ハンガー代表職人のブログ

ハンガー代表職人のブログ

HANGAR 代表職人の日常や、イベント情報などをご紹介中!

TDA 2020年シリーズ

第1戦 3月15日(終了) 第2戦 7月12日(終了)
第3戦 9月6日(日)  第4戦 11月8日(日)

公式練習会 2月16日(終了) 

開催場所:福岡県福津市 スピードパーク恋の浦

長々と降り続いた雨の影響で、ヌタヌタ、フカフカの厳しいコースコンディションとなりましたが、それはそれで非常に見応えのある戦いが繰り広げられましたビックリマーク

 

リミテッドクラス1位

和田智弘選手 JB23ジムニー

 

2位

梅津知浩選手 TA01エスクード

 

3位

加茂美博選手 H53パジェロミニ

 

 

アンフィニクラス1位

森川金也選手 V68パジェロディーゼル

 

2位

梅津知浩選手 TA01エスクード

 

3位

和田智弘選手 JB23ジムニー

 

今回のMVPはやっぱりこの人、和田選手。超マッドな路面をモノともせず、キレキレの走りでTDA参戦2年目で見事初優勝。

おめでとうございますアップ

 

もう一人、忘れては行けません。アンフィニクラスを制した森川選手。国際ラリーで数々の実績を持ち、TDAにもアドバイザー兼エントラントとして長年参加してくれていましたが、今回ウレシイ初優勝。走行条件が困難になればなるほど、過酷な国際ラリーで培った経験が生かされたようです。

本当におめでとうございますアップ

 

次回、第3戦は9月6日。まだまだコロナの影響が懸念されるところですが、感染防止に最大限の配慮を行いつつ無事、開催できればと思っております音譜

コロナの影響で5月から延期になっていましたTDA2020年ラウンド、第2戦ですが、7月12日(練習会の予定日との振替えです)に開催しますビックリマーク

 

3月の第一戦から4ケ月ぶりの実戦ですが、皆さんとお会いできる日を楽しみにしてます。マシンの整備、点検、よろしくです⭐️

 

なお、感染防止&マナーとして、会場内ではマスクの着用をお願い致します。7月12日はスピードパーク恋の浦へ!

(応援もソーシャルディスタンス意識、ですネドキドキ

 
7/28に4駆レン耐に行ってきました。
前日までの雨もあがり晴天となり素晴らしいドライブ日和でした。
今回の耐久レースのメンバーも安定の4人組
TEAM PIT IN HANGAR」画像をみればわかりますよね!)
今回からM/T,A/T,SUVタイヤの3種類の新品タイヤ(ヨコハマタイヤ提供)装着車両のくじ引きから始まり、(初参加と女子チームはM/T優先)我々はSUV装着車両になりました。
なにせ前日の雨でコースは超マッド状態、SUVタイヤはどこまで走れるのか?
まぁこれが予想通り進まん、止まらん、すべるすべ~る
それでもみんな必死にがんばって堂々の(安定の?)準優勝でした。
次回はくじ引きとピットサービスに全力を尽くすのだ‼
※ピットシーン、走行シーンの動画有り 見に来て下さいネ
 

オールペンその他、一年がかりで仕上げたKZJ95プラド様。塗りたてテカテカのボディは、見てるだけでも気持ちがイイものですが、ちょっとした不注意で小キズを付けたらと思うと、ヒヤヒヤものです。この後、足回り、タイヤの交換を行い無事、納車となりました。ありがとうございました音譜

 

こちらは足回りを全面的に変更中のJB23。(こちらもオールペン、オリジナル色)

必ずしも、値段が高いモノがエライとは思いませんが、安価なサスキットは性能もそれなり。「リフトアップした4駆は多少ガタピシ、ブルブルしても仕方無いですよ」なんてことは、口が裂けても言いたく無いので、しっかりシャキッと走れるように仕上げます。

口が裂けたらしゃべれないか?ほっこり

 

ガタピシの意外な原因の一つが、ラテラルロッドのブッシュ。ラテって、タダのつっかえ棒と思ってるかも知れないけど、実はとっても大事なパーツ。ココに使われているブッシュにも、ヨーイングを吸収させつつ上下動の邪魔をしない、という重要な役目があります。

詳しい説明は省略するけど(聞きたい方は当店まで)、要はカタ過ぎても、ヤワ過ぎてもダメだということ。カタさの基準はズバリ、純正です。JB23の持病とも言えるジャダーが何をやっても解消しないという時は、ココを疑ってみるのもアリですチョキ

こちらのお客様、ミッションオイル交換のご依頼を頂きました音譜

 

がしかーし!前に作業された方が、フィラープラグをガッチンガッチンに締め込んでいたようで、アレコレ手を尽くすもニッチモサッチも行かず、最終手段としてミッションを下ろすハメに笑い泣き(ミッション自体の画像は取り忘れました)

結果、ドリルを使い、力ワザとエキストラクタ(この作業のために新規購入汗)でどうにか外すことができました(切り子はどこに行ったんだろう???)

 

せっかくミッションを下ろしたので、クラッチ一式を交換することに。クルマとしての機能はアップグレードしましたが、オーナーさんの出費も大幅にアップグレードあせる

 

スズキの駆動系に用いられているテーパープラグは専用のビットを使って規定のトルク(27N/m)で締めましょう。力任せで締め込むと、今回のようにおサイフへのダメージ(ワタシ的は嬉しいのですがほっこり)が倍増しちゃいますヨ。

たかが「ネジ締め」と言うなかれ。適正トルクでの取り付けって、地味だけど、とっても大切なコトだと思いますドキドキ