本試験当日は、どのくらい勉強する? | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!

試験前日の過ごし方については、以下の記事をご参照ください。

 

→ 試験前日の過ごし方

 

また、本試験の「最中」についても、以下の動画を流し聞きしてみてください。

勉強に疲れた時にでも、お気軽に。

 

 

今回は、本試験当日の具体的なスケジュールです。

本試験当日は、全国的に晴れもしくは曇りの天気です。

ということは、受験会場の屋外でも、ある程度学習をすることができます。

 

会場外のカフェ等が混み合っている場合、屋外で学習をせざるを得ないことになりますので、ここは天候が味方をしてくれています。

 

基本的には、模擬試験と同様の行動を取るようにしましょう。

重要なことは、模擬試験と違う行動をしないようにすることです。

(模擬試験を踏まえて、修正するのはOKです。当たり前のことですけれども。)

 

念のため、当日のイメージをお伝えしておきます。

 

まず、持ち物。

……を書こうと思ったら、痒いところに手が届く動画を発見しました。

 

 

こちらを視聴しておけば、当日の形式的な注意点は万全かと思います。

完全保存版というやつです。

 

当日は、朝早く起きすぎないように。

会場へ行くための時間にもよりますが、大体7:00~8:00頃に起きられると良いでしょう。

(どちらかというと、8:00寄り。)

 

それから、上記の丸山先生の動画を参考に、持ち物の最終チェック。

朝食は、あまり食べ過ぎないように。

 

身支度を整えたら、本試験会場へと向かいます。

 

電車の中や本試験会場で学習するのは、暗記の詰め物です。

(憲法・行政手続法・情報法に絞るのがお勧め。)

 

どうせいっぱい持って行っても、まず出来ません。

荷物が重くなって疲れるだけですから、絶対にやめましょう。

 

昼食は、自分が決めているタイミングで。

ここは、お腹と要相談です。

 

ここで、眠いか否かに関わらず、15分ほど目を閉じて休息してください。

目からの情報は、脳に負担をかけます。15分休むだけでもかなり違いますので、瞑想するが如く少し休みます。

 

これが終わったら、本試験会場の指定教室へ。

 

指定教室では、お気に入りの問題を3~4問程度、軽く解いてみましょう。

本試験の超直前になると、どうしても、問題が全く解けなくなる感覚に襲われます。

 

そのため、会場にお気に入りの問題を数問用意しておき、解ける感覚を復活させます。

(これ、結構重要ですよ。)

 

以上です。

 

本試験当日は、がむしゃらに勉強はしないこと。

身体のチューニングを中心に行うことです。

 

本ブログも、明日・明後日と更新をしますので、何か疲れた時にでもご覧ください。

 

あともう少し。なんとか踏ん張ってほしいところです。