たまご組担当の似鳥です。

 

運動会が近づく中、たまご組でも運動会ごっこを楽しんでいます!

とくに好きなのは「よ~い、ドン!」

 

走っていると、子どもたちの方から「つぎ、わにさん!」「うさぎさん!」「わんわん!」「がおー!」と〝様々な動物に変身して走りたい!”との声が!

個性豊かな可愛らしい動物たちです。

(わに)

(いぬ)

(かえる)

(うさぎ)

(らいおん)

「一緒に走ろ!」と手を繋ぐ姿もかけっこならではですね。

 

走るのが大好きな子は、毎日幼児クラスのかけっこや園庭内のランニングにも参加しています。

今日は幼児さん達が園外のランニングをやっていると‟私もぼくもやりたい!”との声が…!

安全に考慮しながら保育者と共に数名走ってみると…初めての挑戦でしたが、なんとみんな走りきることが出来ました!

途中、憧れのお兄さんお姉さんたちに「がんばれ!」「すごい!」と温かい声援を掛けてもらい、終始嬉しそうに走るたまごさんでした。

「みて~すごいでしょ!」「いってきまーす!」

(前後に保育者がいます)

改めて子どもたちの体力と意欲に驚かされました。今後も可能な限り、子どもの「やってみたい!」を大切にしていきたいです。

給食室の木田です。

 

お外はすっかり涼しくなり、秋が近づいてきていますね。

給食室には大きな窓があり、その窓から子どもたちはご飯を作る私たちの様子を見に来てくれたりします。

その窓には季節ごとに給食スタッフが作った飾り付けをしています。

今はぶどう(巨峰とシャインマスカット)とそれを狙う悪い顔をしたカラスです。

「カラスさん、なに食べてるの?ぶどう??」など、声をかけてくれる子もいます(^^)

飾り付けを変えるたびに子どもたちの反応が楽しいので、冬は何にしようか考え中です。

お楽しみに♪

 

今日のメニューは

⚫︎スパゲティミートソース

⚫︎さつまいものミルク煮

⚫︎梨

みんなお口のまわり真っ赤にして、クマさんみたいな顔になっていました🐻

みんなモリモリ食べて、おかわりコーナーも大人気!

たくさん食べてたくさん遊んで元気いっぱい過ごして欲しいです。

今日も美味しく食べてくれてありがとう☆

 すずめ組(満3歳児)の日笠です。

 

 今日は、風が強く気温も低くて肌寒い…そんなお天気でしたが、朝から元気いっぱいの子ども達。寒さなんてなんのその!園庭に出てみんなで思いきり体を動かしました。

 毎日自由な中でダンスをして楽しんで体を動かしていますが、毎日踊っているうちに、どの子も生き生きとした顔になって、一緒に踊るこちらまで笑顔になります。



 お姉さん達と一緒にノリノリです♪



 たくさんダンスを楽しんだ後は、走りたい子どもが集まってかけっこをしました。

「よういどん!」で全速力!何度も何度も走って、いつのまにか体もポカポカになったようでした。



 

 大きい組さんは、外に出て園の外周をランニングしました。園庭の中からは「頑張れ!頑張れ!」と応援しているお友達もいて、その声に応えるかのように頑張って走る姿もありました。


 

 年齢や経験も違いますが、様々な形で、自分の体を思いきり動かして楽しさや気持ちよさを感じている子ども達です。ひとりではできないことも、みんなと一緒にすることでやってみようと思ったり、一緒に楽しさを感じることを嬉しいと思える、そんな活動になっていけるといいなぁと思っています。




 園庭に実ったぶどうが味わえる日を、今か今かと待ちわびています…




年長(はと)組担任の齊藤です。

年長では、昨日と今日の2グループに分かれ、

長尾農場の稲刈りへ行きました。


5月に植え、7月には緑の穂ができていた稲がどうなっているのか?

前はアメンボやカエルがいたけど、またいるかな?

田んぼで転んで泥だらけになったらどうしよう...⁉︎

と期待や心配や楽しみの中、出発しました。


到着すると、以前はドロドロだった田んぼは乾き、稲もすっかり黄金色になっていました。前にいたアメンボは見当たらず、代わりにトンボやバッタがたくさん!早速虫探しに夢中になる子も...。


しかし気を取り直し、鎌での稲刈りの仕方を教わって、稲刈りスタート!






鎌を使うのが少し怖くてなのか、虫探しを早くしたくてなのか、一度稲刈りをしたら早々に辞める子もいましたが、何度も挑戦して、上手に刈れるようになっている子もいました...!



その後、機械での稲刈りを見せていただき、

手で刈るのとはまるで違う早さに驚きでした!

そして刈り取った跡の場所で遊んだり、

稲の中をかくれんぼしたり、

虫やカエルを探したり...

秋の田んぼをのびのびと大満喫。





最後は“フォークリフト”という機械の荷台に乗せてもらって、まるでアトラクションのようにキャーキャー大興奮!



稲の成長はもちろん、自然の変化を感じたり、
貴重な体験がたくさんできた、田植え〜稲刈りでした。長尾農場のみなさん、ありがとうございました!



あひる組担当の澤田です。


4月にはと組(年長)とあひる組(年中)で植えたバケツ稲が実をつけました。

今日はいよいよ立派に育った稲をみんなで収穫しました。



2人組みになって、1人は稲を持ち、もう1人がハサミでチョキン!

束になった稲は、グッと力を入れないとなかなか切れません。

「難しい〜!」と言いながらも協力して稲を刈っていきます。


小さい組のお友達も先生と一緒に挑戦しました!


「いつも食べているお米は白いのに、どうして黄色なんだろう…?」

刈ったばかりの稲を不思議そうに眺めているお友達も。


稲刈り作業後、後片付けまでお手伝いしてくれる頼もしい姿も…!

土の入った重たいバケツをよいしょ!よいしょ!


みんなで一生懸命刈った稲は束ねて、お日様の下で干しています。

食べられるようになるまでにはまだ少し時間がかかりますが、美味しく頂ける日が楽しみです!


はと組のお友達は今日・明日の2日に分かれて、栗山の長尾農場へ出掛けて、田んぼでの稲刈りをします。

その様子はまた明日のブログで紹介しますので、お楽しみに…!


☆おまけ☆

昨日、収穫したじゃがいもは今日お家へ持ち帰りました。

子どもたちが、きたあかりとメークインの2種類を自分で袋詰めしました!

ぜひ、ご家庭で美味しく召し上がってください!