Finally today is tomorrow!

明日からからねと言い続け、そしてついに明日からが今日に…今度こそ絶対に痩せてやる!

ドイツへのバレエ留学を応援します!


バレエ留学を目指す皆さんの為に、ご相談にのったり、アドバイスをさせて頂いたり、現地オーディションのお知らせや、オーディション参加のお手伝いをさせて頂きます。

応援内容の詳細は、

hanibaniservice@gmail.com までお問い合わせください。

お問い合わせ、ご相談はもちろん無料ですので、どうぞお気軽にメールしてください。




~ご来訪の皆様へ~

いらっしゃいませ。 こちらは、はにバニ こと 44歳の大阪のおばちゃんが、10年目になるフロリダの生活を経て、2011年8月、今度は何と花のヨーロッパ、ドイツへお引っ越し。

そんな、驚きが耐えないはにバニ家の日々の様子を綴っているブログでございます。

ブログ内では、3つ年下で40歳のアメリカ人の主人のことを、「王様」と呼んで馬鹿にしてあがめております。 

自慢の娘が2人。長女のアラーナは、一体誰に似たのか勉強がとってもよく出来る成績優秀な1996年生まれの高校2年生。次女のサリーナは、これまた私の娘とは思えない程運動神経抜群な、プロのバレリーナとなることを夢見る1997年生まれの15歳、2人をまとめてアラサリと呼んで、彼女達の成長する様を綴っております

時々ではありますが、我が家のわんこたちも登場します!ドイツ行きを察したかたのように、数ヶ月の間に後を追うようにして仲良く天国にいってしまった我が家の3頭のわんこたち。ゴールデンレトリバーの太郎とラスティー、そしてミニチュアロングヘアーダックスのピーちゃんことPeanutは我が家の永遠の王子達でございます。

自分のダイエット日記から始まったブログですが、最近では、アラサリのバレエネタを中心に、普段の生活ぶりや、家族旅行、映画の話などを書いてます。親馬鹿ネタ、家族自慢ネタが多いですのでお許しを。 そんな自慢しいはにバニのつたないブログですが、どうぞ宜しくお願いします!!!


~読者登録とアメンバーについて~

メール、読者登録、大歓迎! ですが、相互読者登録は受け付けておりませんのでご了承を。あくまで、自分がきちんと読みに行ける分のみ読者登録を申請しています。むやみに読者登録だけを増やして、実際全く足を運ばない~なんてことはしたくないので、自分で管理できる程度にあえて抑えています。読者登録してないブログには、時々ぺタやコメントから遊びに行かせてもらってます。

突然のアメンバー申請は、お断りすることがほとんどです。ある程度メールやコメント等でお付き合い頂いてからご申請頂ければと思います。基本、女性限定です。詳しくはプロフィールにてご確認ください。



<アラサリのバレエ&ダンス関連のお勧め記事>

題して、これを読んだらアラサリ・ダンスの歴史が全てわかる!<大げさやっちゅうねん


アラサリのダンス経歴
ダンスリサイタル特集
くるみ割り人形」公演 2006年~2009年
「コッペリア」公演 2009
バレエアカデミーを辞めた理由
バレエカンパニーオーディション結果
バレエ団には入らないことに決めました
ABT サマーインテンシブ総集編+オーディション



テーマ:
今週末ホームカミングを迎えるここの高校では、月曜日から金曜日まで、テーマが決まった服で登校します。

昨日はパジャマデー! その名の通り、パジャマで行っていい日。アラーナは、Tシャツとスウェットパンツにサリーナのバスローブ借りて行きました。

そして今日は、ツインズデー!てことで、双子ルックです。だ~れとも計画してなかったアラーナ、前日に急遽、友達のスティーブン君の双子ルックに加えてもらって、三つ子ルックに扮することに。(写真は後から出てきま~す)

でね、そういうことも、当日まで言わないんですよ~。

今日は、たまたま早起きした私、アラーナに「昨日はパジャマデーだったってことは、今日も何かの日なの?」と聞いて、やっとツインズデーで、白のシャツ、黒のベスト、赤い蝶ネクタイ、ジーパンに黒いベルト、茶色の靴だけど… ないから、グレーのベストで行って、蝶ネクタイは借りる事になってる…とアラーナ。

黒のベスト、ありますけど? 

前に、ハロウィーン用に買ったけど着なかった男性物の黒のベストがあったので、朝からお直し~。ぶかぶかだったのを、ウェスト部分だけ後ろでつめました。

「白のシャツも、半袖しかないけど、それでいいし~」とアラーナ

私、持ってますけど?

白い長袖シャツ。しかも、昔のだから細身で、ちょうどピッタリだと思うよ。

アイロンかけました。

「赤い蝶ネクタイは、スティーブンが2つ持ってるんだけど、1つは結ばなきゃいけないやつだから、難しいんだって。」

いや、赤い蝶ネクタイ、あるでしょ?覚えてないんですか? サリーナが、不思議の国のアリスのうさぎになった時のやつ。

屋根裏部屋のハロウィーンボックスから探し出しました。

「茶色の靴ないけど、どうしよう?」

それも私が持ってますけど?

ガレージの靴箱に入ってるし…。



結局、ぜ~んぶ朝から私が準備してあげるはめになりましたが… なんでそういうことを、前日に言わないんでしょうね、この娘はっ!!!

こんだけしてあげたんだから、3人でしっかり写真撮ってきてよ~!!!!!!!と言って送り出しました。さすがに感謝してくれたのか、ちゃんと3人で写真を撮ってきてくれましたよん。

向かって左側が、アラーナの友達のスティーブン君、右側がハリソン君。

photo:01



長身男子に挟まれて、良い感じではないですか~。

スティーブン君って、一番長い付き合いの男友達かも。特に親しいという訳ではないけれど、ず~と同じグループで、アラーナが他の女友達とうまくいかなくなった時も、いつも変わらず接してくれる、性格良しの落ち着いた男の子です。私的には、黒ぶち眼鏡かけてる時の彼は結構ポイント高し。知的なセバスチャンという感じ。<それ、ちょっと方向が違うかと

ジャズバンド部に入っていて、ハリソン君は、ジャズバンド部の友達だそうで、アラーナはグリークラブで一緒だそうです。可愛いけど、年下なんだよねと言ってたアラーナ。

1学年か2学年下だと思ってたら…

年下も、年下、なんとフレッシュマン、高校1年生、日本だと中学3年生、ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

15歳のハリソン君、アラーナは18歳だから… 犯罪だね。(爆)

しかしあ~た、15歳でこの身長、ご家族は巨人族ですか?

photo:02



とりあえず、別に恋愛感情とかがある訳じゃなくて、可愛いな~って思ってるだけだそうなので…ホッ。

確かに優しげな可愛い顔してます。プラス、この背の高さ。ギター弾けて、歌が超上手いらしいんです。きっと、モテるんだろうなぁ。

彼に、ホームカミングは誰と行くの?と聞いたら、親から女の子とは行っちゃ駄目と言われてるんだそうで、もしかしたら、モルモン教なのかも?(モルモン教は、16歳になるまで男女交際禁止)真面目そうなところもそんな感じ。

去年、ミドルスクール(中学校)プロムに、親には内緒で女の子にデートを申し込んで一緒に行ったら、後でバレて大目玉をくったそうです。真面目そうでいて、やることやってるんだねという感じ。(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
最近、サリーナの話題ばっかりで、全然アラーナのことをブログに書いてませんでしたが…

アラーナも元気に高校4年生(シニア)の生活を楽しんでます。

実は、生徒会の副会長に立候補したんですよ~。選挙で決まるので、選挙活動なんかもして頑張ってたんですが… 結果は、僅差で負けちゃいました。でも、立候補者5人の中で、2番目だったので、本人的には満足だったようです。

ちなみに、副会長になったのは、フットボール部の花形プレイヤーである黒人の男子 でございました。

そりゃ、負けるわな。そんな彼と、僅差まで持ち込んだだけでも、よく頑張ったと思います。

副会長にはなれませんでしたが、キラキラダンスクラブのキャプテンキラキラ に、なったそうです。

今年から出来たばかりのダンスクラブ、結構人数も集まって、部員は27人くらいいるそうな。ジャズとヒップホプを合わせた感じの踊りを踊るそうです。

これまた今年から出来たグリークラブにも誘われて、そっちにもギター持ってって参加したり。

そういうクラブがもっと前からあれば良かったのにね~。

ダンスクラブは、月曜日と火曜日の週二回、放課後3時過ぎ~5時半までという、ゆるゆる~なクラブ活動です。

でも、今週末はホームカミング(フットボールの試合や、ダンスパーティーなど様々なイベントがある日)なのですが、そのペプラリー(試合前のイベント)で、ダンスクラブも初めて皆の前でダンスを披露するそうで、今週は毎日練習だそうです。

てか、クラブ活動もまだ5回くらいしかしてないし、コーチの振り付け始まったてからの練習はまだ3回くらいだと思うんですが…大丈夫なんでしょうか?

とりあえず、アラーナは最前列ど真ん中だそうで~す。ま、一応キャプテンだしね。



お勉強の方も、まぁ、まぁ、頑張ってる感じ。卒業するのに必要な単位は後一教科だけなのですが、毎日学校通ってます。

以前はシニアになると、必要な教科だけ取ってれば、学校に行かなくて良かったらしいですが、数年前からルールが変わって、必ず毎日始業時間から修業時間までみっちり授業を取らないといけなくなりました。

本当はね、それを利用して、大学単位になるAPクラスをたくさん取るとGPA(大学申請に必要な成績)が上がるんですが、アラーナの場合、頑張りすぎると無理が出てくるので、APクラスは二つだけ取ってます。

他は、コーラスなんかも取ってみます。なぜか、初めてコーラスを取るのに、アドバンスコーラスのクラスに入れてもらってるし。通常は、普通のコーラスのクラスを取ってから、先生から了解が出た生徒だけアドバンスコーラスが受けれるクラスなのですが、担当の先生に会いに行ってみたら、ピアノに合わせて声を出して~と言われ、言われた通りにしたら、「ちょうどアルトが欲しかったからオッケーよ!」とアドバンスコーラスに入れてもらったというラッキーなアラーナです。(笑)

後は、ギターのレッスンを取るはずだったのですが、去年のスタジオアートの先生に、「どうにかしてAPスタジオアート(大学)の単位が取れるように申請してみるから、もう一度スタジオアートを取ってくれない?」と言われたので、そうしたようです。

ちなみに、ここの高校ではAPスタジオアートのクラスはないので、先生がアラーナの為にどうにかしてくれるってことで、1人だけ特別に試してくれることになりました。やってみるってだけの話しなので、本当に大学単位にしてもらえるかは、今のところまだ謎なんですけどね~。

あ、後、オンラインで日本語も取ってます。初めて受けるので、日本語1を取ってたら、1人進みすぎるので、先生に2に上がりなさいと言われて、始めて二週間後からは日本語2を取ってます。ちったぁ、日本語上手になるかしら?

希望大学は、未だに決まってませ~ん。一時、フロリダの親友が行ってる大学に行く~と言ってたのですが、そこの一次締め切りが他の大学よりもかなり早い10月15日なので、まだ全然大学申請の準備をぜ~んぜん終えてないアラーナは、すっかり面倒くさくなっちゃって…別にいいやとか言い出すし…。

ついには、どこでもいいから、適当に選んで~とか言い出してるし…。

ま、マジかっ?

あまりのやる気のなさに、王様も、「もう勝手に選んでやる!」と切れてるし。でもってアラーナは、自分で決めれないし、何もしたくないから、勝手に選んでもらってラッキーくらいに思ってるようだし…。

一体どうなることやら。

ま、いっか。なんかもう、最近別にいっかなって思ってきました。無理していい大学行っても、その後絶対に無理が来そうな気がするし、アラーナの場合は、その反動が怖いから、無理のない程度で楽しく通える大学を適当に探してあげるのが、一番なのかも。

アラーナがずっと望んでる、小規模の大学で、キャンパスや寮、周りが綺麗な学校… というのは、私立しかない訳でして、でもって、そういう学校は、アラーナの成績があれば全然無理なく入れる程度の大学ばかりなので、ま、どうにかなるかなと。

相変わらず、彼氏もいましぇ~ん。週末も、友達からお誘い受けても、「面倒くさいからいい」と、引きこもってるし。1人で、おたくなお絵描きばっかりしてますわ。

ま、その分、学校のクラブ活動や、生徒会活動で大忙しにしてるみたいだし…(副会長にはなれなかったけど、結局手伝ってる。というか、選ばれた副会長より全然働いてるらしい)

相変わらず彼氏はいなくて、ホームカミングも誰にも誘われてないという… せめて、プロムには誰かと一緒に行ってくださいと切実に願う母でございます。




AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
手術を受けてから11日目の今日、抜糸とフォローアップの予約で病院に行ってきました~!

最近は、痛み止めを飲む事も必要なくなり、少し体重を足にかけたりとかはしてましたが、それでもずっと松葉杖だったサリーナ。

傷跡を見るのは、手術が終わって今日が初めてでした。ブーツをぬいで~、バンテージを外して~、包帯が現れた時、足首の後ろに丸い血の汚れがあり、ちょっとビビりました。サリーナも、それ見た時、超びびってたらしいです。(笑)

{70DC92B5-D91A-4089-9DFF-3D6BBB088100:01}

包帯とコットンを取り外して~、糸が出てます~!

{D60AA866-1850-41ED-8CCE-EB8D0B4A033D:01}

{AD08EC68-4827-48DC-AF5A-B3C764DB7C54:01}

糸を外した後は、すぐ白いテープを貼ったので、糸を外した傷口の写真が撮れませんでした。

ずっと固定してたし、足を伸ばしたりしたら痛いんじゃないかと思ったんですが、意外に平気だったようです。先生が、足首から爪先を上に向け、下に向け、左右にも振り、「おぉ~、いいね、いいね~。思っていたよりもずっと回復してるよ。」と言ってくださいました。

{D83A66FE-1990-4A60-9F85-6102A11B7D34:01}

これが、体重をかけた時にどうなるかはまだ分かりませんが、とりあえず、足を降ろしての上下左右の動きは、な~んの問題もなく、ほとんど痛みもなく出来たようです。

かなりの覚悟をしていただけに、私もサリーナも、ちょっとビックリしてしまいました。

右足が激太になってます。(笑)左足は、驚くほどふくらはぎの筋肉が取れて、ふにゃふにゃ~。この筋肉を、元に戻して行かないといけないのよね。

とりあえず、この後1週間ほどは、松葉杖を使わずに、でもブーツは履いたままで歩いていいという許可が出ました。そしてその後は、少しずつ普通の靴で歩く練習をしていくように言われました。

日本のお医者様との大きな違いは、とにかく無理をしないで、少しずつってところですね。

早速松葉杖なしで歩き始めたサリーナ、「意外に平気~。痛くない~。」と元気そうに歩いてました。すぐに疲れたようだけどね。

先生に言って、再び、手術前と手術後のレントゲン、見せてもらいましたよ~。

てことで、これが手術前。でっかい三角骨、見えますか? 

{1B966E93-581B-486B-A2EC-C7AB41086DBD:01}

そりゃ、こんな大きな骨が足首の曲がる部分にあったら…痛いわよね。


そしてこちらが、取り出した骨~。2㌢以上3㌢近くありました。

image

手術後のレントゲン

{DCA6A176-6D1A-4B3B-AA78-ADF53CE536AC:01}

リハビリは、また明日電話予約しなきゃいけないそうで… やっぱりそういういちいち時間のかかるシステムは面倒くさいです。


サリーナのリハビリもまだ始まってませんし、今後、普通に歩ける様になる所から、バレエが出来るようになるまで、そして、ポワントで踊れるようになるまでが一番大変な部分だと思いますが、今のところ回復は順調でホッとしています。

勝負はこれから…なのは分かっていますが、ひとまずバレエ復帰に向けての第一歩を進んだということで。







今回の手術に至るまでの三角骨障害についての記事をまとめてみました~。

やっぱり、悪さの根源は三角骨!!!

三角骨障害 手術説明会と準備

三角骨障害 手術成功!

三角骨障害 手術から4日経過

三角骨障害とは
AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
2015年度のバレエ留学について、下記のバレエ学校の応援依頼(入試応募のお手伝い)の受付を開始しました。

学校名をクリックすると、その学校のウェブサイトに飛べます。


マンハイムバレエアカデミー

2015年の受験日
4年制のバチラープログラム 4月18日(土)、9月10日(木)
1年制のマスタープログラム 7月18日(土)、9月14日(月)

受験資格年齢は、16歳~(15歳でも、その学年の内に16歳になる場合は受験が可能です。)年齢制限はないようですが、年齢が上になれば、その分求められるレベルも高くなるとお考えください。

マスタープログラムは、いわゆるプレプロフェッショナルプログラム(カールスルーエバレエ団の研修生)となりますので、バチラープログラムよりさらに狭き門となります。

オーディションは毎年2回、ただし9月のオーディションはいわゆる二次募集となりますので、募集人員は4月よりもずっと少なくなること、そして受験費の翌週から学校が始まりますので、住居の手配や諸手続き等がとても大変ですので、4月受験をお勧めしています。

4月受験の申請締め切りは1月15日まで。それまでに、オンライン申請を済ませ、全必要書類が学校に到着していなければなりません。

DVD受験はありませんが、DVDを送り、オーディションに受かる可能性があるかどうかアドバイスをもらうことは可能です。ただし、あくまでの可能性だけであり、必ずしも受かるという確定ではありません。DVDを送っても、学校側から返事がない場合もあります。


その他のドイツ内バレエ学校について

ハンブルグバレエ学校
こちらのバレエ学校は、写真と書類選考により入試(現地オーディション)の受験が可能かどうかが決まります。

必ず、現地オーディションが必要となりますが、現地オーディションの日程は、まだ発表になっていません。

ミュンヘンバレエ学校
こちらのバレエ学校は、写真とDVD、書類選考により入試(現地オーディション)の受験が可能かどうかが決まります。

必ず、現地オーディションが必要となりますが、現地オーディションの日程は、まだ発表になっていません。

ジョンクランコバレエ学校 
現地オーディションとDVDオーディションを受け付けています。

現地オーディション日 3月14日(土)
申し込み締め切り 2月14日

DVDオーディション締め切り5月16日

申し込み締め切り日は、それまでに全必要書類が学校に届いてなければならない日にちです。

ミュンヘン・ベネディクトバレエ学校

随時、DVDオーディション受付中。こちらは、州立国立バレエ学校を目指す生徒を指導する、私立のバレエ学校となります。


ご依頼、お問い合わせは hanibaniservice@gmail.com まで


今日は、ブログ記事を他にもアップしてます。三角骨障害について分かりやすくまとめてみました。お時間ある方は、そちらもご覧くださいね~。

三角骨障害とは
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ブログを読んでいる方の中には、三角骨って何? 三角骨障害って何? 

と思っている方もたくさんいると思いますので、ここで簡単に説明しておきますね。

正しくは、「有痛性三角骨障害」というようです。

そして、三角骨とは、かかとの上、足首の後ろ側、距骨の後ろに存在する過剰骨(副骨)で、5~10%の人に存在する言われています。

つまり、10人~20人に1人は、生まれつきその三角骨がある状態であるということ。

その他に、、ダンスやサッカー等、足をよく使う運動により、足首にある骨、距骨の突起部分が骨折、分離して三角骨になったり、距骨と離れていなくても、突起がありその部分が足に痛みを生じさせたり…どのタイプも全て三角骨と言うようです。

そして、それらの三角骨が原因で、サッカーでボールを蹴ったり、バレエのポワントの状態で痛みを伴うのが有痛性三角骨障害です。

サリーナの場合は、大きさを見ても、左足の足首に多分生まれつきあったんじゃないかなぁと思います。(取り出した三角骨の写真は別記事参照:「三角骨障害 手術成功!」) 

右足にはありません。その為、昔から左足の甲の出方が悪く、知らず知らずの内にその左足をかばうように踊っていたのか、右足の方がよく痛くなったり、アキレス腱炎になったりしてました。

副骨なので、全く必要のない骨です。あっても普通の生活をする上では支障がないことの方が多いようです。(ごくまれに、歩くだけでも痛い人もいるようですが。)

サリーナの三角骨は ↓ 下の写真によく似ていました。知らない人が見ると、そこにあるのが普通に見えるくらいの大きな骨です。


千葉大学整形外科「足の外科外来」のページより

こんな、小さ~い三角骨もあります。浮遊タイプで、動き回るのが痛かったりするそうです。

古東整形外科「三角骨障害」のページより


骨が離れてなくて、引っ付いてる後突起タイプの三角骨も。

下記のブログで、とても分かりやすく説明されています。

足関節捻挫に合併する病変 ~有痛性三角骨~
ブログ「整形外科・スポーツ整形の画像診断・読影を学び、要点をついた撮影法を考える」より



そして、三角骨障害は、絶対に手術をしないといけない…ことはありません。三角骨があっても、メンテナンスで痛みを軽減し、踊り続けることも実際に可能なようです。

整体で、三角骨を痛みのない位置に定着させる…なんてことも可能なんだとか。

大半の三角骨障害は”骨の痛み”ではなく、筋肉やアキレス腱の痛みなんだそうです。時には、ねんざ後遺症による関節の癒着で痛みがあり、マッサージ治療で痛みがなくなったり…なんてことも。

だから、手術を選択するには、それが本当に三角骨による骨の痛みなのか、筋肉やアキレス腱の痛みなのか、そこを見極めることがとっても大切だと思います。筋肉やアキレス腱の痛みなのであれば、テーピング、マッサージ、整体、電気治療などのメンテナンスで、痛みをなくして踊り続けることも可能だそうです。

サリーナの場合は、完全に「骨」の痛みでした。

以前、アキレス腱炎と診断されたこともありますが、その為の治療はしっかりとしたので、今はアキレス腱には全く問題はないとのこと。

筋肉やアキレス腱の痛みではなく、「骨の痛み」であることは、ボーンスキャン(日本語では、骨シンチグラフィー)により、この目で見て、実際に確かめることができました。

三角骨が、距骨を圧迫し、ちょうど三角骨と距骨が接する部分に疲労骨折と同じ痛みと炎症を引き起こしていたのです。ボーンスキャン(骨シンチグラフィー)の映像で見ると、その炎症部分が黄色く、一番酷い部分は赤く映るので一目瞭然!右足は全くな~んの色も映ってませんでした。

幸い、疲労骨折までには至りませんでしたが、先生に「骨も打ち身するんだよ。今は、疲労骨折寸前の、とても酷い打ち身の状態。」と言われ、なるほど~。

そして、その状態でできる治療法は二つ。

・とにかく安静で炎症(打ち身)が治るのを待つだけ。その症状が治るのには、最低3ヶ月~6ヶ月はかかるそうです。

・手術をして三角骨を取り除く。歩けるまで2週間、その後はリハビリで踊れる状態になるまでは術後の経過とリハビリ次第。完全復帰には3ヶ月~6ヶ月、時には1年以上かかることも。


手術をしなくても、安静にして炎症が治まれば、普通の生活をする上では問題はありませんが、サリーナの場合、治ったところで毎日踊れば、また同じことの繰り返しになる訳で… すでに、今までメンテナンスについてはやれることは全てやっていた結果でしたので、手術へと踏み切りました。

現在の三角骨の手術は、関節鏡視下手術が主流となっています。傷跡も小さく、メスで切り開かないので、回復も早いそうです。1ヶ月くらいで、普通の生活には支障がなくなるとか。

サリーナの三角骨は2㌢以上、3㌢近くある大きな三角骨でしたが、それでも関節鏡視下手術で取り除けましたから(ただし、取り出す為に、傷口部分は少し切り開いたそうです。)、よっぽどでない限りは、今の医療だと関節鏡視下手術で取り除けるのだと思います。

ただし、関節鏡視下手術は、高度な技術が必要とのことですので、経験豊かな先生を見つけることが大切ですね。

手術についての検索をしてる時も、他の手術で他の神経を傷つけられて、ずっと痛みが取れないなんて話しも読んだりして、本当に怖かったです。

失敗なく三角骨を取り除いても、痛みが取れなかったり(これは骨の痛みじゃなくて、きっと筋肉や神経の痛みですね。)、違和感を感じて前のように踊れなかったりで、バレエをやめてしまう人もいるようです。

とりあえずサリーナには、違和感を感じるのは当たり前のことなんだから、その違和感を乗り越えて踊れる様になるよう頑張りなさい!と言ってあります。

リハビリは痛いでしょうね~。あんな大きな骨を取り出したんだから、そりゃ違和感だってありますよ。10日間も固定してるんだから、足首を動かすのだけでも大変だろうし。元通りの筋肉と柔軟性を取り戻すのにも随分時間がかかると思います。でも、後はもう、先生の指示に従って、頑張ってリハビリするしかありません。本気の根性見せてもらいましょう!

数少ない経験者の記事を読んだり、体験談を聞く限りですが、あまりに早くリハビリを始めるのも問題ありなのかな?って感じました。リハビリは早く始めた方がいいって書いてる人もいたけれど、術後、しっかりと固定して足を使わないようにし、傷がしっかりと癒えるのを待ってからリハビリしてる人の方が、後々の経過を見ると、結果的には回復が早いような気がしました。あくまで私がそう感じただけですが。


とりあえず、リハビリは、焦らず慎重に、ゆっくりと! をモットーに、今後のサリーナを見守りたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
たくさんのお見舞いコメントありがとうございました。
この場を借りて、皆さんにまとめてのお礼となることをお許しください。

サリーナは、元気にしてます。痛み止めをもらっているので、完全に麻酔が切れてからも、酷く痛むこともなく、食欲もあり普通~に過ごしてます。リビングのソファーで寝たきりだったのは、手術当日と翌日くらいだけで、その後は、松葉杖使って結構普通に動き回ってます。

爪先は動かせるようなので、神経も異常なしっぽいです。でも、しっかりと固定された重いブーツ履かされてるので、今はまだそれ以外は全く分からない状態です。

右足は、ふくらはぎがすごく立派になってる気が~っ!(笑)

リハビリの開始時期、サリーナの場合は、手術の10日後に予約が入れられていて、それまではずっとブーツで固定です。

手術経験者のブログとか、検索してもなかなか見つからないんですが…趣味バレエで手術した人の話しでは、手術翌日からリハビリ開始だったと書いてあり、しかも、バレエをする人の場合は、早くからリハビリがいいとか書いてあり、えぇ? そうなの? サリーナ、大丈夫なのかしら? なんて心配になったりしたんですが… 

サリーナの場合、前の記事にも書いた通り、かなり大きな三角骨だったので、なんとか関節鏡手術で取り出せたけれど、取り出し口は少し広げたという話しでしたから、そっちの傷口の回復も必要なので、とりあえず焦らず先生の言う通り、今はまだ、全く左足は使っていません。

サッカー少年の経験話しでは、2週間松葉杖で、歩けるようになってからリハビリを開始となってましたので、やっぱり、病院や先生、もちろん個人の状態でリハビリ開始時期は色々なんだと思います。

私の友人のお嬢さんなんかは、5月の終わりに手術されたのですが、回復が遅く、手術後1週間ほど入院されていたようですし…それでも、今は元気に留学先のバレエ学校で新学期を迎えてらっしゃいます。

どの話しを読んでも、聞いても、やっぱり回復には個人差があるようですし、とにかく焦らず先生の指示に従い、リハビリが出来るようになったら、サリーナに根性出して頑張って欲しいと思ってます。

目標は、できれば年内に、遅くとも年明けには、全てのダンスレッスンに戻れるようになること!

1年生の時は、学期ごとに実技試験がありましたが、2年生からは一年の終わりに学年末実技試験が一度あるだけです。ですから、その試験に合格できさえすれば、3年生に上がれるので、何とかそれに合格できるように、順調に回復してくれればなぁと思ってます。留年となると…サリーナにはかなりショックな結果となりますから…でも、最悪は留年ということは、本人も私も覚悟してます。

そういうこと考えるとまた、夏休みに入ってすぐ手術出来ていたら~とか考えちゃうんだけど、その時点では今回手術してくれた先生はいなかった訳で…他で手術して、この大きな三角骨を砕くようなことなく関節境で丸々取り出せたかどうかも分からない訳で… 

今回の手術が、サリーナにとってはベストショットだったのだと信じて!!!



週末は、年に一度の大きなバザールがあったので、それに行ってきました。友人のKさんがお店を出していたので、その前で記念撮影~。

ハンドペイントで作られた可愛いハロウィーンアイテムの数々。

{54CDA65E-0B66-4B96-8916-8C6EC2E380B6:01}

{9199F3A1-186F-4ED8-9D7B-F02FD1671EBD:01}



私達もほんのちょっぴり売り上げに貢献させて頂きました。(これは我が家用、もう1つサリーナのお部屋用にも購入)ちなみに、後ろの絵は、プラハのチャールズ・ブリッジ(カレル橋)で買った作品です。

{A61FC102-8305-4E9E-95B2-1C396E0512C7:01}


いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
サリーナの三角骨を取り除く手術が、無事終了しました。

取り出した三角骨は、2cm以上、3cm近くある大きな骨でした。でも、心配したメスを入れる必要もなく、関節境で取り除くことが出来たので、ホッと一安心!!!

取り出す前のレントゲン写真があると良かったのですが(ディスクもらったんですけど、見れないんです~)、取り出した骨と、取り出した後の写真は今日もらえたので、こちらに載せておきますね。

はい、こちらが取り出した三角骨

{D729E121-0F95-4191-A721-FD4DB9C25C2E:01}

そしてこちらが、三角骨を綺麗に取り除いた足首のレントゲン

{7FABF6BA-5D50-42E0-AB86-23A9AAD872CA:01}

綺麗さっぱり、綺麗~になくなっております。わぁい、わぁい!

{66F9846F-294D-4CBD-A61B-6AA5D5633DDB:01}



そりゃ、あんな大きな骨が足首の後ろにあったら、痛くて当たり前ですわなと。今更ながらに、大事に至る前に手術で取り除いておいて良かった~と。

あのまま放っていたら、今度は本当の疲労骨折を引き起こしていた可能性大ですから。

ブロ友さんの知人の息子さんが三角骨を取り除く手術をした時は、大きくて、骨を砕いて取り出したせいか、周りの組織も傷がつき、回復に時間がかかったという話しを聞いて心配していたのですが、それよりは小さかったのかな? 

骨を砕くようなことはなく、写真の通り、綺麗に丸まる取り出したようです。大きかったので、取り出し口部分だけ、少し傷口を広げなければいけなかったようですが、神経は一切傷ついていないということですので、こちらもホッと一安心。






今日の手術の経過はこんな感じ~

6時に病院にチェックインして、麻酔室に向かったのが9時半頃でした。

入院すると必ず履かされる黄色い靴下~

{BE465646-7C4E-42A4-AAF9-CDBCBB158D6F:01}

まず血圧を計り、待ち時間の間に麻酔準備の点滴

{CB9EF9FB-564A-490A-ABE6-A4DD47FC28B4:01}

麻酔室に移動して~

左足、太ももから下の局部麻酔(ナーブブロックというそうです)

手術室に移動して~

全身麻酔

手術(1時間半ほど)

リカバリー 2時間ほど。手術した足には、ブーツが履かされてます。

{4D38961D-1000-461A-BA6D-DD7E114F1CF5:01}

退院

{257AAA2A-4D34-4C21-8E70-66787C1E9880:01}

とまあ、こんな感じでした。


5日間はシャワー禁止(その後ももちろん左足はぬれないように)

29日(月)にフォローアップの予約があり、その時に今後のリハビリスケジュールの説明があるそうです。

ここからが一番大変なんですよね。きちんと踊れる様になるかならないかは、リハビリ次第!焦らず、じっくりと完治を目指してもらいたいと思います。




いいね!した人  |  コメント(16)

テーマ:
木曜日の手術を控え、今日は詳しい説明と手術前の準備に病院に行って来ました。
聞き忘れがないように、先生に質問したいことをしっかりと箇条書きにして…

1.疲労骨折はしてないのかどうか

前回の話では、原因は三角骨だと言われたけれど、手術の話でショックが大きく、その部分をしっかり聞いてなかったんですよね。三角骨が原因で疲労骨折してたら、三角骨を取り除いても、回復に時間がかかりますから。

答えは…
疲労骨折はしてないそうです。三角骨が距骨を押しているせいで、疲労骨折と同じくらいの痛みと炎症を引き起こしている為、ボーンスキャンでも疲労骨折の時と同じように炎症部分が黄色と赤に写っていたそうです。骨も打ち身するらしく、三角骨がブツかる部分が酷い打ち身状態になってるんだそうです。なるほど~


2. 麻酔は全身、それとも部分的に?

全身麻酔で、前日の夜中12時を過ぎたら、食事も水も摂取禁止~


3. 手術をする先生は十分に経験があるのかどうか?

足専門に手術をする先生で、今までにも何度もしたことがあるとのこと。こればっかりは、嘘かどうか分かりませんが、担当医自身はこの手術をしたことはなく、その先生が来たから今色々と勉強をしてるそうで、最近バレリーナやダンサーに三角骨障害が増えていて、関節境手術が行われるようになったことも、最近知ったんだと話されてました。


4. どれくらいで歩けるようになって、どれくらいで踊れるようになるのか。

2~3週間で歩けるようにはなるけれど、ポワントをはいて完全復帰できるまでには3~6ヶ月かかるんじゃないか?との話でしたが、その辺はちょっと分からない様子でした。先生の予想より、早く復帰でくるといいんだけど…。


5. リハビリは?

手術の経過次第なので、まだハッキリと分からないとのこと。多分、ここで初めてのケース、初ダンサーの患者なので、先生にも想像がつかない様子でした。

でも、とりあえずここの病院は、戦地で傷ついた兵士達のリハビリセンターでもあるので、リハビリは定評があると聞いてますから、あまり心配しないようにと思ってます。


最大の心配事!

ただ、心配なことが一つだけ。やっぱり、サリーナの三角骨、かなりサイズが大きいらしく、関節鏡手術で取り出せるかどうか分からないんだそうです。(以前、内視鏡と書きましたが、関節鏡と言うそうです。)もし、関節境で無理だった場合は、メスを入れることになるそうで…

そうならなければいいんだけど、なってしまったら、間接境手術と違い、回復にはかなり時間がかかります。でも、それはもう仕方のないことだし…はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

関節境手術で、サリーナの馬鹿でっかい三角骨が取り出せますように~。ただただ、神にそう祈るまでです。



最後に…三角骨障害に手術が必要かどうかという、難しい問題

これは、やっぱり個人差なんだと思います。ただ、見極める部分は、その痛みが三角骨によるものなのか、それとも、三角骨の影響もあるけれど、痛み自身はアキレス腱やふくらはぎの筋肉なのか、多分そこにかかってくると思います。

サリーナの場合、前はアキレス腱炎なんかにもなったことがあるけれど、今回は、アキレス腱にはま~ったく異常なし。反対に、とても強くて良いアキレス腱だと褒められました。

完全に三角骨のある部分のみに炎症が出ていることがボーンスキャンで分かりましたので、これはもう決定的!逆に、それを治すには…三角骨を取り除くことしか道がないということで、手術を選択。

だって、炎症が治まるのを待っても、三角骨がそこにある限り、同じことが再び起きるのは分かりきってますからね。

ボーンスキャン、いいですよ~。炎症部分が一目瞭然です。


先生からの説明の後は、あらかじめ記入した書類を、必要な部署に持ってって~、フィジカルセラピーの部署へ松葉杖をもらいに行って~、妊娠検査の為の尿検査をして~(これ、麻酔をするので必須だそうです)、再び専門医の元に戻って、学校に提出する休学の紙をもらって~

とまぁ、こんな風に、広い病院内を歩き回っておりました。


明日は、ついに手術の日。朝、6時15分に病院に行きます。手術が終わったら、入院はなく、そのまま家に帰れますが、私は手術が終わるまでず~っと病院で待機です。Wi-Fiないし、漫画でも買ってダウンロードしておこうかな~。



いいね!した人  |  コメント(7)

テーマ:
先週の月曜日に、や~っとボーンスキャンの結果が出て、疲労骨折だと思うので専門医に見てもらってくださいと言われ…

でも、そこからシステムに入るのに3日かかるので、木曜日以降に予約の電話を入れてくださいと言われました。本当に面倒な、このシステム。

これまでの経緯は下記の通り

ファミリードクター
    ↓
フィジカルセラピー & レントゲン
    ↓
ボーンスキャン
    ↓
ボーンスキャンの結果
    ↓
専門医の予約

ここまでたどり着くのに、なんと3週間以上かかった訳です。はい。それでも多分、早い方。

そして、指定された木曜日、朝一番に予約の電話を入れたら… 最初、空いてる予約は1ヶ月先とか言われて、まじかっ? 

まじ、泣きそうになりましたから。そしたら、ちょうどキャンセルが入って、明日の午後なら予約が取れるとのことで、もちろんオッケーして予約を入れてもらいました。ラッキーチョキ


やっと、やっと専門医に会うことが出来ました。診断の結果は…

疲労骨折じゃなくて、三角骨障害との診断。つまり、やっぱり三角骨が悪さをして、その近辺全体に酷い炎症を起こさせてるんだそうです。

ボーンスキャンで見ると、炎症している部分は黄色く映るのですが、右足はな~んにも映らず、左足は三角骨のある部分が見事に黄色く写っていました。



選択は二つだと言われました。

・このまま1~3ヶ月、ダンスを一切しないで炎症の治まりを待って様子を見るか

・三角骨を取り除く手術をするか



どっちにせよ、そんなに長く踊れないなら、手術します~!!!

と、なりました。

メンテナンスでどうにかなるのならと、電気治療したり、整体言ったり、注射打ってもらったりと、今までもできる限りのことはしましたが…やはり、駄目でした。ブリュッセルでたった2週間頑張っただけで、こんなに酷い炎症を起こしてしまうとは…。

やっぱり、サマープログラムなんか参加させないで、さっさと手術させておけば良かった~とか思ったりもしたんですが…

でも、夏休み前には足の調子も良くて痛みも全然なかったし、それでも大事を取って、夏休み入ってすぐ、ファミリードクターに相談したんですが、手術はリスクがあるから勧めないって言われたんですよね。とりあえず、足の調子も良かったし、メンテナンスでどうにかなるなら、もう少し様子を見てみようって思ったんです。

その気持ちは今も変わりません。手術しないでどうにかメンテナンスで踊れるなら、その方がいいんじゃないかなって。

ただ、今は少し歩きすぎると痛みが出るほどになってしまって、これでは踊るどころではありませんから。

幸い、アキレス腱は全く異常なしということだし、それなら、思い切って悪の根源を取り除いてしまえ~!!! となった訳です。

今回、タイミングもばっちりでした。

手術は内視鏡手術です。その手術を出来る先生が、今まではここにはいなかったようなんですよね。転勤シーズンで、足の専門医で内視鏡手術をする先生がちょうど最近ここに来たばっかりだったので、「手術はいつ頃を考えてるの?すぐにでも大丈夫なら、来週手術出来るよ。」って…。

普通、手術に決まっても、その後また山ほど長い間待たされるのに…金曜日に病院行って、来週の木曜日に手術って、ま、まじですか?

即答でオッケーしました。

明日(火曜日)、手術前の説明会があります。そして、木曜日に手術です。


トントン拍子で決まってしまい、ちょっとまだ気持ちが追いついてないですが…明日、しっかりとお話を聞いてきます。

軍の病院のお医者様に手術してもらって大丈夫なんだろうか…という不安もあります。でも、何だか今回、運命のような物をを感じました。ここまで、何もかもタイミングが合うってことは…きっとそういう運命だったんだろうと。


サリーナも不安は隠せないようです。今日から新学期も始まりました。バレエ学校にはちゃんと出席しました。もちろん、ず~っと見学。踊りたいのに踊れない悔しさと悲しさ、焦り、そして手術への不安… 代われるものなら代わってあげたいけど…ううぅぅぅぅ

無事、手術が成功して、早く踊れるように回復して、「手術して本当に良かった!」と言える日がくることを願ってます。




いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
ブログ更新する暇もなく、忙しい日々を送っているはにバニです。

そして、そして、昨日、ついにオーディションが終了しました。

今回、オーディションサポートをさせて頂いたお嬢さんは一人だったのですが、見事合格されました~!!! 18歳のお嬢さん、3年生に決定!

コンクール入学許可組の皆さんも全員合格!それぞれ、1年生~3年生に。そして、4年生に一人だけ。
彼女はもう、コンクール等でバレエ団からも研修生のお誘いを受けてる才能豊かなお嬢さんだそうです。

以前までは、留学生は3年生か4年生に入ることが多かったですが、去年くらいから、それがガラッと変わってきています。去年はほとんどの生徒さんが2年生に、そして今年はさらに厳しく、たくさんの方が1年生に入りました。

これは私の見解ですが、決して留学生のレベルが落ちているのではなく、学校のレベルが以前よりも上がってきているのだと思います。学年ごとに要求されるものが厳しくなっていると共に、去年くらいから学年の見直しが始まった様子が伺えます。

「あそこは、日本人留学生なら普通は3年生からなのにね。」なんて、現在の現地の事情を知らない人が軽く言っちゃったりする言葉を信じないでくださいね。

以前とは状況が変わってきてることを理解して、1年生や2年生に入った皆さんも、ガッカリしないで欲しいです。以前より、留学希望者が倍増していること、そしてコンクールでも入学許可がもらえなかったり、オーディションに来ても受からない皆さんがたくさんいるのですから、入学できただけでも、皆さんは素晴らしくラッキーなことなんだと思って頂ければ嬉しいです。

若い年齢での就職だけが、バレエで成功する方法ではないと思います。

マンハイム卒業生の就職率は、去年に引き続き、今年も90%以上!いや、95%以上かな。この就職率は、どの一流バレエ学校にも劣りません。

ヨーロッパやアメリカ、他の国々では、日本人はお金持ちだから鴨にされてたり、お金儲けの為にたくさん受け入れてくれたり…なんてこともありますが、ここ、ドイツは違います。ドイツ人も外国人も、授業料は無料!(セメスター登録費のみかかります)州や国が経営するバレエ学校ですから、日本人をたくさん入れたからって、学校側にはな~んの特にもならないのです。

なのにどうして、このマンハイムバレエアカデミーに、こんなにたくさん日本人留学生が入学出来るのか…それはただただ… 

校長先生ご夫妻が日本人バレリーナが大好きで、日本贔屓だからです!

ただ、それだけです。キッパリ(笑)

い、いや、多分ね~。<おい


現在のマンハイムバレエアカデミーは、全体の半分以上が日本人です。

「せっかく留学するのに、日本人ばっかりで嫌だな」なんて思う方もいるかもしれませんし、その気持ちも分かります。

海外留学してるのに、周りが日本人ばっかりだと…ちょっとテンション下がりますよね。それはほ~んと良く分かります。


でも、マンハイムバレエアカデミーに入学する皆さん、そしてご両親の皆さんには、何の特にもならないのに、こんなにたくさん日本人を受け入れてくれる学校側に対して、校長先生に対して感謝の気持ちを忘れないで欲しいです。ドイツ人の税金で、無料で外国人がバレエ教育を受けさせてもらえることに感謝して欲しいです。

私はいつも、そういう気持ちでいます。


先生はみ~んな外国人、学校の外はみ~んな外国人、同級生にも日本人だけじゃなくて外国人もたくさん、要は自分の気持ちの問題です。

どこの学校に行っても、どこの国に留学しても、いつも気持ちをポジティブに!!!

それでもちょっと落ち込んだ時は… デブのおばさん、はにバニが、頑張る皆さんを応援しま~す。


最後にもう一度

合格、本当におめでとうございます!!!


いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード