行司のブログ

行司のブログ

次に生まれたら行司になりたい、大相撲好きの
大相撲観戦ブログ


テーマ:

平成30年 九州場所 千秋楽

 

 

千秋楽まで縺れた優勝の行方。

 

運命の女神は今日、」どちらに微笑んだのか。

 

 

 

 

【運命の瞬間】

高安「―――。」

 

 

 

 

 

高安「あ~~ッ・・・!!」

 

 

 

 

高安「・・・!!!」

 

 

 

 

 

高安「・・・・・。」

 

 

 

 

 

高安「・・・おめでとう・・・、貴景勝・・!」

 

 

 

 

高安、よくやったよ。

 

惜しくも初優勝は逃したけれど、千秋楽までの盛り上がりは高安なしでは語れなかった。

 

正直言って、安定感と信頼感に欠ける大関ではありますが、ハラハラさせながらもトップで走る貴景勝を昨日は2敗に引きずりおろし、千秋楽決戦までもつれ込ませたのは他でもない、大関・高安。

 

今日の悔しさは、必要以上のアップの画面から溢れんばかりに伝わりました。

 

暑苦しすぎる高安のアップにうちの液晶が焼け付いているのではないかと、心配するほどです。

 

でも今場所の惜敗は必ずこれからの糧となるはず。

 

今日の悔しさを心に刻んで四股を踏めば、その悔しさは強い足腰、強い精神となって身につきます。

 

来年は一回りも二回りも大きくなった大関・高安が見られることを信じております。

 

 

 

 

そして。

 

貴景勝、初優勝おめでとう!

 

なんという22歳と3か月!!

 

成人式を過ぎてまだ2年。

 

22歳なんてこの前まで、ランドセル背負っていたような年じゃないですか。

 

 

 

【きこりの泉】

貴景勝「ハァハァハァハァ」

 

 

 

 

貴景勝「は?何?」

 

 

 

 

貴景勝「きれいなガガ丸がいるって?」

 

 

 

 

 

貴景勝「どこに?」

 

 

 

 

 

貴景勝「あ、ほんとだ。」

きれいなガガ丸「やあ。優勝おめでとう。」

 

 

 

 

 

それは舛東欧。

 

きれいなガガ丸ではありません。

 

 

いえね、先日場所を身に言ったとき、舛東欧を見て思ったんですよ。

 

 

「あれ?きれいなガガ丸?」って。

 

 

 

 

ほら。

 

ドラえもんできれいなジャイアンっていたでしょう。

 

 

 

ジャイアン(画像お借りしています)

 

 

きれいなジャイアン(画像お借りしています)

 

 

 

 

 

そしてこっちが。

 

 

 

 

 

 

 

ガガ丸(画像お借りしています)

 

 

 

 

 

 

きれいなガガ丸(画像お借りしています)

 

 

 

 

でも本物のガガ丸も来場所関取り復帰できるようですね。

 

ヨカッタね、ガガ丸。

 

 

きれいなガガ丸の方はどこら辺の番付にいるのか分りませんが、部屋の中も一気に増えて稽古もたっぷりできる環境です。

 

しっかり力をつけていつか、ガガ丸VSきれいなガガ丸 対決を見せて下さいね。

 

 

 

しかしすごい22歳と3か月。

 

やってのけましたね。

 

さすがに昨日は悔しさをにじませていましたが、今日は優勝しても淡々とした受け答え。

 

表彰式もそつなく落ち着いてこなして、浮ついたところを一切見せませんでした。

 

22歳って言ったら世間では大学生だのなんだので、まだまだ子供臭さが抜けないお年頃。

 

自分の時に置き換えても、生意気なだけの若造でしたよ。

 

それがまぁ貴景勝ったら、優勝争いのいう未知の経験にも緊張感に押しつぶされることもなく、自分のやるべきことをぶれずにやり通す、恐るべし精神力の持ち主。

 

精神力って年取ったら身につくもんでもないんですね(笑)

 

いや~、恐れ入りました貴景勝。

 

まだこの先の先を見つめているような感じもうかがえるコメントでしたが、この調子で進んでいくならばこりゃ、歴代のスピード初優勝のメンバーのような出世もあるかもね。

 

でもこれから先はそろそろ他の力士たちも貴景勝の取り口を研究して対策もしてくるでしょうから、とんとん拍子にはいかないでしょう。

 

今までのようにうまく勝てない日がやって来たときに、貴景勝の真価が問われるのかも。

 

しかし何はともあれ若いということは大きな武器です。

 

失敗を恐れず攻める相撲で輝ける未来を勝ち取ってほしいと思います。

 

 

 

いや~今場所は、まさかの展開そして結末となりました。

 

エンディングで懐かしさすら感じた稀勢の里の連敗~休場から始まって、若い力士たちの台頭、ベテランの復活、混迷する優勝争いと三横綱不在、一大関途中休場の場所ならではのバラエティー豊かな活躍が目立ちました。

 

正直前半戦は上位陣の休場などで、見る気持ちも散漫になっていましたが、力を付けてきた力士たちの活躍が場所を盛り上げました。

 

そして楽しかった本場所観戦が大いに気持を盛り上げてくれました。

 

 

 

 

さて来年は平成という時代が終わりを告げます。

 

ひとつの時代が終わる時、相撲界もまた時代が動くのか。

 

時代のはざまとなる2019年。

 

来年の土俵は何が起こるのか。

 

年末年始は嫌だけど、今から初場所が楽しみです。

 

 

 


テーマ:

平成30年 九州場所 十四日目

 

 

 

平常心を保つ。

 

口では簡単に言いますが、実際には食事も喉を通らなかったり、眠れなかったり。

 

心理状態は様々な影響を身体にもたらします。

 

 

 

【眠れぬ夜】

尾車「昨夜は何度も目が覚めちゃって・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

藤井「弟子の十両優勝が気にかかって、眠れなかったんじゃないですか?」

 

 

 

 

尾車「いいえ・・・、そうじゃなくって・・・。」

 

 

 

 

尾車「おしっこで目が覚めちゃうんですよ。」

藤井「あぁ、そっちね。」

 

 

 

 

 

寒い時にトイレで目が覚めるのって辛いですよね~。

 

もう何で今なんだよっ!

 

って自分で自分の膀胱に喝を入れたくなるものです。

 

 

 

でも実際に夜中に何度も目が覚めているのは貴景勝でも高安でもない。

 

この人なのではないでしょうか。

 

 

 

【初めてのこと】

千賀ノ浦「・・・・・・。」

 

 

 

 

千賀ノ浦「あ~・・・。」

 

 

 

 

 

千賀ノ浦「優勝祝賀会って何を出しゃいいんだ・・・・・・。」

 

 

 

 

 

千賀ノ浦「困ったな・・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

千賀ノ浦「そうだな・・・。」

 

 

 

 

 

千賀ノ浦「ピザでも取るか・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ピザーラから腹一杯ピザ取って、優勝祝賀会に備えてください。

 

もし貴景勝が優勝したら、元貴乃花部屋の後援会の人たちもやってくるのでしょうね。

 

千賀ノ浦部屋の後援者に元貴乃花部屋の後援者。

 

力士も増えれば部屋を支える後援者の数も増えて、大所帯もいろいろ大変ですね。

 

こりゃ、銀のさらから寿司も取らなきゃね。

 

 

 

 

 

しかしまぁなんという相撲(笑)

 

これは天の配剤か。

 

 

 

 

何で負けたのか分らない人

 

 

 

 

 

 

 

何で勝ったのか分らない人

 

 

 

 

勝ちに不思議の勝ちあり、 負けに不思議の負けなし。

 

と言いますが、これはどちらも摩訶不思議。

 

狐につままれた様な土俵際、一瞬で勝敗が入れ替わってしまいました。

 

 

 

勝つも負けるも紙一重。

 

今日の勝敗はまさに時の運。

 

貴景勝も高安も明日は本割で勝ち進み、優勝決定戦まで持ち込んで、互いに納得のいく相撲をいま一度存分に取るがよい!

 

 

さて明日の千秋楽、初優勝はどちらの手に?

 

 

 


テーマ:

平成30年 九州場所 十三日目

 

 

 

勤労感謝の日。

 

それは

 

勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝しあう日。

 

 

 

ここにも勤労に励む姿が。

 

 

 

【書き物】

太田「今日の放送席は北の富士勝昭さんをお迎えしています。」

52代「カキカキカキカキ」

 

 

 

 

太田「北の富士さん。」

52代「カキカキカキカキ」

 

 

 

 

太田「何を熱心に書いてるんですか?」

52代「カキカキカキカキ」

 

 

 

 

52代「ん?」

 

 

 

 

 

太田「あれ。私の名前がありますね・・・。」

52代「うん、これね・・・。」

 

 

 

 

52代「嫌いなアナウンサーのリスト。」

太田「え・・・。」

 

 

 

太田さんは一先ずセーフでしょう。

 

時々ラジオで若手アナと組んだ時、明らかにご機嫌の悪いことがありますね。

 

あれは聞いてるこちらがハラハラして、相撲どころじゃなくなります。

 

 

 

 

それにしても、まぁなんという革ジャン(笑)

 

氷川きよしが好みそうなメタリックな青い色の革のジャケットを、こうもさらりと着こなしてしまうオシャレ横綱北の富士勝昭。

 

もう写真集とか出しちゃっていいんじゃないでしょうか。

 

ファッションという土俵では間違いなく双葉山を超えています。

 

相撲道を離れ、ファッション道で連勝を続けるオシャレ横綱。

 

彼の快進撃は誰も止められません。

 

 

 

 

 

そう言えば向こう正面はいい男なのに、しゃべりが訛ってる立浪さんでしたね。

 

 

でも立浪さん。

 

 

耳たぶが痒そうでしたね(笑)

 

 

 

わかるわ~、立浪さん。

 

耳たぶ痒い時ってありますよね。

 

掻いても掻いても痒くなるんですよね。

 

気が付けば耳たぶが真っ赤になってしまうんですよ。

 

耳の中が痒い時は人が噂してるとか言いますが、耳たぶは何なんでしょうね。

 

あ。明生が勝ち越すいい予感だったのかもしれないですね。

 

 

 

 

ところで優勝争いは

 

1敗 貴景勝

 

2敗 高安

 

3敗 隠岐の海

 

・・・・・・。

 

は?

 

なんで隠岐の海がいるの???

 

いつの間に10勝もあげたんですか?

 

 

でもまぁ、まずこれはないと思うのでスルーして、とにかく明日の直接対決。

 

何はともあれ、高安には貴景勝を2敗に引きずりおろして、明日優勝が決まるなんて事だけは阻止してもらわなくては!

 

そのためにもまずは立ち合いで貴景勝を圧倒すること。

 

そして慌てないこと、ムキにならないこと。

 

明日の一番に大関としてドンとした相撲を見せてほしい、と思うのですがそれが高安だからなぁ~。

 

安定感に勝るのは貴景勝の方だし・・・。

 

明日ニュース速報出ちゃうかもなぁ~。

 

 

 

 


テーマ:

平成30年 九州場所 十二日目

 

 

 

何気なくふと見上げる視線。

 

その先には遠い未来か、明日への扉か・・・。

 

 

 

 

【そう言えば】

貴景勝「よいっしょっと・・・。」

 

 

 

 

貴景勝「・・・・・・。」

 

 

 

 

貴景勝「・・・ん?」

 

 

 

 

貴景勝「そういや・・・、今日の相手誰だっけ?」

 

 

 

 

貴景勝「・・・玉鷲か。」

 

 

 

 

 

今の心境では相手が誰とか関係なさそうですね。

 

うちの母が貴景勝の顔を見ながら「この顔に髭あるのが不思議。」「小さいオッサンみたい」と言ってました。

 

そう言えばベビーフェイスに無精髭、丸い身体に胸毛。

 

なんともアンバランスなギャップの持ち主です。

 

しかしこの人、前に出る突き押しもさることながら左からのいなしは強烈なものがありそうですね。

 

自身の低い重心も相まって自分は安定した体勢を保ちながら、効果的に相手をいなすことが出来そうです。

 

 

12日目を過ぎても1敗をキープ。

 

これに追随するのはもうこの人しかいません。

 

 

 

 

【イメチェン】

高安「―――。」

 

 

 

 

高安「チラ」

 

 

 

 

高安「あれ?、稲川さん・・・?」

 

 

 

 

高安「あちゃー。」

 

 

 

 

高安「あのパーマは失敗。」

 

 

 

 

 

あのパーマって?

 

どのパーマ?

 

 

そう。

 

 

このパーマ。

 

 

 

いえいえ。

 

私は、いいような・・・、間違いじゃないような・・・そんな気がしますよ。

 

この人童顔ですからね、パーマかけたらさらに幼くなりますよね。

 

錣山さんのように現役の相撲よろしく攻めて攻めて攻めまくるヘアスタイルも素敵ですが、稲川さんのようにフワフワのパーマヘアもまた素敵です。

 

髪なんてほっときゃすぐ伸びるんですから、好きにすればいいのです。

 

 

 

 

高安しっかり追随して2敗をキープ。

 

意外にも貴景勝が高安の一番をテレビで見ていました。

 

 

おやおや。

 

 

戦う相手は自分自身。

 

貴景勝はそういうスタンスではなかったのでしょうか。

 

 

いよいよ場所も終盤大詰めに差し掛かり、貴景勝の心中にも変化が出てきたのか。

 

それとも6時のニュースを待ってるだけなのか。

 

 

 

小さなオッサンの心中はさっぱりわかりませんが、序盤戦では想像すらつかなかった貴景勝単独トップで明日は13日目を迎えます

 

 

 

 

 

 


テーマ:
平成30年  九州場所  十一日目
 
 
 
行ってきました!
 
 
本場所観戦!
 
 
 

 
 
 
およそ4年ぶりの本場所の観戦。
 
 
 
 




場所の雰囲気を存分に味わい、大相撲を体中で体感した1日でした。
 
 
 
今回は大相撲を通じて知り合えた友達と一緒だったので賑やかなとても楽しい1日で、前回一人参戦して時天空を追いつづけた4年前とは違った、見どころ満載の充実した1日になりました。
 
 
 
 
 
 
家に戻るとテレビで観戦していた母が開口一番、「ちょっと逸ノ城が土俵壊したの見た?」
 
え?
 
逸ノ城土俵壊したんですか(笑)
 
 
 
 
【災害】
ドーン!ガラガラガラ
 
 
 
 
イチン「うぅ・・・。」
 
 
 
 
イチン「・・・何が起きたんだろう・・・。」
 
 
 
 
イチン「ハッ!土砂崩れッ。」
高安「お前が崩したんだよ。」
 
 
 
 
天災か人災か。
 
イチンが転げると土俵が崩れる。
 
恐るべし!逸ノ城!
 
 
 
 
 
しかしこれは緊急事態。
 
早急に話し合いが持たれます。
 
 
 
 
 
【ペナルティー】
ザワザワザワザワ
 
 
 
 
呼び出し「派手にやりましたね。」
イチン「・・・・・。」
 
 
 
 
呼び出し「これは、覚悟しといた方がいいですよ。」
イチン「・・・・・。」
 
 
 
 
呼び出し「たぶん、給料天引きです。」
イチン「・・・え!」
 
 
 
 
イチン「給料天引きッッ?!」
 
 
 
 
負け越して給料ひかれてたまったもんじゃないですね。
 
今日で関脇で負け越してしまった逸ノ城ですが、どうにも相撲がパッとしません。
 
今日もイチンについていろいろ話していたんですよ。
 
どうすればイチンが強くなるのか。
 
最初は「ゲルの怪物」などと異名を流してしていたこともありますが、その怪物も今ではすっかり鳴りを潜めています。
 
もしかしてこれ以上上を望んでいないのかも、なんてことも話していましたがどうやら今日の負け越しは悔しかったようなので、現状維持は望んでいるんですね。
 
現状維持は一休みとは違います。
 
常に先場所より強くなり続けなければ、現状維持は難しいものでしょう。
 
周りも努力しているのです。
 
しっかり稽古しなおして、土俵も治して、もうこれ以上壊さないで、またお気に入りの関取りにまた戻るのです!
 
やれば出来るとみんな信じています。
 
 
 
 
 
しかし今日は本当に楽しかった!
 
大相撲でのご縁、本当にありがたいです。
 
大相撲ありがとう!
 
 
 
 
 
 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス