ハンサム判治(判治大介) オフィシャルブログ Powered by Ameba
ハンサムニュース!!!

2018年2月、初の書籍「ゴリラから見た音楽理論」出版!
ゴリ論特設サイト

ROCK STAR (Official Music Video)


妄想暴走 (Official Music Video)



ハンサム判治公式サイトが出来たよ。

★デブパレードの “バッチコイ!!!”
NARUTO-ナルト-疾風伝(テレビ東京系アニメ)のエンディング曲として世界中でスマッシュヒット!

★ウクレレ大使1stシングル「ヒカルイシコロ」
(IWJ「百人百話」エンディングテーマ)


★ハンサム判治ライブスケジュール
“https://www.han363.com/スケジュール/”
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月16日(木) 01時56分12秒

ゴリ論ワークショップ&わかないづみミニライブ@キワヤ商会

テーマ:ゴリラから見た音楽理論&ジャズ話

音楽理論は難しいって思っとる人が多い。

 

実はすげーシンプルなのに。 

 

ゴリラでも分かっちゃったんだでね。

 

ただ、音楽理論の専門用語というか和訳が難しいもんで、実は単純なことなのに無駄に難しくしちゃっとるだけなんよな。

 

そんで、楽譜こそ悪の権化だと思っとる(笑)

 

音楽理論の本を開くとまず楽譜が出てくるじゃん?

 

その楽譜が読めんのですが!!!って腹立ったことない?(笑)

 

その偉そうに幅をきかせとる楽譜だってピアノのために作られとるんだで、スタジオミュージシャン以外は読める必要はないんよな。

 

ワシはゴリ論なんて音楽理論の本を書いて出版しちゃっとるけど、未だに楽譜なんか読めんし。(笑)

 

でも、自由に作曲しとるし、ウクレレのコードのアレンジも自分でやっとるし、わかないづみの曲をどうすれば初心者でも弾けるようになるかをプロデュースしとるし、誰かの弾き語りに合わせて簡単なアドリブソロだって楽しめとる。

 

 

そうなるために何を覚えて何を理解すればいいのか?

 

それを会話ベースでまとめたのが「ゴリラから見た音楽理論」通称ゴリ論なんよね。

 

image

 

公式通販に少量入荷したんでお早めに!(マジで残りわずか!これ以上重版はないかもよ。)

https://hanzi.theshop.jp/items/9294630

 

 

ゴリ論はあえて会話ベースで書いたもんで文章は多いし、真面目に書きすぎて、もう一つの悪の権化である「度数」とかも丁寧に説明しちゃったもんで挫折しちゃった人もおると思う。

 

今なら度数なんかバッサリ捨てちゃってもいいと思っとるのに。

 

そんな訳で、ゴリ論をもっとシンプルにしてジャズさえも全てドレミファソラシドだけで考えられるって続編を書いとるんけど、実験的にゴリ論初級編ワークショップをキワヤ商会さんでやらせてもらうことになったよ。

 

ウクピク中止を受けて、8月の日曜日にキワヤ商会さんがやっとるぷちウクピクの一環だし、実験的な試みなんで入場は無料にしちゃいました。

 

 

さらに、来月デビューミニアルバムがコロムビアからメジャーリリースが決まっとるワシの愛弟子「わかないづみ」がアシスタント的に参加してミニライブもやっちゃいます。 

 

 

こんなお得なイベントってそんなにないら?(笑)

 

ワシだって世界最大のウクレレフェスのメインステージの大トリを任されて、気合い入っとったんよ、、、

 

そんなやりきれん思いでいっぱいなんで、ワシなりのウクピクをキワヤ商会さんでやらせてもらいます。

 

 

ウクレレで3コード弾ける人は全員参加してください。

 

でもプロミュージシャンは絶対参加しないでください(笑)



 

諸沢利彦監督に撮ってもらったわかないづみのデビュー曲「僕の名前」のMVが好評で嬉しい。

 

ゴリ論ワークショップでもこの唄はうたうと思うんで是非音楽理論と友達になった上でわかなの生歌も聴きに来て!

 

 

 

8月19日(日)14時~15時半(予定)
場所:キワヤ商会4Fウクレレミュージアム「樂」
※午後1時半開場予定です。

 

講師:ハンサム判治

アシスタント:わかないづみ

 

 

2018年08月15日(水) 08時32分37秒

わかないづみ「どうでもいい世界」〜私は殺されたい あなたを殺すぐらいなら

テーマ:ハンサムレコーズ

8月15日。

 

終戦記念日。

 

こんな日だからこそ聞いてもらいたい。

 

わかないづみデビューミニアルバム「僕の名前」収録の「どうでもいい世界」本日配信先行リリース。

 

私は殺されたい

あなたを殺すぐらいなら

誰もがそう思えれば

誰も殺されないだろう

 

 

わかながウクレレ弾き語りで人生初のプリプロやった時の映像。

 

本格的にウクレレを始めて2ヶ月。

 

この日から1ヶ月半後に本番レコーディングした音源がメジャーリリース。

 

この子はほんと持っとるわ。

 

 

ワシとのタッグのきっかけになったのもこの「どうでもいい世界」。

 

2月に出会った日に「好きな曲あれば教えるでレレチャリに唄いに来て」ってレレチャリのゲストに呼んでこの曲を唄ってくれた時に度肝を抜かれたんよな。

 

 

ウクレレ始めたばっかでまだたどたどしいけど、この声とウクレレと世界観のマッチングにビビッときたんよな。

 

この曲との出会いがなければ今のわかないづみはなかったと思うし、ハンサムレコーズもワシ自身の音楽をリリースするためのプライベートレーベルのままだったと思う。

 

本格的にレーベルを運営するきっかけになったわかないづみにはワシも感謝しとる。

 

実はHANDSOME RECORDSの日本語表記をハンサムレコードからハンサムレコーに変えたのもそんなタイミングなんよな。

 

 

 

アルバムタイトルにもなったわかないづみの代表曲「僕の名前」は伝説の映画監督である諸沢利彦氏が手がけてくれたんよ。

 

ワシが尊敬する表現者がみんなわかないづみのことを興味持ってくれて力を貸してくれる。

 

ほんと持っとる子だ。

 

 

9/19の正式デビューに向けて、いろいろ加速してきた。

 

デビューインストアイベントも毎日のようにやるで、是非わかないづみの生の唄を感じに来て欲しい。

 

 

わかないづみデビューミニアルバム

「僕の名前」レコ発インストアイベント

 

9/19(水)新宿(19時スタート)ゲスト:和泉まみ、大石理乃

9/20(木)池袋(19時スタート)ゲスト:優理、優希

9/22(土)川崎(17時スタート、19時スタート)ゲスト:BLUE SUGAR SPIRITS、acoMaco

9/23(日)高円寺(15時スタート)ゲスト:パーマ大佐、ハンサム判治

9/24(月・祝)渋谷(13時スタート)ゲスト:阿部カナ、扇愛奈

9/25(火)川口(19時スタート)ゲスト:調整中

9/27(水)池袋(19時スタート)ゲスト:こうのまり(つしまみれ)他

10/3(水)新宿(19時スタート)ゲスト:あーた、KYOKO

 

2018年08月09日(木) 18時36分18秒

わかないづみデビュー曲「僕の名前」オフィシャルMV公開

テーマ:ハンサムレコーズ

2月頭に下北沢ろくでもない夜のゆうすけに紹介されたウクレレ始めたばっか女子「わかないづみ」。


いろんな谷間の時期でタイミングもよかったし、なんかウマもあったのかすぐプロデュースを始めてちょうど半年。
 

今じゃ立派なネクラカフェ系ウクレレ女子に成長した彼女のデビュー曲「僕の名前」のオフィシャルMVが完成。

 

 

9/19デビューミニアルバム「僕の名前」のタイトルチューンでわかなが生まれて初めて作ったオリジナル曲だよ。

 

数々のビッグアーティストの映像作品を作り続け、あの氷室京介が主演した伝説の映画の監督でもあった諸沢利彦監督とZERO-SANの田中さんが忙しい中、強行スケジュールで撮影して編集してくれたんよね。
 

諸沢さんにデビュー曲の映像を撮ってもらうなんてなんて幸せな子なんだ!
 

本当にありがとうございます!

 

 

諸沢さんがライフワークとして撮り続けとる東北と東京を繋ぐロードムービー「ROADSIDE」。

 

石巻の被災した仲間の家でやったBBQライブの模様もスピンオフの短編映画にしてくれたんよな。

 

石巻の仲間が「家宝だー」って喜んでくれたのが何よりも嬉しかった。

 

 

メジャーリリースと言っても新人だし今はCDが売れん時代。


予約がないと発売日に買えん可能性があるもんで、全国のCD屋さんやアマゾン等で「わかないづみ 僕の名前」で予約してくれたら嬉しい!

 

アマゾン予約アドレス

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FDTF4DR/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_IQaBBb03D8C94

 

 

9/19からほぼ毎日インストアイベントも決まっとるもんで、是非、一度わかないづみの生の唄を聴きに来て欲しい。

2018年08月09日(木) 12時38分29秒

僕は戦闘機〜お母ちゃんの名前をつけた爆撃機で原爆を落としに行かされた若者

テーマ:政治社会的発言

今日は長崎に原爆が落とされた日。


広島でも長崎でも原爆を落としたアメリカ人は20代の若者。
 

そんな若者が自分の意思で原爆を落とせるか?

 

若者に一瞬で何万人もの命を奪う原発を落とさせたのは政治。

 

そんな異常な事態は多くの国民が気づかんうちにこっそり進行する。
 

でも今の日本はこんだけあからさまなのに何故か多くの人が気づかずに現政権を支持し続ける戦後最悪な異常事態。

 

そろそろ目を覚まさんと。

 

 

1945年8月6日に広島に原爆を落とした爆撃機の名前はエノラゲイ。


エノラゲイとは爆撃機の機長の母親の名前。
 

その機長も確か当時30歳。
 

二十歳そこそこから最年長でも30歳という若者たちにお母ちゃんの名前をつけた爆撃機で原爆を落としに行かせるという異常さ。


これを異常だと誰も声を上げんくなる状況が戦争を招く。

 

 

だで声を上げ続けんといかんだよ。

 

たとえ、ネットの中だけでしか生きられんメンドーな奴らに絡まれたとしても。

 

 

でもただ言葉だけで声をあげても届かん。

 

だから音楽家は音楽を通じて声を上げ続ける。

 

この想いを否定するなら、ワシの音楽をシャットアウトしてくれてもいい。

 

音楽はファッションじゃないし、エンタメだけのために音楽をやっとる訳じゃない。

 

 

ゴリラ人間ズは売れるとか無視して個人的な音楽的趣味を全開にしたバンドだけど、思想的にはこの曲をやるためにやっとるんかも。


そんぐらい「僕は戦闘機」のゴリラバージョンが好き。

 

 

今ではこのハンサム兄弟バージョンよりも好き。

 

原曲はハンサム兄弟の「ハンサムジャナカッタ」に収録した壮大な組曲なんけど、そのバージョンはライブで再現することが不可能だったもんで、このPVバージョンを作ったんよな。

 

原爆を落とした若者と同じ歳の頃に作った原曲のカオスさは最高だったけど、ゴリラ人間ズバージョンの70年代ジャズ的なカオスさもお気に入りだ。

 

 

タイマーズの章二丸さんとのデュオでやらせてもらった僕は戦闘機も最高に熱くなれた。

 

どんな編成でもこの唄は一生唄い続けたい。

 

 

よく「音楽に政治を持ち込むな」とかの声もあるけど、そう言っとる人たちの音楽とワシが思う音楽は別もんだで関係ない。

 

音楽はファッションじゃねーんよ。

 

 

どメジャーシーンでやっとったデブパレード時代、まわりからは「魂を売った」とか叩かれたけど、実はデブパレード時代でさえ魂を売った訳じゃない。

 

ワシなんかが売った魂なんか重たすぎて誰も買ってくれんわ(笑)

 

熱烈なデブパレードファンしか覚えとらんかもしれんけど、「ファットマンブルース」って後期の曲があるんけど、そのファットマンって長崎に落とされた原爆の名前だでね。

 

当時はメンバーにも言っとらんかったかもしれんけど、他にも歌詞にけっこう仕込んであるんよ。

 

ワシの魂なんか売ったところで誰も買ってくれんでな(笑)

 

 

これ以上、長々と政治的なことを書いてもが逆効果だで最後に一言だけ。

 

今の日本、マジでやばいよ。

2018年08月07日(火) 11時16分40秒

島村楽器とわかないづみのタイアップスタート!

テーマ:ハンサムレコーズ

 

全国の島村楽器130店舗以上でわかないづみのCMを流してもらることになったんよ。

 

これってどすげーことだと思う。


まだ何の実績もない新人としてはありえないプロモーション展開だけど、


9/19にリリースされる「僕の名前」は全曲、島村楽器オリジナルウクレレCOTONEでレコーディングさせてもらった縁もあっての大抜擢!

(ちなみに、わかないづみ愛用モデルはCC106SLとCS7SLでレコーディングにはCC102Cも使わせてもらったよ。)


猪古さんはじめ、島村楽器のみなさん本当にありがとうございます!

 



 



 

 

ツアーで全国各地に行とるけど、どの街にいってもショピングモールに島村楽器があるんよね。


休日に家族でショピングモールにいって、若い頃バンドをやっとったお父さんが「おっ!ギターかあ、懐かしいなあ」なんてちょろっと店に入ったりするじゃん。

 

そんで子供も楽器に興味を持ってバンドを始める。
 

地方出身のバンドマンの多くはこの流れでギターとかを始めたんだと思う。
 

今でも地方に若いバンドマンがおるのはその地方を盛り上げようと頑張っとるライブハウスと共に、誰もが行くショッピングモールに楽器屋さんが存在してくれとるおかげなんよね。


そんな想いもあって、ワシもバンドマンの一人として島村楽器のウクレレも使わせてもらっとるんよ。

 

 

 

にしても、正直、羨ましい(笑)

 

でも現役アーティストなのにわかないづみのプロデュースをやっとるのは、自分じゃできん展開を狙える子だからなんよね。

 

もちろん表現者として負ける気はないけど、商業ベースでは自分のキャリアを遥かに超えてくれる可能性がないとプロデュースなんて裏方なんか絶対やらんもん。

 

ミスター俺が俺がで有名なワシがわかないづみの裏方をやっとるのはそーゆーこと。

 

 

プロデューサーとして数字と全力で勝負しとるもんで、逆にアーティストとしては自分がやりたい音楽に純粋に立ち向かえるんよな。

 

ジャズなんて絶対売れんって思われとるけど、ワシにとってジャズこそがロックだでね。

 

言っとること難しい?(笑)

 


 

今日はリーフルーム豪徳寺でハンサムレコーズ主催イベント「ハンサムな彼女たち」だよ。

 

who the bitchのehiのソロが見れるし、わかないづみ、アムールのTHE瞳、ミノノサトエちゃも出てくれるぞ!

 

なんと女性アコーディオンアーティスト擁するゴリラ人間ズも出ちゃうぜ!

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース