慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記

慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記

慢性前立腺炎と戦い始めて早3年が経過。その間に転勤すること2回。
信頼できるお医者さんに出会うと、転勤させられるという憂き目にあったことから独立することを夢見始めたおじさんが"病気"、"仮想通貨"、日々の日常をつづっています

高級オフィスチェア、エアフォート(AIR FORT)を800時間使用した感想(口コミ)の続きです。

前回は、エアフォート(AIR FORT)の気に入っている点中心だったので、

今回は、短所(デメリット)です。

まず、購入して非常に残念だったのは、座面のスライド機能です。

スライドさせるには、椅子から降りる必要があるのと、54mmの範囲でスライドはできるのですが、座りながらの調整ができないので、位置調整が難しいです。

エアフォートのスライド機能

その為、"ハーマンミラー"や"エルゴヒューマンプロ"などの高級チェアにある、座りながら無段階でスライドできるものとは全く違うので注意が必要です。

あと、座面が少し固めです。

今までは、コクヨのウィザード2(定価5万円程度)の椅子を使用していましたが、それと比べても固いです。
(慢性前立腺炎ということもあって、人より下半身がデリケートな状態ということもありますが・・・)

その為、自分はトゥルースリーパーの超極厚(6cm)の座布団を使用しています。

トゥルースリーパーのクッション

このタイプはもう販売してないので、似たような極厚タイプでオススメのクッションだとこれ。
↓↓↓
 

 

 


あと、欠点ではないですが、

この椅子は、無理なく正しい姿勢で座って作業が出来ると事を主眼としているので、座面を倒してくつろぎながら、映画を見るといった用途には向いてないです。

あと、他の高級チェアと比べて、10kg近く軽いこともあって、高級チェアに座ると身体が椅子に包まれるような重厚感(安定感)はあまり感じないです(かと言って、座り心地が悪いわけではなく、引き締まる感じです)。

ただ、その分取り回しがしやすく掃除がしやすいので、これは想定通りで嬉しかったです。

今まで、ハーマンミラー(アーロン)、エルゴヒューマンプロと使用してきましたが、

自宅が狭くて、長時間作業をするには、一番、最適な椅子だと思います。

自分は、このエアフォート(AIR FORT)を使用して、リモートワークで苦しんでいた、首と肩の痛みが軽減されました。

正しい姿勢で作業したい人には、向いてると思います。

 

 

緊急事態宣言解除とともに、強制的にリモートワークがほぼ終了。

しかし、働く時間だけは、(通勤時間がない分)長く働いていたリモートワークの時間を踏襲するという事態に・・・。

おかげで、約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。


さて、前回の続きで、

コクヨのエアフォート(AIR FORT)を、約800時間使用した評価(レビュー)です。

なお今回、高級チェア(オフィスチェア)を購入するにあたって重視したのは、

エクストラハイバック
 

肘の高さが調整できる
 

狭い自宅で使うこともあり、軽くて取り回しやすいこと

です。

リモートワークで作業する際、長時間(1日12時間)、パソコン画面と向き合うので、楽な姿勢がとれる「エクストラハイバック」と「肘の高さが調整」は必須条件でした。


では、コクヨのエアフォート(AIR FORT)のメリット、気に入っている点から。

まず、圧倒的に優れているのが、ランバーサポートです。

高さ調整ができて、前面への押し出しはエアーで調整できるので、どんな体格の人でも位置が合わないということは、まずないです。

エアフォート ランバーサポート

その為、背筋を伸ばした正しい姿勢で、作業することができます。

あと、肘の高さ調整は80mm、左右は28mmという範囲で調整でき、向きも変えることができるので、デスクと肘の高さを同じ高さに調整することが可能。

エアフォート肘掛け
(前後にも、47mmの範囲で調整できます)

また、バロンチェアと同じくらいの大きさですが、バロンチェアと比べると、10kg以上軽い18kgなので、清掃する際も楽に移動できます。


その他、可もなく不可もないものとして・・・、

調整できないのが残念ですが、大きめのヘッドレスト(固定式)。

エアフォートヘッドレスト


操作しやすい、高さ調整とロッキングレバー。

エアフォートロッキングレバー
ロッキングは3段階で調整できます。

もちろん、フリーにもなります。

自分は、姿勢を変えたい場合は、ロッキングを1段階倒して、マイクロビーズの入ったクッションを頭に敷いて、リッチマンプアウーマンの日向徹(小栗旬)みたいな体制で作業しています。



使用しているマイクロビーズの入ったクッション。

マイクロビーズクッション


頭に置くクッションは、4つ購入して試しましたが、このクッションが一番柔らかく、頭にフィットしました。
 

 

長くなってしまったので、続きにします。
(次回はデメリットです)

コロナウイルスの影響で、3月以降はテレワーク(在宅勤務)がメイン。

通勤がなくなって楽になるかと思いきや、四六時中、仕事をする羽目になり、月の労働時間が400時間に・・・。

その為、今まで自宅で使用していたオフィスチェア、コクヨのウィザード2のローバックでは、首・肩がバキバキになって、激痛が伴うようになったので、高級チェアを新しく購入することに。

個人的に椅子(オフィスチェア)は、

エルゴヒューマンプロ(オットマン内蔵)

が最高だと思っているのですが、この椅子はとにかく重く(30kg超)、比較的大きいので、狭い自宅には不向き。

その為、重量が軽くコンパクトな高級チェア(ヘッドレスト付き)を探したところ、見つけたのがコレ。

AIRFORT(エアフォート)

コクヨのAIRFORT(エアフォート)です。

購入してから1ヶ月間経ちますが、肩と首は非常に楽になりました。

次回、詳しく、コクヨのAIRFORT(エアフォート)について、レビューしたいと思います。
1、2ヶ月に1回は、エアーでホコリは吹き飛ばしていましたが、だいぶ汚れが目立ってきたキーボードを解体して清掃することに。
(コロナウイルス(武漢肺炎)の対策もかねて。)

汚れたキーボード


専用の工具を使って、キーボードのキャップを外します。

キーボードのキャップを外します


取り外したキャップは、重曹を入れたぬるま湯に浸けておきます。

重曹を入れたぬるま湯に浸けたキーボードのキャップ


キーボード本体は、アルコールを付けた綿棒で清掃。

キャップを外したキーボード

最後に、重曹に浸けたキャップを乾かして、元の配列に取り付けて清掃終わり。

綺麗になったキーボード

(写真だとわかりにくいですが、)かなり綺麗になりました。

なお、清掃する際の注意点は、キーボードのキャップを取り外す前に写真を撮っておかないと、どこにキャップをつけていいのかがわからなくなります。






キングコングの西野さんの活動を応援します!

テレビやマスコミ、野党は、政府の批判ばかりするのではなく、少しは対案を出すべきだと思います。

もう、坂上忍さんや蓮舫さんのように、感情でコメントする人は、この国難の時には必要ない・・・。

ネットニュースのタイトルが目に入るだけでウンザリする。