試験前日の過ごし方 | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!

2020年度合格目標行政書士試験対策講座

① 行政書士合格講座Web一括配信コース

② 2020年度版 行政書士合格講座

 

2020年度合格目標行政書士試験対策講座 説明会

① 行政書士合格講座の講義を体感してみよう~憲法入門編~

② 行政合格講座説明会~講義の効果的な受講の仕方とは?予習・復習の具体的な方法を知ろう!~

 

無料体験受講のお知らせ

行政書士合格講座 戦略マスター(入門編)

 

2019年度司法書士試験受験経験者向け

① 行政書士スピードマスター講座

 

=========

本試験まで、あと3日です。

今日やることが分からなるという方はいないかと思います。

(もし、いらっしゃったら、昨日の記事を参照してください。確実に72点を積み上げる学習をしましょう。)

しかし、意外とパニックになるのが前日と当日です。

 

特に、当日は、周りの受験生の学習する姿を多く見かけるため、「あれ?自分は何をするんだっけ…」とパニックになることもしばしば。

 

そこで、こちらである程度強制的な学習項目を挙げておきます。

 

まず、前日です。

前日は、確実な暗記部分の詰めをします。

具体的には、

 

① 憲法の条文読み

② 行政手続法の条文読み

③ 個人情報保護法のテキスト読み(条文は章立てを中心にざっと読んでおくとよい。いわゆる読み込みは不要。)

 

ここから、二手に分かれます。

今までの学習で弱点項目をまとめたノートを作っていた方

(15~20頁程度にまとめられているもの。テキストの付箋が貼られているところではありません。テキストの弱点項目を潰そうとすると、平気で100箇所以上あるはずです。それが普通です。こんな量を前日に潰すことはできません。自信をなくだけです。絶対にやってはいけません。)

この場合は、15~20頁程度にまとめてあるノートを3回くらい読むイメージで良いでしょう。

 

特にまとめノートを作っていないという場合、過去問集を2年分くらいゆっくり読まれるとよいです。

(今年のお勧めは、平成27年と平成29年です。一応、偶数年度と奇数年度で試験傾向が似ているからです。)

意外と、同じことを繰り返し聞いてくるのが、行政書士試験です。

 

これで、終了です。

前日は、やることを決めていないと、無駄に学習時間が長くなります。

「無駄に」です。いくら勉強しても、そんなに点数に影響は出ません。それよりは、体調を管理すること。

力を抜くこと。こういうことが重要です。

(なるべく、何も考えないで見られるようなテレビを見るのも一つの手です。少なくとも、試験については何も考えないということが重要です。)

 

これが、前日の過ごし方です。

 

試験前日は、合格者の多数派に乗っかるのが鉄則です。

 

自分は時間があるから、とか自分はギリギリで闘っているから、とか。

関係ありません。

 

数多の合格者と同様の動きをするのがポイントです。

 

======

試験対策の要は、適切な助言。

→ カウンセリング希望の方は、こちらから。