Finally today is tomorrow! 

ついに「明日」が「今日」になる…  夢を実現させよう!
バレエ留学を応援するH.B.C.留学応援・NPO、代表はにバニのブログ

Welcome to "Finally today is tomorrow!"
This is the private blog by founder of H.B.C Hanibani Ballet Consulting -nonprofit organization-
If you have any questions, please visit my official website H.B.C Hanibani Ballet Consulting or E-mail to hanibaniservice@gmail.com

このブログは、バレエ留学応援する、H.B.C.留学応援の創設者、はにバニの個人ブログです。
主に、海外生活の話、旅行の話、家族の話などを書いています。

留学に関する記事は、H.B.C.留学応援のブログまたは、H.B.C 留学応援のウェブサイト をご覧ください。

無料相談、お問い合わせはhanibaniservice@gmail.com まで。


~ご来訪の皆様へ~

いらっしゃいませ。 こちらは、はにバニ こと 大阪のおばちゃんが、10年になるフロリダの生活を経て、2011年8月、今度は何と花のヨーロッパ、ドイツへお引っ越し。そんな、驚きが耐えないはにバニ家の日々の様子を綴っているブログでございます。

ブログ内では、3つ年下のアメリカ人の主人のことを、「王様」と呼んで馬鹿にしてあがめております。最近はもう、自慢だか、自慢なんだかよく分からない年頃の娘が2人。

長女のアラーナは、お勉強はできるけれど、いつもどこか抜けている、多動性の伴わないADHDの1996年生まれ。次女のサリーナは、プロのバレリーナを夢見て国立バレエ学校に通うこと5年、後1年で卒業って時に、なんと自主退学!(驚愕)現在は、いわゆるフリーターの1997年生まれ。

2人をまとめてアラサリと呼んで、彼女達の成長する様を綴っております

時々ではありますが、我が家のわんこたちも登場します!ドイツ行きを察したかたのように、数ヶ月の間に後を追うようにして仲良く天国にいってしまった我が家の3頭のわんこたち。ゴールデンレトリバーの太郎とラスティー、そしてミニチュアロングヘアーダックスのピーちゃんことPeanutは我が家の永遠の王子達でございます。

その3頭を足して3で割って、さらにパワーアップさせたやんちゃなドイツ生まれのフリッツ王子!

自分のダイエット日記から始まったブログですが、最近では、H.B.C 留学応援の活動やアラサリのバレエネタを中心に、普段の生活ぶりや、家族旅行、映画の話などを書いてます。親馬鹿ネタ、家族自慢ネタが多いですのでお許しを。 そんな自慢しいはにバニのつたないブログですが、どうぞ宜しくお願いします!!!


~読者登録とアメンバーについて~

メール、読者登録、大歓迎! ですが、相互読者登録は受け付けておりませんのでご了承を。あくまで、自分がきちんと読みに行ける分のみ読者登録を申請しています。むやみに読者登録だけを増やして、実際全く足を運ばない~なんてことはしたくないので、自分で管理できる程度にあえて抑えています。読者登録してないブログには、時々ぺタやコメントから遊びに行かせてもらってます。

突然のアメンバー申請は、お断りすることがほとんどです。ある程度メールやコメント等でお付き合い頂いてからご申請頂ければと思います。基本、女性限定です。詳しくはプロフィールにてご確認ください。



<アラサリのバレエ&ダンス関連のお勧め記事>

題して、これを読んだらアラサリ・ダンスの歴史が全てわかる!<大げさやっちゅうねん


アラサリのダンス経歴
ダンスリサイタル特集
くるみ割り人形」公演 2006年~2009年
「コッペリア」公演 2009
バレエアカデミーを辞めた理由
バレエカンパニーオーディション結果
バレエ団には入らないことに決めました
ABT サマーインテンシブ総集編+オーディション



テーマ:

長女のアラーナがドイツにいるのもあと少しということで、久々に、家族全員(4人+1匹)で週末旅行に出かけました。

 

行き先も決まっておらず、ホテルも前日に探したもんだから…ない、行きたい所のホテルが空いてないわ、全然。

 

夏休みですからね〜。

 

私的には、ブリュッセルで2年に1度開催される、花の絨毯フェスティバルに行きたかったんですが(ホテルも開催地のすぐそばに見つかったし)、王様が断固反対、ま、確かに私も不安はあったので。友人が数名行ったようで、フェイスブックに綺麗な写真が載ってて、羨ましい〜!友人Tさんの写真を借りてきちゃいました。今年のテーマは日本!海外でよく目にするなんちゃって日本ではなく、とっても綺麗な真の日本を表現した花の絨毯、素敵ですね〜。

 

 

王様的にはワインを楽しみに、ライン河沿いか、モーゼル河沿いのどこかに行きたかったようですが、川沿いのホテルはどこも満室。

 

私的には、デュッセルドルフにも行きたくて(ポケモンGOしにね)、お得な良いホテルも見つけたのに…

 

王様、車は好きだけど、運転は嫌いだというどうしようもない男!

 

しかも私は、かれこれもう10うんねん前に、車の中で運転のことで王様と大喧嘩して「あんたと一緒の時は二度と運転しない!」と断言してから、一度も運転していません。近辺に食事に出て、王様がお酒飲んだ時のみ運転しますが、それ以外は本当に、断固として運転してないはにバニです。

 

デュッセルドルフまで運転したくないと言い張る王様と、運転を手伝う気は絶対にないはにバニ、どっちも変なところで頑固者。

 

どうする? どうする? と迷いに迷って、私たちがよく利用するホテルディスカウントサイト「Secret Escape」の24時間セールに上がっていた、Drintoホテルグループのホテル、二箇所に泊まることに決定しました。

 

どちらのホテルも

一泊朝食付き、駐車場無料、Wifi無料 で 一室89ユーロ X 2部屋

二泊目に泊まったホテルは、ウェルカムドリンクも付いてましたよ〜。

 

どちらも、少し街からは離れてるんですが、周りは林(森?)だらけなので、フリッツ王子には良いかなと。

 

はにバニ家は、ホテルは寝れたら良い派ではなく、ホテル滞在も楽しみたい派なので、行きたい所があっても、そこに気に入るホテル見つからないと行かなかったりと、行き先よりホテル優先になっちゃったりするんですよね。

 

一泊目に泊まったのは、ベートーベンとHariboが生まれた街、ボン市内から、車で15分ほどの高台にある Dorint Venusberg Bonn Hotell 

 

仕事の後に3時間ほど運転させられた王様、もうグッタリ疲れていたので、どこにも寄らずホテルへ直行!

 

山のリゾートホテル〜って感じの外観。

 

image

 

 

お部屋はシンプルですが、清潔で優しい色合いのインテリアが居心地良かったです。

 

image

 

 

 

バルコニーがあるので、フリッツ王子も外が見れて嬉しそうでした。

 

{BFAEB43A-4C26-48BE-AADE-3C834EC203C2}

 

 

 

王様が疲れ切っていたので、そのままホテルのレストランで食事。これが、ちょっとお値段はしましたが、かなり美味しかったので大満足でした。

 

image

 

 

 

朝食はレストランのテラスで。緑に囲まれての朝食、リラックス〜。

 

image

 

 

 

バッフェも種類が豊富でどれも美味しかったです。ホテル朝食、だ〜い好きドキドキ

 

image

 

 

 

朝食のあとは、ボンへ。

 

ベートーベンの銅像の前で記念撮影して〜

 

{0E1017DB-FAC3-4DCE-9C47-5FE666B943B9}

 

 

 

Haribo行って〜(フリッツは入れないので、外で記念撮影)

 

{FFBB199C-D5DA-4456-8C05-85A31F8A06A8}

 

 

 

大聖堂とHariboのコラボ、お気に入りの一枚。(笑)

 

{3034E830-ED65-4DA9-A41C-741F87E7354E}

 

 

 

老舗のカフェでバームクーヘン買って〜

 

{BF1B9648-484D-4B43-A3C4-6F2DA1DF8090}


 

 

前回クリスマスマーケットで来た時とほぼ同じコース。

 

過去記事参照:なんと、もう2年半前の出来事でした〜

クリスマスマーケット「Bonn」

Hariboストア

創業100年「Café-Konditorei Müller-Langhardt」

 

ボン大聖堂、これは入り口、全体はもっと大きいです。

 

{E2B26131-3C47-40AD-9BAC-BB0C34DD4D67}

 

前回入らなかったのかな? 覚えてないんですが、ステンドグラスがちょっと変わった雰囲気で素敵でした。

 

 

 

 

{DDF6BCF3-27E7-4BFF-B6A9-1E08DAECF73F}

 

 

image
 
image

 

 

 

なぜか、小さい頃大好きだった絵本「花さき山」の挿絵(切り絵)を思い出しました。

 

 

 

13世紀の城郭の門の一部、シュテルン門の前で記念撮影〜!

 

{C0986840-4752-4233-AEB4-097999305951}

 

最後は、スタバで休憩。

 

{DC59716D-6F44-4CAA-A6AB-64C3367C3EE0}

 

 

我が家のわんこフリッツ王子、普段やんちゃだけど、旅行先では本当に良い子なんです。どこに行っても人気者で、道行く人々にナデナデしてもらってます。

アメリカに戻ったら、こんな風に気軽に犬連れ旅行が出来なくなるのだけが残念。ドイツおよびヨーロッパは、本当にワンコに優しい国なので、ホテルとかも、犬が泊まれないホテル探す方が難しいくらいかも。

 

一息ついた後、ボンを後にしてコブレンツへ向かうはずだったんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

またブログを放置しておりました。

下書きには、途中になった旅行記が山ほど溜まっております。週末の旅行記事を仕上げる前に、次の旅行が始まって、あぁ、どうしよう〜と思ってる内に、また週末が来るという…。

 

そして、そんなことしてる間に、オリンピック、始まってもうたやん!

 

別にはにバニ、めっちゃオリンピック好き!とかではありません。皆さんご存知の通り、気分屋なので、ローザンヌとかと一緒で、見る時は見るけど、見ない時は見ない。過去にも、気づいたら始まって、終わってたなんてこともありましたし。

 

ただ、今回は長女のアラーナが暇に任せてオリンピックを見てるので、私も一緒にカウチでだらだらしながら夜更かしする毎日。

 

しかも見てるのはほとんど…男子の競技。(笑)

 

いえいえ、もちろんね、女子も見てますよ〜。でも、女子の時と、男子の時の一生懸命具合が全然違います。女子競技の時は、わりと「ながら見」的な感じ。だらだらとソファーで漫画読みながら〜とか、パソコンいりじながら〜、携帯いじりながら〜

 

が、男子競技はもう、テレビにクギ付けになって見てます。はい。

 

なぜってそれは…

 

ちょっと奥さん、今回のオリンピック、イケメン選手、多すぎません? ラブラブ ラブ ラブラブ

 

はにバニの、今のお気に入り競技種目は、体操と水泳と馬術

 

はにバニ、筋肉フェチ+動物好きですから、はい。

 

アラーナは、柔道もかなり好きみたいですけど、私はあれ見てるとイライラしちゃって。私の性格には向いてないかも。

 

馬術はね〜、ルールとか全然分からないんですが、お馬さんがと〜ってもお利口さんで可愛いくって、騎手が優雅で素敵、憧れ〜って感じ。

 

がしかし、やっぱり燃える(萌える)のは男子体操と男子水泳です。

 

まずは体操! 日本、超頑張ってますね。まずは団体で金メダル、さらに、男子総合で最後の最後に逆転勝ち、内村くん凄いわぁ。個人総合連覇は44年ぶりらしいですよね。

 

ウクライナの選手が、14.9に達しなかった時、ちょっとブーイング起きてましたけど… 私的には、内村くんの最後の鉄棒の演技、16点越えかと思ったくらいなので納得の結果だったけれど、ウクライナの選手の演技、確かに悪くない演技だったので、ブーイングが出たのも分かる気がします。

 

あれ、最後の着地でホップしなかったら… 確実に金メダルだったしね。お気の毒に…

 

と思いつつも、やっぱり嬉しい日本人の金メダル!種目別でも金メダル取りそうな勢い。ワクワク

 

でも実は、個人的に一番凄いなと思った演技は、内村くんの演技じゃなくて、団体戦での白井くんの床演技でした。サリーナの「可愛い〜!超可愛い〜!」の声も、やたらうるさかったです(笑)

 

彼の名前はなんだっけ〜とグーグルってたら、どうやら、やはり今回の日本メンバーの一番人気みたいですね。綺麗な顔した加藤くんが人気なのかなと思ってたんですが、白井くんの「歯ブラシ立て?」発言に萌えてる女子が多いんだとか? 

 

 

私も白井くんが一番可愛いなと思いました、日本の選手の中ではね。髪型もすっきりしてていいし、眉毛が細くないとこが良いわ。

 

でも、はにバニ的には、イケメン鑑賞としては他の国の選手の方がお気に入り〜。

 

体操選手だから、長身好きのはにバニが実物見たら絶対に「ちっちゃ!」って思うの分かってるんですが、いいんです、実物見れないし。テレビの中ではお顔と筋肉だけで十分ドキドキ

 

ちなみに我が家のオリンピック観戦は、日本人の私と、アメリカ人の王様、そしてドイツ在住ってことで、やっぱり気になるのは日本、アメリカ、そしてドイツです。

 

この3カ国の内のどれかが頑張ってるところを見ると、それだけで何となくウキウキしちゃう、一粒で三度美味しい、お得感!

 

てことで、体操でもやっぱり、日本以外に応援しちゃうのはアメリカとドイツ。しかもあ〜た、なんなのこの二カ国チームのイケメンの多さは。

 

アメリカチームのお気に入りは、Sam Mikulak サムくん!

キャプテンアメリカを彷彿させるサムくんのイケメンぶり、ぜひテレビでご覧あれ。

 

写真をど〜んと載せちゃいたいですが、著作権とか面倒なので…

インスタグラムページと、NBCオリンピックサイトの選手紹介ページにンクしておきます。このNBCのオリンピックサイトのページ、日本からも見れるのかしら?せっかくリンクしたのに、見れないと悲しいなぁ。

 

インスタグラム:Sam Mikulak

NBCオリンピックの選手ページ:Sam Mikulak

 

その他のメンバーも美形揃いでっせ〜。

 

公式オリンピックの選手ページ:Alexander NaddourJake Dalton

 

ドイツもね〜、やばいくらいイケメンがおります。その中のお気に入りは、Marcel Ngyenくん 

 

左腕全体に刺青が入ってる選手と言えば分かるんじゃないでしょうか? 実は私、刺青ってあんまり好きじゃないんです。海外じゃ結構普通に見かけるファッションタトゥーが流行っている最近も、ま、昭和の女ですから、やっぱり刺青って…ね。

 

ですが、その刺青も目に入らないというか、なんかその刺青がしっくりくるように見えてしまうほどのイケメンくんが、このマーセルくんです。はい。

 

インスタグラム:Marcel Ngyen

公式オリンピックの選手ページ:Marcel Ngyen

 

ついつい彼に目がいっちゃうのは、目が悪い私にとって、刺青が目立って見つけやすいからなのか、それとも私の超好みなのか、そこがちょっと疑問ですが、イケメンなことには間違いはなし。(笑)

 

そうそう、オリンピック開催地のブラジルチームの面々もなかなかのイケメン揃いですが、その中で、特に可愛いのがこの子。

 

いつも笑顔のArthur Mariano(アーサー・マリアーノ)くん。めっちゃ可愛いです。いつ映っても笑ってます。

 

グレートブリテンも負けてませんぜ。100年以上ぶりだかで、総合で銅メダルをゲットしたグレートブリテンの Max Whitlock くんは、トムクルーズのイングランドバージョン? 私的には、金髪碧眼、ちょっとキューピー人形を思わせる、かわゆいタイプの Nile Wilson くんも結構好きです。むふふ

 

他にもね、ほんととにかく、どのチームもイケメンばかりで、いや、ほんと奥さん、今年は一体どうしたの?って感じです。

 

 

そして、体操選手もいいけど、水泳選手もたまりませんな〜。ちょっと胴長だけど、あの美しい筋肉アップ

 

中でもやっぱり、シンクロナイズドダイビング、あれはヤバイ。こっちが観てて恥ずかしくなるほど、露出時間が長いもんだから。(笑)惜しげなく見せる身体に、本当に赤面しそう。だって、競泳用のビキニ、ちっちゃ!半ケツは当たり前な感じだし、どんだけカバー部分ちっちゃいねんって感じ。うっとり <うっとりなんか?!

 

いや、おばちゃん、見るの恥ずかしいです。でも、しっかり見てるけど。

 

アメリカ、金メダル取りましたね。

 

あ〜、書き終わる前に、小旅行に出発です。仕方ないので、このままアップしちゃいます。皆さん、イケメンいっぱいのオリンピック、楽しみましょうね〜!!!

 

P.S.

ちゃんと女子も見てまっせ。アメリカ、シモーンちゃん、凄すぎる!と思ったら、銀もアメリカかい!すごいですね〜。ロシアの美少女揃いぶりにびっくりしつつ、中国、すっごく悔しそうでした。日本は残念な結果でしたが、それでもそれなりに良い位置につけて、頑張ってたと思います。

 

 

 

では、行ってきます!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

先週末は、久々に小旅行に行っておりました。

 

行き先は、フランスのコルマールという小さな街。友人たちからすごく素敵な所だよと聞いて、ずっと行きたかった場所の一つなんですが、超良かった〜!!!

 

「ハウルの動く城」の舞台になった街だそうです。「千と千尋」のプロモーションでこの町を訪れたことがきっかけらしいですよ。

 

この建物なんかは、そのまんま映画に使われてます。

 

{B7A48068-0248-494E-803F-52226403454A}

 

{734DEFB0-C034-42BE-920C-056CFF0D5098}

 

 

ペティート・ベネチア(リトルベニス)と呼ばれるほど、街には運河が流れ、ゴンドラもあるおとぎの国のような町でした。

 

image

 

フランスだから、スイーツも美味しい〜!<ここ、ポイント激高!!!

 

コルマールで有名なスイーツ店「Gilg」へ。

 

{D7D2E54C-4593-427E-9811-10A146C9B2FB}


カップルが邪魔〜

 

美味しそうなケーキが並んでます。中に食べるスペースあればいいのにな。

 
{8C84F61D-283C-4727-9C79-1A332568562F}
 
一応ね、ケーキは一つだけ、悪くなりなさそうなイチゴのタルトを買って、ホテルに戻ってから食べました。美味しかったけど、エクレアが食べたかったなぁ。私たちが行った頃(午後4時過ぎ)には、もう売り切れでございました。しくしく

 

暑かったのでね、さすがにケーキのお持ち帰りは無理でしたが、パウンドケーキとクッキー、そしてマカロンをお土産に。どれも、超美味しかった〜!<もう食べたんか?

 

 

今回は、フリッツ王子も一緒です。一つ前のブログのフリッツ&ポケモン漫画は、ジブリに対抗してこの街で撮影しました。(爆)

 

参照記事:「はにバニ家、ポケモンGOにはまる」

 

{93307B3D-4FA9-4926-84D0-3E4E8B315AA9}

ハンサムなオーストラリアンシェパードにご挨拶
 
{B9C674DC-D441-4CF8-A542-8D88F0726443}
 
お約束の大聖堂と〜
 
{8DE15F75-DED4-436F-A5EC-C02BC1A2EEDF}
 

なんと、ウェディングにも出くわしました!

綺麗な花嫁さん、まさにドリームウェディング ラブラブウエディングドレスラブラブ

 
{FBEB8BBD-70FE-4029-9196-AAB08B613674}
 

夕食まで少し時間があったので、ポケストップのあるレストランでローカルワインを片手に、乾杯!

 

{7EFD55E5-F826-43F7-88E8-AF3A1F20164B}

 

ルアーモジュールを使ってポケモンを呼び寄せていたのは、ここの店主でしょうか? 

美味しいワイン飲みながら、ポケモンもキャッチできてご満悦〜!<どこまでも、あほぉな はにバニ家

 
ちなみにレストランの名前は分からないんですが、場所は、写真スポットでもある La Petite Venise の橋の横です。大きな鶏の置物がある所、ポケスポットの横にあるレストランだから、行けばすぐ分かると。多分、常に、ルアーモジュールでピンクの紙吹雪飛んでますから。
 
フルーティーで、甘過ぎないスッキリとした白ワイン、とっても美味しかったです。この日の暑さには、多少冷えすぎくらいが美味しく感じられました。
 
{EF87B488-6AB5-4C3E-ADD5-FD3269122F3E}

 

夕食は、トリップアドバイザーで出てきた、レビューの高い「Aux Armes de Colmar」というレストラン。

 

トリップアドバイザーも、当たり外れあるんですが、ここは大当たり! 久々に美味しいフランス料理を賞味いたしました。しかも、比較的リーズナブル。

 

image

 

トリップアドバイザーからテーブル予約が出来たのでここを選んだですが、しておいて良かったです。行ったらまず、満席だと断られ、予約したんですけど〜と言うと、最後の一席だったから外になるんだけど良い?と聞かれ、もしかしてアメリカ人とアジア人の家族だから差別されたかしら?と思ったんですが、いやいや、嘘じゃありませんでした。30分もすると、店内満席! 夕食の2時間前くらいに予約したしね、多分本当に最後の席だったんだと。その後も、たくさんの人が断られてました。

 

オーナーもとっても気さくな男性で、英語もオッケーなのが嬉しかったです。

 

 

びっくりしたのは、今、ポケモンGOって、こんなことになってるのねと目の当たりにした現場。

 

この写真だと、一見、フランスの街角、大きな木の下でのんびり〜って感じにも見えなくないですが、実はこの周りにも、人、人、人!

 

{26014909-C190-4EDB-8B27-C89BC6EF6607}
 

ここには、3つのポケストップが集まっている上に、だれかがルアーモジュールを使ってポケモンを呼び寄せていたので、ポケモンが出てくる、出てくる。

 

ポケモンをキャッチしつつ、3つのポケストップでアイテムもゲット出来るという最高のポケモンGOスポットと化し、こんなに人が集まっておりました。

 ここも、写真撮りたいのにどいてくれないかなぁと思ってたら… ポケストップでした。(笑)

 

{7C1210B5-8DE6-4C12-BA76-BA5DF26202AF}

 

ポケストップで目にする異様な光景… でも、日本の方がもっと凄そう…

 

面白いのが、集まってる人たちが老若男女バラバラだということ。いかにもオタクっぽい人たちもいれば、若くて可愛い男女もいるし、家族連れも、小さい子供を連れた家族から、私たちのように大きな子供を連れた家族、結構歳いったおばちゃんのグループとか。

 

ポケモンGOのすごいところは、年代も性別も超えて人を夢中にさせてるってとこですね。

 

色々と問題も起きてるようですが、人に迷惑をかけず、怪我したり、事故に合わないように気をつけてくださいね!

 

コルマールは、夜も至るところがライトアップされていて、とっても素敵です。

 

image
image
image
 

アルザス地方にあるフランスのメルヘンチックな街、機会があれば、ぜひ訪れてみてください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)