行司のブログ

行司のブログ

次に生まれたら行司になりたい、大相撲好きの
大相撲観戦ブログ

令和二年 大阪場所 千秋楽

 

 

 

厳戒体制を敷いて臨んだ、大阪場所の15日間もいよいよ千秋楽。

 

大相撲協会員、関係者・・・皆の力が一丸となり無事に千秋楽を迎えることができました。

 

 

緊迫した15日間をくぐり抜けた皆の顔には、安堵の表情が戻っていました。

 

 

 

 

 

【楽しいひと時】

二子山「あー、ようやく終わった・・・。」

 

 

 

 

 

 

二子山「そういや、千秋楽の勝昭、何着てんだろうね?」

立川「さあ・・・。」

 

 

 

 

 

呼び出し「あ、僕さっき見ましたよ。」

二子山「え、何着てた?」

 

 

 

 

 

呼び出し「赤いジャンパー。」

二子山「は?」

 

 

 

 

 

二子山「おい、赤いジャンパーって。勝昭スゲーな!」

 

 

 

 

 

なんだかとっても楽しそうね、雅山。

 

緊張を強いられていた分、解放される喜びは大きいものでしょう。

 

お疲れミヤビン。

 

ホッとしても喚起の悪パチンコには行くなよ。

 

 

 

 

異例の場所となったこの大阪場所。

 

場所の無事を祈る気持ちは大相撲を愛する人間、皆同じ。

 

この人も実は心底心配していたんですね。

 

 

 

 

 

【願掛け】

52代「あ~、無事に終わって良かった。」

 

 

 

 

 

大坂「あら?北の富士さん・・・。」

 

 

 

 

大坂「髭、伸びましたね。」

52代「ん?これ?」

 

 

 

 

52代「吉幾三に寄せてみようと思って。」

大坂「えぇ!自ら??」

 

 

 

もうそんなことしなくても十分に吉幾三とリンクしてるのに。

 

髭を伸ばしたら益々、吉幾三と見分けがつかなくなりそうです。

 

 

でもそんな吉幾三化する危険を冒してまで、今場所の無事を髭に託した健気な52代。

 

弟子の八角が先頭に立って偉業に臨む姿に、師匠も何かせずにはおられなかったのでしょう。

 

正直言って今場所の52代の登板もかなりリスキーなことだと思っていました。

 

ご自身でも仰っていましたが、オシャレで粋な元横綱でも実はリスクの高い、御年今年78歳。

 

もしも何かあっては取り返しのつかないことになる・・・とハラハラドキドキしていました。

 

しかし一先ず、無事に本場所も放送も終えることが出来て本当に良かった。

 

 

 

優勝は白鵬の44回目の優勝と幕を閉じましたが、あの千秋楽の一番を見ながらこれは、碧山優勝では締まらなかっただろうと思いました。

 

 

観客のいない異例の場所。

 

静寂の中の最後の取り組みは東西の雄、両横綱であるからこそ重みを持って締めることが出来たのでしょう。

 

さすがは綱の重みです。

 

 

 

異例の場所進行で、取り組み直後の優勝インタビューということもあってか、終始息が整わない白鵬。

 

心なしか目の下にクマも出て、体力の消耗、酸欠状態の様子に15日間の死闘をうかがわせます。

 

 

久しぶりに鶴竜に優勝してもらいたい気持ちもありましたが、勝負の世界は常に強い方が勝つもの。

 

今場所の白鵬は時折自分の相撲を見失いつつも、勝ち続けていきました。

 

勝ち続ける強さ、それがこそが44回もの優勝を積み上げた原動力。

 

異例の場所にも白鵬の底力をみた15日間でした。

 

 

 

 

そしてどうやら大関昇進を決めた朝乃山。

 

ギリギリのところで良く掴み取った!!!

 

 

 

これからは大関となり横綱を常に脅かす存在にならねばなりません。

 

 

 

 

 

【大関の務め】

ザワザワ

 

 

 

 

 

 

ザワザワ

 

 

 

 

 

 

ザワザワ

 

 

 

 

 

 

白メガネ「ちょっと・・・!」

 

 

 

 

 

白メガネ「朝乃山!」

 

 

 

 

 

白メガネ「鶴ちゃんに被ってる!」

朝乃山「ス、スミマセン。」

 

 

 

 

 

朝乃山、まずは白メガネが相手だ。

 

 

 

 

ついに大関・朝乃山の誕生です。

 

高砂親方は常々、もう一人横綱を育てたいと公言しているそうですね。

 

親方の退職までには無理かもしれませんが、その願いを叶えるためにも来場所からさらに強い気持ちで臨まなくてはなりません。

 

大関という重圧につぶされることなく、力強く大きく大関からもう一段上れるように努力を積み重ねていってほしい。

 

大器はその器以上の努力の基に花開きます。

 

 

 

 

いつもは現地でしか見られない、千秋楽の儀式まで見ることが出来た今場所。

 

最初は無観客の取り組みに、違和感を感じて思わずこちらが無反応、無感動にもなりかけましたが、力士や行司、呼び出し、親方衆らの集中した様子にいつもとは違った大相撲を楽しむことができました。

 

そして何より、大相撲から力をもらいました。

 

 

これもひとえに、大相撲協会の全ての人々の努力の賜物です。

 

心から感謝申し上げます。

 

 

 

大相撲よありがとう!!!

 

 

 

 

力士たちが踏みしめた四股が大地に響き渡り、世界中に広がる災いを沈めますように。

 

 

そして皆さまもくれぐれもお元気で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和二年 大阪場所 十四日目

 

 

 

季節は春。

 

厚手の重い服を脱ぎ捨てて、軽やかに華やかに。

 

心浮き立つオシャレの春、到来です。

 

 

 

 

 

【イメチェン】

尾車「ねえ、三瓶さん。」

三瓶「はい。」

 

 

 

 

 

尾車「ここだけの話だけど・・・。」

 

 

 

 

 

尾車「あの・・・稲川親方の髪型・・・。」

 

 

 

 

尾車「あれって、ヘンですよね。」

三瓶「コクン」

 

 

 

そうですよね、親方。

 

これってやっぱり変ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

親方衆の間ではパーマネントが大流行。

 

豪子のオバチャンパーマに触発したのか、されたのか。

 

普天王のパーマヘア―はなんとも言えない仕上がりに(笑)。

 

 

 

親方~。

 

親方はさ、丸顔童顔だからトップとサイドの髪は短い方がいいんじゃないかな。

 

目の上のフロント部分がとても重そうで、風呂上がりの鬼っ子のようです。

 

 

 

 

 

でもたしかに春って髪型でもオシャレでも新しくチャレンジしたくなる季節ですよね。

 

私もそろそろ髪切ろうかな。

 

そうだ。

 

眼鏡かえようかな。

 

 

 

 

 

【オシャレストーカー】

ザワザワ

 

 

 

 

 

白メガネ「あ・・・。」

 

 

 

 

 

白メガネ「また見てる・・・。」

 

 

 

 

 

白メガネ「私の眼鏡・・・、勝昭が狙ってるらしいの。」

 

 

 

 

 

白メガネ「鶴ちゃんからも、何とか言ってやってよ。」

鶴ちゃん「・・・・・・。」

 

 

 

 

 

鶴ちゃん「フンッだ!」

 

 

 

 

 

コメントで教えていただきましたが、52代が白メガネのこと気になっているそうですね。

 

自分も白メガネ持っているけど、かける勇気がないとかなんとか。

 

 

いやいや、あなた。

 

以前に白メガネかけてやって来ましたよ。

 

気に入ったご様子で軽快な装いと共に、洒落オヤジっぷりを見せつけていたように思います。

 

でもまぁそこは所詮はファッションアイテムとして白メガネをかけるだけ。

 

人生をかけて白メガネをかける神山こと白メガネに敵うわけもありません。

 

神山の白メガネは鶴竜への献身愛の象徴。

 

鶴竜の白星を心から願う気持ちが、神山のフレームを白くさせたのです。

 

 

 

そんな白メガネの献身が実を結び、微妙な投げの打ち合いを制し鶴竜2敗のまま千秋楽へ。

 

朝乃山は実に残念な土俵となりましたが、悔やんだっところで仕方がありません。

 

明日千秋楽は全てを出し切る相撲が未来へと繋がるはずです。

 

 

 

無観客の場所もついに明日で千秋楽。

 

紆余曲折はありましたが、明日は久しぶりに優勝の行方は横綱同士の対決に。

 

覚悟を決めて臨んだ大阪場所で鶴竜、復活優勝となるか。

 

静寂の熱戦を期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和二年 大阪場所 十三日目

 

 

 

 

春分の日。

 

草木は芽吹き蕾を膨らませ、至るところに春の訪れを感じられるようになります。

 

 

 

 

 

【春になれば】

千代丸「あ!」

 

 

 

 

 

千代丸「見つけた!」

 

 

 

 

 

千代丸「こんなところに。」

 

 

 

 

 

千代丸「つくしんぼうだ。」

 

 

 

 

家の裏にはつくしんぼうじゃなくって、スギナがいっぱい芽を出しています。

 

つくしは可愛いですが、スギナはあまり可愛げもなく土が酸性に傾くと増えるとか。

 

ラウンドアップでも撒くか。

 

 

 

 

春分の日の期待の一番。

 

碧山ー隆の勝。

 

優勝争いをトップに立つ碧山の独走に期待したのに・・・。

 

おぉ~~~い!!

 

何やってんだ!碧山~~~!!

 

お前昨日「もう引かない」って言ったんじゃなかったのか~~~い。

 

あれもう忘れたんか~~~~~い。

 

何今さら、おじけついとんじゃ~~~い。

 

もうええわ~~~~い。

 

もう期待せんわ~~~~い。

 

 

 

 

ということで、残るは今場所の本命・朝乃山。

 

大関取りを前にこれは越えねばならぬ大きな山白鵬戦。

 

 

大関昇進をかける朝乃山。

 

再び優勝争いの先頭に浮かび上がるか白鵬。

 

 

人生をかけた大一番を前に両者のコンセントレーションが高まります。

 

 

 

 

 

【寝冷え】

朝乃山「zzzzzz」

 

 

 

 

 

付け人「関取り、関取り・・・。」

 

 

 

 

 

 

付け人「起きてくださいよ。」

朝乃山「う~~~ん・・・。」

 

 

 

 

 

 

ゴロン

 

 

 

 

 

 

白メガネ「こんなところで寝てちゃ、風邪ひくわよぉ~。」

付け人「ス、スミマセン・・・。」

 

 

 

 

さすがは白メガネ。

 

多くの付け人が行き交う中、漂う風格が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【注意】

付け人「いいですか。」

 

 

 

 

 

付け人「昨日のように、めたらやたらに。」

 

 

 

 

 

付け人「人の顔を張ったらダメですよ。」

白鵬「・・・・・・。」

 

 

 

 

 

付け人「わかりましたか?」

白鵬「・・・はい。」

 

 

 

 

注意勧告が効いたのか。

 

今日の白鵬、張りもせずカチアゲもせず、一気の出足でもろ差しを狙いつつもそのまま押し出し。

 

 

あ~~~~、朝乃山ぁ・・・。

 

気迫が全然違いました。

 

力強さと相撲のスケールはいいんだけど、ここ一番の厳しさが若干足りないような気もする朝乃山。

 

これは白鵬の優勝への巻き返しの執念が大きく勝りました。

 

 

 

 

12日目碧山バブルに一瞬浮かれたものの、翌13日目には一気にバブル崩壊。

 

気が付けば星の行方は再び白鵬有利の流れに戻ってきました。

 

明日は碧山―白鵬ですが、今日を見る限り何かが起きる気予感がしない・・・。

 

バブルなんて所詮は泡、儚いものです。

 

 

 

 

 

 

儚いバブルに一喜一憂している陰で、昨日の大金星の立役者・正代は気が付けば勝ち越しまであと1勝。

 

 

 

 

 

 

【ご褒美】

正代「あ~、あと1勝かぁ~。」

 

 

 

 

 

呼び出し「・・・はい。」

 

 

 

 

 

正代「・・・え?!」

 

 

 

 

 

正代「お小遣いくれるの??」

 

 

 

 

正代「なんだ・・・、力紙か・・・。」

 

 

 

 

 

頑張れ正代!

 

あと1勝!!

 

 

 

 

 

 

令和二年 大阪場所 十二日目

 

 

 

静けさのベールで緊張を保ちつつけてきた無観客の場所。

 

ついに緊張の糸が途切れ波乱の幕が上がりました。

 

 

 

 

 

【波乱】

沢田石「親方・・・、新型コロナ怖いですね・・・。」

 

 

 

 

 

荒磯「ええ。でも大丈夫ですよ。」

 

 

 

 

 

荒磯「我々は念には念を入れて。」

 

 

 

 

 

荒磯「力水にも消毒剤をたっぷり入れてますから。」

沢田石「ふーん。」

 

 

 

 

 

沢田石「あーーー!!!魁聖が力水飲んでるっ!!!」

荒磯「ムフフ。」

 

 

 

 

 

アハハハ!

 

魁聖!

 

思わず口つけちゃいましたか!

 

そりゃ仕方ないよね。

 

今までずっとそうしてたんだもん。

 

でも魁聖って相撲のこと以外のことは良く喋りますよね。

 

まるでガガ丸のように(笑)。

 

 

 

 

 

力水の封印を解いた余波は横綱白鵬を飲み込み、碧山を優勝争いの単独トップへと押し上げました。

 

 

正代、やるじゃないか!

 

まさかまさか勝つとは思ってなかったので、張られまくっても腕をねじ込み続ける今日の相撲には心底驚きました。

 

勝ち越しへの情熱はちゃんと秘めていたんですね。

 

白鵬も今日は何やらジタバタするだけの無意味な動きが目立つ相撲で、正代の仰け反りが吉と出た一番となったようです。

 

 

 

単独トップの碧山も御嶽海相手に稽古場通りの、力強い押し出し。

 

いいぞいいぞ碧山。

 

これまで長い間相撲を見てきましたが、こんな風に碧山に胸躍らせることは今までなかったような気がします。

 

大きな茶色の瞳で一点を見つめるように土俵に上がる碧山。

 

もうここまで来たら今場所は、碧山優勝を見届けたい気持ちになってきました。

 

 

 

 

先場所の徳勝龍のようにジャイアンとキリングを起こせるか碧山。

 

明日は一旦前半の土俵に戻って相撲をとります。

 

 

そして注目の朝乃山。

 

明日は結びで白鵬戦。

 

今日、思うような相撲を取れなかった白鵬は明日どんな立ち合いを見せてくるか。

 

素人には気になるところですが、ここはキセが言うように自分の型を信じてあれこれ考えずに力を出し切ることが大切です。

 

今の力を十二分に発揮すればおのずと道は開けゆく。

 

折よく明日は季節の分け目、春分の日。

 

桜の蕾も徐々に膨らみ、時折吹く風にも暖かさを感じることが多くなるころです。

 

 

そんな春風と共に閉塞感漂う今場所に、新大関誕生の風を自ら巻き起こすがいい!朝乃山!!

 

 

 

 

 

 

 

令和二年 大阪場所 十一日目

 

 

 

 

産業遺産とはある時代においてその地域に根付いていた産業の姿を伝える遺物、遺構、遺跡。

 

 

それらの多くは工場や鉱山のような構造物ですが、そこにはかつて、その場で汗を流し働いた人々の営みは文化風習として今もなお息づいています。

 

 

 

 

 

~炭坑節~

 

 

 

 

♪月が~~ぁ

 

 

 

 

 

 

♪出た出た~ぁ

 

 

 

 

 

 

♪月がぁ~出た~ぁ

 

 

 

 

 

 

♪あら、ヨイヨイ

 

 

 

 

 

今日も漆黒の闇に浮かぶ満月が。

 

 

 

いつもの場所だったらお客さんに紛れて、こんなには気にならないものですが、今場所は本当に目にチラつくこと、チラつくこと。

 

 

きっと同じように全国各地の大相撲ファンが、この満月に悩まされていることでしょう。

 

 

無観客でのスキンヘッドは悪目立ちします。

 

 

 

 

 

無観客の場所も気が付けばもう11日目。

 

NHKも積極的に休校となった子供たちのメッセージを読み上げているようす。

 

 

長く続くお休みの日々。

 

ずっと家の中にいるのも大変なことでしょう。

 

時には仲良しの友達の家を訪ねてみるのはどうでしょうか。

 

 

 

 

【訪問】

正代「おっ邪魔しま~す。」

 

 

 

 

 

 

境川「・・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

境川「ちょっと待ちなさい。」

正代「!」

 

 

 

 

 

 

境川「靴は揃えていきなさい。」

正代「は、はい・・・。」

 

 

 

 

そうですよ。

 

良い子のみんなも正代君のように、履物は玄関先できちんと揃えて上がりましょう。

 

 

 

 

しかしああやって応援メッセージを聞いていると、大相撲は昔と変わらず今も子供にも人気なようで安心しました。

 

 

若い力士を応援する子供。

 

立行司・式守伊之助のさばきに感動する子。

 

次郎さんの呼び上げに心振るわす子。

 


大相撲の未来、日本の未来は明るいと、無観客の場所に一筋の光差した思いです。

 

 

 

しかし大人の世の中は、人の不幸は蜜の味。

 

今日の舞の海はいつにも増して、ちょっと調子が上がらない力士を見つけるや否や、明日にでも休場・引退するかのような末世思想を展開。

 

 

心配してくれているのでしょうがあまりに悲観的な憶測を並べ立てられては、聞いてる本人はどんどん気が滅入ってくることでしょう。

 

 

でもたしかに同じ小兵の炎鵬は舞の海が察するように、疲れも溜まっているかもしれません。

 

毎場所折り返してからが星が伸びなくなっていきますが、いつものように炎鵬を支える声援もない無観客場所。

 

残り4日間で、4勝7敗。

 

炎鵬の精神力が試される4日間となりそうです。

 

 

 

優勝争いも依然トップは白鵬と碧山。

 

13枚目の碧山は明日は後半戦の土俵で御嶽海戦。

 

 

明日も稽古場での強さを見せつけるか?!碧山。

 

優勝の行方を握る注目の一番となりそうです。