TOEIC連続990点講師 花田のブログ

TOEIC連続990点講師 花田のブログ

新宿で授業やってます!TOEIC専門校「花田塾」のホームページはこちら → http://www.hanadajuku.com/

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

4月24日の第292回TOEIC公開テストを受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:20のフォーム(ブースの前に立っている女性の写真が1番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: やや難
 Part2: 易
 Part3: 難
 Part4: やや難
 Part5: やや難
 Part6: 難
 Part7: 普通


リスニングではPart1が前回に引き続き序盤からハイレベルな言い回しをガンガン放り込んできていましたが今回は特にPart3の難易度が高いと感じました。歯科医院の待合室にmural(壁画)を描いてもらう話、造園作業のなかで使用したfertilizer(肥料)の話、職人らが最新技術を使ってfireworks(花火)の打ち上げをプログラミングしようとする話etc.、多岐にわたるトピックで会話が展開されていたため、情景を思い浮かべるのが困難だと感じた受験者はかなり多いのでないかと推察します。

 

Part5ではengaging(黒のフレーズP151)やcarry out(暗黒フレーズP103)といった表現に遭遇しました。他にもin order to(文法特急P41)やas(文法特急P34)、およびAnyoneWhoeverの語法(文法特急P262)などがテストされていました。

 

Part6はレアな接続副詞をテストする問題が印象深かったです。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言えるでしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は花田塾へ是非どうぞお越しください。
 

オンライン授業もやっておりますのでご活用いただけますと幸いです。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
   ↓

おはようございます、花田塾の花田です。

 

第11回花田塾チャリティセミナーにご関心をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。

 

お申込みにあたり以下の内容をご一読のうえ、ご賛同いただける方は必要事項を下のフォームから送信いただけますと幸いです。

 

一時的にたくさんの支援をするよりも、被災地で頑張っていらっしゃる方々の姿を胸に刻んでずっと一緒に歩んでいこう...そんな思いで10年以上にわたり続けている特別なイベントです。

 

支援金は被災した東北の子供たちの学習支援に充てられます。

 

第11回花田塾チャリティセミナー 

日時:4月29日(金・祝日) 13:00~17:30

趣旨:東北大震災で被害にあわれた方々への継続的支援

講師:神崎正哉さんOJiM(八島晶)さんRabbit(藤枝暁生)さん,

   ヒロ前田さん駒井亜紀子さん, 花田徹也

   <問題の提供> TEX加藤さん

協賛:朝日新聞出版T'z英語ラウンジ

形式:Zoomを使用したオンライン受講
定員:約195名(恐縮ながら定員に達し次第、お申込みは締切らせていただきます)

内容:TOEICの演習、座談会、参加者の皆様とのチャットetc.

費用:5,000円(全額寄付、被災者の方々への直接的な支援に充当されます)

 

例年と同様、募金先は以下のとおりです(復興が特に遅れている福島への比重を高めたく考えております)。

東日本大震災ふくしまこども寄附金」 50%
東日本大震災みやぎこども育英募金」 25%
いわての学び希望募金」        25%

 

 

<注意事項>

 

今回はZoomでのリモート開催となりますので安定したインターネットへの接続、および然るべき機器でZoomに参加できる環境をお持ちであることが必須となります。

 

◆セミナーの使用教材を添付ファイルにて送付いたしますのでPCやスマートフォンでの閲覧が困難だと感じる方はセミナー開始前にご自身でプリントアウトしていただく必要がございます

 

◆お申込みフォームを送信いただきますと、自動返信メールにて寄付金のお振込み先をお知らせいたします。こちらで入金の確認ができた時点で、正式にお申込み完了となります。

 

入金確認のメールは花田からお一人ずつ差し上げることとなります。届くまで多少時間がかかりますことをあらかじめご了承ください。

 

◆チャリティの性質上、お預かりした寄付金はセミナーが開催されない場合を除き、いかなる理由であっても返金いたしかねます

 

◆定員になり次第、お申込み受付は終了とさせていただきます。

 

 

お申込みフォームこちらです。

(お申込みの受付は4/27に終了させていただきました)

 

 

なるべく多くの寄付金を届けられるように、皆様の周りの方々にもこのチャリティセミナーのことを告知していただけますと幸いです。

 

Where there is a will, there is a way.

意志があるところに道はできる

 

皆様のあたたかいお気持ちに心より感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは、花田塾の花田です。

 

さて、早いものであれから11年が経ちましたが、残念ながら「復興」と

言えるにはまだまだ長い道のりですね。

 

一時的にたくさんの支援をするよりも、被災地で頑張っていらっしゃる方々の姿を胸に刻んでずっと一緒に歩んでいこう.....そんな思いで10年以上にわたり続けている特別なイベントがあります。

 

意識が薄れかけてしまっている今だからこそ、今年もまた是非やりたいと思います。


第11回花田塾チャリティセミナー 

日時: 4月29日(金・祝日) 13:00~17:30

趣旨: 東北大震災で被害にあわれた方々への継続的支援

講師: 神崎正哉さんOJiM(八島晶)さんRabbit(藤枝暁生)さん

    ヒロ前田さん駒井亜紀子さん、花田徹也

    <問題の提供> TEX加藤さん

協賛: 朝日新聞出版T'z英語ラウンジ

形式: Zoomを使用したオンライン受講
定員: 約195名(恐縮ながら定員に達し次第、お申込みは締切らせて

    いただきます)

内容: TOEIC形式の問題演習、座談会、参加者の皆様とのチャットetc.

費用: 5,000円全額寄付、被災者の方々への直接的な支援に充当

    されます)

 

例年と同様、募金先は以下のとおりです(復興が特に遅れている福島への比重を高めたく考えております)。

東日本大震災ふくしまこども寄附金」  50%
東日本大震災みやぎこども育英募金」 25%
いわての学び希望募金」          25%

 

 

なお、新型コロナウィルスの感染状況に鑑み、対面式で一部の方に

当日会場へお越しいただけるかどうかは検討中です(懇親会は行いません)。

 

 

お申込みの受付けは、4月4日(月)の午前8時より開始いたします。


時間になりましたら、当ブログに案内を掲載いたしますので内容に目を通していただいたうえで、お申込みをお願いいたします。

 

なるべく多くの寄付金を届けられるようにするべく、皆様の周りの方々にも本チャリティセミナーを告知していただけますと幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

3月20日の第290回TOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは午前の部(ボウルに手を伸ばしている女性の写真が1番のフォーム)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: 難
 Part2: やや難
 Part3: やや易
 Part4: やや難
 Part5: やや難
 Part6: 普通
 Part7: やや難


リスニングではPart1の序盤から長めのセンテンスやハイレベルな表現のオンパレードだったため、序盤でリズムを乱してしまった受験者が数多く存在するだろうと思います。Part3や4の意図問題もいくつか難しいものが出ていました。

 

Part5では be accompaniedresponsibly(黒のフレーズP121)といった語彙、underneathというマニアックな前置詞、consideringを用いた分詞構文(文法特急のP324)や接続詞once(文法特急のP230)等をテストする問題に遭遇しました。

 

全体的に難易度が高めのフォームだという印象を受けました。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
来週 3月27日(日)から新学期スタートです。

 

オンライン講座もやっておりますので、ぜひご活用ください!


対面式/リモートともにお席に限りがあるため満席となってしまう可能性もございます。ご希望の方はお早めにお申込みください。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
    ↓

 

 

 

 

 

こんばんは、花田塾の花田です。

 

今日も14時46分にテレビの前で被災地の方々と一緒に黙とうを捧げましたが、復興はまだまだ道半ばなのだと痛感させられました。

 

というわけで、今年もまた開催したいと思います。


第11回花田塾チャリティセミナー 

日時: 4月29日(金・祝日) 13:00~17:30

趣旨: 東北大震災で被害にあわれた方々への継続的支援

費用: 5,000円(全額寄付、被災者の方々への直接的な支援に充当

    されます)

 

詳細はまた今月中に追って告知させていただきますが、ご都合のつく方はお日にちだけ空けておいていただけますと幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

追伸:

昨年度のセミナーの様子はこちらでご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

2月27日のTOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:21のフォーム(女性が屋外で食事を楽しんでいる写真が1番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: 易
 Part2: やや易
 Part3: 普通
 Part4: 難
 Part5: 易
 Part6: 難
 Part7: やや難


リスニングではPart4の難易度が高いと感じました。状況や内容を把握しづらいセットが多く、選択肢も長めだったため、かなり苦労された方が多いのではないかと思います。Part1からPart3まででは差が付きにくいセットだったので、あのPart4をきちんと処理できていれば高得点が出るような気がします。

 

Part6は2択まで絞ってから悩ませるタイプの問題がいくつかあり、選ぶのに時間を要するものが多めだと感じました。

 

Part5では、privilegeexpand(黒のフレーズP149)といった語彙に遭遇しました。他にも、rather thanパラレリズムを形成する(文法特急P80)といった文法知識をテストする問題などが印象深かったです。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
 

オンライン授業もやっておりますのでご活用いただけますと幸いです。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
   ↓

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

1月30日の第286回TOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:21のフォーム(カートを押している女性の写真が1番、金属製のパネルを指さしている男性が6番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: やや難
 Part2: やや易
 Part3: やや易
 Part4: 難
 Part5: やや難
 Part6: やや易
 Part7: 普通


リスニングではPart1の2~6番まですべて上級レベルの問題で、細部まで聴き取る力がなければ○×の判定がしづらい文が連発したため、序盤でリズムを乱してしまった受験者が多く存在するかと思います。

特筆すべきはPart4で、一文が長めのセンテンスがハイスピードで読み上げられていたうえ、多くの人にとって慣れ親しみがないであろう場面も複数ありました(これはPart3も同じで、最近のトレンドと言えるかも!?)。

 

Part5では選択肢にさほど難しくない一般的な単語が並んでいるものの文脈を正確に捉えることができないと間違えがちな語彙問題、接続詞once(文法特急のP230)をテストする問題、whetherの語法(文法特急のP160)をテストする問題に遭遇しました。Owing toとNow thatのどちらか(文法特急のP34とP204)を選ばせる問題で悩んだ方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
来週 2月6日(日)から新学期スタートです。

 

オンライン講座もやっておりますので、ぜひご活用ください!


対面式/リモートともにお席に限りがあるため満席となってしまう可能性もございます。ご希望の方はお早めにお申込みください。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
    ↓

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

12月19日の第284回TOEIC(午前の部)を受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:21のフォーム(男性が跪いて撮影をしている写真が1番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: 難
 Part2: 難
 Part3: やや難
 Part4: 普通
 Part5: 普通
 Part6: やや易
 Part7: 普通


リスニングでは新しいイギリス人ナレーターが登場しました。さほど子音は強くありませんが、トーンが低めで暗~い話し方をするので、慣れていないと聴きにくいと感じる受験者は多いと思われます。

 

Part1は語彙レベルが全体的に高く、Part2では選択肢が長めで速いと感じられるものが多い印象を受けました。序盤から間接的な応答をしてくるパターンが盛り込まれており、出題者は意図的に難易度を高めようとしたのではないでしょうか。

 

Part5では、prominently(黒のフレーズP167)やprosperous(黒のフレーズP41)といった語彙に遭遇しました。他にも、前置詞despiteによって名詞をつながれる知識をテストする問題(文法特急P21)、等位接続詞andがパラレリズムを形成する(文法特急P80)ので空欄に入るべきではないと判断すべき問題などが印象深かったです。

 

Part6では、notwithstanding(文法特急P324)やnonetheless(文法特急P191)といったハイレベルな語彙も登場していました。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
 

オンライン授業もやっておりますのでご活用いただけますと幸いです。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
   ↓

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

11月28日の第282回TOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:21のフォーム(カメラの調整をしている女性の写真が1番、ギターを弾いている男性が6番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: 易
 Part2: 普通(前半は易、後半は難)
 Part3: 普通
 Part4: やや難
 Part5: やや難
 Part6: 易
 Part7: 普通


リスニングではPart2の後半において分詞や関係代名詞を用いながら補足情報が盛り込まれた長めの文や間接的な応答をしてくるパターンが数問でていました。

 

Part4は各問題のキーワードが間髪入れずに、次から次へと読み上げられていたため、特に意図問題では選択肢の先読みまでできているかハイスピードな速読力がないと苦労されたのではないでしょうか。

 

Part5ではunverifiedやconceivable(黒フレのP187ご参照)のような難度の高い語彙、前置詞According to(文法特急のP81)や接続詞while(文法特急のP100)をテストする問題、およびトリッキーな品詞問題にいくつか遭遇しました。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
来週 12月5日(日)から新学期スタートです。

 

オンライン講座も始めましたので、ぜひご活用ください!


対面式/リモートともにお席に限りがあるため満席となってしまう可能性もございます。ご希望の方はお早めにお申込みください。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
    ↓

 

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

10月24日の第280回TOEIC(午前の部)を受験された皆さん、お疲れさまでした!

 

ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自身にご褒美をあげてくださいね生ビール

 

僕が受けたのは終了時刻が12:22のフォーム(女性2名が戸棚の中を覗き込んでいる写真が1番、枝が雪で覆われている写真が6番)だったのですが、直近1年で受験したものと比較しつつ所感を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: やや難
 Part2: やや易
 Part3: やや難
 Part4: 普通
 Part5: やや難
 Part6: やや難
 Part7: やや易


リスニングではPart3においてまた珍しいシーンがいくつかありました。CMの撮影現場flavoristが食品用の香料について語るインタビュー、記者会見でのやりとり等々...TOEICの世界が広がりをみせていますね!個人的には普段あまり耳にすることのない単語や表現に触れることができるのは楽しいと感じますが、受験者の皆さんにとってはキツイかもと思いながら聴いていました。

 

Part5では、clientele(暗黒のフレーズP159)、deliberately(黒のフレーズP41)やintermittently(黒のフレーズP99)といった語彙に遭遇しました。他にも、increaseの名詞的な機能(文法特急P19)、Whoever(文法特急改訂版のP261)やSeveral of ~(文法特急改訂版P167)という語法の知識をテストする問題などが印象深かったです。

 

Part6では、現在形現在進行形からふさわしい時制を選ばせる問題があり、迷った方がかなり多いのではないかと推察いたします。

 

Part7の言い換え問題が4つも出題されていましたが、そのうちの1つの"due to"は文法特急の34ページをマスターしていれば秒殺できたと思います(^^)

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない 英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言える

でしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
 

オンライン受講も始めましたのでご活用いただけますと幸いです。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
   ↓