HBCBallet Consultants

HBCBallet Consultants

私たちは、バレエ留学を目指す皆さんを応援する、ノンプロフィット有償ボランティア団体です。

This is the Official blog of HBC Ballet Consultants -nonprofit organization-

If you have any questions, please visit my official website HBC Ballet Consultants or E-mail to hanibaniservice@gmail.com



このブログは、バレエ留学を目指すみなさんを応援する、HBCバレエコンサルタンツのブログです。ドイツを始めとしたヨーロッパ各地、及びアメリカへのバレエ留学を応援します!



応援内容の詳細は、HBCバレエコンサルタンツの公式ウェブサイト をご覧ください。


お問い合わせはhanibaniservice@gmail.com まで。
もしくは、ウェブサイトのコンタクトページをご利用ください。


お問い合わせ、ご相談は無料! 気軽にメールしてくださいね。

今までの留学応援の活動記事については下記のリンク先をご覧ください!


http://ameblo.jp/hanibani/theme-10073405594.html



HBCバレエコンサルタンツの創設者、はにバニの個人ブログ「Fainally today is tomorrow」も、どうぞ引き続き宜しくお願いします。




今年は新型コロナウィルスの影響で、バレエレッスンも思う様にできず、皆さま色々な思いがあるのではないでしょうか?

 

レッスンを再開しているお教室や学校もある様ですが、まだまだ再開できていない所もある様です。海外のサマーコースも開催する所もある様ですが、やはり、心配ですよね。特に、海外に行ってから、もしコロナウィルスにかかってしまったら…そう考えると、なかなか思い切れないと思いますし、私も個人的には今年のサマーコースへの参加はお勧めしておりません。お問い合わせも頂いてるのですが、HBCでは皆さんへの危険性も考え、今年のサマーコースについては一切企画を立てず、ご紹介等もしておりません。

 

新型コロナウィルス、若い人たちは軽い症状で済む場合も多いですが、他の病気を併発して一生お薬を飲まないといけない身体になってしまうこともあるらしく、特に肺活量等が大事なバレエダンサーにとっては、呼吸器系や肺が弱ってしまったり、それが持病になってしまうとダンサーとしては致命的なので…ね。

 

通っているバレエのお教室では、いつも知っている顔が来るので、みなさん各自健康状態も把握していると思いますし、無駄な心配等は必要ないと思いますが、誰がどこから来るか分からないワークショップやサマーコースは、やはり危険がいっぱいだと思います。サマーの参加やワークショップへのを予定している方々はくれぐれもお気をつけください。

 

そんな中、ロイヤルバレエのファースト・アーティストのエリコ・モンテスさんから、なんとも豪華なオンライン・バレエ・サマーインテンシブを紹介して頂きました!

 

彼は、マリアネラ様ともとっても仲良しなんで、去年、ネラ様に会いにロンドンに行った時にも、ロイヤルバレエ敷地内の関係者専用のカフェで三人でお話してました。

 

その時のネラ様との写真

 

 

へへへ、ロイヤルバレエ内をネラ様に案内していただきましたよ。楽屋にも入れていただきました。その事とかも、全然ブログに書いてないですよね。また書ける様に頑張ります。

 

 

話を戻して、そのエリコさんからご紹介頂いたのが、

 

ダンスウォーク・オンライン・バレエ・サマーインテンシブ

 

 

 

Zoom を利用してのオンラインレッスンで講師からの注意も入ります。講師はなんと、ABTのミスティーコープランドやロイヤルのマリアネラ ヌニェス をはじめとする世界中で人気のバレエダンサー達!!! 初心者レベル〜プレ・プロフェッショナルレベルまでの4つのレベルで、6歳〜参加可能です。

 

ちょっとまだ、どんなスケジュールなのかよく分からないんですが、メイン講師がエリコ・モンテスさんで、ゲストとして様々な有名ダンサーが登場って感じなのかなと思っております。

 

こちら豪華講師の顔ぶれをご覧ください!

 

 

そして素晴らしいことに、このプログラムの収益金は全て、今回の新型コロナウィルスの影響で公演中止等により大打撃を受けたバレエダンサー達に寄付されます。前回の記事にも少し書いた様に、ほんと、今回、こういうステージに立つダンサーやアーティスト達は、随分打撃を受けたと思います。

 

こちらのクラスは、インターネット環境があれば自宅からでも受講が可能ですが、バレエのできるスペースがあることを条件としています。

 

自宅でも可能な様に、限られたスペースでのレッスンにはなっていますが、Zoomを利用することで、個人に注意等も入る様になっていますので、ある程度動きが見える様にカメラやパソコン等の設置が必要です。

 

それらが無理な場合は、応募をされない様にお願いします。


 

ダンスウォーク・オンライン・バレエ・サマーインテンシブ

https://danceworks.com/london/danceworks-ballet-academy/ballet-summer-school/

 

期間

7月20日(月)〜 7月31日(金) 土日はお休み

 

開催時間 

レベル1&2 日本時間 午後 5時 〜 10時

レベル3&4 日本時間 午後 5時 〜 11時15分

 

間にはランチタイム(日本はディナータイム)も取られています。

 

講習料金(いかなる場合も返金はありません)

レベル1&2 350ポンド 約 4万7000円

レベル3&4 400ポンド 約 5万3500円

 

応募資格

6歳〜

 

応募方法

バレエ履歴書と指定のバレエポーズ写真1枚にて応募

応募方法は、ウェブサイトでご確認ください。

https://danceworks.com/london/danceworks-ballet-academy/ballet-summer-school/


 

人数に限りがある様ですので、早めの応募をお勧めします。

 

応募される際には、

 

「I’ve been informed about this program from HBC founder, Sayuri Johns.」

 

と一言添えて頂けると嬉しいです。参加が決定致しましたら、ぜひ hanibaniservice@gmail.com までご連絡ください。HBCよりディレクターにご挨拶をしたいと思います。

 

HBCでは、英語が苦手な方の為に、代理応募を有料で受け付けています。

料金等、詳しくは hanibaniservice@gmail.com までお問い合わせください。

 

 

今日は、もう一つブログ書いてます。元バレエ少女だった次女のお話、そちらも良かったらご覧ください。

 

次女サリーナ、歌手デビュー?!

 

次女サリーナのシングル曲「Permit to Cry」下のリンクから、アマゾンで購入可能、200円、良かったら、応援してやってくださいませ。

 

 

 

私ごとですが、今日は元バレリーナを夢見る少女だった娘の話

 

多くの方はご存知だと思いますが、初めてこのグログを訪れてくれる方の為にも、簡単にご説明の前置き。

 

私が今のお仕事を始めたきっかけは次女です。彼女が10代の頃、プロのバレリーナを目指し、マンハイム国立バレエアカデミーで頑張っていました。(ロイヤルバレエの中尾太亮くんとも、同級ではないけれど、在校時期が同じで仲良しでした。)

 

プレ・アカデミーから通い続け、無事アカデミーに入学し、合計5年近く通ったマンハイムバレエアカデミーを、あと1年で卒業という3年生の終わりに自主退学…母は、泣きました。はい。

 

卒業を前に挫折、それからは精神的に踊れなくなってしまい、バレエからもダンスからも遠のいてしまいました。しくしくしく 

 

こういうのね、本人が一番辛いのは分かっていても、親の方がね、なかなか乗り越えられないものなんですよ。

 

そして気づけばもう22歳!映像の世界に進むべく大学にも通ってたんですが… こちらも途中で自主退学。(結婚することになったのでね)電撃結婚やら電撃離婚やらも経験して、いまだに独り立ちも出来ておらず、今は私たち(親)と同居中。ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

 

何をどう間違ってか、去年の夏にTiktok を始めてから インフルエンサー というSNSの世界へ足を踏み入れてしまったのでございます。

 

この世界もね〜、厳しいですよ、ほんと。

 

一応今は、マネージャーもついてるんですが、この先、この世界で食べていける様になるんかは謎な感じです。そういう面では、バレエの世界と同じかもですね。

 

大きなスポンサーが付いてくれるといいんだけど、そういう万民受けするタイプのインフルエンサーでもないので…どちらかというと、ちょっとコアなファンが付いてるタイプのインフルエンサーです。はい。

 

で、どこをどう転んだのか、歌を出すことになりまして… 

 

こちら、アマゾンのリンクです。音楽聴き放題等に登録されてない場合は、良かったら、下記のリンクから購入して聴いて頂けると幸いです。

 

 

 

 

アマゾン以外の音楽サイトでも、多分聴けると思います。スポティファイとか、アップルミュージックとか。 

 

とりあえず、その場合は、「Permit to Cry」か、「Salina Killa」で検索してもらうと出てくると思いますので〜。

 

実はこれ、2曲目のシングルなんですよね。

興味のある方は、私の個人ブログの方の記事、次女サリーナ、歌手デビュー!え? をご覧ください。

 

 

まだまだ将来が不安な次女のサリーナですが、応援して頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

最後にちろっとバレエのお話

 

2020年は、プロのバレリーナ、バレーダンサー達や、プロや留学を目指すダンサーや学生達にも厳しい年となりましたね。まだまだレッスンもままならない皆さんも多いのではないでしょうか。

 

バレエ団も、公演が出来ないことで収入がないですから、なかなか厳しい経営状態が続いている様です。おそらく、今回の事がきっかけで、潰れてしまうバレエ団もあるのではないでしょうか。大手のところは、あの手のこの手で寄付金を集めてはいる様ですが、もちろん、新団員の受け入れも難しいと思いますし、そうなるとまた就職出来ないダンサーで溢れてしまっているのが現状です。

 

今回の事がきっかけで、バレエを辞める決意をした人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

それはそれでね、そういう運命だったのかなと思います。

 

バレエの世界(芸術の世界)は、勝ち負けや結果がはっきりするスポーツの世界とは違い、上手だから、才能があるらってだけで成功できる世界ではないので…ね。

 

その才能に、「縁」や「運」がうま〜くに絡んだ人だけが成功できる世界です。

 

だから、今回の世界パンデミックのせいで、就職が見つからなかったり、バレエを辞めざるをえなくなったりしてしまった方は、残念ではありますが、「運」がなかったのだと思います。

 

諦めずに頑張るも良し、諦めて他の何かを見つけるも良し。

 

バレエを一生懸命頑張って来た人ってのは、そのバレエの世界で芽を開くことがなかったとしても、別の道で頑張れる人に育ってるなって気はします。

 

ただし、娘の様に、なっかなか次の目標が見つからずのらりくらりと時間を無駄にし、やっと夢が見つかったと思ったら、またこんな厳しい世界なの?ってパターンもありますけどね〜。ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

 

親としては、普通に大学行って、普通に就職してくれさえすれば、それが一番なんですけど…。

 

なかなか、親の思う様にはいきません。

 

バレエ辞めちゃったけど、こんなに頑張ってます〜!ってお話があれば、ぜひ教えてくださいね。hanibaniservice@gmail.com まで気軽にメールください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはまた明日〜と書いておきつつ、週末だったので3日も空いてしまいました。すみません。

普通は土日休みで2日空くだけで済むところを、月曜日は「やる気」がどうしても起きず…はい、今日は火曜日で〜す。

 

で、前回は、東京バレエ団に入団し、見事セカンドソリストに昇格したばかりの 生方隆之介くんとの出会いから、先週ラインで久々に話して〜ってとこまで書きました。

 

そそ、そのラインでね、お勧めの漫画教えてくださいって言われて、私は割と少女漫画派なので、男子が読んで面白い本は〜って考えて、「マイホームマイヒーロー」をお勧めしました。娘を守るために、完全犯罪を犯そうとする父親の話です。

 

今なら、イーブックジャパンで1巻無料で読めますよ〜。

 

マイホームヒーロー 1巻 | 原作:山川直輝 漫画:朝基まさし | 無料 ...

 

ただしこれ、今11巻まで出てて、まだ未完だけど。でも、絵も綺麗だし、話しもよく出来ていて、ほんと面白いですよ。

 

 

で、本題です。(今回は前置き短めw)

 

漫画の話ししてる時に、

 

「バレエ男子の漫画もあるけど、どうやろ? 私は面白いと思うけど、実際のバレエ男子が読んだらどうなんかなぁ?」

 

と言ったら、

 

「え?それもしかして、ダンスダンスダンスールとかいうやつですか?」と、隆之介くん

 

そして、こんな動画を送ってくれました。

 

 

なんとなんと、ジョージ朝倉先生のバレエマンガ「ダンス・ダンス・ダンスール」と、東京バレエ団がコラボして、プロモーションビデオを作成してたんです。

 

しかも、あなた、隆之介くん、主役やん?

 

私…大爆笑しましたがなwww <おい

 

失礼しました。

決して、悪い意味での笑いではないんです。

 

漫画は私も購入して読んでるし、面白い漫画って聞かれて教えようとしてた漫画の一作品ですからね。そしてこの、東京バレエ団とのコラボ動画も、とっても素敵に仕上がってます!キラキララブ

 

た、ただ… まさかの隆之介くん主役で… 彼の性格をよく知る私にとっては、いつの間にか主役扱いで登場することになってた時の彼の心情を思い浮かべただけで…めっちゃツボに入って大笑いしたという。いわゆる、他の人には分からない、内輪ネタで大爆笑 してただけです。いやぁ、もう、久々にね、心から楽しい笑いをさせて頂きました。

 

普通は、笑える動画ではありませんw

 

お世話した生徒さんが、こんな風に立派なプロダンサーになって、しかも、

 

私の好きな漫画のPVに主役出演とか… 

感動の極みです!

 

 

ステージナタリーというサイトでも、記事になってましたよ〜。 

東京バレエ団、ジョージ朝倉のマンガ「ダンス・ダンス・ダンスール」と動画でコラボ

 

結構、色々なところで紹介されてたみたいです。

 

ダンスダンスダンスール、今ならイーブックジャパンで、1〜3巻まで無料で読めます。

ダンス・ダンス・ダンスール 1巻 | ジョージ朝倉 | 無料まんが・試し ...

 

 

でも、こちらも17巻まで出てて、まだ続いてます。正直、漫画の主人公は、生方隆之介くんとは正反対なタイプの熱血少年です。隆之介くんは、熱血というよりは、まるでバレエが他人事みたいにいつも落ち着いて客観的に自分を見てる感じかな。でも、踊りはすごくダイナミックで迫力があります。あと、隆之介くんの方がずっと紳士的で優しいです。こんなおばちゃんにも、いつも優しいですからw ありがたや、ありがたや。

 

でも、身体能力と身体の美しさは、確かに似てますね。あと、短髪な時の爽やか青年な感じが似てて、イメージにピッタリって感じだったんだと。

 

「最近はどうなん?」と聞く私に、「相変わらずですよ〜」と答える隆之介くん。そう答えつつも、結構楽しそうな感じが伝わってきてたので、多分前よりは楽しく踊ってるんじゃないかなと想像してます。

 

バレエって、本人の「好き」って気持ちだけで続けれる世界じゃないので…ね。

 

なんか知らんけど、バレエの神様に愛されてしまった隆之介くん

 

今後の活躍が楽しみです。いつか、私が舞台を観に行ける日まで、頑張って精進してね!!!

 

最後に、私、別にイーブックジャパンの回し者じゃないですよ。ただ、私が漫画を電子ブックで購入し始めた頃は、ここが一番安かったんで、ずっと使ってるんです。最近はペイパルと連携してないとポイントもらえなくて、海外在住のペイパルだと連携できないからポイント貰えない悲しさ。でも、今更他のサイトに変えるのも面倒だし。海外ペイパル連携もして欲しい〜。

 

漫画オタクなので、お勧め漫画知りたい人はいつでも聞いてください。w

 

 

久々にバレエのお話。ふふふ いえね、バレエのブログネタは山ほどあるんですが、なっかなか書く気分にならなくて…。

でも、今日、ふとしたことで若きバレエダンサーとラインでお話しておりまして、ふつふつと「ブログ書きたい熱」が湧き上がって参りました。

 

ブログに書いていい?って聞いたら、いいよ〜って言われたので、早速書いちゃいます。

 

今日の主役は、東京バレエ団セカンドソリスト、生方隆之介くん!キラキラ

 

東京バレエ団ウェブサイト から写真お借りしてます。

 

彼とは、以前私がお手伝いしていたマスタークラスで出会ったんですよね。マスタークラスってね、待ち時間とかみんなめっちゃシーンとしててすっごく怖いんですよ。特に年齢の高い方のクラス。まぁ、スカラシップとかのオーディションも兼ねてるから、もちろんみなさんピリピリしちゃいますよね。でも、そういう場でいたたまれなくなってしまって黙っていれない はにバニw 

 

すぐ、誰にでも話しかけますから、私。それにね、話しかけると、みんな結構色々お話してくれるんですよ。やっぱりね、みんな緊張してるけど、本当は他の参加者とお友達にもなりたいし、色々話しとかしたいんやと思います。

 

という訳で、そんな中、私に目をつけられたのが 隆之介くんでした。だって、男子少ないし、やっぱり男子は気になるわよ。てことで、話しかけてみたら… 

 

こいつ、おもろいやん 

(お父様、お母様、こいつ呼ばわりして、申し訳ございません)

 

なんかね〜、普通、最初はみんな礼儀正しくて大人しくて…から始まるんですが、ま、礼儀は正しかったですよ。バレエやってるお子さんってのはね、そこんとこは皆同じ。とっても礼儀正しい子たちばっかりです。でも、どういうんでしょ? 彼の場合、大人しそうな感じに見えるので、あんまり話してくれないかなぁと思ったら、なんと、めっちゃ気さくに、たくさん喋ってくれたんですよね、このおばちゃんと。

 

なにこの子、おもろいやん?ってのが初対面の印象でした。

 

彼は背もそこそこあり、頭が小さくて手足が長い、それは綺麗な身体をしたバレエ男子でした。ハンガリアンダンスアカデミーに留学中の生徒さんで、後から聞いたら、校長先生のお気に入りだったみたいです。うん、分かる、分かる。

 

そのマスタークラスで、海外で開催される就職オーディションへの出場権を得たんですよ。現地サポートも他に担当する人がちゃんといたんですが…

 

はにバニ、なぜか彼と彼のお父様にいたく気に入って頂きまして、そのオーディションとミュンヘンインターナショナルバレエ学校での就職オーディションワークショップの現地サポートをさせて頂くことになったんです。

 

あの時の私は、まだ全然元気でしたね〜。その時、スペインからミュンヘン、そしてローマに行ってましたから。(その時にローマで、HBCマスタークラスで講師を勤めてくださった、クリスティーナさんと、マリアネラ様の恋人、アレハンドロ氏に出会ったんですよね〜。)

 

懐かしい写真、イケメンくんの横でめっちゃ嬉しそうな はにバニ

 

 

ま、そんな訳で隆之介くん、スペインとミュンヘンで就職オーディション受けて〜。

 

結果、ダメダメやったんですけど(おい)

 

いえね、あの時の彼は、全然やる気なくて、色々話を聞いたら、バレエ辞めようかどうしようか本気で悩んましたから…。

 

人も羨む日本人離れした素晴らしい身体とそこそこの身長を持ち(その当時175cmって言ってたけど、絶対にもっとあったと思います。というか、高く見える身体でした。今はもっと伸びてるかなと。)、しかも、上手。綺麗なターンアウト、柔軟な関節で足が驚くほど上がり、しかも飛ぶし、回るし、めっちゃ魅力的な踊りをする男子でした。

 

そういや、飛んだ時、天井に頭をぶつけてたし。w

 

ただ…めっちゃ踊れるくせに、全然楽しそうじゃなかったです。はい。

 

就職オーディションも行くかどうするかずっと悩んでたしね。結果、ミュンヘンでは少しお声がかかってたけれど、決定的なものはなく…でも、その時に海外オーディションを経験して、ハンガリー以外の国のダンス事情も見ることができたのは良い経験になったと思うし、本人も来て良かったって…言ってた気がするけど、うろ覚えw いや、きっと良かったはず。一緒に遊んで食べて、色々な話をしました。

 

実力的には、全然問題はなかったと思うんですが、やっぱり踊りに、その「迷い」とか出てたんじゃないかなと。ミュンヘンでは、オーディションの様子も見学させてもらったりしたんで、踊ってるとこも見てたんですけど…やっぱり顔が暗かったです。はい。

 

あぁいう場所では、積極的に自己アピールできるくらい図々しくないとダメなんですよねぇ。

 

でも、ハンガリーに戻ってから、校長先生にしごかれて、勝手に行くことが決められてたコンクールで金賞をとったり、バレエ団の方からもお声がかかったみたいなんですが、結局日本へ戻ることにしたと連絡がきました。

 

彼だったら、ヨーロッパでも全然踊っていけるし、勿体無いなあとは思ったけれど、私的には、日本に帰るのが一番だなと思ってました。だって… 

 

「外国嫌いなんです。」って言ってたもんwww

 

でも彼は、英語も結構ちゃんと話せるんですよ。クラスメートのイケメン外人の友達とも、普通に英語で会話してましたもん。そう言えば、ジョルとんは結局どこに就職したのよ? 確かフェイスブックフレンズになってるはずだから、後で見てみよっと。(内輪話)

 

で、隆之介くんです。人も羨む才能のある若きバレエダンサー隆之介くんは、海外バレエ団からのオファーを蹴って、日本へ帰国、そして…

 

見事、東京バレエ団へ入団しました。パチパチパチパチ

 

そこまでは知ってたんですが…それから私も全然連絡してなくて。昨日、別のバレエ男子からの相談メールに返事を書いてた時にふと、「隆之介くん、どうしてるんやろ?」と思って、東京バレエ団のウェブサイト見てみたら…

 

なんと、セカンドソリストになってるやないですか。さっすがやわ〜。

 

てことで、昨日の夜にね、久々にライン入れてみたんですよね。おめでとう〜って。そしたら返事があって、今朝、久々にお話してたんです。(ラインのメッセね。通話じゃないよ)

 

相変わらず、おもろかったわ。

 

彼、料理もするしね〜、レシピとか教えてもらっちゃった。料理もできるバレエ男子、めっちゃお勧めよ、全国の若い女性の皆さま。あ、彼女できたんかな。それ聞いてないから、今度聞いておきます。

 

で、実は私、漫画オタクなんですが、今朝のラインでお勧めの漫画を聞かれてるうちにバレエ男子の漫画もあるよ〜って話になって…。

 

はい、続きはまた明日。すみません、時間切れ。

 

なんか、サクッと、東京バレエ団で活躍中の生方隆之介くんのことと、漫画の話をするつもりだったのに、隆之介くんとの出会いとか、サポートした時のこととか思い出してたら、書いてるの楽しくなってしまって、本題に入るまでにめっちゃ時間かかってしまいました。

 

てことで、本題は明日〜w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、お元気にお過ごしでしょうか? やっと、やぁっと、新型コロナウィルスも集結しそうな感じでホッと安心しております。と言っても、私の住むイリノイ州は、まだ自粛終わってないですけど。

 

アメリカは、州によって法律も決まりも違うので、お家から車で30分ほどの都会セントルイス(ミズーリ州)はもう、レストランとかお店も営業再開してるのに、感染者がほとんどいてないここはまだって…。イリノイ州は、シカゴがね結構感染者出てたんで(うちから車で4時間くらい)、その影響でこんな片田舎までとばっちりを受けてる感じです。

 

お仕事は、3月末に予定していたドイツ受験ツアーの中止にあたり、経済的に大打撃受けただけでなく、精神的にもかなりの打撃を受けまして… 今、ちょっとノンビリしてます。新規の問い合わせのメール等にも全然お返事してないです。すみません。少しずつ、お返事していくつもりなので、もう少し待っててください。

 

去年から、私の仕事、あまりに色々なことが起きすぎたかな。なんか今、すっかり疲れてしまってます。

 

これからは、少しやり方を変えていこうかなって考えています。今までは、出来るだけリーズナブルな価格で、出来るだけたくさんの方に利用してもらえる様に頑張ってきてたんですけど…。すみません、なんかもう、それは無理みたいです。

 

スタッフが減ってしまったせいもあるんですが、私一人だと、ちょっともう大人数相手にするの無理なんですよね。だからと言って、スタッフも、増やしたくないんです。あまりに嫌な思いをしたので、もう無理かなと。いえね、相手もめっちゃ嫌な思いしたんだと思うんですよ。でも、相手は、「辞めま〜す」の一言で辞めて翌日にはメール拒否とかできますけど、私はもともと、自分で始めて作り上げてきたHBCなのでね、そんな簡単に終われないし、登録メンバーの方々もいきなり放りなげてしまうこともできないし…ね。

 

今、残ってくれている現地サポーターさんや各地の個人エージェントさんたちとは、信頼関係も結べてるので、この信頼関係を大切にしていこうと思います。だから、その信頼関係で成り立つ範囲内で、なんとか自分がこなせる人数だけをサポートして行けたら良いかなと。

 

ということで、今までは来るもの拒まずな感じでやってきてたんですが、今後はバレエコンシェルジェと言いますか、パーソナルサポートと言いますか、対応する人数を限定し、もう少し一人一人と密な関係を築きながら、夢を応援していく形にできたらいいなと考えております。

 

具体的にどう変えていくかってとこまでは、まだ考えがまとまってないんですが。

 

今はとりあえず、心のリハビリ中ってことで、ゆっくりと今後のこと考えて行けたらいいなと思ってるので、もしご相談がある場合は、少しの間返事来なくても平気なくらいの感じでいてくださると助かります。