こちら・
 
ライターClaire Cloutierさんのブログ
a divine sport
https://adivinesport.com/
 
9月4日の記事
5 Reasons to Love Meagan Duhamel
 
ちょっと前に書かれてあるものですが
 
タイミング的には
 
 
 
NHK杯を前にこの記事を完結したかったの。
 
 
あはー❤
 
 

 
 
 
 
これで
 
メーガンドュハメルを愛する5つの理由の記事は完結編です
 
翻訳はブログをお休みしますのエコベルさん

http://ameblo.jp/ecovail/
 

 


ありがとうございます。

 

 


 
 
Plus, 2 Extra Reasons to Love Eric Radford
I don’t know quite as much about Meagan’s talented partner, Eric Radford, as I do about Meagan. But, here are 2 bonus reasons to love Eric, too!

 

追記・エリック・ラドフォードを愛すべき2つの理由。

 

メーガンの才能あふれるパートナー、エリック・ラドフォードについて

 

メーガンのように熟知しているわけではない。

 

でもここになぜエリックを愛すべきなのか、2つボーナスで理由を追加。

 

 

1. Eric is a musician! In a sport where music plays such a huge role, many skaters actually have surprisingly little knowledge of music. Eric is different. Not only is he a trained pianist, he’s actually a composer as well. He composed the music for Duhamel/Radford’s successful 2013-14 Tribute short program. And this year, Patrick Chan has selected Eric’s music for his long program; a collaboration I very much look forward to seeing! Eric’s understanding of, and feeling for, music is also evident in his skating; he’s widely noted for his line and interpretive ability.

 

 

1・エリックはミュージシャン!

 

フィギュアスケートに於いて音楽の占める役割の大きさを考えた時、

 

スケーターたちの音楽に関する知識のなさに驚くことがある。

 

エリックはそこが異なる。

 

才能あるピアニストであるというだけでなく、実は作曲家でもあるのだ。

 

素晴らしかった2013-14シーズンのデュハメル/ラドフォード組のショートプログラムの音楽は彼が作曲、提供した。

 

 

 

 

そして今年パトリック・チャンがエリックの曲をフリーのプログラムに選んだ。

 

コラボレーション!エリックの曲で滑るパトリック。

 

見るのが楽しみでならない!!

 

エリックの音楽に対する理解と洞察は彼のスケートに明らか

 

曲の解釈の才能は広く知られているところだ。

 

 

 

パトリックとエリックの生コラボ実現するのかな?

 

 

 

 

 

 

2. Eric is–and will always be—a pioneer in this sport: The first top-level pairs skater to come out as gay. Although Eric’s announcement of his orientation didn’t get quite the same press as when Brian Boitano or Johnny Weir came out, I think his decision was just as important within the skating world. Pairs skating, by its very nature, is arguably the discipline where male and female skaters play the most gender-traditional roles.

 

 

エリックはー現在、そして未来もこのスポーツに於いて先駆者であり続ける。

 

世界トップのペアスケーターとして、ゲイであることをカミングアウトした初の人物。

 

 

 

 

 

これはブライアン・ボイタノとジョニー・ウィアーがカミングアウトしたものとは背景が異なる。

 

彼の決断はスケート界に於いて大きな大きな意味があると思う。

 

 

 

ペア競技ではその性質上、従来の様に男女共に、

 

その性別らしい演技と役割が求められるという私の意見には大方賛同していただけると思う。

 

 

 The expected strength and masculinity of the male skater is constantly on display in lifts and throws, while the female skater provides decorative visual appeal with beautiful positions in lifts and death spirals. Further playing up the intrinsic nature of the sport, many pairs programs have undeniably romantic themes/choreography. Coming out as gay in a sport that is so specifically gender-traditional strikes me as especially brave. You have to think that young gay pairs skaters will long see Eric as a very important figure in raising awareness of, and normalizing, the participation of gay men in pairs skating.

 

 

 

 

男性スケーターの力強さと男らしさは、

 

女性スケーターが装飾的な見た目でリフトやデススパイラルを美しい姿勢で披露する間

 

 

 

 

 

 

 

絶え間なくリフトやスローをするよう求められ、期待されることに見て取れる。

 

 

 

 

これまでこのスポーツはその従来の性格上、

 

多くのペアがそれを踏襲してこれでもかとロマンチックなテーマで、振付で、

 

プログラムを演じて来た。

 

 

 

 

 

 

ゲイとしてこのような特に男女の役割を押し出すことが

 

長く続いたスポーツの中で

 

カミングアウトすることは、特別勇気のいることであったろうと、

 

その決断が胸を打つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみてほしい。

 

 

 

 

 

若いゲイのペアのスケーターたちが今後、

 

ゲイとしてペアのスケートを滑ることは特別なものではないと

 

その勇気をもって啓発してくれたエリックを

 

非常に重要な存在として未来とらえていくこととその意義を。

 

 

 

So there you have it: Lots of reasons to love reigning World champions Duhamel/Radford. (In addition, of course, to their exciting, often uplifting skating.) Everyone has their opinion, and I suppose I won’t change many of the naysayers’ minds. But as we head toward the new season in pairs, anticipating Duhamel/Radford’s season debut at Finlandia Trophy, I couldn’t resist putting a few thoughts out there about why this team is worth rooting for, even aside from their exceptional skating!

 

 

 

ま、こんなところかな。

 

ワールドチャンピオンとして君臨するデユハメル/ラドフォードペアを愛さずにはいられない多くの理由。

 

(追加で、もちろん彼らのエキサイティングでわくわくさせてくれるスケートもね!)

 

人はそれぞれ違った意見を持っている。

 

 

 

 

 

 

 

そして私がこれを書いたからと言って、

 

メーガンに否定的な人々の意識を変えるのは簡単じゃないこともわかっている。

 

でも今シーズンの彼らのデビュー戦、フィンランデイア杯前に、デュハメル/ラドフォード、彼らの卓越したスケーティングの他に、このチームを掘り下げて、

 

いくつか考えを披露したい気持ちが抑えられなかったのだ。

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

先ほど記事をほとんど書き上げた瞬間に・・・・・・

 

記事が半分消えました・・・・・・こわ!

 

 

 

 

 

 

だから

 

ほんとはもっといっぱい書いていたんだけど

 

 

 

 

 

この辺にしておくね

 

 

NHK杯、よかったら彼らの演技を見てね。テレビでもやるからさ。

 

 

 

 

 

 

ああ、

 

ほんとに

 

私、、、

 

好きなことをさせてもらってるなーって

 

読みに来てくださってありがたいなあって思う

 

 

 

バナーのご協力も

 

いろいろ

 

ほんとにありがとうね~~~~~❤

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

はっぴー。より

 

 

 

 

はっぴー。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス