ルーティーンズ 

長嶋有 講談社 2021年11月




 

 

無数のルーティンで、世界は回っている。作家と漫画家夫婦と2歳の娘がおくる、コロナ下のかけがえのない日常。長嶋有デビュー20年目の家族小説。
 
 2020年春、緊急事態宣言で娘の通う保育園が休園になった。あらゆるものが静止したコロナ下でも、子どもの成長は止まらない。作家の夫と漫画家の妻は、交替で育児をしながら非常時の日常を歩きはじめる――。



自転車が盗まれたり、隣人の腕時計を覗き見したりといったなにげない日常がほほえましい。

コロナ下では、保育園が休園となり、交代で育児をする毎日。
娘といる毎日は、たいへんだけど、楽しんでいるようでもあった。

不要不急とは何をいうのか?
娘を連れて公園へ行くのは、不要不急ではないのか?

娘の保育園を筆頭に、いろんなことが「静止」した。ドラム教室や映画館が休む。そのことは感知できる。公園のブランコや滑り台のように変化をみせた事物も感知できる。だがそれ以上にこの世界がさまざまに動かなくなっていることを、我々は感知しきれていない。>p158

コロナによって目に見えないところでおきている変化を、私たちは見逃しているのだ。

やりようがある世界と、ない世界がある。同じ朝に並んでいる。表現二つ。やりようがないのは、落ち度があってのことではない、ただの不運だ。一方で、全部にやりようがないわけではないと知ることは、これは無駄ではない。希望を感じる。>p164

これは、テレビ放送の撮影のストックがなくなった時、名場面を振り返る特番が始まった時の感想だ。

やり方によって、いい作品が作れるということ。
たいへんなコロナ下だけど、新しい発見があり、工夫すればなんとかなる。

いろんなことにガマンしている生活、この作品を読んで、ああ同じだと、何か安心した気持ちになった。

お気に入り度★★★★


監督ライアン・クーグラー

出演

チャドウィック・ボーズマン, マイケル・B・ジョーダン, レティーシャ・ライト, ルピタ・ニョンゴ, ダナイ・グリラ

 

 

アフリカの秘境にありながら、世界の誰もが創造出来ないような最新テクノロジーをもつ<超文明国ワカンダ>。ここには世界を変えてしまうほどのパワーを持つ鉱石<ヴィブラニウム>が存在する…。突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、この国の“秘密"を守る使命を背負うことになる。ヴィブラニウムが悪の手に奪われると、人類に未来はない――。“秘密"を狙う敵に立ち向かうのは若き国王。漆黒の戦闘スーツをまとい、ブラックパンサーとして戦うティ・チャラは、祖国を……そして世界を守ることができるのか?




ワカンダの国王だった父親をのあとを継ぎたティ・チャラは、ブラックパンサーとして、国の秘密を守るため世界中の敵と戦う。


アフリカの奥にこんな国があることに驚き。

先進国の人が、この国から何を学ぶのだろう?と疑問にするシーンがあったけど、大きなパワーを持つ鉱石があるし、こんなに進んでいる国はない。

この設定が面白かった。


お気に入り度★★★


七夕の夜におかえり 

三萩せんや 河出書房新社 202110



 


 兄妹のように育った聡士が急死した。2年後、伊織のもとに彼のスマホが託されてから不思議なメールが届き始める。天才肌の彼が遺した研究が夏祭りの夜に奇跡を起こす感動の青春ファンタジー。



時守たちのラストダンス 

の世界とは違うもう一つの世界。


大学生の伊織は、兄妹のように育った聡史の死を受け入れないでいた。

3年後、伊織は、帰郷し、聡史の遺品であるスマホを渡される。

聡史と伊織との思い出の中にあるパスワードを解いていく伊織だったが、何者かに追われることに・・・・


伊織のおじいちゃんが亡くなった時、

「おじいちゃんに会いたい」と言う伊織に対し、聡史は「必ず会える」と約束する。

これが、聡史の研究の原点だったはず。

その約束は?



過去をバネに未来に向かって生きようとする物語。


お気に入り度★★★


時守たちのラストダンス

原作 東堂いづみ 著三萩せんや 河出書房新社 2021年10月



 

 

高知から上京してきた高校1年の伊純は、同級生たちとダンスユニットを組むのだが、その裏で驚くべき計画が進行していた。異変が頻発する世界の救出に挑む、感動の青春ファンタジー!



陸上の練習を続けてきた伊純だったが、「自分はなんで走っているんだろう」と疑問に思う。

同じように、沙紀はダンサーに、あさひは武道に、小夏はピアノに、蒼は勉強に行き詰まって、楽しくなくなっている。そんな目的を見失いかけている5人がいっしょにダンスを始める。

そのダンスで、この世界の救出に挑む。



つらい記憶はない方がいいというわけではない。

挫折も苦悩も、全部意味があること。


過去も含めて今の自分がいて、未来へと続いていくのだと思える話だった。


お気に入り度★★★

めぐりんと私 大崎梢 東京創元社 2021年4月



 

 



三千冊の本を載せて走る移動図書館「本バスめぐりん」との出会いは、屈託を抱えた利用者たちの心を解きほぐしていく。家族の希望で縁もゆかりもない土地で一人暮らすことになった規子の、本と共に歩んできた半生を描く「本は峠を越えて」や、十八年前になくしたはずの本が見つかったことを引き金に当時の出来事が明るみに出る「昼下がりの見つけもの」など5編を収録。めぐりんが本と人々を繋ぐ移動図書館ミステリ、シリーズ第二弾。


本バスめぐりん」 

の続編。
移動図書館を利用する人たちの謎を解き明かす物語。


運転手のテルさん、司書のウメちゃんにまた会えてうれしい。


節子は、家族が強引に決めた引っ越し先で、移動図書館を見つける。家族がなぜこの地を選んだのかをときあかす。



27歳になる優也が小学校の時借りた本が、実家の天袋の紙袋の中からみつかる・・・・・・・・

佳菜恵は移動図書館を利用していることから、小説好きと勘違いされ、営業三課の桐原から声をかけられる。


移動図書館を利用しているからといって、小説を読んでいるとは限らないけど・・・・・・・・

佳菜恵は、ミステリーを読むきっかけになったし、いい出会いになった。

熱意をもって取り組むべき対象をもっている人。


70歳の・・・まさしは、移動図書館で、小学校の時の同級生の大悟と再会する。

次の巡回日に大悟があらわれない。小学生のふたりが家を知っているというので行ってみると・・・・・・・・

小学生のふたりは、潤くんという男の子を探していて・・・・・・・・


ハートウオーミングな物語だだ。




図書館は岐路に立つ。娯楽は多様化し、知識を得る方法は多岐にわたり、人口は減り予算は削られる。

これが実情なのですね。

実際、私の家の近くに来ていた移動図書館はなくなったので、本館に行かなくてはならなくなった。

それでも、図書館があることはありがたい。
たくさんの本が読めることがうれしい。


お気に入り度★★★★




監督スティーヴン・フォン

出演アンディ・ラウ, ジャン・レノ, スー・チー, トニー・ヤン, チャン・チンチュー

2017年

 

 世界を股にかけて国宝級のお宝を狙う怪盗ダン。

5年前、3つのピースからなる至宝“ガイア”の一部分“森の瞳”をルーヴル美術館から盗み出すも直後に襲われ、宝を奪われたあげく警察に捕まってしまう。
復讐に燃えるダンは刑期を終えると、自分を陥れた人間を探し出すため再び盗みの世界へ舞い戻る。
相棒ポーと、新たに加わった紅一点レッドとともに 、“ガイア”の残りのピースのある豪邸に潜入し、最後の大仕事に挑む!

フランス人刑事ピエールの追っ手が迫るなか、一触即発の危険すぎる盗みがいよいよ始まる!





宝石を狙う怪盗の話で、厳重な警備のもと、どうやって盗むのか?ハラハラドキドキ!


その怪盗を執念深く追い続ける刑事・・・・・・・・


気楽に楽しめるアクション映画だ。



アンディ・ラウとジャン・レノとの共演とは、豪華か顔ぶれだった。


お気に入り度★★★



黙約のメス 本城雅人 新潮社 2021年10月





 

 

「脳死」。この言葉に日本人は何を感じているのでしょうか。仮に本人が臓器提供を意思表示しても、心臓が止まるまで家族が延命治療を望むケースの多い日本では、脳死が死であるという考え方になかなかなじめず、「治る可能性があるかもしれないのに、それを捨てて他の人に臓器を移植することは、患者本人を見殺しにする」という考えにとらわれているのかもしれません。そもそも銃社会である米国に比べて脳死ドナーの出る数も少なく、さらにキリスト教圏とは死生観も異なります。こういう背景で、問われる生体肝移植か脳死肝移植かという選択――。そのどちらを選ぶべきかという「日本人の死生観」を問う内容に加え、研修医が医療ミスの責任をとらされる医療界の現実や、看護師たちの怒り、病院に蔓延る権力闘争、法案成立にしがみつく厚労技官の様、病院経営に隠されたお金の流れと海外や政治家との癒着など、現代日本の医療界の問題点に切り込む内容になっています。



外科医・鬼塚鋭臣は、ブラックジャックか、切り裂きジャックか?
鬼塚鋭臣を取り巻く人たち、研修医、看護師、外科部長、ジャーナリスト、病院長、厚生労働省医系技官、病院経営者、移植コーディネーターの立場の人たちの話から、鬼塚がどんな人物なのかを浮き彫りにする。
    


  生体肝移植か脳死肝移植か?
    日本では、脳死によるドナーが少ないため、脳死肝移植より、  生体肝移植の方が多い。
 しかし、提供者のことでいろいろな問題があることを知った。
     

  医療の問題、医療経営にいたるまで、いろいろ考えさせられる内容だ。


<メスを入れれば、患者の体は、もう二度と元のきれいな体に戻ることはできません。>
すべて読み終えてから、プロローグを読み返すと、その意味が理解でき、切ない気持ちになった。


患者に真摯に向き合っている医療従事者がいることを私たちは忘れてはならないと思う。


お気に入り度★★★★★

監督 ロドリゴ・ガルシア

出演

 ‎ アン・ハサウェイ, パトリック・ウィルソン, デヴィッド・モース, ダイアン・ウィースト, クレア・デュヴァル

 

 飛行機事故で生き残った5人の乗客たちの心の傷を癒そうと、事故の真相を追究し始めるセラピストのクレア。しかし、事故に関する新事実を口にした乗客たちが次々と姿を消していく。 さらに、クレアは航空会社の人間に尾行され、大事故の後だというのに不気味なほど落ち着きはらっている男性生存者には大胆に言い寄られる。自宅へ帰れば謎めいた隣人が現れ、生活に口をはさんでくる。 真相を追えば追うほど深みに引き込まれ、錯綜する現実に自分を見失うクレア。 これは偶然なのか仕組まれた罠なのか―? そして彼女だけが知らなかった驚愕の真実とは。



飛行機事故で生き残った乗客たちの心の傷を癒やすため、精神科医のクレアが乗客たちの話を聞く。


そのうち、パイロットのミスではなく、飛行機に問題があったのではと疑問を抱くようになる。

すると、航空会社の人に尾行され・・・・・・・・


クレアは、医師としてはあってはいけないことだが、患者(生き残った乗客)のエリックと深い関係になり・・・・・・・・


といったサスペンス。


隣の住民が、何かと顔を出してきて不気味。



こういうことだったのね。

あんな大きな事故だったもの・・・・


思っていたのと全然違うラストだった。

事故で亡くなった人たちの冥福をお祈りします。



お気に入り度★★★★


小野寺史宣 新潮社 2020年11月




 

 


気づかないうちに、夜は、人の心を侵す――抗えるか、それとも、流されるか? プロボクサー、タクシードライバー、交番の警察官、高校教師。その夜、四人の男女は、人生の境界線上に立った。あの日のあなたと同じように。選択の瞬間、夜に潜む魔物が、そっと背中を押す。選んだのは、善? それとも悪? 人間の強さと弱さを繊細な視線でとらえ、忘れられない物語に昇華させた著者会心の書き下ろし長編。




プロボクサー、女性タクシードライバー、交番勤務の警察官、高校教師・・・・・・・・

人には、魔が差すことがある。心の弱さが間違いを起こしそうになることが・・・・・・・・

そこで踏みとどまることができるのか?


それぞれの登場人物が複雑に絡み合って話を作っている。

間違いを起こしそうになるのも、踏みとどまることができるのも人間の生業。

尊敬する人、支えてくれる人、見守ってくれている人、そういう人がいるからこそ、踏みとどまることができるのだと思う。

夜が明けた朝、前向きな姿に、応援したくなった。


お気に入り度★★★★

監督 福田雄一

出演 桐谷美玲, 藤井美菜, 高畑充希, 有村架純, 山本美月 

2014年


 

 

彼女たちは選ばれた。片手間でも最強の戦隊女子ーズとしてー恋に仕事に美容にヤボ用、なにかと忙しい女子たちが、地球の平和を守ることができるのか! ? 光と闇が一心同体であるように、この世に悪がある限り、必ず現れる正義の味方。世界征服を企み、地球に襲いくる邪悪な怪人を倒すため、“名字に色が入っている\"とうただ一つの理由で司令官チャールズの元に集められた5人の女たち。不本意ながら“女子ーズ\"となった彼女たちは、いきなりの展開に疑問を感じながらも、5人が揃ったときに繰り出す無敵の必殺技“女子トルネード\"を武器に怪人との戦いに挑む! しかし、恋に仕事に、美容にヤボ用と、なにかと多忙な女子たちはなかなか揃わない。なぜなら女子とは、そういうものだからである・・・果たして、次々と現れる怪人たちを倒し、片手間で世界の平和は守られるのか! ?




ゆる~い戦隊もの。


地球政略にやってきた怪人をやっつけるため集められた5人の戦士。


彼女たちは、名字に色の名前がついているという理由だけで集められたのだ。


5人で力を合わせれば、大きな力を発揮することができる。


しかし、急な呼び出しにすぐに応じられないこともあるわけで・・・・・・・・


そんなとき、怪人に待ってもらって、仲間を呼びに行く?・・・・そんなこと、有り得ない!




豪華キャストの5人で、それぞれに個性があるのは面白い。


仕事を優先して、駆けつけなかったレッドが、今度はほかのメンバーを呼びに行く所は、面白かった。



お気に入り度★★★