カエデ・モミジ 管理方法 | グリーンスケープのブログ

グリーンスケープのブログ

2005年より中目黒でスタートした
植物を中心としたインテリアショップ
コケ玉、ミニ盆栽、オリジナルの盆栽鉢などを扱い
都会生活の中でも四季を感じながら心豊かに暮らしたい
そんな思いを、季節のインテリア商品と共にご提案しています


テーマ:

 

カエデ科 落葉小高木

春の芽出し、夏の深緑、秋の紅葉から寒樹と四季折々の姿を楽しむことができます。

 

植物を育てるには、水・日照・外気 この3つが必要になります。

“屋外で管理する”ということが最も重要です。

もちろん室内で観賞することは可能ですので、

外出時間などを利用して外に出しましょう。

 

春と秋はしっかり日に当てましょう。

モミジは強い日差しで葉焼けしその後の生育に影響が出やすいので、

夏の間は1日を通して半日陰~明るい日陰で管理します。

※5月頃から急に日差しが強くなるので注意!

 

冬は霜の降りない軒下などの屋外で、十分な日を当てて下さい。

※冬は落葉し、春には新しい葉が出ます。

(寒樹姿も美しですが、春の芽吹きまではしっかり屋外で管理しましょう!)

 

<水やり>

① 鉢の表面が乾いたら、

 底穴から水が流れ出るまでたっぷり与えます。

 ※目安春〜秋/1日1~2回、冬/2~3日に1回を目安。

(特に夏場の水切れには注意し、夕方には積極的に葉水を与えてください。)

 

② 苔玉の場合は、湿り気を感じなくなったら溜めた水に

 2~3分沈めて気泡が出なくなったら取り出します。

 

<肥料>

春の芽出し頃:4月~5月

※ハイポネックス等の液肥の場合、2週間に1度が目安です。

   肥料を与えすぎると枝が徒長するので控えめを心がけます。

 

<芽摘み/剪定>

新芽は3月中旬頃から順次伸びてきます。※1

今年伸びた枝を23節(1節に葉が2枚付きます)

残して切るようにします。※2


8月頃までは枝が伸びてきますので、

同様に芽摘みを繰り返して樹形を整えましょう。

 

 

※1

 

※2

 

 

新芽が伸びて新葉が4枚になったら芯芽を摘みます。 

 ※目的と効果

1,枝の間延びを防ぎ、小枝を増やす 

2,樹高を抑える  

3,樹全体の樹勢を均等に保つ 

 

<紅葉を楽しむために>

最低気温が5度~8度位になると紅葉が始まります。

11月中旬頃からは、夜も外に置いて下さい。

寒暖の差を与える事で綺麗に紅葉します。

夜、室内に置くと8度以下にはならず、紅葉しません。

 
 

 

グリーンスケープさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス