今、希望の党に必要なのは、壊し屋ではなく組織の纏め役 | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

維新の代表だった元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏はストレート過ぎて私とは明らかに言葉遣いが異なるが、頭脳は明晰でその論旨は明快だ。

橋下氏の物の言い方には難があり、とても一般の方々にはお勧め出来ないが、物事の良し悪しの見極めには橋下氏の言説が実に役に立つ。

橋下氏は、維新や希望の党で立候補して当選した若い国会議員が、松井さんや小池さんの、人には滅多に言えない苦衷にまったく配慮もしないで好き勝手なことを言いふらしていることがカチンときたらしく、相当の剣幕で維新の若い国会議員や希望の党の国会議員を窘められているようだが、多分、これが大方の良識ある国民の反応だろうと思う。

橋下氏は、怒りのあまり日本維新の会の法律顧問を辞められたそうだが、橋下氏が維新から手を引いてしまうと維新の精神的支柱が失われてしまい、維新の基盤が大きく揺らいでしまうだろうから、維新の方々は何とか橋下氏に翻意してもらった方がいいだろう。

世の中には、怒らせない方がいい人がいる、というのは、間違いのない厳然たる事実である。

維新にとっては、橋下氏。

最近の前原さんや小池さんは、マスコミのバッシング等で目下のところいくら怒らせてもいいような存在に貶められてしまっているようだが、若い方々がマスコミに乗せられて舞い上がっていると、どこかで手痛い逆襲に遭うかも知れない。

希望の党から立候補して当選した衆議院議員の方は、前原さんの英断と小池さんの融通無碍さに感謝すべきなのかも知れない。
およそ希望の党には相応しくない人まで小池さんは、候補者擁立のドタバタの中で受け容れてしまったのかも知れないのだから。

少なくとも、貴方には、小池さんの代表辞任を求めるだけの大義も権限もありませんね、と言うところだ。

立憲民主党から立候補した方がよかった、と思っている人は、さっさと離党なり吟辞職をされたらいい、というのが私の考えである。

希望の党を中から壊しかねない人は、要らないはずである。
今、希望の党に必要なのは、希望の党を本当の希望の党に育て上げていく力量、器量がある人。

壊し屋は、まったく必要とされていないはずである。