Finally today is tomorrow! 

明日からからねと言い続け、そしてついに明日からが今日に…今度こそ絶対に痩せてやる!

バレリーナを目指す皆さんを応援するH.B.C.留学応援・NPO、代表はにバニのブログ

Welcome to "Finally today is tomorrow!"
This is the private blog by founder of H.B.C Hanibani Ballet Consulting -nonprofit organization-
If you have any questions, please visit my official website H.B.C Hanibani Ballet Consulting or E-mail to hanibaniservice@gmail.com

このブログは、バレエ留学を目指すみなさんを応援する、H.B.C.留学応援の創設者、はにバニの個人ブログです。

ドイツを始めとしたヨーロッパ各地、及びアメリカへのバレエ留学を応援します!


応援内容の詳細は、H.B.C 留学応援のウェブサイト をご覧ください。

お問い合わせはhanibaniservice@gmail.com まで。
お問い合わせ、ご相談はもちろん無料です。どうぞお気軽にメールしてください。




~ご来訪の皆様へ~

いらっしゃいませ。 こちらは、はにバニ こと 大阪のおばちゃんが、10年になるフロリダの生活を経て、2011年8月、今度は何と花のヨーロッパ、ドイツへお引っ越し。

そんな、驚きが耐えないはにバニ家の日々の様子を綴っているブログでございます。

ブログ内では、3つ年下のアメリカ人の主人のことを、「王様」と呼んで馬鹿にしてあがめております。 

自慢の娘が2人。長女のアラーナは、お勉強はできるけれど、いつもどこか抜けている、多動性の伴わないADHDの1996年生まれ。次女のサリーナは、ドイツのマンハイムバレエアカデミーに通いながらプロのバレリーナとなることを夢見つつ、体重増加に悩まされる1997年生まれ。2人をまとめてアラサリと呼んで、彼女達の成長する様を綴っております

時々ではありますが、我が家のわんこたちも登場します!ドイツ行きを察したかたのように、数ヶ月の間に後を追うようにして仲良く天国にいってしまった我が家の3頭のわんこたち。ゴールデンレトリバーの太郎とラスティー、そしてミニチュアロングヘアーダックスのピーちゃんことPeanutは我が家の永遠の王子達でございます。

その3頭を足して3で割って、さらにパワーアップさせたやんちゃなドイツ生まれのフリッツ王子!

自分のダイエット日記から始まったブログですが、最近では、H.B.C 留学応援の活動やアラサリのバレエネタを中心に、普段の生活ぶりや、家族旅行、映画の話などを書いてます。親馬鹿ネタ、家族自慢ネタが多いですのでお許しを。 そんな自慢しいはにバニのつたないブログですが、どうぞ宜しくお願いします!!!


~読者登録とアメンバーについて~

メール、読者登録、大歓迎! ですが、相互読者登録は受け付けておりませんのでご了承を。あくまで、自分がきちんと読みに行ける分のみ読者登録を申請しています。むやみに読者登録だけを増やして、実際全く足を運ばない~なんてことはしたくないので、自分で管理できる程度にあえて抑えています。読者登録してないブログには、時々ぺタやコメントから遊びに行かせてもらってます。

突然のアメンバー申請は、お断りすることがほとんどです。ある程度メールやコメント等でお付き合い頂いてからご申請頂ければと思います。基本、女性限定です。詳しくはプロフィールにてご確認ください。



<アラサリのバレエ&ダンス関連のお勧め記事>

題して、これを読んだらアラサリ・ダンスの歴史が全てわかる!<大げさやっちゅうねん


アラサリのダンス経歴
ダンスリサイタル特集
くるみ割り人形」公演 2006年~2009年
「コッペリア」公演 2009
バレエアカデミーを辞めた理由
バレエカンパニーオーディション結果
バレエ団には入らないことに決めました
ABT サマーインテンシブ総集編+オーディション



テーマ:
5月1日、いよいよクルーズに出発です。前置き長くて、すんませ~ん。こっから飛ばします。<本当か? 

私のクルーズ人生で、今回のクルーズは10回目の航海となりました。そしてなんと、実は初めての、インテリアキャビン(窓なしの内側船室)滞在!

なぜ今回、インテリアキャビンに決めたかと言いますと… 

まず、私たちが予約した時点で、上の方のデッキにあるバルコニーキャビンがすでに売れ切れだったんです。ここが王様の我儘なところで、金はないが、リーズナブルなインテリアキャビンや、下の方のデッキに滞在するくらいならクルーズ行かない方がましとかって考えての男でして…。シラー

ところが今回、スパが大好きな王様、「Cloud 9 Spa Stateroom」という、スパに近いインテリア(内側)キャビンを発見!バルコニーはないけれど、デッキ11といういうことで、プール等があるオープンデッキにも近く、スパやジムも近ければ、15階にある大人専用のデッキにも近いってことで、ここならインテリアでもいいんじゃない?ってことになったんです。

最初に検討していた、ハバナスイートの半額という金額も魅力的だったのと、私が「ダイエット中だし、ジムに近い方が嬉しいから!」とそっちのスパ・インテリアキャビンにしてもらいました。

{22ACCDEB-1CFC-4DFB-B91F-4D727418B34C}

これ、大正解でした~! スパキャビンに泊まると、ターマルスパ(サウナやジャクジーなどがあるスパ)の利用料がもともと含まれていて、バスローブやスリッパもお部屋に用意されています。そして何より、本当にスパに近い!<当たり前か

こちらがターマルスパ、デッキ12の前方にあります。

{10060EAE-02FB-4A1D-8300-A3EC6C4B7E2E}

ジャグジーと、岩盤浴もどきベッド。タイルが暖かいのです。

ジャグジー、ちっちゃ!しかも一つだけ?

私的には、このエリアはNCLエピックやNCLジェイドのターマルスパの方が好きですが(特にエピックは、広い専用バルコニーにも出れるのでグッド!)、その代わり、ビスタのスパは4種類のサウナがあり、サウナは充実しておりました。

そして、ジムもスパと同じエリアにあるので近い!



クルーズで、ターマルスパは私と王様の楽しみの一つでもあるんですが、遠いとなかなか行く気にもなれないんですよね~。てことで、今回はすぐそこの階段を登ればスパってことで、ほぼ毎日ターマルスパを利用していました。

あと、先にも書きましたが、プールデッキが10階にあり、バッフェや、スペシャルバーガー、メキシカンのレストランにも近かったのも便利でした。ショーがあるシアターはデッキ4でしたが、こちらも階段だだ~っと降りた所(同じサイド、船の前側)だったので、エレベーターを待たずに済みました。

クルーズの客室選び、真ん中が揺れを感じにくいし、前方と後方どちらにも行きやすいのでお勧めだと思っていましたが、私たち夫婦のニーズには、「スパ(ジム)が近い!」が一番だなと今回改めて実感しました。

個人的にはやっぱり、バルコニー欲しいです。はい。ただ、今回は予算的にはこれが精一杯だったかなと。でも、窓がないのは我慢出来たけど… 狭い、とにかく狭い。今まで利用した船室で一番狭かったです。服の収納場所がかなり少ないのと、ソファーがないのって不便だわ。でもここ4人部屋なので、必要な場合は天井から二つベッドが出てくるんですよね。小さい子供なら良いけど…大人4人だときっついだろうなぁ。

一応動画なんぞも。はにバニの声と、いつまで経っても下手くそな英語。(笑)





カーニバル・ビスタの乗船を検討中の皆様へ

船内施設を存分に楽しみたい派の はにバニお勧めキャビンは、船の前方デッキ9より上のキャビン!スパ・キャビンはもちろん、プールデッキに近い前方のバルコニーやインテリアでも良いんじゃないかなと。

よく使うエリアが、前方から真ん中なので、後ろ側はあまりお勧めしません。

人によっては、メインダイニング等やアトリウムが近い、デッキ5上下の真ん中を好む方もいるかもしれないけれど、海に近いより空に近い方が、寄港地に到着した時も眺めが良いし、一番開いてる時間の長い、バッフェのあるデッキ10に近い(階段でさっと行ける程度だ)と、便利だと思います。節約派には、ここで飲み物とかしっかりゲットできるし。

なんだかんだでね、エレベーター待ちに結構時間がかかるので、シアターやレストラン、プロムナードに行くのに、上の方の船室だと、階段を降りるならそんなに大変じゃないし、階段を利用することでエレベーターを使わなくて済むので便利。

ちなみに私は、デッキ5から、キャビンのあるデッキ11まで、上りもほぼ階段使用で、なるべくカロリー消費を計っておりました。

船の後方にあるハバナスイートは、スイート専用エリアもあってと~っても素敵なんですが… これ、NCLエピックの作りとも共通しますが、とにかくスパ(ジム)から遠いので、スパ(ジム)利用を考えてる方にはお勧めしません。ちなみにエピックは、スイート専用ジムとレストランがあるので、ターマルスパの利用さえ考えなければ全然オッケーですが、カーニバルビスタのハバナスイートは、スパ(ジム)が遠いだけでなく、メインシアターも遠いので、そういうのを楽しみたい方には面倒くさそうだなぁって思いました。

とにかくビスタは、メインシアター、IMAXシアター、スパ&ジム、プール、12歳~14歳のキッズクラブ等、ほとんどの主要施設が船の前方にあるので、船室は真ん中から前方の階段寄りがお勧めかなと思います。

あと、お子様連れの場合は、デッキ2にファミリースイートがあり、トイレが二つある船室があったり、家族エリア(簡単な朝食やスナックがいつでもゲットできる場所)があるらしいので、そちらもお勧めかも? 我が家の場合はもう、こういうの需要がないので~。

ちなみに、カーニバル・ビスタがヨーロッパにいるのは今年の10月終わりまで。その後はマイアミに移り、カリビアンクルーズとなります。日本人には、そっちの方が利用しやすいかな?

てことで、旅行記その2は、船室の話で終わってしまいました… 全然飛ばしてないし。はっはっは




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんか久々にまともにブログ書いてる気がします~。<いや、気だけじゃなくて、その通りだから

クルーズ旅行記、ぜ~んぶ途中で終わったまんまですね。はっはっは

去年の10月から わたくし、今回で4回目のクルーズでございます。どんだけ行くねん?っちゅう話ですが…

2015年
10月17日~10月24日(7泊8日) NCL ジェイド ギリシャクルーズ
12月19日~12月28日(9泊10日) NCL エピック カナリア諸島クルーズ

2016年
2月24日~3月6日(10泊11日) NCL エピック カナリア諸島クルーズ
5月1日~5月14日(13泊14日) カーニバル・ビスタ 地中海クルーズ



前のクルーズから旅行記書いてると、多分全然進まなくて、また途中で終わってしまうと思うので、とりあえず記憶の新しい、7年ぶりに利用したカーニバルクルーズライン、最新のクルーズ船ビスタによる、今までで最長となった2週間のクルーズの旅行記を、途中で終わらないように、なるべく簡単にまとめて旅行記書こうと思います。

説明長っ!(笑)


てことで、カーニバル・ビスタ 初航海、地中海クルーズ旅行記、始まり、始まり~!

今回のクルーズは、王様が計画を立て、何から何まで王様が手配していたので、私は船に乗るまで、ドブロブニク以外の寄港地さえ知らない状態でした。

ま、それがね~、悪かったんですけど。王様、最近年で物忘れ激しいから、奴に任せっきりにしちゃダメなんです。はい、分かってたんですけど、でも、任せっきりにしちゃったんですよ。だから、旅行初日からとんでもないハプニングに見舞われることに!

今回のクルーズは、イタリアのトリエステという街から出発して、スペインのバルセロナに帰ってくるというものでした。

フランクフルトからベニスまで飛び、そこから電車でトリエステに移動し、そこで一泊して翌日クルーズに出発。(王様は、何か起きてクルーズに乗れなかったら嫌なので、絶対に前泊するポリシー)

ベニスまでの飛行機が朝出発だったので、王様は宿泊と駐車場がプランになったサービスを利用することに。

フランクフルト空港まで1時間半ほどで行けるのに、わざわざ前泊とか超面倒くさ~いと思っていたはにバニですが、今回は王様企画なので、とにかく言われた通りに、おとなしく従うまで。

フランクフルト空港内のシャラトンホテルを予約した王様、フロントで驚愕の事実を告げられます。

「お客様の宿泊予定は、明日からの一泊になっておりますが?」

あほ~な王様、1日早くフランクフルト空港に向かっちゃったのよね。とりあえず、飛行機や電車のチケットは、日にちを間違っていなかったので良しとします。

一旦家に帰ることを提案したんですが、王様、かたくなに嫌だと言い、フランクフルト空港で2泊するはめに。しかも、何かのコンベンションがあり、宿泊料が2倍以上に膨れ上がっており…

1泊追加分だけで、なんと275ユーロもかかりました。

ちなみに、この追加の一泊分のお値段、2週間分の駐車場代と宿泊が一緒になった料金とほぼ同額。

ほんま王様… アホですね。

それでもね、ホテルの人が気の毒に思ってくれて、「できる限りの安い宿泊料にしておきましたので。」と言ってくれました。プラス、インターネット無料と、ウェルカムドリンク券も4枚つけてくれました。

ブッキングドットコムでチェックしたら、320ユーロ以上していたので、かなりサービスはしてくれたようです。

翌日は、フランクフルトでお買い物をして~、うひひ、母の日プレゼントを買ってもらいました~!

{F02B3495-A30F-45CB-B448-0F8CBDCEE84F}

がしかし、王様のカードがなぜか利用できなかったので、結局自分で支払ったし(-_-)


空港ホテルに2泊した後、や~っとベニスに出発です。

アルプス山脈の上を飛んで~

{4F4E2055-527B-4D66-A70E-F0DAF420BC67}

無事ベニスに到着!タクシーで駅まで移動して、駅のマクドなるとでランチ!

所変わればで、サラダに付属してくる物も違います。サラダドレッシングが超かわいい~!

{9A4D8DBC-5E27-49EE-9788-D1390DC4AD68}

トリエステまでの電車の旅もなかなか楽しかったです。




無事トリエステに到着、そして再び、ハプニング発生!

地図で見るとね、ホテルまで徒歩12分。私は、荷物も多いし、タクシー使おうよと言ったんですが、ここで王様、なぜかかたくなにタクシー利用を拒否。歩くことに。

死にました。

地図では分かりませんでしたが、心臓破りの坂道を延々と登りました、スーツケース大小合わせて4つと一緒に。よく辿り着けたなと。

宿泊先は、ホテルではなく、B&B(ベッド&ブレックファースト)と呼ばれる、ま、日本でいうところの、ペンションみたいな所だったんですが、なかなか素敵でした~ラブラブ

{68836E29-1B0F-4444-9931-86D0179B2764}

無駄に大きなバスルーム、こんなに大きいのにバスタブなしショボーン

{BC8567F5-736A-45A5-B16E-1CEDE7683F4A}

B&Bにチェックイン後は、トリエステ観光もしましたよ~。

可愛い電動トラム

{91A3CCC4-1330-4882-AD07-0349DEAACF48}

教会(名前忘れました)

{B38815C2-08F1-4F2D-B149-1431B316EABD}

ドーム部分が美しかったです。

{4117FEBA-D2D5-4402-84C3-AB29F4CA8A85}

イタリア統一広場

{B7584EE9-3877-4E0C-9DD4-4480F76E0AE6}

{6C2CCC5D-0D46-45A4-9470-C01077059EAC}

ディナーは、トリップアドバイザーで見つけたレストラン「Civico sei」

{2C2E893C-0620-4C18-A5D5-4A4123440871}

レストランへは開店時間の5分後に到着したのですが、なんと室内は全席予約でいっぱい、外のテーブルも予約席の札がありましたが、テーブルが一つだけ空いていて何とか食事が出来ました。

人気なだけあって、なかなか美味しかったです。

{1CE2D226-3549-4C0E-B702-E3B011E979B6}

なかなか満足のいく半日観光を終えた翌朝、朝食のセッティングは素敵でしたが、お味は… 普通

{D3AD1C70-C60D-48E4-9AB9-3FB1D05154B1}

朝食の後は、いよいよクルーズポートへと向かいます。

てことで、旅行記その1は、まだクルーズさえ始まっておりませんが…果たして、ちゃんとその2があるのかどうか… はっはっは




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の書き方が悪かったのか、今、私は日本に行っている(行っていた)と思っている方がたくさんいらっしゃるようですが… 

日本には行ってません。(これから行く予定~)

実は、王様と二人で、2週間のクルーズ旅行に行っておりました。テヘ <あほ

二人きりのクルーズは、実は初めて!ってことで、熟年ハネムーン? ラブラブ~ラブラブ

というのは嘘で、正直、かなり疲れました。<おい(爆)

そのせいで、旅行後、脱力感半端なく、ちょっと体調不良も重なって、H.B.C.留学応援の方の対応に少し時間がかかってしまってること、お詫び申し上げます。


クルーズ自体はね、楽しかったですよ。王様がうざかっただけで。<酷い言い様

カーニバルクルーズラインの一番新しい船が、イタリアのTrieste(トリエステ)から初航海ということで、今までのクルーズで一番長い、13泊14日のクルーズでした。

なんか昨日の記事では、テネリフェとか書いてたし。それは前に行った、カナリア諸島ですわ。地名がもう、頭の中でごちゃごちゃ~。

ずっと行きたかった、クロアチアのドブロブニクにも行けて、超満足~!!!

のんびり、旅行記書いて行こうかと思いつつ、ちょっと仕事たまってるので、どうなることやら。あまり期待せずに、お待ちくださいませ。

一応ね、インスタグラムの方は、クルーズ Day 1 ~ Day 12 まで、写真ポストしてますので、よかったらそちらもご覧くださいね。

https://www.instagram.com/hanibani68/



ちなみに、皆さんが気にかけてくださってる次女のサリーナですが… 今、完全にダンスから離れて、毎日ピザ屋でバイトしてます。せっかく、学校の先生が9月から通えるように話をつけてくださった、コンテンポラリーベースの別の大学のお話も、辞退してしまいました。(泣)

今は、一人で暮らしていく自身がないんだそうです。

1年、自宅で大学のコースを取りながら、バイトしつつ今後のことをゆっくり考えたいとのこと。

親としては、たまりませんが… 出来ることは見守ることだけですね。ふぅ




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)