3Dマスク 設計データ 無償公開 | 大盛り大好き親父のお気楽日記
新型コロナウイルスに関する情報について

大盛り大好き親父のお気楽日記

大盛りが大好きでついつい注文してしまうおっさんが、好きなモノや好きなこと、面白かったこと等を色々と綴っていきます。

 お久しぶりです。

 最近は新型肺炎のネガティブな話題ばかりですが、中にはいいお話も。

 産業用3Dプリンターを手掛けている株式会社イグアス(神奈川県川崎市)が繰り返し使用可能な3Dマスクを開発し、3月下旬より社内でモニター中らしいです。

 そして、オリジナルのマスク設計データ(STLデータ)を無償公開すると、3月23日に発表しています。

 出力できるのがイグアス製のプリンターだけなのか、他社のプリンターでも可能なのか、までは記事からは読み取れませんでしたが、こういう企業姿勢には頭が下がります。


 参照記事:イグアスプレスリリース