飲食店の安全・安心を守るHACCPコーディネーターのブログ

飲食店の安全・安心を守るHACCPコーディネーターのブログ

飲食店の皆様、HACCPをご存じですか?
食品衛生法が改正され、飲食店でも導入が必要になります。
HACCPは、あなたのお店のの信頼を厚くし、お店の財産になるものです。
お店の皆さんと一緒にHACCP導入をサポートします。

NEW !
テーマ:

こんにちは。兵庫HACCP行政書士の石井麻里です。本日もご訪問ありがとうございます。

先週、またまたノロウイルスの食中毒がありました。

群馬県のホテルで食事をした52名が下痢や嘔吐などを訴え、そのうち14名からノロウイルスが検出されたそうです。

結構大人数ですね。

年明け、4日~6日に食事をした人だったようで、新年会だったのでしょうか。

そして、ここでポイントなのが、従業員5名からもノロウイルスが検出されたとのこと。

さらにさらに問題なのは、ニュースによると、下痢、嘔吐などの症状があった従業員1名が調理に加わっていたとか。

いくら人手不足でも、下痢、嘔吐症状のある従業員を調理させたらダメです。

従業員からしたら、調子悪いけど、頑張って働く!と頑張っているかもしれませんが、時に、それはお店に損害を与えることになりかねません。

お店、というより、今回食中毒が出たのはホテルなので、ホテル自体が大損害ですね。

飲食店HACCPの計画の中には、従業員の健康をチェックする欄があります。

もちろん、ただ、チェックするだけでは意味がありません。

本当に、下痢、嘔吐ない?と確認する必要があります。

毎日面倒くさいな、と思うかも知れませんが、それが、あたなのお店を守る盾になります。

「今日、ちょっと下痢気味なんスけど、熱ないんで、大丈夫っス」

と言う頑張り屋のアルバイトさんには、「無理するな」と言って、ぜひ調理から外して下さい。

あと、普段から我慢して頑張って黙々と働くアルバイトさんには、「ノロウイルスとか流行ってるけど、お腹の調子大丈夫?」と一言聞いてあげてください。

そして、体調が悪いなら、「普段頑張ってくれているから、ゆっくり休んで、元気になってから、また頑張ってほしい」と伝えてお休みさせてください。

それが、アルバイトさんもお店も守ることになります。

体調悪くても出ます!という頑張り屋さんは、その頑張りを認めてあげてから、調理から外す、あるいは休ませることをしてあげると、従業員も気持ちよく休めます。

また、アルバイトスタッフにも、自分の体調と衛生管理との関係を普段から教えておけば、意識も変わるかもしれませんね。

食品衛生の立場からお店を守るHACCPをもっと知りたい方は、基礎から学べる飲食店HACCPセミナー(大阪)にご参加下さい。

1月18日(金)申込締めきりです。

セミナーの日時の詳細、お申し込みは、こちらのページをご覧下さい。


テーマ:

こんにちは。兵庫HACCP行政書士の石井麻里です。本日もご訪問ありがとうございます。

いよいよ来週になりました。飲食店向けHACCPセミナー

あー、緊張する・・・・。

第1回目は、グループの別のメンバーが講師を務め、私はひたすらカメラ係をしておりましたが、今回は、自分が講師。

ちょっとドキドキです。

90分で、皆さんに楽しくHACCPの基本と導入方法を理解していただくよう、分かりやすい資料を準備しています。

HACCPの資料って厚生労働省などがネットにアップしていますが、結構な量。

それを全部読んで理解しようと思ったら、かなりの時間がかかります。

でも、それを凝縮して話を聞く、ということにすれば、読むよりは断然時間が早い。

さらに、今回のセミナーでは、実際にHACCP計画の一部を書く作業をしていただきます。

あ、こうやるんだ、と実感していただけると思います。

セミナーは、1月23日(水)午後2時から、エルおおさかにて。

お申し込みは、1月11日まででしたが、1月18日まで締めきりをのばしました。

今週の金曜日が申込締めきりです。

HACCPやってみたいけど、分からない。

HACCPには何が必要?

うちの衛生管理は大丈夫だと思うけど・・・・・ちょっと自信ない。

法律が変わったっていうけど、どうなった?

他店と差別化したい。

などなど、お思いの方、ぜひ飲食店HACCPセミナーにお越し下さい。

日時や場所の詳細、お申し込みは、こちらをご覧下さい。

こんにちは。兵庫HACCP行政書士の石井麻里です。本日もご訪問ありがとうございます。

さて、昨日、素敵なお話のブログをリツイートさせていただきましたが、皆さん、それぞれお店にはこだわり、がありますね。

このお店はこれがおいしいとか、この雰囲気がいい、とか。

お店を選ぶ基準は、お客様によって様々ですが、飲食店をしている以上、何かしら料理にこだわり、というのは持っていらっしゃると思います。

では、衛生に関するこだわり、は持っていらっしゃいますか?

衛生って基本的な部分ですね。

ここがきちんとなっていないと、そもそも営業許可が出ないし、保健所の指導が入って、その指導に背き続けたら、営業許可を取り消される、なんて可能性もあります。

とはいえ、この衛生基準、HACCPからすると、実は、最低限の基準、なんですね。

これを守っていれば、営業してもいいですよ、というレベル。

これって、料理でもこういうことはあって、まずくはないけど、すごくおいしいわけでもない、という場合ってありますよね。

最低限、お金を出して食べるレベルの料理ではあるけど、それ以上においしいわけでもない。

でも、そんな料理ばかり出していたら、常連客は増えないですね。

衛生もそれと同じです。

最低限守られていて、一応は食中毒を予防できるけど、食中毒が起きる可能性もある。

でも、HACCPを導入して、衛生管理を向上させ、食中毒の予防の度合いを高めれば、お客様に対しても安心を+で提供することができます。

あなたのお店は、最低限、だけで済ませますか。

それとも、予防効果を高め、お客様に料理に対する安心をプラスしますか。

お店の衛生を高めたい、見直したい、という方は、

ぜひ、1/23開催の飲食店HACCPセミナーにご参加ください。

HACCPの基本から導入までを90分で学べます。

場所の詳細、お申し込みは、こちらをご覧下さい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス